スポンサーリンク
べプログショップ

Moloto Vape VCT レビュー|葉巻のような奥深さの大容量バニラカスタードタバコリキッド

Moloto Vape(モロトベイプ)のVAPEリキッド、VCT「ブイシーティー」のレビューです。

バニラカスタードタバコフレーバーのリキッドは、葉巻のような奥深さと甘いバニラカスタードのコクをブレンドしたフレーバーです。

大容量100mlなのに、コスパ良好のリキッド!

このリキッドの特徴

  • バニラカスタードタバコフレーバーのリキッド

商品提供:ベプログshop

スポンサーリンク
べプログショップ

Moloto Vape VCTの詳細

USAのリキッドブランド、Moloto Vape(モロトベイプ)

アメリカのE&B FLAVORの中の一ブランド。

このメーカーは、バニラとタバコをベースにしたフレーバーを得意としています。

ラインナップを確認してみると、

  • VCT バニラカスタードタバコ(vanilla custard tobacco)
  • VNT バニラナッツタバコ(vanilla nut tobacco)
  • VMT バニラミントタバコ(vanilla mint tobacco)
  • VAT バニラアーモンドタバコ(vanilla almond tobacco)
  • VCC バニラカスタードシガー(vanilla custard cigar)

全てがバニラとタバコフレーバーをブレンドしたリキッド。

VCTというと、某有名なリキッドを思い浮かべるユーザーが多いと思いますが、そのリキッドのコピーなどではなく、独自にブレンドしたフレーバーとなっています。

vanilla custard tobaccoの頭文字からVCTというネーミングになっています。

スペック

生産国USA
内容量60ml , 100ml
VG/PG70 : 30
ニコチン0MG ノンニコチン(本国仕様はニコチン入りもあり)
主成分植物性グリセリン/プロピレングリコール/香料
ボトルチャイルドプルーフキャップ付きユニコーンボトル
ブランド公式サイトhttps://shopenb.com/

ボトルサイズは100ml(60mlもあり)で価格は3,000円以下の大容量かつコストパフォーマンスに優れたリキッドです。

リキッドラベルには製造から1年間の品質保持期限『Best Used By』の記載もあり、製造日が明確になっているが安心感を覚えます。

日本国内で販売されるVCTは当然のことながら「Nicotine 0mg」ノンニコチンです。

しかしながら、パッケージラベルには大きく「This product is made from tobacco」(この製品はタバコから作られた)と書かれています。

これはニコチンが含まれている、ということではなくて一部の香料がタバコから抽出されたものを意味するものであるのでしょう。

香料の表記には「Natural and Artifical Flavors」(天然および人工の香料)となっています。

VCT(vanilla custard tobacco)というフレーバー構成になっているので、タバコのリアルさを追求したリキッドのようです。

Moloto Vape VCTを吸った感想

それでは実際に吸っていきます。

今回はドリッパーを使って吸いました、

香り

嗅いでみると名前の同じ某有名リキッドとは全くの別物であることが明確にわかります。

香りは香ばしい香りで、バニラカスタードというよりはカラメルのような香ばしさが強く、甘い香りです。

香りからはタバコっぽさはあまり感じません。

香りは「かなり甘そう」な印象ですが、実際に吸ってみます。

さっぱりした甘みと、上品なバニラカスタードタバコのフレーバー!

やはり某有名リキッドとは全く異なる味わいですね。
向こうが濃厚ならば、こっちはさっぱり。フレーバー自体もかなり違います。

まず甘みですが、香りの印象ほど甘くはなくさっぱりとしています。

さっぱりといってもフレーバーの印象から、「くどくない」という意味なので全く甘くないというわけではないのですが、程よい甘みでしつこくありません。

フレーバーは香りの印象よりも「上品」つまり濃いフレーバーではなく、どちらかといえば「薄め」な印象です。

しかし、物足りなさは感じないので「薄い」というのもまた違うのですが、こい味ではありません。

やはり香りの印象通り、一般的な「バニカス」リキッドとは違って、カラメルのような香ばしさを纏ったカスタードは、まろやかさを感じるものの、濃厚ではなくてさっぱりとした印象。

後味にかけて「高級茶葉」にも近いような芳香と、口の中に感じる若干の苦みが葉巻を彷彿とさせる味わいです。

メインは葉巻に近い「タバコフレーバー」で、脇役に「香ばしいバニラカスタード」がいる印象です。

高級感を感じるものの、スッキリした味わいなのでクドくなく、俗にいうチェーンしていても飽きないリキッドに仕上がっています。

MTL RTAでも試してみたのですが、個人的にはDLドリッパーで吸うのがおいしかったです。

ガンク

甘みのある濃厚さを感じさせる名前だけに気になるガンクの付き具合ですが、かなり少ない印象です。

吸いやすいだけにチェーンが止まらなくなるリキッドなのでガンガン吸っていたのですが、コイルに付着するガンクはかなり少なめでした。

まとめ

上品でありながら、チェーンしていても飽きないバランスに仕上げられたバニラカスタードタバコフレーバーのリキッドです。

正直人吸い目は「若干物足りないかも?」と思ったのですが、奥深いフレーバーは吸うごとに違う表情を見せてくれるので、吸っていてきません。

吸いやすさもあり、価格も安いので常飲に向いたリキッドでした。

コメント