スポンサーリンク
スポンサーリンク

aspire minican2(アスパイア ミニカン2)レビュー

aspire minican2(アスパイア ミニカン2)レビュー

aspire(アスパイア)のVAPEスターターキット、minican2「ミニカン2」のレビューです。

超小型のライターサイズPODデバイスが正統進化!
初代と同じコンセプトを引き継ぎ、より良い機種になりました。

詳細をレビューしていきます。

商品提供:aspire

スポンサーリンク
スポンサーリンク

aspire minican2とは?

aspire minican2(アスパイア ミニカン2)レビュー

aspireのコンパクトPODデバイス、minican2「ミニカン2」です。

めちゃくちゃ美味しい!との評判から大ヒットした初代Minicanシリーズ。

そのデバイスが『正統進化』して帰ってきました。

中華デバイスにありがちな、大ヒット商品の後継機何に全然違う商品ではありません。

ライターサイズの小型ボディーに、味わいに優れたPODカートリッジ。
初代ミニカンをそのまま進化させた小型PODデバイスです。

aspire minican2の特徴

  • キープコンセプト!正統進化した超小型PODデバイス!
  • 初代とPODカートリッジの互換性アリ!

それでは、Minican2の詳細を見ていきましょう。

カラーバリエーション
blank

出典:aspire

全6色、発色の良いカラーバリエーションが特徴的です。

aspire minican2のカラーバリエーション

  • アンバー
  • パール
  • ピンク
  • ライムグリーン
  • スカイブルー
  • ラベンダー

スペック

サイズH 83.1× W28.1× D15.6mm
重量28g
リキッド容量3.0ml
リキッドチャージボトムフィル(ゴムキャップ)
エアフローボトムエアフロー(調整不可)
コイルPODコイル内蔵型(1.0Ω)
出力BYPASS(バッテリー電圧出力)
充電ポートUSB-C(5V 0.5A)
バッテリー400mAh
保護機能
・ショートサーキット保護
・バッテリー低電圧保護
・バッテリー過充電保護
・オーバーヒート保護
・オーバータイム保護(8秒)

パッケージ・内容品

aspire minican2(アスパイア ミニカン2)レビュー

内容品一覧

  • aspire minican2 本体
  • aspire minican2(1.0Ω)
  • USB-C充電ケーブル
  • ユーザーマニュアル(英語表記)

aspire minican2の詳細

aspire minican2(アスパイア ミニカン2)レビュー

ラバーコーティングで実用性重視だった初代Minicanからイメージチェンジ。

aspire minican2(アスパイア ミニカン2)レビュー

クリアボディーに覆われたポップなカラーリング、グロス仕上げでキュートな印象。
女性にも受け入れられそうな、シンプルなディティールとデザインが特徴的。

aspire minican2(アスパイア ミニカン2)レビュー

サイズはMinicanよりも長細い形状の「スリム」な筐体になりました。
個人的にはよりコンパクトになり、携帯しやすいフォルムになったと感じます。

それでいて、バッテリー容量は微増(50mAh)の400mAhとなっています。

バッテリー
バッテリースペック
  • 容量:400mAh
  • パフ操作:オートパフ
  • 充電ポート:USB-C 0.5A

aspire minican2(アスパイア ミニカン2)レビュー

Minican2もまた初代と同じく、ボタンは一切ありません。

ボタンレス!オートパフで簡単に使えるPODデバイス!

電源操作も必要としないオートパフ(オートドロー)で使えるデバイスです。
デバイスをくわえて吸い込むだけで、ミストを吸引することができます。

初代はオートスイッチが過敏すぎたのですが、2ではちょうど良い塩梅になっています。

aspire minican2(アスパイア ミニカン2)レビュー

Minicanと同じく『BYPASS(バッテリ電圧出力)』です。
つまりは、バッテリー残量に応じて出力が可変します。

ちなみに、Minican+はバッテリ残量に依存しない「3.7V固定電圧出力」です。
後々「2+」が出る可能性は…2の売れ行き次第かもしれません。

バッテリー残量表示

バッテリー残量あり 点滅 バッテリーなし(<3.3V)

バッテリー残量表示はかなり簡易的で、バッテリー切れになると点滅するもの。
400mAHと初代よりは若干増えたものの、容量も少ないです。

aspire minican2(アスパイア ミニカン2)レビュー

充電スペック

  • バッテリー容量:400mAh
  • チャージポート:USB-C
  • 充電電流:0.5A

充電端子は「type C」になりましたが、急速充電には非対応です。

aspire minican2(アスパイア ミニカン2)レビュー

コイルに空気を供給するエアホールが両側面に備わっています。

ドロー調整機構(AFC)は非搭載です。
ドローは固定で、調整はできません。

POD
PODスペック
  • リキッド容量:3ml
  • マウスピース:POD一体型(交換不可)
  • リキッドチャージ:ボトムフィル(ゴムキャップ)
  • エアフロー: ボトムエアフロー(調整不可)
  • コイル:POD内蔵型

aspire minican2(アスパイア ミニカン2)レビュー

初代Minicanと「互換性」のあるPODカートリッジ。

つまり、初代Minican PODを取り付けることもできますし、逆も可能です。
初代をお持ちの方は、カートリッジだけを購入することも可能です。

aspire minican2(アスパイア ミニカン2)レビュー

PODカートリッジはマグネット固定。簡単に着脱できます。

リークプルーフ(リキッド漏れ防止)デザインのPODカートリッジは初代と同様の作り。

ボトム部分をよく見てみると、ボトムエアフローのエアホールが3分割(2つはオートスイッチにつながっているホールで、POD挿入方向をどちら側にもできるように2つ設けられている)になっていて、コイル直下にエアホールがなく、リキッドが漏れにくいデザインを採用しています。

レビュー期間中に、リキッド漏れは皆無で、ミストが溜まって結露することもありませんでした。ボトムエアフローなのでリキッド漏れを完全に防ぐことは構造上できませんが、かなりリキッド漏れ耐性は強いようです。

aspire minican2(アスパイア ミニカン2)レビュー

マウスピースはPOD一体型です。交換することはできません。
初代よりも咥えやすい形状にリファインされました。

aspire minican2(アスパイア ミニカン2)レビュー

抵抗値が一新されたPOD内蔵コイルは、より低抵抗値になってミスト量がアップ。

個人的に、より味わいにも優れたように感じられました。

POD内蔵コイル

  • aspire minican2 POD  1.0Ω  メッシュコイル

コイルは内蔵型で交換はできません。

単体での交換はできないので、ランニングコストは若干高くなってしまいます。
しかし、使い捨て対応なのでクリーニング不要などのメリットもあります。

minican2の使い方・操作方法

aspire minican2(アスパイア ミニカン2)レビュー

  • パフ操作…マウスピースをくわえて吸い込む(オートスイッチ)

感想とまとめ

aspire minican2(アスパイア ミニカン2)レビュー

正統進化した普及機!小型PODとしての完成度が高いデバイス!

初代Minicanからかなりの完成度で、美味しさや使い勝手が進化しました。

RDL向けの若干軽めのドローは相変わらずで、MTLするには若干軽め。
RDLユーザーであれば日常使いとしてかなり満足度が高いと思います。

よりスタイリッシュに、ポップなイメージなったことで、幅広いユーザーに受け入れられるようになった「正統進化」版です。

コメント