スポンサーリンク
ベプログ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Cthulhu 520 Tank for Your Boro Device レビュー|ボロタンク互換RBAユニット

Cthulhu 520 Tank for Your Boro Device レビュー

Cthulhu MOD(クトゥルフモッド)のBORO Tank用アトマイザー、Cthulhu 520 Tank「クトゥルフ・520・ タンク」のレビューです。

Billet Box(ビレットボックス)のBORO Tank(ボロタンク)向け互換タンク!
大きくビルドしやすい、汎用性の高いアトマイザーが秀逸です。

詳細をレビューします。

商品提供:ベプログshop

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Cthulhu 520 Tankとは?

Cthulhu 520 Tank for Your Boro Device レビュー

Cthulhu MODのBORO Tank向けアトマイザー、Cthulhu 520 Tank「クトゥルフ・520・ タンク」です。

クトゥルフモッドのビレットボックス互換機「Cthulhu RBA AIO BOX」用の製品ですが、“for Your Boro Device”とある通り、BORO Tank互換機であれば使用可能です。

RBAで使いやすい大きなデッキサイズでビルドしやすく、コイル汎用性も高い製品です。

BB用のサードパーティー製品「Vape Shell」のオマージュ製品だとも言えます。

パッケージ・内容品

Cthulhu 520 Tank for Your Boro Device レビュー

内容品一覧

  • 520タンク本体
    • エアフローピン 0.8mm
    • エアフローピン 1.0mm
    • エアフローピン 1.5mm
    • エアフローピン 2.0mm
    • エアフローピン 2.5mm
    • エアフローピン 3.5mm
  • Nautilusコイル用アダプター
  • PNPコイル用アダプター
  • 510アダプター
  • スペアパーツ(Oリング、キャップ、ネジ)
  • プラスドライバー

Cthulhu 520 Tankの詳細

Cthulhu 520 Tank for Your Boro Device レビュー

Cthulhu 520 TankはBORO Tankで使えるタンクアトマイザーです。

クトゥルフがリリースするCthulhu RBA AIO BOXで使えるのはもちろん、本家BBだけでなく、BORO Tankがマウントできる全ての製品で使える製品です。

Cthulhu 520 Tank for Your Boro Device レビュー

※写真のPNPコイル・BVCコイルは付属しません。

キットの内容は充実しており、プリメイドコイル2種類のアタッチメントも付属します。

  • RBAオリジナルデッキ
  • Nautilus BVC用アタッチメント
  • VOOPOO PNP用アタッチメント

この製品を購入して「プリメイドコイルで運用したい」という方は少数だとは思いますが、ビルドが面倒だからという方にも良い選択肢にはなると思います。

Cthulhu 520 Tank for Your Boro Device レビュー

BORO Tankで使えるRBAアトマイザーとしては最大級のサイズで、タンクの面積をフルに使ったサイズの大きなデッキには、かなり大型のコイルビルドまで許容します。

ただ、ということはタンクの容量は小さくなるということでもあります。

というのも、このデザインはCthulhu MODのオリジナル、ではなく、どちらかといえばフォロワー的な製品で、この種のオリジナルはAtmizoo VapeShellだと言えます。

Cthulhu 520 Tank for Your Boro Device レビュー

構造がかなり近く、ポストが対角線、ジュースチャンネルもボトム供給と同じです。

Cthulhu 520 Tank for Your Boro Device レビュー

ただし、丸パクリ、というわけでなく、ポストデザインは異なります。

太いワイヤーもクランプできる上に、細いワイヤーでに逃げずに固定できるデザインです。

Cthulhu 520 Tank for Your Boro Device レビュー

ジュースチャンネルは「サイドtoボトム」構造上、タンクのリキッドを最後の方まで吸い上げられそうです。コットンはジュースチャンネルボトムまで落とすのが良さそう。

Cthulhu 520 Tank for Your Boro Device レビュー

オリジナル的な製品との大きな違いは「AFCパーツ」の接続方法で、520 Tankではビルド語にパーツ交換が可能なボトム差し込み式を採用しているので、むしろ使い勝手に優っています。さすが後発製品、改善できる点は改善してきますね!

AFCパーツのバリエーション(0.8mm , 1.0mm , 1.5mm , 2.0mm , 2.5mm , 3.5mm)

Cthulhu 520 Tank for Your Boro Device レビュー

これがかなり便利で、ボトムパーツを外して差し込むだけで交換できてしまいます。

ただ、VapeShellと異なり、AFC(エアフローコントロール)リングは省略されているので、パーツ交換以外にドローを調整する術はありません。

6つのパーツ以外のドローは実現できませんから、注意が必要です。
AFC、つけられる構造だからつければよかったのに…とも思います。

Cthulhu 520 Tank for Your Boro Device レビュー

トップのパーツはシンプル、チムニー部分は分解可能です。

Cthulhu 520 Tank for Your Boro Device レビュー

デッキスペースはかなり広く、コイルの自由度が高いです。

2.5mm・3.5mmエアホールが用意されていることからも分かるように、爆煙向けのゴツいコイルビルドにも対応できるデッキサイズです。

Cthulhu 520 Tank for Your Boro Device レビュー

メンテナンス製に優れた上下分割式タンク、リキッドチャージもプラグ式で簡単です。

Cthulhu 520 Tankのビルド

それではビルドしていきましょう!

BOROタンク用のアトマイザーですが、デッキサイズがめちゃくちゃ大きいのでビルドが簡単そうですが、果たしてどうなのか?

Cthulhu 520 Tank for Your Boro Device レビュー

これは楽!簡単です。

いやーめちゃくちゃ楽ですよ!試しに24ゲージを使ってみましたが、細線でもワイヤー逃げずにクランプできる構造で、しかもヒューズドクラプトンなども問題なく固定できるデッキです。

前にビルドしたのが矮小デッキのCthulhu RBA AIO BOXだったこともあるかもしれませんが、こんなに楽で良いのっていうほど楽です。

Cthulhu 520 Tank for Your Boro Device レビュー

コイルジグガイドが刻まれているのでコイル位置にも悩みません。

Cthulhu 520 Tank for Your Boro Device レビュー

しかし、プリセットの位置だと若干高めなので、L字のジグを使って少々下げ気味に。

Cthulhu 520 Tank for Your Boro Device レビュー

ウィックはただ落とすだけ。オリジナルよりもジュースチャンネルが大きく、よりゴツめのコイルをビルドしても供給不足にはならないでしょう。

とにかくビルドが楽です!

まとめ

Cthulhu 520 Tank for Your Boro Device レビュー

コイル自由度にも優れたメンテナンス性最高なBORO Tank向け製品!

頻繁にビルドする人にはコレですね!矮小デッキは老眼には厳しいですw

めちゃくちゃビルドしやすく、コイルの自由度が高いです。
チャンバー広いですが、MTLセッティングでも問題なく楽しめます。

Cthulhu AIO BOXだけでなく、他の製品用としても低価格で良いプロダクツです。

通販はこちらから!

Cthulhu 520 TANK [べプログショップ]

提供ショップの通販サイトはこちら!

コメント