スポンサーリンク
ブラックフライデーSALE

Wotofo MANIK レビュー|爆煙メッシュコイル!18650シングルバッテリーPOD MOD!

Wotofo MANIK(ウォトフォ マニック)レビュー

Wotofo(ウォトフォ)のVAPEスターターキット、MANIK POD MOD「マニック」のレビューです。

爆煙アトマイザーで有名なWotofoから、ついにPOD MOD製品が登場しました!
爆煙ユーザー向けのPODデバイスに仕上がっています。

詳細をレビューします。

商品提供:WOTOFO

スポンサーリンク
べプログショップ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Wotofo MANIKとは?

Wotofo MANIK(ウォトフォ マニック)レビュー

PODデバイス、MANIK POD MOD「マニック」です。

Wotofo MANIK の特徴

  • Wotodo初のPOD MOD製品
  • 新開発のnexCHIP、18650バッテリーを搭載
  • 0.001秒の素早い立ち上がり
  • VaporessoGTXコイルおよびVoopooPNPコイルと互換性がある

特徴を見てみると、VAPORESSO TARGET PM80 SEに似ていることがわかります。

コイルに互換性があってルックスもかなり似ているし、最大出力やファイアスピードなどのスペックも一緒です。もしかしてOEM版なのか?

カラーバリエーション

出典:Wotofo

ルックスに拘ったMANIKには、4色のバリエーションが用意されています。

Wotofo MANIKのカラーバリエーション

  • Nano Gunmetal ナノガンメタル
  • Nano Black  ナノブラック
  • Nano Cromeナノクローム
  • Prism Gunmetal プリズムガンメタル

レザーグリップ部色違いがおしゃれですね!

スペック

サイズH 126× W33× D27mm
出力5 – 80W
リキッド容量4.5ml
リキッドチャージPODトップフィル
エアフローボトムエアフロー(調整不可)
コイルプリメイド交換型
充電ポートmicroUSB(5V 1.5A)
バッテリー18650シングルバッテリー
保護機能
  • 自動カットオフ(8秒)
  • ショートサーキット保護
  • 低電圧保護
  • 過充電保護
  • バッテリー保護
  • オーバーヒート保護

パッケージ・内容品

Wotofo MANIK(ウォトフォ マニック)レビュー

内容品一覧

  • Wotofo MANIK MOD POD 本体
  • Wotofo MANIK PODカートリッジ
  • D15 クラプトンメッシュコイル
  • D14 A1コニカルメッシュコイル
  • microUSB 充電用ケーブル
  • ユーザーマニュアル&カード(英語)

MANIKの詳細

Wotofo MANIK(ウォトフォ マニック)レビュー

MANIKはPOD MOD製品としてはかなり後発となる製品。

爆煙系POD MODとして有名な”VOOPOO DRAGシリーズ”の影響を色濃くうけています。

デザイン的にも近く、スペックなども似ています。

Wotofo MANIK(ウォトフォ マニック)レビュー

サイズ的もライバル機に近く、市場のニーズがあるところに落とし込んだ製品です。

Wotofo MANIK(ウォトフォ マニック)レビュー

だから、ライバル機に「勝る」要素がなくては。でも性能・スペックはほぼ一緒です。

Wotofo MANIK(ウォトフォ マニック)レビュー

独自性は「WOTOFOが初めてリリースしたPOD MOD製品」というぐらいでしょうか。

バッテリー

バッテリースペック
  • 容量:18650シングルバッテリー
  • 出力モード:VW(5w – 80W)
  • パフ操作:マニュアルパフ
  • 充電ポート:microUSB(1.5A)
  • 保護機能:
    • 自動カットオフ(8秒)
    • ショートサーキット保護
    • 低電圧保護
    • 過充電保護
    • バッテリー保護
    • オーバーヒート保護

Wotofo MANIK(ウォトフォ マニック)レビュー

テクニカルMODを踏襲した操作系統、三つのボタンが備わっています。

  • パフボタン
  • サブボタン( + , – )

ボタン・液晶パネルは1箇所に集約されています。

Wotofo MANIK(ウォトフォ マニック)レビュー

画面のデザインはどことなくライバル機に似ています。

見やすく、必要な情報がパッとわかります。

  • VW  ワッテージモード(5 – 80W)

