【アトマイザー】Wotofo RECURVE RDA「リカーブ」レビュー

この記事は 約9分で読めます。

WOTOFO RECURVE RDA「ウォトフォ リカーブ」アトマイザーレビュー

WOTOFO「ウォトフォ」のVAPEアトマイザー、RECURVE RDA 「リカーブ」のレビューです。

シングルコイルビルド向けの24mmサイズ爆煙ドリッパーの真骨頂。
Wotofoと有名なYouTube『Mike Vapes』とのコラボレーションモデルが今回レビューするRECURVE RDAです。

詳細をレビューしていきます。

商品提供:ベプログshop

 

 

 

スポンサーリンク
べプログショップべプログショップ

開封

まずはRECURVE RDAを開封していきます。パッケージデザインから。

パッケージデザイン

アメリカンなデザインがポップでキュートなパッケージは、内容品が見える窓付で、製品の外見だけでなくデッキも確認することができるので非常にわかりやすい!

WOTOFO RECURVE RDA「ウォトフォ リカーブ」アトマイザーレビュー WOTOFO RECURVE RDA「ウォトフォ リカーブ」アトマイザーレビュー

アメリカントイのパッケージのような背面のデザインは、統一感を感じる良デザイン。おなじみの製品偽造対策のスクラッチ式セキュリティーコード入りのステッカーはパッケージ側面に貼られています。

このデザインかなり好きです!使わずに飾っておきたいぐらい好みです。WOTOFOは今後このパッケージデザイン推しでいくべき!と思うぐらい好き。

 

内容品の詳細

WOTOFO RECURVE RDA「ウォトフォ リカーブ」アトマイザーレビュー

内容品は以下の通り充実しています。本体の他にエクストラパーツにスペアパーツ、ビルドツールにコイル、コットンまでついているので、コイルの余分なワイヤーを切断するニッパーだけ用意すればとりあえずビルドできちゃいますね。

内容品一覧

  • Wotofo RECURVE RDA アトマイザー本体
  • エクストラドリップチップ
  • 510ドリップチップアダプタ^
  • 予備パーツ(Oリング、デッキネジ)
  • ノーマルポジティブピン(スコンクピンがプリセット)
  • ツール(プラスドライバー、L型コイルジグ 2.5mm,3.0mm)
  • プリメイドコイル3個(ヒューズドクラプトン)
  • ジャパニーズオーガニックコットン
  • 説明書

 

 

 

詳細レビュー

RECURVE RDAの詳細です。
今回レビューするのはWOTOFOのシングルコイル専用爆煙24mmドリッピングアトマイザーです。

コストパフォーマンスに優れたWOTOFO製品のラインナップに有名YouTuberとのコラボれションアイテムが追加されました。Mike Vapesはチャンネル登録者数21万人以上を誇る海外の有名VAPE系YouTubeチャンネルです。

WOTOFO RECURVE RDA「ウォトフォ リカーブ」アトマイザーレビュー

そのMike氏がデザインしたドリッパーがこのRECURVE RDA。

ビジュアルとデッキを見ていきます。

外見は中央がえぐられたようにカーブを描くのが特徴で、24mmサイズのボリューム感のあるボディーをスリムに感じさせるデザインが特徴です。

そしてハイエンド製品に肉薄する製品クオリティ。WOTOFO製品は徐々に製品の品質が向上していて、このRECURVE RDAでは高額な少数生産のハイプライスプロフダクツに近いほど優れた仕上がりを実現しています。

かなり綺麗な仕上がりです。

細かい部分(インシュレータのバリや粘着せいの付着残留物など)に多少の粗はあるものの「よくぞこの価格でこの品質を実現しているなぁ」と感心してしまうほどです。

各所詳細を見ていく前に特徴的なデッキデザインをちらっと見ておきます。

WOTOFO RECURVE RDA「ウォトフォ リカーブ」アトマイザーレビュー

デッキの形状が変わっていますね。これが特徴。似たようなデッキデザインは他社製品でもいくつか見たことがありますが、これも中々ユニークです。コイルを囲むようなU字型のデッキがエアーを効率的に供給できるように見えますね。使うのが楽しみです。

トップキャップはボリューミーで厚みがありますが、デッキは直径18.2mmサイズとそこまで大きくありません。

 

