Joyetech eGo Pod AST Version レビュー|長寿命&ブーストフレーバーのペンタイプPOD!

Joyetech eGo Pod AST Version(ジョイテック イーゴポッド)レビュー

Joyetech(ジョイテック)のVAPEスターターキット、eGo Pod AST Version「イーゴポッドASTバージョン」のレビューです。

ベーシックなペンタイプPODがリニューアル!
超オーステナイト系ステンレス(AST)コイルを搭載、長寿命で味に優れています。

詳細をレビューしていきます。

商品提供:ベプログshop

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Joyetech eGo Pod AST Versionとは?

Joyetech eGo Pod AST Version(ジョイテック イーゴポッド)レビュー

ジョイテック のPODタイプスターターキット、eGo Pod AST Version「イーゴポッドASTバージョン」です。

VAPEが爆発的にヒットした2016年、トップエアフローの「リキッド漏れに強いペンタイプスターター」として確固たる地位を気づいていた製品がJoyetech eGO AIOです。

日本でも多くのユーザーに支持され、一時期は「定番」として愛されていた製品を今のトレンドである「POD」タイプとして再構築したのが本製品のベースとなったeGO PODなのですが、そのモデルをさらにブラッシュアップしたのがeGO POD AST Versionです。

Joyetech eGo Pod AST Versionの特徴

  • eGO Podのマイナーアップデートバージョン

POD内蔵のコイルに、Joyetech系企業が「推し」ているASTを用いたモデルです。

eGO Podのマイナーアップデートバージョン

blank

出典:Joyetech

eGo Pod AST Versionとは、名前通り「Joyetech eGo Pod」のASTバージョンです。

基本性能や仕様などはeGo PODそのままで、PODカートリッジ部分をリニューアル。

コイルにはAST(オーステナイト系ステンレス)を用い、優れた特性を得ました。

ASTメッシュコイルの特徴

  • 長寿命(2000PUFF / 20ML)
  • 超ブーストフレーバー
blank

出典:Joyetech

blank

出典:Joyetech

その特徴は『長寿命かつ優れた味わい』と言うことです。

カラーバリエーション

blank

出典:Joyetech

バッテリースペックはそのままですが、ビジュアルは一新された4種類です。

eGo Pod AST Versionのカラーバリエーション

  • Sapphire Blue サファイアブルー
  • Fuchsia Redフクシアブラック
  • Jungle Greenジャングルグリーン
  • Metal Blackメタルブラック

スペック

blank

出典:Joyetech

サイズH103 × φ19mm
出力
固定電圧出力
リキッド容量2.0ml
リキッドチャージPODボトムフィル
エアフローボトムエアフロー(調整不可)
コイルコイル内臓タイプ(1.0ohm)
充電ポートmicroUSB(5V 1A)
バッテリー1000mAh
保護機能
  • 自動カットオフ(8秒)
  • バッテリー過充電保護
  • バッテリー過放電保護
  • ショートサーキット保護

パッケージ・内容品

Joyetech eGo Pod AST Version(ジョイテック イーゴポッド)レビュー

内容品一覧

  • Joyetech eGo Pod AST Version バッテリー本体
  • Joyetech eGo Pod ASTカートリッジ
  • 充電用microUSBケーブル
  • ユーザーマニュアル(英語)

付属品もノーマルバージョンと変更ありません。

Joyetech eGo Pod AST Versionの詳細

Joyetech eGo Pod AST Version(ジョイテック イーゴポッド)レビュー

ペンタイプのベーシックモデル、eGo PODをベースにしたモデル。

Joyetech eGo Pod AST Version(ジョイテック イーゴポッド)レビュー

スペック(大きさ・重さ・容量・出力)などは同じですが、ビジュアルは異なります。

ちなみに、ego PODよりも5mm長いのですが、これはバッテリー部分の変更ではなく、PODのマウスピースが延長されたためで、バッテリー部分は「全く同じ」です。

Joyetech eGo Pod AST Version(ジョイテック イーゴポッド)レビュー

一目で(AST Version)とわかる、インパクトのあるルックスが特徴です。

バッテリー

バッテリースペック
  • 容量:1000mAh
  • 出力モード:固定電圧出力
  • パフ操作:オートパフ
  • 充電ポート:microUSB
  • 保護機能:
    • 自動カットオフ(8秒)
    • バッテリー過充電保護
    • バッテリー過放電保護
    • ショートサーキット保護

Joyetech eGo Pod AST Version(ジョイテック イーゴポッド)レビュー

eGo PODは「オートパフ」機構のスターター、本体にボタンはありません。

ボタン操作は一切必要なし

  • オートパフ(自動スイッチ)で吸い込むだけでミストを吸引可能

つまり、操作要らずで、吸引するだけでミストを吸うことができます。

Joyetech eGo Pod AST Version(ジョイテック イーゴポッド)レビュー

本体には「LEDランプ」のみが装備されており、バッテリー状態を表示します。

出力モード詳細

  • 固定電圧出力(バッテリー残量に関わらず、出力が一定)

ちなみに、出力は「固定電圧出力」ですが、詳細な数字などのスペックは公開されていません。

通常のスターターは「バッテリー電圧出力」となっているため、バッテリー残量に合わせて出力が変化してしまう=味が変わってしまうのですが、eGo PODは残量に関わらず味が一定というメリットがあります。

