スポンサーリンク
べプログショップASLE

ADVKEN MANTA MTL 2.0 RTA レビュー|デッキデュアルエアフローの斬新なアトマイザー!

ADVKEN MANTA MTL 2.0 RTA レビュー

ADVKEN(アドビケン)のVAPEアトマイザー、MANTA MTL 2.0 RTA「マンタ・エムティーエル・2.0・タンク」のレビューです。

サイドエアフローだけでなく、ボトムエアフローも装備!
AFCだけでエアフロー切り替え可能な斬新でユニークな構造が魅力!

詳細をレビューしていきます。

商品提供:healthcabin

スポンサーリンク
べプログショップ
スポンサーリンク

ADVKEN MANTA MTL 2.0 RTAとは?

ADVKEN MANTA MTL 2.0 RTA レビュー

ADVKEN(アドビケン)がリリースする”RBA”コイル構築可能なアトマイザー、MANTA MTL 2.0 RTA「マンタ・エムティーエル・2.0・タンク」です。

最近のトレンド?ヒット作を進化させた後継機としてリリースされた製品となります。

前作MANTA MTL RTAは、MTLユーズのRTAでありながら、デッキサイドエアフロー構造という珍しいスペックを持った製品でした。

そして、リニューアルされた2.0では、初代譲りのデッキサイドエアフローは継承しながらも、ボトムエアフローも追加したこととよりMTLに特化した製品へと進化しています。

ADVKEN MANTA MTL 2.0 RTA レビュー

MANTA MTL 2.0 RTAの特徴

  • 直径22mmサイズ。コンパクトなショートハイトタンクアトマイザー
  • よりMTLに特化したデッキデザイン
  • 個性的なルックス
  • ガラス露出部分が少なく、破損リスクが少ない

大柄な24mmサイズから22mmにサイズダウンしたのも大きな変更点ですね。

出典:ADVKEN

カラーバリエーションは全2色と少ないながら、定番カラーを網羅しています。

スペック

リキッド容量2ml
直径22mm(バブルタンク 25.6mm)
全長41mm
重量46.5g
ネジタイプ510
ドリップチップ510DT
コイルRBA シングルコイル
リキッドチャージトップフィル
エアフローボトムエアーフロー(デッキサイドエアフロー)

パッケージ・内容品

ADVKEN MANTA MTL 2.0 RTA レビュー

内容品一覧

  • ADVKEN MANTA MTL 2.0 RTA アトマイザー本体
  • 予備パーツ(Oリング、デッキネジ、ガラスチューブ)
  • ツール(マイナスドライバー)
  • ユーザーマニュアル(英語・中国語)
  • クリーニングクロス

MANTA MTL 2.0 RTAの詳細

ADVKEN MANTA MTL 2.0 RTA レビュー

初代MANTA MTL RTAとはまた違うデザインコンセプト。

シンプルなルックスとハイクオリティーな仕上がりによって、良い意味でますプロダクツらしからぬルックスを実現しています。

金属の肌感がかなり綺麗です。

ADVKEN MANTA MTL 2.0 RTA レビュー

トップキャップの飾り模様とロゴマークは、初代MANTAから引き継いだデザイン。

洗練されたデザインの中にも、シリーズとしての共通点を感じられます。

出典:ADVKEN

初代MANTAと違い、タンクのガラスチューブは上部でのみ保持される構造に変更されたことで、パーツ点数はRTAとしては少なめなシンプルな構成。

分解・洗浄がより簡単にできるようになりました。

ドリップチップ

ADVKEN MANTA MTL 2.0 RTA レビュー

510DT仕様なので、もちろん汎用品もセットできます。

ADVKEN MANTA MTL 2.0 RTA レビュー

付属品はウルテム樹脂に近いカラー、加え心地を重視したくびれタイプ。
内部構造にもこだわったテーパデザインです。

全長17mm、露出部の高さ12mm、外径15(8)mm、内径4.5→3.5mm(テーパー)

タンク

ADVKEN MANTA MTL 2.0 RTA レビュー

3パーツ、シンプルな構成のタンク。

ADVKEN MANTA MTL 2.0 RTA レビュー

ベース部分となる真ん中のパーツは分解不可です。

ADVKEN MANTA MTL 2.0 RTA レビュー

リキッドチャージはトップフィルで簡単チャージ可能。

スクリュー式キャップでしっかりとロックできます。

ADVKEN MANTA MTL 2.0 RTA レビュー

ガラスチューブはベースパーツにOリングで保持される構造で、ボトムフィルにも対応。

つまり、リキッドが残っている状態でも、デッキからタンクが取り外せる構造です。

ADVKEN MANTA MTL 2.0 RTA レビュー

なだらかなドーム型に近いステップダウンデザインのチャンバー。

チムニー内径4mmとMTL向けの仕様です。

ボトムエアフロー

ADVKEN MANTA MTL 2.0 RTA レビュー

ボトムエアフローデザイン、エアホールにはドロー調整用のAFCを装備。

ADVKEN MANTA MTL 2.0 RTA レビュー

ノッチ式のAFCによって、4段階にドロー調整可能です。

エアフローコントロールのバリエーション(4パターン)

  • B 1.4mm(ボトム)
  • H 0.8mm(ボトム), 0.8mm(サイド)
  • A 1.4mm(ボトム), 1.4mm(サイド)
  • S 1.4mm(サイド)

