スポンサーリンク
スポンサーリンク

FreeMax Marvos RTA POD レビュー|リキッド漏れない専用メッシュRBA POD

FreeMax Marvos RTA POD(フリーマックス マーボス アールティーエーポッド)レビュー

FreeMax(フリーマックス)のMarvos専用RTA POD、Marvos RTA POD「マーボス アールティーエーポッド」のレビューです。

FreeMax Marvos RTA POD(フリーマックス マーボス アールティーエーポッド)レビュー

Marvos(マーボス)シリーズ専用のRBA PODカートリッジです。
メッシュコイルビルド対応で、トップエアフローのリークレス構造を採用!

詳細をレビューしていきます。

商品提供:ベプログshop

スポンサーリンク
スポンサーリンク

FreeMax Marvos RTA PODとは?

FreeMax Marvos RTA POD(フリーマックス マーボス アールティーエーポッド)レビュー

FreeMaxのMarvos RTA POD「マーボス アールティーエーポッド」です。

いかにもアトマイザー、というルックスですが本製品は510スレッドを持っておらず、同社のPODデバイス『Marvos専用PODカートリッジ』という位置付けの製品です。

具体的には、MarvosT , Marvos Sなどで使用できます。

通常プリメイドコイルしか使えないPODカートリッジを、メッシュコイルビルと対応とし、しかもトップエアフローでリキッドが漏れないリークレス構造を採用しています。

スペック

リキッド容量3.5ml
ネジタイプMarvosシリーズ専用
ドリップチップ810DT
コイルメッシコイル(RTA)
リキッドチャージボトムフィル(ゴムプラグ式)
エアフロートップtoボトムエアーフロー

パッケージ・内容品

FreeMax Marvos RTA POD(フリーマックス マーボス アールティーエーポッド)レビュー

内容品一覧

  • Marvosシリーズ対応 Mesh RTA POD本体
  • RTA POD専用メッシュコイル 0.15Ω
  • RTA POD専用専用メッシュコイル 0.25Ω
  • コットン
  • メッシュコイル用ジグ
  • 予備Oリング、ネジセット
  • プラスドライバー
  • ユーザーマニュアル

FreeMax Marvos RTA PODの詳細

FreeMax Marvos RTA POD(フリーマックス マーボス アールティーエーポッド)レビュー

上下のパーツに細かいローレットが刻まれた凝った金属加工とデザイン。

FreeMax Marvos RTA POD(フリーマックス マーボス アールティーエーポッド)レビュー

PODでもルックスにこだわったものを、という拘り派のユーザー向けの専用オプション。

FreeMax Marvos RTA POD(フリーマックス マーボス アールティーエーポッド)レビュー

PODというジャンルの製品だけに、構造はシンプル。あまり細かくは分解できません。
逆に言えば分解の必要を極力排除し、メンテナンスの手間を抑えた構造です。

FreeMax Marvos RTA POD(フリーマックス マーボス アールティーエーポッド)レビュー

ドリップチップは交換可能、810DTサイズです。

510DTとは

ドリップチップの汎用規格に近いもの。
取り付け部分のサイズが共通なので、さまさまな種類に付け替えが可能です。

FreeMax Marvos RTA POD(フリーマックス マーボス アールティーエーポッド)レビュー

タンクは2ピース構造、一見どこからリキッドチャージするのかわからない構造です。

FreeMax Marvos RTA POD(フリーマックス マーボス アールティーエーポッド)レビュー

Marvosシリーズ専用オプションなので、PODベースとマグネット接続。
リキッドチャージホールはボトム部分に、ゴムプラグ式となっています。

FreeMax Marvos RTA POD(フリーマックス マーボス アールティーエーポッド)レビュー

アトマイザーのようなルックスですが、あくまでMarvosシリーズ専用オプション。
PODカートリッジ扱いで、マグネットでPODベースと接続します。

FreeMax Marvos RTA POD(フリーマックス マーボス アールティーエーポッド)レビュー

コンタクトピン部分から分解することもできますが、通常は不要です。

FreeMax Marvos RTA POD(フリーマックス マーボス アールティーエーポッド)レビュー

タンクボトムからもチャージできなくはないですが、ゴムプラグからが通常の流れ。
このように外れる、ということはリキッドがある程度残っていてもデッキにアクセス可能。

コットン交換が捗ります。

FreeMax Marvos RTA POD(フリーマックス マーボス アールティーエーポッド)レビュー

ボトムに大きな穴が空いているので、RBAに慣れたユーザーには違和感がありますが…
あくまでPODカートリッジ、ということで簡易的かつ利便性に優れた構造を採用。

FreeMax Marvos RTA POD(フリーマックス マーボス アールティーエーポッド)レビュー

エアフローは「トップtoボトム」上部にエアホールがあるため、リキッド漏れに強い構造。
エアホールにはドロー調整用のAFCがあるので、無段階にドローを調整可能です。

FreeMax Marvos RTA POD(フリーマックス マーボス アールティーエーポッド)レビュー

デッキは「メッシュコイルRTA」の定番的な構造。

FreeMax Marvos RTA POD(フリーマックス マーボス アールティーエーポッド)レビュー

左右のクランプでメッシュコイルを固定します。

FreeMax Marvos RTA POD(フリーマックス マーボス アールティーエーポッド)レビュー

中央のセラミックインシュレーターにはスプリング搭載、コットンを押し上げてメッシュコイルとの密着性を確保する構造です。

Marvos RTA PODのコイルビルド

メッシュシートコイルで簡単にビルドが楽しめて、なおかつプリメイドコイル運用よりもコスパに優れている、というのがMarvos RTA PODの最大の特徴です。

すなわちビルドが必須、ということですが、一般的なコイルビルドのRBAよりも簡単にできるのもメリットの一つ。

FreeMax Marvos RTA POD(フリーマックス マーボス アールティーエーポッド)レビュー

シートコイルは消耗品ですが、別売りもされています。

シートコイルを付属のツールで丸みをつけて…

FreeMax Marvos RTA POD(フリーマックス マーボス アールティーエーポッド)レビュー

デッキに固定します。2本ネジを回すだけで簡単です。

FreeMax Marvos RTA POD(フリーマックス マーボス アールティーエーポッド)レビュー

後はたっぷりコットンを通してやって、ジュースチャンネルを埋めるだけ!

初心者でも簡単にビルドできますよ。

また、コイルの寿命よりも、先にコットンの寿命がきます。
コットンを交換するだけで、新鮮な味が楽しめるのも良いですよね!

感想とまとめ

FreeMax Marvos RTA POD(フリーマックス マーボス アールティーエーポッド)レビュー

利便性に優れたMarvos専用メッシュコイルRTAオプション!

ほぼほぼ「メッシュコイルRTAアトマイザー」なのですが、接続部だけがMarvos専用になっていることによって、Marvosシリーズでしか使えないようになっています。

つまり、汎用性を犠牲にして、利便性を高めた製品だということ。

モノ的には「メッシュコイルRTA」の定番的な構造なので、悪くはありません。
逆に言えば、これといった特徴・個性はないのですが、その分安心して使えます。

爆煙をコスパ良く、しかもこだわって使いたい人には良さそうですよ!

コメント