【iJOY Captain Elite RTAレビュー】シングルコイルの22.5mmサイズ爆煙RTA!

この記事は 約11分で読めます。

iJOY Captain Elite RTAレビュー

iJOY(アイジョイ)のVAPEアトマイザー、Captain Elite RTA「キャプテン エリート」のレビューです。

爆煙特化型デバイスを多数リリースするiJOYにしては、少しミスト量を抑えたシングルコイル専用のコンパクトなRTAをラインナップしていました。クリアロライクなルックスにしては、構造的には良い製品だと思うのでご紹介します。

このアトマイザーの特徴

  • 22.5mmサイズ 背の低いシングルコイル専用DL特化型アトマイザー
  • デッキデザインがアレにそっくり?ドリップチップも?

詳細をレビューしていきます。

商品提供:GearBest

 

 

 

スポンサーリンク
べプログショップべプログショップ

iJOY Captain Elite RTAの詳細

iJOY Captain Elite RTAレビュー

Captain Elite RTAはiJOYのキャプテンシリーズの一機種。Captain RTAのバリエーション?かと思いきや、外見のデザインやサイズ、デッキデザインは全く異なるアトマイザーです。

VAPEデバイスメーカーは、同じ名前を使ったシリーズ展開するのが大好きですが、ユーザーとしては同じようなネーミングで混同してしまうので紛らわしく感じます。

iJOYのアトマイザーとしてはスリムな22.5mmサイズ。

何故キリよく22mmサイズではないのだ?それがiJOYらしさなのか。

微妙なサイジングですが、0.5mm程度なので搭載サイズに縛りのあるiStick Picoにも載せることができるので汎用性は失われていません。

iJOY Captain Elite RTAレビュー

デッキに何やら見覚えがある感じですね。WASP NANO RDAのデッキにそっくりです。

ただ、このドリッパーも完全オリジナルというわけではなく、最早VAPEデバイスにおいては何がオリジナルかわからない状況なので、丸パクリでなければOK的な風潮があることは否めません。

向こうはRDAですし、全ての構造を真似したわけではありませんからね。

そもそもRTAにおいても、ボトムエアフローから取り込んだエアーをデッキサイドから供給するという考え方ではSerpent SMMなどで見られたことから、すでに先駆者がいる状況ですが。

ただ、ポストの形状などは似すぎているなーとは誰もが思うところだと思います。

でも、似ているからなんだ?と言われれば、その問いには答え用がありません。優れた構造だから参考にしたと言われればそれまでです。シングルコイルに対して、適切なエアーを供給できる構造であることは間違いなさそうです。

iJOY Captain Elite RTAレビュー

出典:iJOY

iJOYらしく、カラーバリエーションは多めの8色展開。iJOYにしてはそれでも少ない方だと思います。
GunMetal / Green / White / Yellow / Rainbow / Black / Pink / SS

 

 

スペック

iJOY Captain Elite RTAレビュー

出典:iJOY

リキッド容量2ml / 3ml(バブルチューブ)
直径22.5mm(バブルチューブ 25.5mm)
全長35mm(DT、スレッド含まず)
重量48.5g(実測)
ネジタイプ510
ドリップチップ510DT
コイルRBA シングルコイル
リキッドチャージトップフィル
エアフローボトムエアーフロー
素材ステンレススチール
メーカー公式サイトhttps://www.ijoycig.com/product/IJOY_Captain_Elite_RTA.html

 

パッケージの開封

iJOY Captain Elite RTAレビュー

パッケージはiJOY製品の特徴?でもあるプラスチックケース入り。紙製のスリーブが装飾に巻かれています。ハニカムと、ピンク色の発色の良いデザインが目を引くデザイン。表側は製品が透けて見える仕様でわかりやすいようになっており、裏面には製品の概要と内容品などが書かれています。

また、側面には製品の偽造を防止するスクラッチ式セキュリティーコード入りステッカーも貼られているのはmade in CHINAのVAPE機材のお決まりです。

iJOY Captain Elite RTAレビュー

スリーブを外し、プラカバーを開けると、本体と付属品がクッション材に保護されて収納されています。ワランティーカードはクッション材の下に入っていますよ。

iJOY Captain Elite RTAレビュー

内容品一覧

  • iJOY Captain Elite RTA アトマイザー本体
  • 予備パーツ(Oリング、パッキン、デッキネジ、バブルガラスチューブ)
  • ツール(ビルド用プラスドライバー、六角レンチ)
  • プリメイドクラプトンコイル(0.25Ω 30-60W)
  • コットン
  • ワランティーカード

