スポンサーリンク
べプログショップ

Joyetech eGo Pod レビュー|チューブタイプスターターが楽で手間いらずなPODに進化!

Joyetech eGo Pod(ジョイテック イーゴポッド)レビュー

Joyetech(ジョイテック)のVAPEスターターキット、eGo Pod「イーゴポッド」のレビューです。

ペンタイプスターターキットのニュースタンダード!?
伝統のチューブ型ボディーに、使い捨てタイプのコイル内蔵PODをマウント!

便利で手間いらず!楽に使えるコスパに優れたPODデバイスです。

詳細をレビューしていきます。

商品提供:Everzon

スポンサーリンク
べプログショップ
スポンサーリンク

Joyetech eGo Pod とは?

Joyetech eGo Pod(ジョイテック イーゴポッド)レビュー

ジョイテック のPODタイプスターターキット、eGo Pod「イーゴポッド」です。

eGoと言えば、世界を席巻したVAPEスターターキットとして有名なデバイスです。

チューブタイプの定番商品として大ヒットし、その後もロングセラーとして数年間君臨。

そのeGoが『PODデバイス』になって帰ってきました。

Joyetech eGo Podの特徴

  • スマートで軽量なコンパクトペンタイプPOD
  • 簡単に使えるオートスイッチ操作
  • フレーバーチェイサーにぴったりなMTLスペック
  • 最新の制御チップ「AVATAR IC 1.0」を搭載

簡単で手軽に便利に使えるPODデバイスです。

スマートで軽量なコンパクトペンタイプPOD

出典:Joyetech

当時のeGoよりもコンパクトでスマートで軽量なデバイスです。

ペンタイプといえば若干長いボディーが特徴で、eGOも118mmありました。
それを20mmショート化し、今のスタンダードに合わせたコンパクトサイズに。

しかも!重量も98gと軽量化しました。

簡単に使えるオートスイッチ操作

出典:Joyetech

PODと言えば簡単に使えるのも多くのユーザーに受け入れられている要因の一つ。

eGo PODはボタン類を一切排除して「オートスイッチ」で使えるデバイスに。
ボタン操作を必要とせず、吸い込むだけでミストが吸引できます。

フレーバーチェイサーにぴったりなMTLスペック

出典:Joyetech

eGo PODにはドロー調整機能は備わっていませんが、MTLに合わせたドローを実現。

フレーバーチェーサーにぴったりで、またキックを求めた吸い方に有効です。

最新の制御チップ「AVATAR IC 1.0」を搭載

出典:Joyetech

制御チップは保護機能に優れた「AVATAR IC 1.0」を搭載しました。

保護機能だけでなく固定出力となり、バッテリー残量に関わらず一定の出力を実現。

カラーバリエーション

出典:Joyetech

4種類のバリエーションが用意されています。

eGo Podのカラーバリエーション

  • Blue ブルー
  • Black ブラック
  • Rainbow レインボー
  • Silver シルバー

スペック

出典:Joyetech

サイズH98 × φ19mm
重量47g
出力
固定電圧出力
リキッド容量2.0ml
リキッドチャージPODボトムフィル
エアフローボトムエアフロー(調整不可)
コイルコイル内臓タイプ(1.2ohm)
充電ポートmicroUSB(5V 1A)
バッテリー1000mAh
保護機能
  • 自動カットオフ(8秒)
  • バッテリー過充電保護
  • バッテリー過放電保護
  • ショートサーキット保護

パッケージ・内容品

Joyetech eGo Pod(ジョイテック イーゴポッド)レビュー

内容品一覧

  • Joyetech eGo Pod バッテリー本体
  • Joyetech eGo Podカートリッジ
  • リキッドボトル
  • 充電用microUSBケーブル
  • ユーザーマニュアル(英語)

Joyetech eGo Podの詳細

Joyetech eGo Pod(ジョイテック イーゴポッド)レビュー

大ヒットデバイスeGo発売から4年、アトマイザー部分をPODカートリッジとして「eGo POD」として帰ってきました。

デザインは初代eGoをオマージュしたペンタイプボディーです。

Joyetech eGo Pod(ジョイテック イーゴポッド)レビュー

全長が短く、直径はそのまま。コンパクトサイズになりました。

Joyetech eGo Pod(ジョイテック イーゴポッド)レビュー

その分バッテリー容量が若干ダウン(1500mAh→1000mAh)していますが、コイル抵抗値がアップしています(0.6Ω→1.2Ω)ので、バッテリーの持ちは良いでしょう。

公式では、2日間フルに使えるとアナウンスしています。

Joyetech eGo Pod(ジョイテック イーゴポッド)レビュー

仕上げの当時のまま、と言う印象です。特にクオリティアップした印象はありません。
ロゴなどもJoyetechらしい入れ方で、シンプル。

最近はもっとデザイン性にこだわったデバイスも多いので、実用性重視・コスパ重視だな、と感じます。価格がかなり安いですからね。

バッテリー

バッテリースペック
  • 容量:1000mAh
  • 出力モード:固定電圧出力(詳細不明)
  • パフ操作:オートパフ
  • 充電ポート:microUSB
  • 保護機能:
    • 自動カットオフ(8秒)
    • バッテリー過充電保護
    • バッテリー過放電保護
    • ショートサーキット保護

