DIGIFLAVOR S MTL RTA V4 Siren レビュー|正当進化!スペック↑サイズ↓のMTLタンク!

DIGIFLAVOR S MTL RTA V4 Siren(デジフレーバー サイレン V4 タンク)レビュー

DIGIFLAVOR(デジフレーバー)のVAPEアトマイザー、S MTL RTA V4 “Siren”「サイレンV4タンク」のレビューです。

GTAデッキの優位性そのままに、コンパクトに進化!
AFCやデッキエアホールなど、味わいも向上した正当後継機!

詳細をレビューしていきます。

商品提供:Flavor-Kitchen

スポンサーリンク
スポンサーリンク

DIGIFLAVOR S MTL RTA V4とは?

DIGIFLAVOR S MTL RTA V4 Siren(デジフレーバー サイレン V4 タンク)レビュー

デジフレーバーのMTLアトマイザー、S MTL RTA V4 “Siren”「サイレンV4」です。

“Siren” サイレンシリーズは、Digiflavorの代名詞的とも言える有名な製品。
本作は「V4(バージョン4)」であることからもわかるように、大人気のシリーズです。

日本では2作目が有名、大ヒットが記憶に残っている方も多いのではないでしょうか。

そのアイテムが正当進化したのが本作『サイレンV4』です。

DIGIFLAVOR S MTL RTA V4の特徴

  • 直径22mmサイズのMTLシングルコイルタンク
  • 伝統のGTAデッキデザインをショートハイトで実現
  • コンパクトながら本格的な味わいとスペック!

シリーズの特徴である「本格的なMTLを楽しめる独自性のある味わい」はそのまま、サイズをギュッと凝縮したコンパクトボディーになったことです。

出典:Digiflavor

シリーズを経るごとにコンパクトになっているS”Siren”RTAですが、V4は超ショート!

全長がかなり短くなり、収まりの良いサイズになりました。

かといって、機能面を簡易化するのではなく、今までのシリーズ同様のGTA構造デッキを工夫によって内蔵する形になっています。

要は、スペック・構造・美味しさそのまま小さくなりました!というものです。

カラーバリエーション

出典:Digiflavor

スタンダードカラーを網羅した全4色のラインナップです。

DIGIFLAVOR S MTL RTA V4のカラーバリエーション

  • Gunmetal ガンメタル
  • RAINBOWレインボー
  • SSステンレススチール
  • Blackブラック

スペック

リキッド容量2ml
直径22mm
全長51mm
ネジタイプ510
ドリップチップ510DT
コイルシングルコイル(RTA)
リキッドチャージトップフィル(スクリュー式)
エアフローボトムエアーフロー

パッケージ・内容品

DIGIFLAVOR S MTL RTA V4 Siren(デジフレーバー サイレン V4 タンク)レビュー

内容品一覧

  • DIGIFLAVOR S MTL RTA V4 アトマイザー本体
  • エクストラパーツ(ドリップチップ)
  • 予備パーツ(Oリング・デッキネジ)
  • ツール(T字ドライバー)
  • ビルド用
    • プレビルドコイル Ni80 1.2Ω φ2mm
    • プレビルドコイル Ni80 1.4Ω φ2mm
    • プレビルドコイル KA1 0.65Ω φ2.5mm
    • プレビルドコイル SS316 1.0Ω φ2.5mm
    • コットン
  • ユーザーマニュアル(英語)

DIGIFLAVOR S MTL RTA V4の詳細

DIGIFLAVOR S MTL RTA V4 Siren(デジフレーバー サイレン V4 タンク)レビュー

いつの間にかロゴマークがリニューアル、よりシンプルでスタイリッシュになりました。

ロゴマーク変えるブランド多いですよね、中国のVAPEブランドは。
かっこよくなることも多いのですが、一瞬「どこのブランド!?」と戸惑うことも。

Digiflavorはかなりイメージが変わったように感じます。

DIGIFLAVOR S MTL RTA V4 Siren(デジフレーバー サイレン V4 タンク)レビュー

Sirenシリーズとは思えない長さ!細長いのがサイレンタンクなイメージなのですが、

今時っぽい長さと、デザインにリニューアル!これで構造はそのままなのがすごい!
ロゴマークがでかでかでかと入っているので好み分かれそうですが…

それさえなければかなりシンプルで、かっこいいルックだと思います。
上下のローレットがいい感じですよね!