それではスペックや各パーツの詳細を見ていきましょう。

 

スペック

まずはスペックから。RECURVE RDAは最新製品らしく、ユニークさとともに汎用性を備えていて、付属品も充実。スコンク対応や510DT/810DTどちらにも対応しています。コイルはシングルコイル。サイドエアフローデザインを採用しています

重量は実測で45gと重めなのはトップキャップが肉厚だからでしょう。

直径24mm
高さ35mm
21.5 mm(DT・スレッド含まず)
重量45g
ネジタイプ510
ドリップチップ810DT (510DTアダプター付属)
コイルRBA シングルコイル
エアフローSIDE
素材ステンレス
BF対応◎ BFピン付属

 

WOTOFO公式サイトより

 

 

分解

各パーツを見る前に、まずはRECURVE RDAを分解します。

WOTOFO RECURVE RDA「ウォトフォ リカーブ」アトマイザーレビュー

大きく分けると写真のように、左から ドリップチップ / トップキャプ /デッキ に分解できます。デッキはさらに細かいパーツに分解可能。ドリッパーなのでパーツ総数が少なく、メンテナンスが楽なので、リキッドの味を完全に変えたい時にも洗浄が楽です。

 

 

ドリップチップ

RECURVE RDAに付属のドリップチップは2つです。

WOTOFO RECURVE RDA「ウォトフォ リカーブ」アトマイザーレビュー

同じ形状・スペックのドリップチップがカラー違いで2つ付属します。

全長14mm、露出部の高さ9.5mm、外径17mm、内径9→12mm(逆テーパー)

トップキャップのドリップチップ接続部にはOリングが設けられた810DT(ハーフインチ)サイズで、汎用品を使うこともできます。

WOTOFO RECURVE RDA「ウォトフォ リカーブ」アトマイザーレビュー

更に内径の細い510DTを取り付けるためのアダプターも付属。黒い樹脂製のパーツです。

 

 

トップキャップ

次にトップキャップです。トップキャップはワンピース構造で分解はできませんが、ショートパーツのOリングは予備が付属します。

サイドエアフローデザイン

WOTOFO RECURVE RDA「ウォトフォ リカーブ」アトマイザーレビュー

サイドエアフローホールはキャップの対角線上に2箇所

WOTOFO RECURVE RDA「ウォトフォ リカーブ」アトマイザーレビュー

れぞれに内径1.5mm、6つの穴が空いていて、合計12ホールが設けられています。片側だけ閉じることは設計上できません。

 

周り留めも装備

このトップキャップには写真のように突起が彫られていて、デッキの凹みにはまることで周り留めとして機能します。

WOTOFO RECURVE RDA「ウォトフォ リカーブ」アトマイザーレビュー

これがあることでトップキャップを回して、MODからの着脱が可能です。なおかつエアフロー調整が可能なようにデザインされているので、簡単な一手間が利便性を向上させています。秀逸なディティールです。

 

ドーム形状のキャップ裏

WOTOFO RECURVE RDA「ウォトフォ リカーブ」アトマイザーレビュー

チャンバートップは綺麗なドーム型です。

 

チャンバー部の詳細

WOTOFO RECURVE RDA「ウォトフォ リカーブ」アトマイザーレビュー

画像を二つ重ねてみると、デッキの上部にかなり余裕のあるデザインです。コイルを高めに設置することも可能で、調整幅があることがわかります。コイル位置で味を変えることができるので、好みの位置を探る楽しみがありますね!

 

デッキ

では最後にRECURVE RDAのデッキです。

WOTOFO RECURVE RDA「ウォトフォ リカーブ」アトマイザーレビュー

コイルに沿うようにサイドウォールがデザインされたデザイン。特徴的なデッキデザインです。デッキも綺麗で、サンドブラストがかけられた、まるで鋳物のようなマットな質感が高級感を感じる仕上がりです。側面にはMikeVapesとWOTOFOのロゴが入ります。

 

U字型のボウル状デザインのデッキ

WOTOFO RECURVE RDA「ウォトフォ リカーブ」アトマイザーレビュー

まずこの側面の壁が一番の特徴コイルを包み込むようなデザインで、エアーをコイルの下〜横まで段階的に当てて、コイルを効率的に冷却できるデザイン。似たデッキデザインのRBAは他社製品でも見たことがあるので、今後流行っていくデッキデザインなのかもしれません。

