新型アイコスイルマの新加熱方式「スマートコアインダクションシステム」の全てを解説します!

新型アイコスイルマの新加熱方式「スマートコアインダクションシステム」の全てを解説します!

ついに全容が明らかになった新型iQOS ILUMA(アイコスイルマ)には、新たなテクノロジー「スマートコアインダクションシステム」が採用されています。

ブレードをなくすことで耐久性を向上、クリーニングも不要に。

その特徴と仕組みを詳細に解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アイコスイルマのスマートコアインダクションシステムとは?

アイコスイルマのスマートコアインダクションシステムとは?

ホルダーからブレードを無くした新システムです。

iQOS ILUMA(アイコスイルマ)の新システム、デバイスの詳細はこちら。

では、どうやって加熱するのかというと、デバイス側ではなくたばこに内蔵しました。

『スマートコア・インダクション・システム™』とは、iQOSイルマ専用に開発された技術で、本体(ホルダー)ではなく、イルマ専用タバコスティック TEREA(テリア)に内蔵された誘熱体によって、内側からたばこ葉を加熱するシステムです。

つまり、外側からでなく、内側からたばこスティックを加熱する方式となります。

新型アイコスイルマの新加熱方式「スマートコアインダクションシステム」の全てを解説します!

たばこに内蔵させているのはわかったけど、どうやって加熱しているの?

新型アイコスイルマの新加熱方式「スマートコアインダクションシステム」の全てを解説します!

不思議ですが、答えは「磁力」スティックが磁力を発することで、非接触でたばこに内蔵するステンレスコーティングした金属製の有熱体を温めています。

詳細は、ステンレスコーティングされた金属製の誘熱体がTEREA(テリア)の中心に内蔵されており、ホルダーに内蔵されたコイルモジュールの磁気エネルギーによって加熱します。

新型アイコスイルマの新加熱方式「スマートコアインダクションシステム」の全てを解説します!

つまり、たばこスティックに加熱用のブレードを指すのではなく、ブレードを内蔵させてしまおうと言うう逆転の発想により、ブレードを廃止することに成功した新テクノロジーということです。

スマートコアインダクションシステムのメリット

新型アイコスイルマの新加熱方式「スマートコアインダクションシステム」の全てを解説します!

この新テクノロジーのメリットは主に3つです。

スマートコアインダクションシステムのメリット
  • クリーニング不要
  • においが少ない
  • 味わいがより優れたものに。

ブレードが不要となったiQOSテリアは、ブレード破損がなく、残りかすも出ないから使用後のクリーニングも不要になりました。

ブレードがないから、クリーニング不要

事前調査の結果、多くのIQOSユーザーは、IQOS イルマの方が従来のIQOSよりもにおいが少ないと感じているとのことです。

内側から加熱することで、味わいもより優れたものになったと言うことです。

そして、ブレードがなくなったことで、たばこスティックの抜き差しが簡単になりました。

スマートコアインダクションシステムのデメリット

新型アイコスイルマの新加熱方式「スマートコアインダクションシステム」の全てを解説します!

つまり、この新技術には専用たばこスティックが必須だと言うこと。
従来のiQOSヒートスティックが使えませんから注意が必要です。

専用たばこスティックの詳細は別記事で詳しく解説しています。合わせてお読みください。

iQOSヒートスティックを買い込んでストックしている方、それは残念ですが使えません。

デメリットはそれぐらいのもので、他にデメリットはないように思えます。

まとめ

新型アイコスイルマの新加熱方式「スマートコアインダクションシステム」の全てを解説します!

PMJが威信をかけて開発した新デバイスのテクノロジー。

多くのライバルが「ブレードレス」を採用し、メンテナンス性で不利だったiQOS。
しかし、「ガツン」とした吸いごたえは変えずに、クリーニング不要に。

逆転の発想をモノにしたフィリップモリスはさすが王者!の貫禄ですね。

専用たばこを思い切ってリニューアル「マールボロ」という伝統のブランドすら不要と割り切ることから、iQOS (アイコス)自体がブランドだと考えているのだと思います。

これからの主流はコレになっていきそうですよ!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
iQOS アイコス加熱式タバコ
VAPE Circuitをフォローする
VAPE Circuit|初心者のためのVAPEレビューブログサイト

コメント

年齢認証

あなたは20歳以上ですか?