モードはVWのみですが、カラーテーマが6パターンに変更できます。

Wotofo MANIK(ウォトフォ マニック)レビュー

充電用端子もパネル部分に備わっています。

充電スペック

  • バッテリー:18650シングル
  • チャージポート:microUSB
  • 充電電流:1.5A

microUSB仕様で、急速充電とまではいきませんが1.5A充電に対応しています。

Wotofo MANIK(ウォトフォ マニック)レビュー

フリップ式のバッテリードアをスライドさせて、18650バッテリーを1本収納可能です。

POD

PODスペック
  • リキッド容量:4.5ml
  • 素材:不明
  • マウスピース:POD一体型(交換不可)
  • リキッドチャージ:トップフィル(ゴムキャップ)
  • エアフロー:ボトムエアフロー(調整不可)
  • コイル:プリメイド交換型

Wotofo MANIK(ウォトフォ マニック)レビュー

PODはプッシュロック式、ボタンを押して外すことができます。
着実にPODをロックできるので、不意に外れる心配がありません。

公式では「POD部分の防水性」が掲げられていますが、MOD部分は防水ではありません。
あくまで、PODカートリッジ部分のみ、リキッド漏れでも壊れにくいと言う意味でしょう。

Wotofo MANIK(ウォトフォ マニック)レビュー

マウスピースはPOD一体型で交換不可、爆煙に適した内径の太い円筒形デザイン。

Wotofo MANIK(ウォトフォ マニック)レビュー

便利なトップフィル、ゴムキャップです。実用性重視の仕様です。

Wotofo MANIK(ウォトフォ マニック)レビュー

コイルに空気を供給するエアホールは本体両側面に。ドロー調整機構は備わっていません。

ドロー調整機構が欲しければ、DRAG Xの方が良いでしょう。

プリメイドコイル

Wotofo MANIK(ウォトフォ マニック)レビュー

差込式で簡単に交換できるプリメイドコイル。

Wotofo MANIK(ウォトフォ マニック)レビュー

コイルは『VaporessoGTXコイル』および『VoopooPNPコイル』と互換性があります。

  • D14 A1 Conical Nexmesh Coil(0.2Ω)
  • D15 Single Clapton Mesh Coil(0.2Ω)

規格は独自ではなく汎用性がある、つまり相互に利用できると言うこと。

他社のRBAユニットなども使うことができます。

Wotofo MANIK(ウォトフォ マニック)レビュー

WOTOFO自社製で味に定評のあるnexMESHを使用したプリメイドコイルも、つまりVOOPOO PnPコイル採用デバイスでも使えると言うことです。

流石は定評のあるメッシュコイルだけに、味わいはライバル機以上でした。
ミスト量も多く、味わいも濃い!

DRAGユーザーも、このコイルを試してみても良いと思いますよ!

Wotofo MANIK(ウォトフォ マニック)レビュー

ちなみにコイルは4種類、抵抗値は4つともおなじですが、コイルデザインが異なります。

コイルのバリエーションが嬉しいですね。

WOTOFO MANIKの使い方

Wotofo MANIK(ウォトフォ マニック)レビュー

  • 電源ON/OFF …パフボタン5クリック
  • ワット数の調整 …電源ON時にサブボタンで操作
  • 電源ロック…パフボタン3クリック
  • パフカウンターリセット… 電源ON時にパフボタンとマイナスボタン同時押し
  • テーマ色選択… 電源ON時にパフボタンとプラスボタン同時押し
  • ボタンロック …電源ON時にサブボタン同時押し

感想とまとめ

Wotofo MANIK(ウォトフォ マニック)レビュー

スペック・ルックスともにライバル機にそっくり!独自メッシュコイルはかなり美味しい!

OEMでなかったとしても、18650シングルPOD MODはこうなるのでしょう。
ライバルにかなり近い、というか。ほぼ一緒なんですよ。独自性はないです。

ただ、それは悪いことではなく、自分の好み(見た目)で選べるバリエーションが増えたと言うことでもあります。

コイル規格が共通なので、お互いに流用して楽しむこともできちゃいます!

コイルだけ他のデバイスで試してみても良いですし、ルックスが気に入ればデバイスを購入してみるのもありです。メッシュコイルはライバル機以上でしたよ!!

コメント

年齢認証

あなたは20歳以上ですか?