スポンサーリンク
べプログショップ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

The Hippie Pipe X(ザ ヒッピーパイプ エックス)レビュー

The Hippie Pipe X(ザ ヒッピーパイプ エックス)レビュー

The Hippie Pipe X(ザ ヒッピー パイプ エックス)アナログヴェポライザーのレビューです。

充電不要!繰り返し使えるアナログヴェポライザー!
電子式にはない「モノとしての魅力」を楽しめる、趣味性の強いアイテムです。

詳細をレビューします!

商品提供:ベプログshop

スポンサーリンク
スポンサーリンク

The Hippie Pipe Xとは?

The Hippie Pipe X(ザ ヒッピーパイプ エックス)レビュー

アナログヴェポライザー、The Hippie Pipe X(ザ ヒッピー パイプ エックス)です。

世界的に有名なブランドの最新作で、「THE Hippie Pipe」のアップデートVer.です。

「アナログヴェポライザー」は、本体を直接ライターで炙って使います。

バッテリーと電子制御のヴェポライザーよりも「趣味性」が強いのが特徴となります。
スイッチを押すだけで、簡単に温度設定が可能な電子式はもちろん便利です。

しかし、アナログヴェポライザーには「アナログ」が故の良さがあります。

ライターで本体を炙って自分好みに調整する魅力。
そして、シンプルな構造や、天然素材などを使った「モノ」としての良さなど。

それでは、The Hippie Pipe Xの詳細を見ていきましょう。

ヴェポライザーとは?

ヴェポライザーとは?

直訳すると「気化装置」です。

加熱式タバコ(iQOS・glo・PloomSなど)のように、タバコに直接火をつけずに加熱することで、その蒸気を吸引できる装置のことです。

火をつけないのでタールをカットできるというメリットも。
また、火をつけたのとは異なる風味も魅力です。

加熱式たばこと違うのは「専用リフィル(たばこスティック)」を必要としないことで、市販の紙巻きたばこはもちろん、よりコストパフォーマンスに優れた手巻きたばこ用のタバコは(シャグ)が使えます。

タバコ葉の使用用も少なく、経済的に優れているのはもちろん、自分好みの味わいに調整することができる製品も少なくありません。

つまり、『タバコ成分を気化させて吸引するための装置』です。

『アナログヴェポライザー』は、は電気的に加熱するヴェポライザーとは異なります。

アナログヴェポライザーは「本体をライターなどで加熱して使う製品」
「タバコ葉には直接火をつけない」で、間接的に加熱して蒸気を吸う製品です。

パッケージ・内容品

The Hippie Pipe X(ザ ヒッピーパイプ エックス)レビュー

内容品一覧

  • The Hippie Pipe X 本体 × 1
  • クリーニングブラシ × 1
  • 交換用スクリーン × 2
  • Oリング × 4

The Hippie Pipe Xの詳細

The Hippie Pipe X(ザ ヒッピーパイプ エックス)レビュー

スティックタイプの本体は軽量コンパクト、ポケットに収まるサイズ感です。

The Hippie Pipe X(ザ ヒッピーパイプ エックス)レビュー

天然素材である木と、カーボンにステンレスを合わせたマテリアル。

The Hippie Pipe X(ザ ヒッピーパイプ エックス)レビュー

趣味性が強いアナログヴェポライザーは「消耗品」ではなく、長く使える魅力があります。

構造がシンプルだから、メンテナンスをすることで壊れにくく永年使用に耐えうる設計。
「高級品」というワードがしっくりくる「モノとしての魅力」に溢れています。

The Hippie Pipe X(ザ ヒッピーパイプ エックス)レビュー

シンプルが故に「品質」は重要、The Hippie Pipe Xはディティールに至るまで徹底。

細部まで美しい作りで、分解時にもその良さを実感できるのが特徴です。
また、大きく分けると5つのパーツで構成されていて、簡単に分解・洗浄が可能です。

旧型製品よりも、さらに細部の作りが良くなり、分解もストレスなく行えます。
また、チャンバーを開く際の押し心地も良くなっています。

The Hippie Pipe X(ザ ヒッピーパイプ エックス)レビュー

使うのも非常に簡単で、マウスピース(咥える部分)を押すだけでタバコ葉を入れるチャンバー部がオープンできるのも使いやすいポイントです。

スプリングを内蔵した「プッシュスライド式」になっています。

The Hippie Pipe X(ザ ヒッピーパイプ エックス)レビュー

チャンバー部のスクリーンは交換用パーツも付属します。

The Hippie Pipe X(ザ ヒッピーパイプ エックス)レビュー

旧型機にあった「加熱インジケーター」は廃止されてしまいました。

そのため、炙り具合はユーザーに委ねられることになります。
というのも、インジケーターを目安に炙っていくと、場合によっては焦がしてしまうこともあったようで、新作ではその塩梅を使用者が判断するようになったようです。

The Hippie Pipe X(ザ ヒッピーパイプ エックス)レビュー

ウッドパーツとの接続部にはOリングが使われています。

旧型機とは異なり、シリコン製になりました。
この部分、分解時にはワセリンのようなものを塗布してねじ込むのが良さそうです。

数回着脱を繰り返したら、Oリングが劣化してきてしまいました。

The Hippie Pipe Xの使い方

The Hippie Pipe X(ザ ヒッピーパイプ エックス)レビュー

The Hippie Pipe Xの使い方

  1. マウスピースを押し込み、チャンバーを開く。
  2. チャンバーにタバコは(シャグ)を適量詰める。
  3. 掘り込みのある「X」部分を遠火で転がすようにライターで炙る。

The Hippie Pipe X(ザ ヒッピーパイプ エックス)レビュー

たばこ葉を先端部分に詰めて、掘り込みのある「X」マーク側をライターで加熱します。3~4秒程加熱をしてから1度吸って、まだ煙が少ない場合は追加で1~2秒加熱をして調整します。

煙が出るようになったら数回ライターをつけずにそのまま吸っていただき、煙量が少なくなったら再度1~2秒ほど加熱をして繰り返し使用します。

加熱をしても煙が出なくなったら終了の合図になりますので、中に入っているたばこ葉を捨てます。

※先端部分の黒い「X」マークの逆側にある掘り込みのある「X」側に火を当てる。

まとめ

The Hippie Pipe X(ザ ヒッピーパイプ エックス)レビュー

非常に美しい仕上がり!趣味性が強く所有欲を満たしてくれる逸品!

前作の良さを引き継ぎつつ、チャンバー部分をアップデートした最新作です。

さらに細部の作りが良くなり、所有欲を満たしてくれるモノとしての魅力があります。
「消耗品」ではなく、末長く使っていける相棒的な側面がある製品です。

良いモノを長く使っていきたいユーザーにピッタリなアイテムです。

コメント