WISMEC

【HugsVape Chalice MTL RTA レビュー】タイトドロー特化型アトマイザー!

この記事は 約7分で読めます。

HugsVape Chalice MTL RTA レビュー

HugsVape(ハングス ベイプ)のVAPEアトマイザー、Chalice MTL RTA「チャリス」のレビューです。

MTLに特化したアトマイザー。ネガティブな部分が多いアトマイザーでしたが、味は抜群においしかったです。味を追求するユーザーは是非お読みくださいませ。

このアトマイザーの特徴

  • 24mmサイズ!MTLに特化したタイトドローRTA
  • 極太チャンバーに専用ドリップチップ MTLらしくない仕上がりが味に好影響?

詳細をレビューしていきます。

商品提供:Everzon

 

 

スポンサーリンク
べプログショップ

HugsVape Chalice MTL RTAとは?

HugsVape Chalice MTL RTA レビュー

HugsVapeがリリースするアトマイザー、 Chalice MTL RTA

Chaliceは”聖杯”という意味らしいです。聖杯をモチーフにしたデザインがタンク部分に入ったRTAです。

HugsVape Chalice MTL RTA レビュー

シングルコイル前提デッキ。MTLに特化したアトマイザーです。

サイズは24mmサイズ、ボリューミーですが、リキッド容量は2mlしか入りません。

タンクの構造が少々変わっていますが、これはのチョの項目で詳しくみていきましょう。

HugsVape Chalice MTL RTA レビュー

出典:HugsVape

カラーバリエーションは全部で4色。Matte Black / SS / Gun Metal / Gold

 

HugsVape Chalice MTL RTAのスペック

リキッド容量2.0ml
直径24mm
全長37.2mm(DT、スレッド含まず)
重量55.9g(実測)
ネジタイプ510
ドリップチップ810DT
コイルRBA シングルコイル
リキッドチャージトップフィル
エアフローボトムエアーフロー
素材ステンレススチール
メーカー公式サイトhttp://hugsvape.com/chalice-mtl-rta/

 

HugsVape Chalice MTL RTA パッケージの開封

HugsVape Chalice MTL RTA レビュー

黒を基調にしたシックなデザインのパッケージ。

前面にはメーカーロゴや製品ロゴとともに、製品のイラスト、背面には注意書きなどがプリントされています。

HugsVape Chalice MTL RTA レビュー

側面にはスクラッチ式セキュリティーコード入りステッカーが貼られています。

HugsVape Chalice MTL RTA レビュー

内容品一覧

  • HugsVape Chalice MTL RTAアトマイザー本体
  • ビルド用マイナスドライバー
  • 予備パーツ(Oリング、デッキネジ)
  • ユーザーマニュアル(英語)

シンプルな付属品内容。本体とショートパーツにツール、マニュアルが付属。

HugsVape Chalice MTL RTA レビュー

マニュアルは全て英語で書かれていました。

 

HugsVape Chalice MTL RTAの詳細

HugsVape Chalice MTL RTA レビュー HugsVape Chalice MTL RTA レビュー

他のカラーの出来栄えはわかりませんが、ゴールドカラーはかなりチープですね。

質感はあまりよくありません。下地を整えないまま、そのまま金メッキが施されたようなもので、遠目から見ると普通にゴールドカラーなのですが、近くで見るとアラが目立ちます。

安っぽいおもちゃを見ているようでおすすめできません。

 

分解

HugsVape Chalice MTL RTA レビュー

構造ごとに分解すると、このような3つの部位に分けることができます。

  • ドリップチップ
  • タンク
  • デッキ

タンクとデッキはさらに分解可能です。

 

ドリップチップ

HugsVape Chalice MTL RTA レビュー

ドリップチップは810DT(ハーフインチサイズ)に互換性があります。

MTLアトマらしくない使用ですが、これは専用ドリップチップ前提に設計されたため。

HugsVape Chalice MTL RTA レビュー

PEI樹脂のような黄色っぽい半透明の樹脂性ドリップチップが付属。内径が中間までは逆テーパーで絞られ、その後エンド部まではテーパーで再び広がるデザインになっている凝った構造のものです。

全長16.2mm、露出部の高さ12mm、外径16.5(10.8)mm、内径 7→4→7mm

 

タンク

HugsVape Chalice MTL RTA レビュー

リキッドチャージはトップフィル方式

トップキャップを外すだけで、楽にリキッドチャージができる構造です。トップキャップ上部と側面には模様を兼ねたスリットが滑り止めの役割を果たしているので、簡単に外すことができます。

HugsVape Chalice MTL RTA レビュー

トップキャップのロックはスクリュー式ではなく、切り欠き式で、90度回してロックする方式です。

HugsVape Chalice MTL RTA レビュー

トップキャップを外した先には、大きなリキッドチャージホール。スポイトボトルなど先端が太い容器でも問題なくリキッドをタンクに注ぐことができます。

HugsVape Chalice MTL RTA レビュー

タンクは少々変わった構造。タンクを外すとガラスチューブがデッキパーツに残ってしまうのでボトムフィルには対応しておらず、リキッドが残っている状態ではデッキにアクセスすることはできません。

タンクを外すときに、運が良ければタンク側に残ってくれるのですが、運が悪いとデッキ側のOリングにくっついたままなので、基本的には不可と考えた方が良さそうです。

不便な構造ですね。今時?と正直感じてしまいます。

デッキ側に張り付いてイラっとしたかと思うと、タンク側についたら外しにくくイライラしますね。せめて金属チューブ部分(聖杯をモチーフにした窓がついている部分)が外れる構造にしてもらいたいですね。