DIGIFLAVOR S MTL RTA V4 Siren(デジフレーバー サイレン V4 タンク)レビュー

そうそう、こんなに短いのに、デッキ下に空間があるGTA構造なんですよ!
一昔前なら考えられない、結構すごいことだと思います。

金属の切削・加工技術や、設計が進んだからこそ成せるものなのでしょう。

DIGIFLAVOR S MTL RTA V4 Siren(デジフレーバー サイレン V4 タンク)レビュー

凝っているのにパーツ点数は少なめ。というのもタンクがフルに分解できません。
これについては、タンク部分で詳しく触れますので是非最後までお読みください。

全長をできるだけ短くするために、工夫しまくった結果の賜物。
しかし、日常使いにも不便は感じない考えられた構造なんです!

ドリップチップ

DIGIFLAVOR S MTL RTA V4 Siren(デジフレーバー サイレン V4 タンク)レビュー

ドリップチップはもはや定番の「510DT」仕様なので、付属品以外の汎用品も使用◎です。

510DTとは

ドリップチップの汎用規格に近いもの。
取り付け部分のサイズが共通なので、さまさまな種類に付け替えが可能です。

付属するのは2種類の樹脂製ドリップチップで、それぞれデザインも違えばスペックも違うので、コイルビルドに合わせるなど好みに応じて交換することができます。

左:全長21mm、露出部の高さ16mm、内径3mm
右:全長23mm、露出部の高さ18mm、内径3.5mm

タンク

DIGIFLAVOR S MTL RTA V4 Siren(デジフレーバー サイレン V4 タンク)レビュー

こんなに短いRTAなのに、使い勝手にもこだわっているのがGood!!

スクリュー式のトップキャップの側面には、デザインと使いやすさを考えてローレット加工されているので操作しやすい!開け閉めしやすいのが良いです。

スクリュー(ネジ式)なので着実にロックできる、確実性を優先した仕様。

トップフィルで便利にリキッドチャージできます。

DIGIFLAVOR S MTL RTA V4 Siren(デジフレーバー サイレン V4 タンク)レビュー

タンクは3分割(チューブ・ベース・トップキャップ)の構成。

タンクチューブにはPEI(ポリエーテルイミド樹脂)が使われています。

この素材は、商品名「ウルテム」で有名な素材で、耐薬品性に優れているのが特徴。
ガラスほどではないにしろ、樹脂攻撃性のあるリキッドにも強いです。

DIGIFLAVOR S MTL RTA V4 Siren(デジフレーバー サイレン V4 タンク)レビュー

前記したように完全分解はできず、ベース部分の洗浄がやりにくいのがデメリットです。
これは、ショートハイトを実現するために犠牲になっている部分かと思います。

チャンバートップはこんな感じで、定番の「ドーム・お椀型」ではありませんが、個人的には味にインパクトのある荒々しい味わいになると感じています。

この辺はどちらが優れているというわけでなく、完全に好みですね。
リキッドのフレーバーによったりもするので、これはこれで良いです。

チムニー内径:3.2mm

チムニー内径かなり細いです!リアルタイトドロー向けのスペック。

エアフローデザイン

DIGIFLAVOR S MTL RTA V4 Siren(デジフレーバー サイレン V4 タンク)レビュー

しっかりとタイトドローMTLが楽しめるアトマイザー、エアフローにもこだわり。

メモリが刻まれたAFC部分、5つのエアホールが開いていますが、試しに回しながら吸ってみるとリニアに「無段階」にドローが変化します。しっかり調整できますね!