ポジティブ側のインシュレーターがU字パーツの上部まで覆っていて、万が一ポジティブピンが緩んで、キャップと触れてしまっても短絡しずらいようになっていて、安心して使えるようにデザインされているのがわかります。

 

ポストレスのシングルコイルデッキ

WOTOFO RECURVE RDA「ウォトフォ リカーブ」アトマイザーレビュー

エアフロー以外の特徴は「ポストレス」だということ。シングルコイルユースのデッキですが、スレッド部は4つ。コイルの巻き方向を気にすることなくビルドできるように、あえて4スレッドを用意することで、ビルドが簡単にできます。

WOTOFO RECURVE RDA「ウォトフォ リカーブ」アトマイザーレビュー

固定ネジの操作はデッキサイドから行います。プラスネジですね。

 

ジュースウェル

ジュースウェルはかなり狭いです。

WOTOFO RECURVE RDA「ウォトフォ リカーブ」アトマイザーレビュー

エアホールまではウェルの底から6mm程度あるので、そこまでを全てジュースウェルと考えることもできますが、サイドスペースはコットンレッグを置く部分になり、ウェルは実質センター部分だけになるのでジュース保持量は少なめ。それにあまりリキッドを並々と注いでしまうと傾けた時にエアホールから漏れてしまいます。

スコンクピンがデフォルトでセットされているのはこのスペックの為かもしれませんが、もちろんスコンカー以外でも使用可能なノーマルピンが付属します。

 

 

ポジティブピンとスコンクピン

WOTOFO RECURVE RDA「ウォトフォ リカーブ」アトマイザーレビュー

底部分にはRECURVEやMikeVapes、WOTOFOのロゴマークが入っています。最初はBFピンがセットされています。

WOTOFO RECURVE RDA「ウォトフォ リカーブ」アトマイザーレビュー

突起具合を見てみるとかなり出っ張っています。提供個体は実測で1.15mmも出っ張っていました。これならハイブリッド接続のメカニカルでも安心して使用できると感じました。メカチューブにも似合うビジュアルなのでこのスペックは嬉しいですね。

WOTOFO RECURVE RDA「ウォトフォ リカーブ」アトマイザーレビュー

ただし、ポジティブピンはデッキのポジティブ側固定ネジ兼用なので緩めて突起具合を調整することはできません。(初期状態でこれだけ突起していれば調整は必要ないと思いますが)

ポジティブピンには絶縁用のインシュレーターとは別に、リキッドリーク対策のOリングがはめ込まれているのはWOTOFOアトマイザーの多くに見られ、安心して使える優れた仕様です。

WOTOFO RECURVE RDA「ウォトフォ リカーブ」アトマイザーレビュー

スコンクピンのリキッド出口はウェルの底水平部です。

 

 

ビルド

それではビルドです。吸うまでもありませんが、スペックから見てもDL用のドロー軽めのミスト多めドリッパーです。付属品のようなクラプトンコイルで組んでいくのをWotofoでは推奨していると思いますが、筆者はいつも通り単線で組んでみようと思います。

WOTOFO RECURVE RDA「ウォトフォ リカーブ」アトマイザーレビュー

今回は巻き数多め。筆者は立ち上がりが早いビルドが味にインパクトがあって好きなのですが、じんわり熱を入れるビルドで試しに組みました、内径が太いのは、デッキのエアホールに合わせたつもりです。こうして写真を見てみるとパラレルでも良かったかもしれませんね。

Kanthal 24G , 3.5mm , 8raps

コイルの巻き方向を気にしなくて良いのはかなり便利!どっち巻きでも対応できるデッキデザインです。

WOTOFO RECURVE RDA「ウォトフォ リカーブ」アトマイザーレビュー

コイル位置はかなり高めにセット。ポストレスデッキなので予めコイルレッグの長さを決めて置く必要があり、慣れないと面倒に感じるかもしれません。慣れるまでは少しずつコイルの足を落としては当てがってみるのが良いかもしれません。

http://www.wotofo.com/より抜粋

ちなみに付属のコイルジグはコイルレッグの切断の長さを決めることもできるとWOTOFOサイトに説明がありますので、メーカー推奨の位置でビルドしたいユーザーはこちらの通りにビルドすると良いと思います。