HugsVape Chalice MTL RTA レビュー

チャンバートップはドーム形状。チムニー内径な極太サイズの 8mm

タンク容量は2ml。外径サイズの割にリキッド容量が少ないのはチムニー内径が太いためです。

チャンバーからチムニーまでそのままズドーンと内径が太いままミストが導かれます。「これ、MTLアトマだよな?」というほど不釣り合いなチムニー内径サイズ。

エアフロー

HugsVape Chalice MTL RTA レビュー

デッキには5種類のエアホールが開いていて、AFC(エアフローリング)を回して5段階にドローを調整可能です。

0.8mm / 1.0mm / 1.2mm / 1.6mm / 2.0mm

でも、この個体、AFCがめちゃくちゃ硬くて回りません。マイナスドライバーなどで相当強く押してやっと回るぐらい硬いです。

これはあくまで予想ですが、レビューの個体はGOLDカラーで、メッキが施されたもの。

メッキ前には回る程度のクリアランスが保たれていたとして、メッキ後にメッキ分クリアランスが詰まってしまったのかも知れません。そのため、ゴールドカラーを購入するのはおすすめできません。

 

デッキ

HugsVape Chalice MTL RTA レビュー

デッキは2ポスト2スレッド。シングルコイル専用デッキです。

どこかで見たようなデッキ構造、いいとこ取りのようなデザインですが、今やアトマイザーデッキでオリジナリティーを出す方が大変なのでそこを突っ込まなくても良いのかも知れません。

HugsVape Chalice MTL RTA レビュー

ポストが高く、エアホールもデッキの底から一段上がった位置に。

ポストのスレッドは片側が円形、もう一方は側面がオープンになっており、ビルドしやすさを追求したデザインです。

HugsVape Chalice MTL RTA レビュー

デッキはタンクの底から上がった位置に設けられた、宙を浮いているようなデザイン。

 

ポジティブピン

HugsVape Chalice MTL RTA レビュー

デッキの裏側には”Chalice MTL RTA” ”HugsVape”などがエングレービングされています。

HugsVape Chalice MTL RTA レビュー

ポジティブピンの出っ張り具合、実測0.46mmでした。

HugsVape Chalice MTL RTA レビュー

ダブルピン仕様で出っ張り具合の調整が可能な構造。

HugsVape Chalice MTL RTA レビュー

インシュレーターがネガティブ側をカバーする構造。

HugsVape Chalice MTL RTA レビュー

 

 

HugsVape Chalice MTL RTAをビルドする

HugsVape Chalice MTL RTA レビュー

ビルドです。エアホールの仕様の通り、タイトドロー向けのMTLアトマイザー、細めの単線が似合うアトマイザーです。今回はニクロムワイヤーでビルドしてみました。

Ni80 , 2.5mm軸 , 6巻

HugsVape Chalice MTL RTA レビュー

コイルの巻く向きにだけ注意が必要です。

コイルを固定するとき、両側のイモネジを緩め、最初に円の方に通してから、最後に切り欠きの方に通すと楽にコイルレッグを固定することができます。

コイルの高さはできるだけエアホールに近づけます。ただし、近づけすぎるとコイルに供給されたリキッドがエアホールにつたい漏れするので近づけすぎないように注意。

HugsVape Chalice MTL RTA レビュー HugsVape Chalice MTL RTA レビュー

タンクからリキッドを吸い上げるために、ウィックでジュースチャンネルを塞ぎます。

 

HugsVape Chalice MTL RTAをMODに載せる

 

 

HugsVape Chalice MTL RTAの感想

このアトマイザー、おいしいです!!

いろいろ突っ込みどころはあるのですが、味は抜群レベル。このコスパでこの味なら言うことないレベルです。

デッキ構造はシンプルかつ独創的ではないので、おそらく極太チムニーに続くドリップチップの構造が味に良い影響を与えているものだと予想できます。

タイトドローRTAには珍しいダイレクトさを持ったミスト。ウェットでありながらフレーバーの奥行きを感じられるような優れた味わいです。

HugsVape Chalice MTL RTA レビュー

ただ、作り込みの部分ではダメダメですね。

HugsVape Chalice MTL RTA レビュー

まず、レビュー個体はAFCが素手だと全く回りません。メッキ分の厚みを考えないてクリアランスを取っているのでしょう。組み込み時に気がつけよ!というぐらい硬くて、一度調整したらもう二度とAFC調整したくありません。

購入するのであれば、メッキカラーはやめた方が良いです。メッキの仕上がりが荒くて、かなりチープ。写真を見る限りではSSカラーが無難でしょう。

タンクの構造もいまいちですね。せめて、リキッドが残っていてもデッキにアクセスできるように設計して欲しかったものです。

このようにネガティブな部分はたくさんあるのですが、味が美味しいということで許せてしまいます。

 

HugsVape Chalice MTL RTA のまとめ

HugsVape Chalice MTL RTA レビュー

ネガティブな部分が多いので、手放しに褒めることはできないのですが、味に関しては抜群です。

味の良さという一点に置いてお勧めできるアトマイザー。ただし、加工レベルであったり、構造であったり、仕上がりの部分では及第点以下なのでそこをどう考えるかがこのアトマイザーの評価を分けるように感じます。

味を追求するあなたにオススメのアトマイザーでした。

通販はこちらから!

→ HugsVape Chalice MTL RTA [Everzon]

商品購入サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
RTAアトマイザー
スポンサーリンク
べプログショップ
VAPE Circuitをフォローする
VAPE Circuit|初心者のための電子タバコ レビューブログ