左にめいっぱい回すと吸えないほどのタイトドロー、逆に右にめいっぱいだとDTL〜DLほどの軽めのドローになります。

デッキ

DIGIFLAVOR S MTL RTA V4 Siren(デジフレーバー サイレン V4 タンク)レビュー

Siren(サイレン)シリーズの特徴でもある、GTA(なんの略かはわかりません…多分Ground なんちゃらAtomizer??)構造のデッキデザインを採用。

DIGIFLAVOR S MTL RTA V4 Siren(デジフレーバー サイレン V4 タンク)レビュー

最大の特徴は、タンクの底よりも高い位置にデッキがあるということで、つまりはデッキの下にタンク部分があり、リキッド供給が下から行われる点です。

この構造のメリットとして実感できるのは「ビルド時のウィッキングの簡単さ」にあると感じています。ただコットンをふわっと乗せるだけで、供給不足にも過剰供給にもならない。

イガりも漏れもしない、ウィックがシビアじゃないのですごく楽!というもの

DIGIFLAVOR S MTL RTA V4 Siren(デジフレーバー サイレン V4 タンク)レビュー

ちなみに、ショートハイトを実現するためにデッキは超矮小サイズ。

デッキサイズ:13mm

これで大丈夫なの!?というほど22mmRTAとしては小さいデッキですが、味も使い勝手も犠牲になっていませんからご安心を。ちなみにポスト間隔は5.2mmで、3.0mm軸でビルドしたコイルもセットできるほど余裕があります。

エアホールはボトム、ハニカムホール仕様です。ここも進化しています!

ポジティブピン

DIGIFLAVOR S MTL RTA V4 Siren(デジフレーバー サイレン V4 タンク)レビュー

ゴールドピン仕様で耐腐食性・導電性に優れたポジティブピンは、突起具合が0.93mm。
デッキのポジティブポスト固定ネジ兼用で、調整は不可です。

S MTL RTA V4のコイルビルド

DIGIFLAVOR S MTL RTA V4 Siren(デジフレーバー サイレン V4 タンク)レビュー

さぁビルドです!一時期はレビューで週に何度も新しいアトマイザーをビルドしていたんですが、最近めっきり新製品もレビュー依頼も減ってしまって、腕が鈍りがちです。

幸いこのアトマイザーには、親切に4つもプリビルドコイルがついてくるのですが…

ビルドの機械を作らなきゃ!ということで、スタンダードにカンタルで巻いていこうと思います。というよりも、ど定番のカンタルで巻かないとアトマイザー自体の味の評価ができませんからね…

という雑談は置いておいて、早速ビルドです。

DIGIFLAVOR S MTL RTA V4 Siren(デジフレーバー サイレン V4 タンク)レビュー

第一印象「ポストが微妙」MTL向けなのに、若干クラプトン前提?

しっかりクランプできないこともないんですが、無造作に締め込むとワイヤーが逃げる。
細線前提のMTLアトマイザーとしては若干原点ですが、気を使えば難なく固定できました。

しかし、こんなに小さなデッキサイズなのに、ビルドしやすいのは良いです!

DIGIFLAVOR S MTL RTA V4 Siren(デジフレーバー サイレン V4 タンク)レビュー

ポストデザイン自体は割と「定番デザイン」なので困ることはないですね。

そういえば、でもプリセットのデッキネジが欠品していました。Oリングも…
それは置いておいて、ビルドは簡単簡単!

DIGIFLAVOR S MTL RTA V4 Siren(デジフレーバー サイレン V4 タンク)レビュー

ウィックは若干長めにカットして、置くだけでOKです。やっぱり簡単だ〜!

これで漏れもせず、供給不足にもならないのだからかなり優秀ですよ。

アトマイザーのマッチング・使用例

感想とまとめ

DIGIFLAVOR S MTL RTA V4 Siren(デジフレーバー サイレン V4 タンク)レビュー

名作再び!着実な進化を遂げた「正当」進化版MTLアトマイザー!

正直「真新しさ」は薄めで、斬新な発想・構造はありません。

というのも、アトマイザー製品が「過渡期」ではなく「成熟期」を迎えているからで、どの製品も完成度は上がっているものの、これぞオリジナル!という製品はほぼありません。

その中で、この製品は「過去の優れた製品を、より小さくコンパクトに!」という、揺るがないコンセプトに向けて全てが構成されていて、完成度の高い製品となっています。

アップデートされ、より味わいが深くなっているのも見逃せません。

このサイズ、このルックス、この使い勝手。良いアトマイザーです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
RTAアトマイザー
VAPE Circuitをフォローする
VAPE Circuit|初心者のためのVAPEレビューブログサイト

コメント

年齢認証

あなたは20歳以上ですか?