WISMEC

【AUGVAPE INTAKE RTA レビュー】オーグベイプ「インテーク」アトマイザー

【アトマイザー】AUGVAPE INTAKE RTA「インテーク」レビュー

Augvape「オーグベイプ」のVAPEアトマイザー、INTAKE RTA「インテーク」のレビューです。

トップエアフローでもれないRTAが欲しい!しかもシングルコイル専用!なおかつ24mmサイズが限界!というユーザー向けのアトマイザーをAUGVAPEがリリースしました!INTAKE RTAです。

このアトマイザーの特徴

  • トップエアフローRTA リキッドが漏れにくいのが最大のメリット
  • 24mmサイズ 4.2mlの大容量タンク
  • クラプトンコイルにも対応したシングルコイルデッキ

これ、おいしくて漏れない良いRTAでしたよ!ダイレクトなRDAのような味が好みの人に!

YouTuber「Mike Vapes」のロゴ入りのコラボ商品ですね。Mikeさん、AUGVAE以外でもコラボアトマイザーをリリースしている人気者です。チャンネル登録数も22万オーバーと桁違い!

それでは詳細をレビューしていきます。

商品提供:AUGVAPE

 

 

スポンサーリンク
べプログショップ

AUGVAPE INTAKE RTAとは?

【アトマイザー】AUGVAPE INTAKE RTA「インテーク」レビュー

INTAKEとは (空気の吸い込み口)だそうです。トップエアフローアトマイザーってだいたいこんなデザインになりますよね。構造的にあまり大きくいじれないんでしょう。カッティングやエッジで個性出すしかありません。

それだけ見慣れた形状でもあるので安心感は感じますね!

個人的にはチャンバーの”Intake”のロゴ文字のフォントが製品イメージと合ってないな、と感じてしまいます。もっとかっちりしたイメージなんですけど。

【アトマイザー】AUGVAPE INTAKE RTA「インテーク」レビュー

シングルコイル専用デッキ。煙突のようなエアチューブが個性的ですね。詳しくはデッキの項目で。

カラバリは4色展開です。

ブラック、シルバー、ガンメタ、ブルーの4色ですね。AUGVAPEはカラー展開が地味ですが、人気カラーはちゃんと抑えてます。

 

スペック

リキッド容量4.2ml
直径24mm(タンク部分27mm)
全長40mm(DT、スレッド含まず)
重量57.8g(実測)
ネジタイプ510
ドリップチップ810DT / 510DT
コイルRBA シングルコイル
リキッドチャージトップフィル
エアフロートップエアーフロー
素材ステンレススチール

AUGVAPE公式サイトより

 

パッケージの開封

【アトマイザー】AUGVAPE INTAKE RTA「インテーク」レビュー

AUGVAPEが大好きな賞状の包みたいなパッケージ。セキュリティーコード入りシールが貼ってあります。

【アトマイザー】AUGVAPE INTAKE RTA「インテーク」レビュー

内容品一覧

  • INTAKE RTA アトマイザー本体
  • 予備パーツ(カラーOリング、デッキネジ)
  • エクストラパーツ(810ドリップチップ、ストレートガラスチューブ)
  • 510ドリップチップアダプター
  • ツール

予備のOリングは赤と青のカラーOリングです。黒の予備はなし。

 

詳細

分解

【アトマイザー】AUGVAPE INTAKE RTA「インテーク」レビュー

まず分解して大まかな構造を見ていきましょう。

  • ドリップチップ
  • タンク
  • デッキ

タンクとデッキは更に細かく分解できます。RTAなのでパーツ総数は多め。一般的なRTAの構造です。

 

ドリップチップ

【アトマイザー】AUGVAPE INTAKE RTA「インテーク」レビュー

ハーフインチサイズ(810DT)対応。トップキャップ側にOリングが。

付属のドリップチップは2つです。どちらも逆テーパー、綺麗に内径が広がっていますね。オマケレベルを超えた構造にもこだわったタイプです。普通に美味しそう!