デッキには2箇所エアホールが空いていて、それぞれデッキボトムとサイドに供給されます。

出典:ADVKEN

ボトムとサイドそれぞれ調整可能な構造は非常に珍しいですね。

ただ、エアホールのバリエーションが少なく、そして、4種類ともあまりドローは変わりなく、MTLという割にはエアホールスペックからも分かるようにドローは軽めです。

さらにAFCの精度の問題で、目安となる英文字『B,H,A,S』部分からもエアーを吸ってしまっています。

初代MANTA MTL RTAもドローは軽めでしたが、進化版2.0も同じ方向性です。

デッキ

ADVKEN MANTA MTL 2.0 RTA レビュー

スタンダードなデザインの2ポスト2スレッド、シングルコイル専用デッキ。

このデッキデザインはもはや定番と言えるようになるほど、様々なメーカーが似たようなポストデザインを採用しています。

まるでRDAをそのままセットしたような初代と比べると「ごくごく一般的」なデッキデザインになりました。

ADVKEN MANTA MTL 2.0 RTA レビュー

ただし、デッキエアフローデザインは凝った仕様です。

中央に配置されたボトムエアフローホールだけでなく、2つのポストにはそれぞれエアホールを配置、サイドエアフローも備えています。

ポストの中にエアーが通る道を作るという、繊細な金属切削技術のなせる技。

一昔前であれば考えられなかったような仕様です。

ADVKEN MANTA MTL 2.0 RTA レビュー

これも定番中の定番的なディティール、コイルレッグが逃げないようにガイド付き。

デッキネジの頭とのクリアランスは極小で、ビルドのしやすさに配慮しています。

ADVKEN MANTA MTL 2.0 RTA レビュー

ジュースチャンネルはデッキサイドにあり、側面からリキッドを供給します。

オーバル型ホールは、MTL向けに小さめのサイズです。

ポジティブピン

ADVKEN MANTA MTL 2.0 RTA レビュー

ポジティブピンは実測0.82mm、インシュレーターも若干出っ張っていて、ハイブリッド接続にも配慮した仕様となっています。

ADVKEN MANTA MTL 2.0 RTA レビュー

シングルピン仕様なので、緩めて出っ張り具合の調整は不可。

ピンはポジティブポスト固定ネジ兼用です。

ピンにホールが空いているのは、スコンク対応しているわけではなく、エアーが通り抜ける穴です。

ピンがエアホールも兼ねています。

MANTA MTL 2.0 RTAのビルド

特徴は『サイド&ボトム』のデュアルエアホール仕様だということ。

それ以外はごくごく一般的な作りで、デッキデザインもポピュラーなもの。

ADVKEN MANTA MTL 2.0 RTA レビュー

Ni80(ニクロム), 2.5mm軸 , 7巻

ビルドのしやすさに定評のあるデッキデザインですから、かなり楽にビルドできるのが良いですね。

ADVKEN MANTA MTL 2.0 RTA レビュー

ネジを緩めてコイルをセットしたら、ちょっとだけネジを締めれば、ネジ頭が大きくガイドまでのクリアランスが極小なので、でもう外れることはありません。

ADVKEN MANTA MTL 2.0 RTA レビュー

この段階でコイルジグを通してコイル位置を調整、指でロックしてデッキネジを閉めればコイルは完成です。

慣れていれば1-2分でビルドできそうなぐらい楽ですね。

ADVKEN MANTA MTL 2.0 RTA レビュー

サイドエアフローも考慮して、コイルは若干高めにセットするのが味的にも良いです。

ボトムエアホールが突起していないタイプなので、あまり下げると伝漏れしそうですから。

ADVKEN MANTA MTL 2.0 RTA レビュー

コイルレッグは短め(デッキポストぎりぎり)にカットしないと、チャンバーと触れてショートしてしまいますから、注意してニッパーで切り落とすか金属疲労で折ります。

ADVKEN MANTA MTL 2.0 RTA レビュー

ドライバーンしてホットスポットを除去後、コットンを通して余分な足をカット。

デッキ部分を目安にカットするのが良いでしょう。

ADVKEN MANTA MTL 2.0 RTA レビュー

最後にジュースチャンネルにコットンをふわっとのせたら完成です!

アトマイザーのマッチング・使用例

感想とまとめ

ADVKEN MANTA MTL 2.0 RTA レビュー

タイトDLもいけるデュアルエアフロー仕様のMTLアトマイザー!

MTLというと、タイトドローを想像してしまうんですが、MANTA MTL 2.0 RTAは残念ながら超タイトドロー向きではなく、DL~MTL向けのドローです。

ではMTL RTAとしてダメなのか?といえばそうではなく、軽めのドローが好きな人であれば完成度は高いです。

ルックスも良くて価格も安いだけでなく、味もハイレベル。
初代のような、ドリッパーライクなダイレクトかつウェットな味わいも、より細かいミストの風合いも楽しめます。

特にサイドとボトムの切り替えが、デッキ部分をいじらずにAFCのみで操作できるアトマイザーは激レア、ドローの好みが合えばリキッドやセッティングに応じて気軽にエアフローの仕様を変えることができます。

22mmサイズになって、汎用性もアップした良アトマイザーですよ!

コメント