スポンサーリンク
べプログショップ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Cthulhu RBA AIO BOX レビュー|ハイクオリティーなBillet Box互換デバイス!

Cthulhu RBA AIO BOX レビュー

Cthulhu MOD(クトゥルフモッド)のVAPEスターターキット、Cthulhu RBA AIO BOX「クトゥルフ・アールビーエー・エーアイオー・ボックス」のレビューです。

ビレットボックスのBORO Tank互換オールインワンVAPEデバイス!
BVCコイルも使えて、独自RBAデッキも付属。18650バッテリー対応。

特徴や使い勝手など詳細をレビューします。

商品提供:ベプログshop

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Cthulhu RBA AIO BOXとは?

Cthulhu RBA AIO BOX レビュー

Cthulhu MODのボックス型オールインワンVAPEデバイス、dotAIO SE「ドットエーアイオー・エスイー」です。

CTHULHU RBA AIO BOXは、伝説のハイエンドデバイス『Billet Box(ビレットボックス)通称:BB』のフォロワー的な製品であり、BORO Tank互換デバイスでもあります。

BORO Tank(ボロタンク)とは?

Billet Box(ビレットボックス)に搭載されているタンク。
本家BB以外にも、互換デバイスがリリースされるなど、汎用性が高い。

また数々の名作アトマイザーがあるため、味わいにも優れる。

今までにもマスプロダクツメーカーから多数のフォロワーがリリースされていますが、大きな違いはコンパクトなサイズにBORO Tank完全互換というユニークなスペックです。

Cthulhu RBA AIO BOX レビュー

BBオマージュ製品の多くは、ルックス・構造をフォローしたものであることは共通ですが、小型化するためにタンク部分には独自サイズの規格を用いる製品が多かったのです。

しかし、本製品はBORO TANK完全互換品なので、本家BBのタンクがそのまま使えます。

それはつまり、BB用アトマイザー(本来カトマイザーですが分かりやすく表記)も使用可能だということで、世の中にある多くの名作BBカトマイザーが使えるということでもあります。

Cthulhu RBA AIO BOX レビュー

しかも、本家ビレットボックスよりもコンパクトで低価格ですから、日常使いに最適です。

Billet Boxを持っている人のサブ機としても最適ですし、BB入門機としても活躍すること間違いなし!その話題作を詳細にレビューしていきますよ。

スペック

サイズH 80× W48.2× D22.8mm
重量
113g
出力
5w – 60W
許容抵抗値範囲
0.1 – 3.0Ω
リキッド容量6ml
リキッドチャージサイドフィル
エアフローボトムエアフロー(調整可)
コイルプリメイドコイル交換型・RBAデッキ
充電ポートUSB-C(5V 0.7A)
バッテリー18650シングルバッテリー
保護機能
  • ショートサーキット保護
  • オープンサーキット保護
  • 抵抗値保護
  • バッテリー低電圧保護
  • オーバーヒート保護(75度)

パッケージ・内容品

Cthulhu RBA AIO BOX レビュー

内容品一覧

  • Cthulhu RBA AIO BOX 本体
  • CMタンク
  • RBAアトマイザー
    • エアフローピン 0.8mm
    • エアフローピン 1.2mm
    • エアフローピン 1.6mm
    • エアフローピン 2.0mm
  • Nautilusコイル用アダプター
  • 510アダプター
  • スペアパーツ(Oリング、シリコンキャップ、ネジ)
  • プラスドライバー
  • USB-C充電ケーブル
  • 説明書(日本語表記あり)

Cthulhu RBA AIO BOXの詳細

blank

見るからに「ビレットボックス」、Billet Boxにインスパイアを受けたデザイン。

Cthulhu RBA AIO BOX レビュー

Cthulhu RBA AIO BOXは、BBフォロワーデバイスとして驚くほどコンパクトで軽量です。

サイズ比較

サイズは本家BBと比較して小さくて薄いことがわかります。

しかし、他のビレットボックスフォロワーに比べれば決して小さいとはいえません。

これは搭載するタンクのサイズによりもので、BBフォロワーの多くは独自企画のBORO Tankよりも小さなサイズのタンクを搭載していて、これによって小型サイズを実現しているのが大きな違いです。

BORO Tank互換、というのが本製品の最も大きな特徴です。

Cthulhu RBA AIO BOX レビュー

特筆すべきは軽さ、なんと!本家BBの70%ほどとウルトラライト。

本体が航空機用アルミニウム合金でできていて、持った時に「おっ!軽い!」と、質量に対する重量に感動すら覚えるほど軽いのが特徴となっています。

Cthulhu RBA AIO BOX レビュー

ガイドラインはBillet Box(ビレットボックス)そのままですが、ディティールにオリジナルティーがあり、ボタンの作りやウインドウ部分のデザインがユニークです。