Joyetech eGo Pod AST Version(ジョイテック イーゴポッド)レビュー

本体前面には、LEDランプとエアホール(空気の取り込み口)、背面にはバッテリー充電用のmicroUSB端子が設けられています。質実剛健、まさに実用性重視の配置です。

Joyetech eGo Pod AST Version(ジョイテック イーゴポッド)レビュー

充電端子は「microUSB」となっていて、若干古臭さを感じてしまう仕様です。

充電スペック

  • バッテリー容量:1000mAh
  • チャージポート:microUSB
  • 充電電流:不明(フル充電まで1.5時間)

充電電流は不明ですが「フル充電まで1.5時間」と長めなので、おそらく0.5Aかと思われます。急速充電には非対応となっていて、今となっては低スペックだと言えます。

コスパ重視の「ベーシックモデル」なので、高度な機能は排除しているのだと思われます。

Joyetech eGo Pod AST Version(ジョイテック イーゴポッド)レビュー

ただし、基本性能はさすがはJoyetech、しっかりとツボを抑えていて安全性にも配慮。

バッテリーベントホールとは

電池は過電流などによりバッテリーへの負担がかかるとガスを発生させます。

何故この穴が必要かといえば、その際にベントホールからガスが逃げられるようにベントホールが必要です。

このようにベントホールが空いていないと、噴出したガスが内圧が高まり、ある一定の圧力にまで達すると逃げ場がないことによって炸裂(爆発)してしまいますので、そのような事故を防ぐための安全性に配慮した仕様です。

しっかりとバッテリーベントホールが備わっているのが安心感を感じます。

POD

PODスペック
  • リキッド容量:2.0ml
  • 素材:PCTG
  • マウスピース:POD一体型
  • リキッドチャージ:サイドフィル(プラグ式)
  • エアフロー:ボトムエアフロー(調整可)
  • コイル:POD内蔵式

Joyetech eGo Pod AST Version(ジョイテック イーゴポッド)レビュー

ペンタイプという「オーソドックスでオールドスクール」なスターターキットですが、トレンドを取り入れた「POD」タイプのカートリッジを採用しています。

Joyetech eGo Pod AST Version(ジョイテック イーゴポッド)レビュー

PODは「マグネット固定式」で着脱が簡単、利便性に優れたスペックです。

Joyetech eGo Pod AST Version(ジョイテック イーゴポッド)レビュー

マウスピースはPODカートリッジ一体型、eGo PODのカートリッジマウスピースよりも5mm延長されており、咥えやすさと味わいを実現する仕様に変更されています。

Joyetech eGo Pod AST Version(ジョイテック イーゴポッド)レビュー

リキッドチャージは「サイドフィル」、PODを取り出し、ゴムプラグを外して装填します。

Joyetech eGo Pod AST Version(ジョイテック イーゴポッド)レビュー

リキッド残量は「窓」があるので一目でわかります。

Joyetech eGo Pod AST Version(ジョイテック イーゴポッド)レビュー

ここがノーマルバージョンとの違い!「AST」メッシュコイルを使ったPODカートリッジ。

ビジュアルデザインは異なるものの、PODのみが変更されたバージョンです。
よって、eGo PODユーザーはわざわざ買い換える必要はなく、PODだけを購入すれば良いでしょう。

Joyetech eGo Pod AST Version(ジョイテック イーゴポッド)レビュー

Joyetech系ブランドが「推し」ている素材、ASTを使ったPODカートリッジです。

PODカートリッジ内蔵コイルのスペック

  • 1.0Ω超オーステナイト系ステンレス鋼(AST鋼)メッシュコイル

ちなみに、話題の新商品の付属アトマイザーにも採用されていますが、eGo POD AST Versionには「DRY-PROOFモード」は搭載されていません。

そして、肝心のASTは、実はごく一般的なステンレス素材?である可能性もあります。

オーステナイト系ステンレスとは

ステンレス素材全体の生産量の6割以上を占めるSUS304やSUS316Lなど、鉄の6大元素と、クロム・ニッケルの合金。

AST(オーステナイト系ステンレス鋼)と言っても、SUS304のようにステンレスの代表的な素材から、はたまたレアなものまで多種多様です。

Joyetechではその素材の詳細を公開していないので、詳細は不明ですが…
すごく変わった素材である、というものではなさそうです。

ただ、「超」オーステナイト系ステンレス鋼(The super austenitic stainless steel )とわざわざ表記しているので、独自の配合のステンレスである可能性はあります。

 

ちなみに『20回のリフィル(20ML)・2000回のパフ』という長寿命ですが、個人的にはリキッドとパフ時間次第だな、という感想です。

確かに、すぐにコイルがダメになってしまうほど低寿命ではありません。

eGo Pod AST Versionの使い方・操作方法

Joyetech eGo Pod AST Version(ジョイテック イーゴポッド)レビュー

ボタンは一切なく、操作を必要としません。吸い込むだけでミストを吸引できます。

  • パフ操作…マウスピースをくわえて吸い込む(オートスイッチ)

感想とまとめ

Joyetech eGo Pod AST Version(ジョイテック イーゴポッド)レビュー

eGO PODのマイナーアップデートバージョン!PODのみの購入もOK!!

PODがリニューアル!ワイヤーバーチカルコイルから、ASTメッシュコイルに!

当然味わいも異なっていて、確かに以前のバージョンよりも優れています。
メッシュコイルですが、1.0Ωという高抵抗。ドローもタイト目。

MTL(たばこのような吸い方)で吸える貴重なPODデバイスです。

コメント