本体に、予備パーツ一式、ビルド用のツール、ファーストビルド用のコイルにコットン、ワランティーカードなどが入っています。説明書はありませんが、リブルタブル製品なので、ビルドに慣れているユーザーであれば必要がないものでしょう。

 

ディティール

iJOY Captain Elite RTAレビュー

全体的なデザインはまとまっていて、シンプル。しかも高品質ながら、どことなく「クリアロマイザー」っぽさを感じてしまうのは、スライド式のトップキャップだけでなく、無造作に入った刻印から受ける印象でしょう。

iJOY Captain Elite RTAレビュー

トップキャップ部分に”captain”のロゴ、チャンバーパーツに”elite”のロゴが入っています。

iJOY Captain Elite RTAレビュー

これだけなら良いのですが、スライド式トップキャップにはご親切に”PUSH”の文字がでかでかと入っています。確かに「押せ!」と書いてあったほうが、昨日がわかりやすいのですが、デザイン的にはあまりよくありません。トップ部分に矢印マークが入っているのでそれだけでよかったのでは?と感じざるを得ません。

ガイドラインは悪くないデザインだと思うのですが、ディティール的に残念ポイントが多々です。

 

分解

iJOY Captain Elite RTAレビュー

さて、細部を見ていきましょう。まずは構造ごとに分解します。大きく分けると三つの部位に分けることができますね。最近リリースされたRTAとしては標準的な構成です。

  • ドリップチップ
  • タンク
  • デッキ

それでは各部位の詳細をより詳しく見ていきましょう。

 

ドリップチップ

iJOY Captain Elite RTAレビュー

ドリップチップ、、、 既視感ありませんか?

国産の大人気ドリップチップ『GRAM Drip Tips Mt.Fuji』をかなり意識しているデザインに思えるのは筆者だけでしょうか。形状といい、冠雪を表しているグラデーションといい、これで意識していないというのは無理があるようなデザインに思えます。もちろん、コスパに優れたアトマイザーに付属するドリチなので、一つ一つポリッシュされているわけでもないので、表面にはドリル痕が残っていたり、カーブが直線的だったりと簡易化されてはいますが、、、

トップキャップの取り付け部分は510規格。付属品以外の汎用品に付け替えて使うこともできます。

iJOY Captain Elite RTAレビュー

素材はウルテムとされています。PEI樹脂製。内径は510規格の最大を目指した6mmから、口元にかけて逆テーパーで広がるデザインなのもオリジナルを意識した仕様か?

全長14.5mm、露出部の高さ10mm、外径16(13.4)mm、内径 6→8mm

iJOY Captain Elite RTAレビュー

オリジナル(模倣と公式には発表されてはいません)と大きく違うのが、口元に返しのような部分、袋状になっている部分です。

アトマイザー付属のドリップチップによく見られる構造。

これが製造上の都合なのか、何か機能的なものを狙ったものなのかは定かではありません。

ただ、ミストがここでせき止められてしまうように感じるので、機能的に何かを狙ったものではないと思います。

 

タンク

次にタンクを見ていきます。リキッドはタンク上部からチャージ可能なトップフィル構造です。

iJOY Captain Elite RTAレビュー

違う角度で見ても、Fujiを意識したドリチにしか思えませんね。

それは置いておいて、トップキャップはスライド式。ディティールの冒頭でも触れた”PUSH”と矢印マークの部分を文字通り押して、トップキャップをスライドさせます。しかし、PUSHの文字が大きいですね。

わかりませんが、何かのクリアロと共通のパーツを使いまわしているのかも知れません。どうしてそう思うのかというと、”IJOY Captain Mini Subohm Tank”が同じサイズで、同じようなデザインで存在しているからです。それとパーツを使いまわしていてもおかしくはありません。

iJOY Captain Elite RTAレビュー

このようにスライドさせるとリキッドチャージホールが露出する構造です。ボールロックは搭載されていませんが、ほどほどに硬いので不意に開いてしまうことはそうそうないと思います。

iJOY Captain Elite RTAレビュー

このリキッドチャージホール部分のパッキン、予備部品が付属しますが、チムニー部分でホールドされているのでそのまま交換することはできません。一度外さなければならないっぽいので裏側を見て見ます。

