スポンサーリンク
べプログショップ

IZANAMI Marron coffee tobacco レビュー|初回限定!マロンコーヒータバコ!

IZANAMI Marron coffee tobacco レビュー

TAMA VAPE(タマベイプ)IZANAMI(イザナミ)シリーズのVAPEリキッド、Marron coffee tobacco「マロンコーヒータバコ」のレビューです。

初回生産のみで終了となる幻のリキッド!
既存のマロンコーヒーの配合を少し変更したタバコテイストリキッド

控えめな甘さ、余韻にタバコが香るIZANAMIらしい仕上がり

詳細をレビューしていきます。

IZANAMI マロンコーヒータバコの特徴

  • 甘さ控えめ。マロンコーヒーにタバコテイストをプラスしたリキッド。

商品提供:ベプログshop

スポンサーリンク
べプログショップ
スポンサーリンク

IZANAMI Marron coffee tobaccoの詳細

IZANAMI Marron coffee tobacco レビュー

SNSなどを中心に人気を獲得している日本の個人製作者による小規模リキッドブランド、TAMA VAPEのリキッド Marron coffee tobacco「マロンコーヒータバコ」です。

『IZANAMI Tobaccoシリーズ』として展開されているラインのリキッドです。

Vanilla Nut Tobacco「バニラナッツタバコ」Coffee cherry tobacco「コーヒーチェリータバコ」に続くタバコ系シリーズ。

その味はというと、ネーミング通り『マロン&コーヒー& タバコ味』です。

リキッドの名前そのままの味!わかりやすいのはIZAMANIシリーズ共通です。

既存のマロンコーヒーの配合を若干変更し、タバコテイストを加えました。
甘さ控えめで余韻にタバコが香るIZANAMIらしくチェーンしやすいように作っています。

また、既存のマロンコーヒーとは併売になります。

*原料が入手不可になり、初回のみの生産になります。
*在庫がなくなり次第販売終了となります。

オススメデバイス:RTA、クリアロ、POD

​甘さ​・控えめ(★☆☆☆☆)
ガンクの付きやすさ​・若干付きやすい(★★★☆☆)
​タバコ感​・若干弱め(★★☆☆☆)

IZANAMI Marron coffeeに、タバコフレーバーをプラスしたリキッドですね。

TAMA VAPEとは?

TAMA VAPEはSNSで話題の「TAMAMI VAPER」さん開発のオリジナルリキッドです。

TAMA VAPEとは?

TAMAMI VAPERさん(twitter @TamamiVape)という女性が展開する、個人製作リキッドです。

今日本では、自作リキッドが発展して「ハンドブリューリキッド」と呼ばれる個人発信のリキッドでも、人気メーカーが数多くあります。

個人でVAPEリキッドを販売される方の多くは、元々趣味で自分用にリキッドを作っていたことに始まり、それを吸ってもらった人から口コミで噂が広まって話題になって、販売に至るまでになることが多くあります。

TAMA VAPEも同じくそのようなブランドの一つです。

今では個人製作リキッドの枠を超えて小規模なリキッドメーカーに成長し、全国のVAPE SHOPでも取り扱われるほど有名になりました。

TAMA VAPEのリキッドは現在までに15種類をラインナップしていて、その全種類をレビューしていますので、よろしければ他のフレーバーのレビューも併せてご覧ください。

スペック

生産国日本
内容量65ml
VG/PG60 : 40
ニコチン0MG ノンニコチン
主成分植物性グリセリン/プロピレングリコール/香料
ボトルチャイルドプルーフキャップ付きユニコーンボトル
IZANAMI Marron coffee tobacco レビュー

一目で未開封だとわかるビニールシュリンクラッピング。切り取り線が入っているので開封もしやすい。リキッドラベルには製造日のスタンプ入り。以前は手作り感のあるハンドスタンプだったが、製造数が増えたためか商品として洗練されている。

IZANAMI マロンコーヒータバコ詳細レビュー!

IZANAMI Marron coffee tobacco レビュー

高抵抗向きのタバコ系リキッドですので1.0Ω RTAで吸いました。

香り

IZANAMI Marron coffeeがベースになっているということで、同じく栗の香りを強く感じます。ホクホク感のある、栗きんとんにも近いような甘い香り。

そのスイーツ系っぽいフレーバーに、ほろ苦いコーヒーがミックスされています。

香りからは、タバコっぽさは感じません。

コーヒーのほろ苦さ、ほのかに栗の風合いとタバコっぽさを楽しめるリキッド

主役はコーヒー、脇役が栗とタバコという印象ですね。
香りでは栗が強いのですが、吸ってみるとコーヒーが強いです。

また、甘そうな香りの印象とは違って、吸ってみると甘みは強くはありません。
濃厚なフレーバーに対して、控えめな甘さのリキッド。

そして、タバコっぽさですが、他のIZANAMI Tobaccoシリーズリキッドと同じく、がっつり強いフレーバーというものではなく、『ほのかにタバコっぽさを楽しめるチューニング』です。

リアルなタバコ葉の美味しさをじっくりと楽しめるリキッドではありません。

ベースとなったIZANAMI Marron coffeeは、美味しさがスッと引いてしまう物足りなさを感じたのですが、それがタバコフレーバーによって若干補われている印象です。

まとめ

IZANAMI Marron coffee tobacco レビュー

スッキリ楽しめるコーヒーとマロン、そしてほのかなタバコのニュアンス!

このリキッド、残念ながら「初回限定生産」です。

なぜかと言えば、使われている原料が廃番になってしまったために、同じ味を再現するのが不可能だということ。今後リニューアルして再販されることはないとは言い切れないものの、現状では初回分のみしか味わえない貴重なフレーバーとなっています。

少量生産の貴重なリキッドであることは間違い無いので、気になっている方はお早めに!

コメント