Cthulhu RBA AIO BOX レビュー

パネルは両側が取り外し可能、底部にスリットがあるので取り外ししやすいです。

Cthulhu RBA AIO BOX レビュー

マグネット式のパネルは簡単に着脱でき、使用時には外見をすっきりさせる仕様。

中側はBillet Boxのように分かれていて、両面にそれぞれ機能が備わっています。

  • ボタン、液晶画面、バッテリー収納部
  • アトマイザー収納部

ちなみに、マグネットパネルは「本家BB」とは互換性がありません。

Cthulhu RBA AIO BOX レビュー

Cthulhu RBA AIO BOXはバッテリー交換式ですから、別途18650バッテリーが必要。

ハイドレイン18650バッテリー(15A以上)の使用を推奨

メーカーでは、ハイドレインバッテリーの使用を推奨しています。
ビルド抵抗値・出力設定に合わせたバッテリーをチョイスしましょう。

Cthulhu RBA AIO BOX レビュー

また、メインボタンにはLEDが搭載、バッテリー残量のインジケーターとして機能します。

バッテリー残量表示

100-25%  25-0%  チェックアトマイザー

2段階と簡易的なものですが、パネルを着脱しなくても残量の簡易表示が可能となっていてかなり実用的であり、より詳細な残量はディスプレイで確認できます。

Cthulhu RBA AIO BOX レビュー

内部の基板部分が透けて見えるボタンは、光っていない時もおしゃれなスケルトン仕様。

Cthulhu RBA AIO BOX レビュー

モードも多彩で、可変出力にバイパス、温度管理モードを備えています。

モードの詳細

  • POWER  ワッテージモード(VW)5-60W
  • VOLT  ボルテージモード(VV)1-8V
  • Bypass  擬似メカニカルモード(バッテリー電圧出力)
  • TC     温度管理モード(NI,SS,TI,TCR)

制御チップは「91%の高効率」を誇るATOM 60Wとなっています。

Cthulhu RBA AIO BOX レビュー

裏面にはタンク搭載部分が独立しています。

バッテリー収納側に液晶画面とサブボタン、タンク収納部は裏側なのが本家BBとの違い。

これは、タンクから液漏れが発生した場合に、基板やバッテリーに付着しないためだと思われるため、機能的に本家デバイスよりも優れていると思える仕様であると言えます。

Cthulhu RBA AIO BOX レビュー

内側にはシンプルな外見とはアンバランスな「AIO」の筆文字と、各種のロゴがプリント。
見えない部分で「粋に個性の主張」を感じさせてくれるディティールです。

エアー流入経路にも違いがあり、本家BBのように側面から直接取り込むのではなく、パネル内部に流入経路がある「ステルス仕様」となっていて、ルックスにもこだわっています。

Cthulhu RBA AIO BOX レビュー

タンクの固定は本家BBと同じく「スクリュー式」で、マウスピースマウントパーツでロックする方式、パーツ自体も本家のものと同様の作りになっています。

510DTとは

ドリップチップの汎用規格に近いもの。
取り付け部分のサイズが共通なので、さまさまな種類に付け替えが可能です。

510DT互換で、ドリップチップの交換も可能です。

Cthulhu RBA AIO BOX レビュー

BORO Tank(ボロタンク)互換、もちろんBOROタンクを使うこともできます。

Cthulhu RBA AIO BOX レビュー

付属する「CMタンク」は、BORO Tank互換サイズながら作りに違いがあります。

正直、BOROタンクは、中でかとマイザーを分解しなきゃならないなど、メンテナンス性に難があるために「上級者向け」の仕様で、使いやすいとは言えない作り。

ただし、BOROタンクは素材的に「樹脂攻撃性のあるリキッド」耐性に優れていて、一長一短でもあるので、用いるリキッドによってはBOROタンクの入手をおすすめします。

タンクの特徴

  • BORO Tank(BB純正) 攻撃性の強いリキッド耐性に優れている
  • CMタンク(付属品) メンテナンス性に非常に優れている

対して、CMタンクは上下分割式なので、メンテナンス性に優れています。

とは言っても、この構造はCthulhu MODのオリジナルではなく、BB用タンクをリリースしているサードパーティーメーカーでも採用している、実績のある構造です。

また、他にもBB互換タンクは多くあるので、その全てが使えるのも良い点です。

Cthulhu RBA AIO BOX レビュー

また、リキッドチャージも簡単で、CMタンク上部あるゴムプラグから装填できます。

Cthulhu RBA AIO BOX レビュー

BOROタンクだと、側面ガラスをスライドさせなくてはならないので少々面倒です。

その面倒さが、BBの趣味性の高さでもあるんですが、やはり楽なのは良いです。

Cthulhu RBA AIO BOX レビュー

※写真のBVCコイルは付属しません。

付属するパーツは2種類で、プリメイドコイルとRBA、両方で楽しめます。

  • Nautilus BVC用アタッチメント
  • RBAオリジナルデッキ

味にも定評があるBVCコイルが使えるのは本家BBと同じです。

Cthulhu RBA AIO BOX レビュー

RBAデッキには4種類のAFCアタッチメントが付属(0.8mm,1.2mm,1.6mm,2.0mm)