そうすると六角頭のイモネジで固定されているのがわかります。そのための六角レンチがツールとしているのですね。

iJOY Captain Elite RTAレビュー

そう思ったのですが、六角レンチはチャンバーが邪魔でそのまま回すことができません。

iJOY Captain Elite RTAレビュー

トップキャップとチャンバーの色が違うので、スレッドで接続されているのかと思って、ゴム手袋などを使って頑張って回してみま下がびくともしません。逆ネジでもなさそうです。バラすのは簡単ではなとだけ言っておきましょう。

iJOY Captain Elite RTAレビュー

タンク部分は逆さまにして外すことで、リキッドがタンク内に残っていてもデッキにアクセス可能です。よくある構造ですね。今やRTAの標準的な構造ともいえるでしょう。

iJOY Captain Elite RTAレビュー

付属品として3ml容量の一部が盛り上がったバブルチューブも付属します。

iJOY Captain Elite RTAレビュー

もちろんチューブ部分の直径が増してしまうのと、出っ張っているのでぶつけた時の破損リスクは増しますが、見た目とリキッド容量のバランスなどから使う方をチョイスすることもできます。

iJOY Captain Elite RTAレビュー

チャンバートップ部分は綺麗なドーム形状。

チムニーへと続く部分は鋭角ではなく、曲線的に仕上げられています。

チムニーの内径は5.5mmと太めで、ドリップチップのボトム部分の内径が6mmですから、ストレートにミストを通すような内径がチョイスされているのがわかります。

 

 

エアフロー

エアフローはデッキの下から空気を取り込むボトムエアフロー構造です。

iJOY Captain Elite RTAレビュー

このエアフローホールには、エアホールの大きさをトリミングできるエアフローリング(AFC)を装備しており、全開から全閉まで無段階でドローを調整することができます。クリック感はなく、フリーでスルスルと回るAFCです。

iJOY Captain Elite RTAレビュー

エアホールは180度の位置に2箇所開いていて、AFCを回転することで、両方のエアホールを同じように開閉することができる構造です。

 

デッキ

デッキです。どう見てもアレをそのままRTAに沈めたようにしか思えないデザイン。

iJOY Captain Elite RTAレビュー

2ポスト2スレッド。シングルコイル専用デッキ。

iJOY Captain Elite RTAレビュー

クランプ部分の仕様までそっくりそのまま。ワイヤーが逃げないように斜めに溝が彫られていて、よほど細いワイヤーを使わない限りは、ラフにネジを締めこんでいってもしっかりクランプしてくれそうな作りです。

iJOY Captain Elite RTAレビュー

写真上下に位置するのはジュースチャンネル。コットンにタンクからリキッドを供給する部分です。大きめで、付属のコイルのようなクラプトンコイルを使用できるようなサイズが確保されています。

iJOY Captain Elite RTAレビュー デッキエアホールは少し大きめ、デッキボトムから取り込んだ空気を、コイルサイドから供給する構造。サイドエアフロー的な味が期待できます。また、ジュースチャンネルからエアホールまで高さがあるのでリキッド漏れにも強そうな構造です。

iJOY Captain Elite RTAレビュー

チャンバートップには若干の余裕があるのでコイルを高めに設置しても問題なさそうな仕様です。

 

ポジティブピン

最後にポジティブピンです。

iJOY Captain Elite RTAレビュー

アトマイザー裏面には”DESIGN BY IJOY”と”elite”の文字がエングレービングされています。

おや?ポジティブピンの仕様がクリアロマイザーのように見えますね。

iJOY Captain Elite RTAレビュー

そう思ったら構造もクリアロマイザーそのものでした。絶縁性のあるシリコンゴムのようなものにピンがはまっているだけの構造。何故このような仕様なのか。

iJOY Captain Elite RTAレビュー

そう思ってデッキ部分を探ってみると、デッキが外れるようになっています。このためか。

iJOY Captain Elite RTAレビュー

出典:iJOY

デッキビルドも可能ですが、Pre-made coilも使えるようになっている構造のようですね。

いや、これいるかな?プリメイドコイル使うなら、クリアロ買うと思うんですけど。ポジピン固定仕様の方がRTAユーザーは嬉しいのではと思います。

iJOY Captain Elite RTAレビュー

ちなみにピンの出っ張り具合は実測0.4mmでした。

iJOY Captain Elite RTAレビュー

ピンの奥にはデッキとの接触部があり、縦方向に押した場合にはデッキにぶつかってそれ以上押すことができません。このように考えると、ハイブリッド接続でもいけそうに思えるのですが、出っ張り具合が十分ではなく、万が一横方向にテンションがかかってしまう(電池の挿入操作ではまずないと思いますが)と、柔らかいインシュレーターは心もとなく思えるので、やめた方が良さそうです。