中央黒:全長11.3mm、露出部の高さ6mm、外径18.75mm、内径7.5→14.3mm(逆テーパー)
左青:全長10.3mm、露出部の高さ5mm、外径18.5mm、内径7.5→12.5mm(逆テーパー)

【アトマイザー】AUGVAPE INTAKE RTA「インテーク」レビュー

更に細い510DTを取り付けるための樹脂アダプターも付属。取り付け部分にスポッとハマるので、トップキャップにはみ出さないルックス重視タイプ。外すときは裏側から押し出します。

 

タンクの構造

【アトマイザー】AUGVAPE INTAKE RTA「インテーク」レビュー

まず、トップキャップはロック式。反時計回りに90度回すだけで取り外せるので簡単にリキチャ出来ます。スレッド式と違い、ロックに不安がありますが、硬すぎず柔らかすぎない丁度よい硬さで勝手に外れてしまうこともあまりなさそうです。

リキッドはトップフィルで簡単にリキッドチャージできます。チャージホールも大きくて、先の太めのスポイトボトルでも問題なく注げます。

【アトマイザー】AUGVAPE INTAKE RTA「インテーク」レビュー

そしてタンクにリキッドが残っていてもデッキにアクセス可能です

ただ、Oリングが細いタイプなので、タンクパーツとガラスチューブが外れやすいので注意が必要。

【アトマイザー】AUGVAPE INTAKE RTA「インテーク」レビュー

そしてバブルチューブとストレートチューブ2つが付属します。

【アトマイザー】AUGVAPE INTAKE RTA「インテーク」レビュー

ストレートチューブに交換するとリキッド容量は2.5mlにダウン。その代り、ガラスの出っ張りがなくなり、スリムに。見た目の好みと、リキッド容量などの使い勝手で選んだり、一方が割れてしまったときの予備としてももちろん使用可能です。

 

トップエアフロー

【アトマイザー】AUGVAPE INTAKE RTA「インテーク」レビュー

トップエアフロー構造なので、エアホールはアトマイザー上部に。このエアホールにはドロー調整のAFC(エアーコントロールリング)を装備。無断階で調整可能です。

 

デッキ

【アトマイザー】AUGVAPE INTAKE RTA「インテーク」レビュー

デッキは2ポスト2スレッドのスタンダードなシングルコイルデッキ。

デッキ直径:17.5mm

【アトマイザー】AUGVAPE INTAKE RTA「インテーク」レビュー

特徴的なのは2つの煙突のような筒。トップから取り込まれた空気はこの筒を通ってデッキボトムまで導かれ、コイルボトムから供給されます。

メーカーの写真がわかりやすいので見てみましょう。

こんな感じで、スタンダードなトップエアフローRTAの構造です。ユニークなのは筒の中にエアーを通す点。チャンバー容量を減らさずに、デッキスペースを確保できるデザインですね。

このエアチューブ、コイルに近すぎて味に影響がありそうに感じますね。チェーンしなければ良いのでしょうけど、チェーンしてチューブに熱がこもると、通る空気まで熱くなってコイル冷却に影響がありそうに感じるんですが、どうなんだろう。

まぁでもそれを言い出したらトップエアフロー構造のRTA全てに言えることですし、実際使ってみないとわかりませんからね!

【アトマイザー】AUGVAPE INTAKE RTA「インテーク」レビュー

コイルクランプはサイド留め、コイルレッグが逃げないように入口部分に突起があるタイプ。ビルドしやすそう。ポールが互い違いになっています。

【アトマイザー】AUGVAPE INTAKE RTA「インテーク」レビュー

デッキエアホールが横に大きく、幅のあるコイルにも対応した形状ですね。ジュースちゃんねるから少しだけ高い位置にあり、リキッドリークを防ぎます。

【アトマイザー】AUGVAPE INTAKE RTA「インテーク」レビュー

ジュースチャンネルも大きく、クラプトンコイルなど熱量の高いコイルにも対応しそうな仕様です。

【アトマイザー】AUGVAPE INTAKE RTA「インテーク」レビュー

そしてチャンバートップはフラットデザイン。めちゃくちゃ平です。チムニー内径:6mm

 

ポジティブピン

【アトマイザー】AUGVAPE INTAKE RTA「インテーク」レビュー

ポジティブピンは固定式。調整も分解もできません。ただ、クリアロのようにピンが動く構造ではなく、固定されています。突起具合は実測0.8mmほどでした。

 

ビルドします

【アトマイザー】AUGVAPE INTAKE RTA「インテーク」レビュー

それではコイル組んでいきます。デッキの形状とジュースチャンネル、デッキエアホールからもっとコイル幅のあるクラプトンコイルにも対応できると判断しましたが、単線が好きなんです!単線で組みますよ!