ちなみに、ビルドごでもパーツの変更が可能と、かなり自由度の高い仕様です。
スペック的に「MTL~DL」までをカバー、中間サイズがないのはAFCで対応できます。

Cthulhu RBA AIO BOX レビュー

また、「AFC」も装備していて、ドローの微調整が可能です。

Cthulhu RBA AIO BOX レビュー

AFCパーツはギヤのようなディティールで、装着時に回しやすいように配慮されています。

Seam Tunes Insiderを思い出させる仕様で、全体的なデザインも似ています。

Cthulhu RBA AIO BOX レビュー

デッキはスタンダードな2ポストのGTAタイプ、極小サイズですがビルドしやすそうです。

ビルド時に便利な「510アダプター」が付属するので、ビルドに困ることもなさそうです。

Cthulhu RBA AIO BOX レビュー

ポストにはワイヤーガイド付き、装着したAFCがニョキッと出っぱります。

Cthulhu RBA AIO BOXのビルド

さて、お待ちかねのビルドです。

かなり小さなデッキなので、ビルドは若干大変そうですがどうでしょうか。

Cthulhu RBA AIO BOX レビュー

ちなみに、CMタンクは上下分割式なので、BORO Tankのようにカトマイザーをフルに分解する必要はなく、ボトム部分だけを取ることができるので非常に楽です。

タンク内に多少リキッドが残っていても、タンクを逆さまにすればデッキにアクセス可能。
ですが、上部はOリングではまっているだけなので、場合によっては取れてしまうことも。

念の為、リキッドが漏れても問題ないように準備してから望みたいです。

Cthulhu RBA AIO BOX レビュー

キットには、RBAデッキを510接続できるアタッチメントが標準で付属するので、ビルドしやすいです。取り付けしやすく外しやすい、側面ローレット加工済みなのも◎

Cthulhu RBA AIO BOX レビュー

ビルド、簡単そうだな…という第一印象を見事に裏切ってくれました。

ネジとポストの間に絶妙に隙間があって、微妙にワイヤーが逃げる逃げる…
ネジに半周させないとちょっと心配なぐらい。

26ゲージでこれですから、28ゲージ以下だと確実にクランプしにくい。
もうちょっとだけ配慮が欲しかったですね…

正直、頻繁にビルドするにはちょっと厳しいな、と思いました。

別売されているBB互換アトマイザーがかなり良い出来でので、同時購入がおすすめです。

Cthulhu RBA AIO BOX レビュー

ただ、コイルを固定してしまえばこっちのもので、あとは難しいことはありません。

コイル位置の自由度も高いので、自由にコイル高を設定できるのも良いですね。

Cthulhu RBA AIO BOX レビュー

ウィックは通して。ジュースチャンネルにフワッと乗せてあげるだけでOKです。

Cthulhu RBA AIO BOX レビュー

ウィックが外から見えにくく、見た目的にも美しい!

Cthulhu RBA AIO BOXの使い方・操作方法

Cthulhu RBA AIO BOX レビュー

モードは多いですが使い方はシンプル、LEDのオンオフもできます。

  • 電源ON/OFF …パフボタン5クリック
  • LED ON/OFF…電源オン時にパフボタンと+ボタン2つを同時長押し
  • ディスプレイ ON/OFF…電源オン時にパフボタンと-ボタン2つを同時長押し
  • モード変更 …パフボタン3クリック

ディスプレイのオンオフ機能はいらないと思うんですが… でもこの機能があるということはクリアタイプのドアもリリースされる?それともサードパーティー対応?

感想とまとめ

Cthulhu RBA AIO BOX レビュー

小型軽量!いいところ満載のビレットボックス互換機!

BBの楽しさを余すことなく楽しめる互換機で、普段使いや初心者にも最適です。
BORO Tank互換なので、数多くある名作アトマイザーを楽しむこともできてしまいます。

この完成度でこの価格、もう十分すぎやしませんか、と。

BBをもうすでに持っている人の日常使いにも良いですね!

通販はこちらから!

Cthulhu RBA AIO BOX [べプログショップ]

提供ショップの通販サイトはこちら!

コメント