 

iJOY Captain Elite RTAのビルド

それではビルドです。

iJOY Captain Elite RTAレビュー

例によって単線ビルドです。もちろん付属プリメイドコイルで組むのも良いでしょう。

カンタル24ゲージ、3.0mm軸、6巻

単線で組むのは単に筆者の好みです。

iJOY Captain Elite RTAレビュー

24ゲージワイヤーを固定する場合、ラフに挟み込んでいってもしっかりネジが噛んでくれます。ネジとポストの間の空間が狭いので、26ゲージほどまでであれば、ネジでしっかりと挟み込む気遣いをしなくても普通に締め込んでいけば勝手にくわえてくれます。ビルドは非常に楽です。

iJOY Captain Elite RTAレビュー

ワイヤーをカットするときは、ポストに掘られた溝にワイヤーを沿わせるように横に引っ張ってやってから、ポストのヘリでカットすると、チャンバーとワイヤーが接触して短絡することがないのでこの方法が適切だと思います。

iJOY Captain Elite RTAレビュー

ドライバーンしてホットスポットを除去します。

iJOY Captain Elite RTAレビュー

コイルの高さは少し高めにセットしました。そもそもこれでアウトであれば、ネジ部分がチャンバーに触れてしまうので、設計がダメということです。もちろんそのようなこともなく、接触することはありません。

iJOY Captain Elite RTAレビュー

コットンをコイルに通します。

iJOY Captain Elite RTAレビュー

左右のジュースチャンネルをコットンで塞いでやります。

iJOY Captain Elite RTAレビュー

ジュースチャンネルをあまり埋めすぎると、詰めすぎで供給不足になり、逆に足りないと漏れてしまいます。

ジュースチャンネル底まで埋める必要はなく、多めのコットンをふわっと載せる程度で良いと思います。

iJOY Captain Elite RTAレビュー

ドリップチップからのぞいた時に、コイルが直接見えるのが爆煙系RTAとして期待値が上がる仕様ですね。

 

iJOY Captain Elite RTAをMODに載せる

サイズ的には22.5mmなのでこれを載せられないMODを探す方が難しいぐらい。22mmまでに対応したMODでも大抵のものはセット可能です(もちろん例外もあると思います)

背が低く、デザインがスタンダードなので載せるMODを選びません。これでプリントが全くなく、トップキャップがスレッド式だったらなぁ。

 

iJOY Captain Elite RTA の感想

ツッコミどころが色々ある機材ですが、僕が大好きなRDAを模倣していることから使う前に撮影していた段階でも「DLユースで味的には絶対間違い無いだろうな」と思っていました。

結果はというと、期待通りのドリッパーライクな味が楽しめる良いアトマイザーでした。もちろん、似たようなデッキデザインのRDAほどダイレクトにリキッドの味を感じられることはありませんが、RTAとしては十分にドリッパーらしい味を楽しめます。

背が低くて22.5mmサイズというサイズも良いですね。ただ、味をよりよくするために、ロングタンクバージョンをラインナップしてくれたらよりよかったとは思います。

これ、マジで気に入りました。

iJOY Captain Elite RTAレビュー

ただ、趣味のものとして考えた時に、クリアロマイザーのようなルックスが所有欲を掻き立ててくれるものでは無いと感じます。

というのも、多くの部品をiJOYがリリースしているクリアロと共有していると思われるのがその原因だと思います。

コンセプト自体は良いのですから、パクリ感をもう少し抑えて、外見を専用デザインにするだけでより優れた製品になり得たのにな、と残念に思います。

 

iJOY Captain Elite RTA のまとめ

iJOY Captain Elite RTAレビュー

味が良い。ビルドも簡単だし、実用品として普通に使うのに何も文句はありません。

でも、日本国内にはあまり入ってきていないんですよね。見た目とブランド、ネーミングからイメージが固定されてしまっているように感じます。爆煙特化型のメーカー、iJOYだってたまには(失礼)実用的で使いやすい製品をリリースするんだよ!という良い例だと思います。

シングルコイルのRDAが好きだけど、シチュエーション的にタンクの方が便利!だけど、ダイレクトな味は譲れない!というユーザーにおすすめのアトマイザーです。

デッキデザインからも分かる通り、ビルドもこれ以上ないぐらい簡単なのでビルド初心者にもおすすめできるアトマイザーです。

通販はこちらから!

→ IJOY Captain Elite RTA [GearBest]

商品購入サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
RTAアトマイザー
スポンサーリンク
べプログショップ
VAPE Circuitをフォローする
VAPE Circuit|初心者のための電子タバコ レビューブログ