Joyetech eGo Pod(ジョイテック イーゴポッド)レビュー

eGO PODにはボタン類は一切ありません。

スイッチ操作を必要としない「オートスイッチ」機構で、マウスピースを加えて吸い込むだけで自動的にスイッチが入り、ミストが吸引できます。

ボタン操作は一切必要なし

  • オートパフ(自動スイッチ)で吸い込むだけでミストを吸引可能

本体にはLEDインジケーターを装備(バッテリー残量はなくなったときに点滅で知らせてくれるのみ)で、電源状態や充電状態を表示します。

LEDカラーで残量を知らせる機能ぐらいは欲しかったですね。コスパを追求した機種です。

Joyetech eGo Pod(ジョイテック イーゴポッド)レビュー

ちなみに出力は固定出力なので、バッテリー残量に関わらず出力は一定です。

出力モード詳細

  • 固定電圧出力(バッテリー残量に関わらず、出力が一定)

電圧などの出力詳細は不明ですが、一定の味わいが楽しめます。

Joyetech eGo Pod(ジョイテック イーゴポッド)レビュー

充電端子は汎用性に優れたmicroUSB仕様です。

充電スペック

  • バッテリー容量:1000mAh
  • チャージポート:microUSB
  • 充電電流:不明

充電電流は非公開となっていますが、急速充電対応でないのでおそらく1Aほどでしょう。

Joyetech eGo Pod(ジョイテック イーゴポッド)レビュー

底部分はプラスチック、ベントホールを備えています。

バッテリーベントホールとは

電池は過電流などによりバッテリーへの負担がかかるとガスを発生させます。

何故この穴が必要かといえば、その際にベントホールからガスが逃げられるようにベントホールが必要です。

このようにベントホールが空いていないと、噴出したガスが内圧が高まり、ある一定の圧力にまで達すると逃げ場がないことによって炸裂(爆発)してしまいますので、そのような事故を防ぐための安全性に配慮した仕様です。

POD

PODスペック
  • リキッド容量:2.0ml
  • 素材:PCTG
  • マウスピース:POD一体型
  • リキッドチャージ:サイドフィル(プラグ式)
  • エアフロー:ボトムエアフロー(調整可)
  • コイル:プリメイドコイル交換式・POD内蔵式

Joyetech eGo Pod(ジョイテック イーゴポッド)レビュー

マグネットで接続されるPODカートリッジ、摘むだけで簡単に外れます。

Joyetech eGo Pod(ジョイテック イーゴポッド)レビュー

中には2つのマグネット、端子、オートスイッチの負圧感知部分があります。

Joyetech eGo Pod(ジョイテック イーゴポッド)レビュー

PODカートリッジを取り付ける際には、凹凸を合わせて取り付けます。

Joyetech eGo Pod(ジョイテック イーゴポッド)レビュー

エアホールの直径は1mmちょっとぐらい、MTL向けのスペックです。
エアホールが窪んでいるのは、結露やジワ漏れが直接バッテリー側に伝わない工夫です。

Joyetech eGo Pod(ジョイテック イーゴポッド)レビュー

イージーフィル仕様のボトムリキッドチャージ、金属部分にユニコーンボトルの先端を押し当ててチャージします。

スポイトボトルパッケージ用に、詰め替え用のスモールユニコーンボトルが付属します。

Joyetech eGo Pod(ジョイテック イーゴポッド)レビュー

マウスピースはPOD一体型(交換不可)、内径6.5mmとMTL向けとしては若干太めです。
個人的にはもう少し細くてもよかった。3-4mmぐらいが最適なスペックだと感じました。

Joyetech eGo Pod(ジョイテック イーゴポッド)レビュー

コイルはPOD内蔵タイプ、使い切りタイプのPODカートリッジです。

PODカートリッジ内蔵コイルのスペック

  • 1.2Ω ワイヤーバーチカルコイル

コイル交換の手間いらずで、寿命がきたら新しいPODカートリッジに交換します

出典:Joyetech

中にはワイヤータイプのバーチカル(垂直設置)コイルを内蔵、これもeGOの伝統?

Joyetech eGo Pod(ジョイテック イーゴポッド)レビュー

基本的に分解不可(リビルドできそうですが、今はもう需要ないと思うのでチャレンジしません)従来型のコイルをそのまま内蔵したような構造です。

eGo Podの使い方・操作方法

Joyetech eGo Pod(ジョイテック イーゴポッド)レビュー

ボタンはなく操作を必要としません。吸い込むだけでミストを吸引できます。

  • パフ操作…マウスピースをくわえて吸い込む(オートスイッチ)

感想とまとめ

Joyetech eGo Pod(ジョイテック イーゴポッド)レビュー

コスパに優れたペンタイプスターターキットの新たな形!

アトマイザー部分が取り外しできる使い切りタイプになった、だけなんですが。
これはこれで「使いやすさ」と言う部分にフォーカスするならばかなり良いです。

ただし、eGOの伝統であるトップエアフローではないので、リキッド漏れに強い構造とは言えません。試用期間中漏れることはありませんでしたが、構造的にボトムエアフローは完全にリキッド漏れをゼロにできる構造ではありません。

それと引き換えに「お手軽に使えるコスパに優れたPOD」に生まれ変わったのです。

他のPODに比べて特別優れている部分は… 誤解を恐れずに言えばゼロです。
味わいで特に優れているわけでもありませんし(eGoに比べれば良いですが)

「とにかく安く使える」と言うのがeGo PODの最大にして唯一の特徴ですね!

日本国内でもかなり安く入手できるので、これでVAPEを始めると言う人に!

コメント