カンタル24ゲージ、3.5mm軸、6巻

巻き径はエアチューブに接触するギリギリの3.5mmで。あまり内径が小さいとジュースチャンネルを埋めるウィックの量を稼げないように感じました。

【アトマイザー】AUGVAPE INTAKE RTA「インテーク」レビュー

コイルレッグを固定した後、切断するときはワイヤーがチャンバーに触れて短絡するのを防ぐために、クランプの溝に添わせてワイヤーを横に出してから切断するのが良いと思います。ポールの際でワイヤーを切断。

【アトマイザー】AUGVAPE INTAKE RTA「インテーク」レビュー

コイルの位置はエアホールにリキッドが伝わない程度に下げました。コイルの巻き方向はどちらでも行けると思います。ワイヤーが上向きでも問題ありません。

【アトマイザー】AUGVAPE INTAKE RTA「インテーク」レビュー

ウィッキングですが、ジュースチャンネルが多いきい上に低い位置にデッキエアホールがあるのでつたい漏れしそう。そのため、ウィックのレッグを長めに確保し、レッグをM字にふんわり膨らませて設置しました。

ストレートに最短距離でウィッキングすると伝い漏れしそうです。

トップエアフローなのでエアホールからは漏れませんが、伝い漏れはジュルる原因になるので漏れないようにウィッキングします。

 

 

MODに載せてみました

サイズがボリューミーなので、同じくボリューム感のあるMODによく似合います。ベース部分が24mmなので、サイズ制限のあるMODにも対応できそうです。

 

使ってみた感想 味がすごく良い!

味はいいですね!これすごくいい。

かなりダイレクトな味で、よく言う「ドリッパーライクな味」の代表選手と言った印象。チャンバーに余裕があって、チムニーが太いのが効いてますね。クラプトンコイルでも十分に楽しめるでしょう。

ジュースチャンネルが大きいのでVG MAXなどのリキッドでも問題なし。ジュースチャンネルが大きいと漏れが心配ですが、そこで効いてくるのが”トップエアフロー”の漏れにくい構造です。理にかなってる!

そして、心配していたチェーンユースでのフレーバー飛びですが、パフ時間が長かったり、チェーンを続けるとと熱が伝わり、フレーバーもちょっと飛び気味かな?という印象です。

  • 味が相当良い!マレーシアリキッドなどはっきりした味のリキッドによく合う!
  • ビルドが簡単!シングルコイルでこれ以上はない。
  • チェーンしたりパフ時間が長いと味が飛ぶ

あれ、これいいんじゃない!?そこまで弱点はないじゃない!と思ったんですが一箇所だけ。

【アトマイザー】AUGVAPE INTAKE RTA「インテーク」レビュー

エアチューブをちゃんとはめないとダメなんですよ。

トップエアフローRTAの多くが2重チャンバー構造なのって、この合わせ部分をはめるのが面倒だからだと思うんですよね。

ちょっとだけゆっくり目に回してやれば、ぴったりはめようとしなくても回しているうちにはまるんですが、何故かうまくはまらないこともあり、イラッとします。

ビルド後だけなんですけどね、、、一長一短ですね。

 

 

まとめ

【アトマイザー】AUGVAPE INTAKE RTA「インテーク」レビュー

かなり良いです!シングルエアフローのトップエアフローRTAとしてはおすすめ!

リキッドをたっぷり供給できるジュースチャンネルを実現できるのは、漏れにくいトップエアフロー構造あってのもの。構造の特性をうまく活かしたデザインだと思います。

楽で漏れる心配をしなくていいので、お気に入りのリキッドをたっぷりいれて持ち出すのに最適ですね!

通販はこちらから!

→ AUGVAPE INTAKE RTA [楽天市場]

提供ショップの通販サイトはこちら!

3000円以上購入送料無料です。