WOTOFO RECURVE RDA「ウォトフォ リカーブ」アトマイザーレビュー

抵抗値は0.7Ω 立ち上がりは遅いですが20W 3.74Vでも実用範囲です。

WOTOFO RECURVE RDA「ウォトフォ リカーブ」アトマイザーレビュー WOTOFO RECURVE RDA「ウォトフォ リカーブ」アトマイザーレビュー WOTOFO RECURVE RDA「ウォトフォ リカーブ」アトマイザーレビュー

ウィックを通してコットンレッグをジュースウェル両側にセットします。コイルレッグはちょっと長めに落として、BFで使う時にリキッドを吸って保持できるようにしました。

WOTOFO RECURVE RDA「ウォトフォ リカーブ」アトマイザーレビュー

意外だったのは、ラフに上からリキッドをドリップしても、エアホールからつたい漏れしない点で、構造的にちゃんとウェルに落ちるようになっているのでしょう。もちろん垂らすポイントが悪ければ漏れそうですが、コイルに直接かけている限り今のところ漏れ知らずです。

 

 

MODに載せる

WOTOFO RECURVE RDA「ウォトフォ リカーブ」アトマイザーレビュー

【スターターキット】Eleaf Lexicon with ELLO Duro レビュー
Eleaf「イーリーフ」のVAPEスターターキット、 Lexicon with ELLO Duro「レキシコン ウィズ エッロ デューロ」のレビューです。 18650デュアルバッテリーを採用した最大235W出力のパワフルなLe...

 

WOTOFO RECURVE RDA「ウォトフォ リカーブ」アトマイザーレビュー

【テクニカルスコンクMOD】RSQ 80W BF MOD / Hotcig × RigMod レビュー
Hotcig「ホットシグ」とRig Mod「リグ モッド」がリリースするVAPEテクニカルMOD、RSQ BOX MODのレビューです。 Hotcigが企画した、コンパクトサイズの18650シングルバッテリーMODです。 そ...

 

WOTOFO RECURVE RDA「ウォトフォ リカーブ」アトマイザーレビュー

【 スターターキット】Eleaf iStick Pico S with ELLO VATE レビュー
Eleaf「イーリーフ」のVAPEスターターキット、iStick Pico S with ELLO VATE 「アイスティック ピコ エス ウィズ エッロ ファーター」のレビューです。 全長を抑えたコンパクト設計で大人気を博す...

 

 

Recurve RDA のまとめ

WOTOFO RECURVE RDA「ウォトフォ リカーブ」アトマイザーレビュー

優れたビジュアル。ハイクオリティな仕上がり。おすすめの24mm爆煙ドリッパー!!

まずは高い製品品質とルックスが秀逸!メカニカルチューブからテクスコまで様々なMODにマッチする外見に、ハイエンド製品に肉薄する仕上がりの良さ。これでこの値段なのだから参ってしまいます。

付属品も充実していて、スコンカー対応はもちろん、エクストラドリップチップまでついています。これは死角無しなのではないだろうか。

使っていてイマイチだったのはエアフロー調整部分で、意外と細かい調整が苦手。トップキャップを回すとちゃんとドローが変わるんですが、調整幅が狭いんですよ。こればっかりは吸わないとなんとも言えない部分ですが、スカスカでもなく〜タイト目でもないまでのドローで、筆者的には基本全開にしています。馴染めないドローだとちょっときついかもしれません。

ドローがハマれば味は中々良い感じで、普通に美味いです!

ドリッパーらしいダイレクトな味とコイルの位置調整幅で、自分好みの味を模索出来る楽しみがあります。ユニークなデッキデザインが効果的に作用しているのかはわかりませんが、基本的にはサイドエアフローのドリッパーの味ですね。

特にクオリティーに満足しています。見た目と運用がハマれば買っちゃって良い奴だと思います!

通販はこちらから!

→ Recurve RDA【Wotofo(ワトフォ)】 [べプログショップ]

商品購入サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
RDAアトマイザー
スポンサーリンク
べプログショップ
VAPE Circuitをフォローする
VAPE Circuit|初心者のための電子タバコ レビューブログ