【DJV DEJAVU RDTA】「デジャヴュ」アトマイザーレビュー

この記事は 約6分で読めます。

【DJV DEJAVU RDTA】「デジャヴュ」アトマイザーレビュー

DJV「ディージェーブイ」のVAPEアトマイザー、DEJAVU RDTA「デジャヴュ」のレビューです。

有名YouTuberとのコラボモデル。少し前に各社から盛んにリリースされていたタイプのRDTAです。VAPEトリックやクラウドチェイスで便利に使えるようにRDAにタンクをプラスしたタイプです。

このアトマイザーの特徴

  • 直径25mm!爆煙タイプのRDTA!

詳細をレビューしていきます。

商品提供:GearBest

 

 

スポンサーリンク
べプログショップべプログショップ

DJV DEJAVU RDTAの詳細

【DJV DEJAVU RDTA】「デジャヴュ」アトマイザーレビュー

マレーシアの有名YouTuber Adrian Lo Dejavu(https://www.youtube.com/user/adrianlodejavu/featured)がデザインしたモデル。

【DJV DEJAVU RDTA】「デジャヴュ」アトマイザーレビュー

構造的にはもう出し尽くされてしまった感のある爆煙RDTAで個性を出すにはルックスしかありません。

このDEJAVU RDTAではドリップチップとタンクボトムパーツにローレットを施したハードなルックスが特徴です。

ちなみにカラーバリエーションはSilverとBlackの2色展開です。

スペック

リキッド容量2ml
直径25mm
全長34.5mm(DT、スレッド含まず)
重量63.0g
ネジタイプ510
ドリップチップ810DT
コイルRBA デュアルコイル
リキッドチャージトップフィル
エアフローボトム&サイドエアーフロー
BF対応◎ BFピン付属
素材ステンレススチール

 

パッケージの開封

【DJV DEJAVU RDTA】「デジャヴュ」アトマイザーレビュー

パッケージがかなりでかいです。アトマイザーサイズとは思えないサイズ。

【DJV DEJAVU RDTA】「デジャヴュ」アトマイザーレビュー

開けてみるとソフトキャリングケースが入っていました。DJVのロゴ入り。

【DJV DEJAVU RDTA】「デジャヴュ」アトマイザーレビュー

開けてみるとDEJAVU RDTAが分解されて入っていました。このパッケージング良いですね。男心をくすぐります。

【DJV DEJAVU RDTA】「デジャヴュ」アトマイザーレビュー

内容品一覧

  • DJV DEJAVU RDTA アトマイザー本体
  • 予備パーツ(ガラスチューブ、Oリング、デッキネジ)
  • ビルド用六角レンチ
  • 810 drip tip (ステンレス / ウルテム)
  • アトマイザースタンド

アトマイザースタンドはプラっぽい質感ですが、中に重りが入っているのかずっしりと重量を感じます。本体の他にはエクストラのドリップチップと予備パーツが付属します。

 

ディティール

 

【DJV DEJAVU RDTA】「デジャヴュ」アトマイザーレビュー

仕上がりはなかなかに綺麗です。ローレットなど手間のかかる加工の処理も綺麗だし、金属の質感も悪くありません。細かいブラシ仕上げに丁寧さを感じます。指でなぞってみてもエッジの立った感触もありません。

 

分解

【DJV DEJAVU RDTA】「デジャヴュ」アトマイザーレビュー

最初に大まかに分解します。

  • ドリップチップ
  • トップキャップ&スリーブ
  • デッキ&タンク

構造ごとに分けるとこのようになります。それでは上部のパーツから順番に見ていきます。

 

 

ドリップチップ

【DJV DEJAVU RDTA】「デジャヴュ」アトマイザーレビュー

ドリップチップ取り付け部分は810DT(ハーフインチサ)サイズで、トップキャップ側にOリング。汎用品も取り付け可能。市販のドリップチップも使えます。

【DJV DEJAVU RDTA】「デジャヴュ」アトマイザーレビュー

ボディーと同じステンレス製のドリップチップには側面にローレット加工。見た目にこだわったものです。別に市販品を買うと高なやつですね。構造にもこだわっていて、内径はテーパーデザインです。

最初少しだけ鉄っぽい匂いがしますが、洗浄すれば匂いは気になりません。

全長11.5mm、露出部の高さ6.5mm、外径18.5mm、内径8.5→13.5mm(逆テーパー)

【DJV DEJAVU RDTA】「デジャヴュ」アトマイザーレビュー

ウルテム樹脂製のドリップチップも付属します。構造もサイズも異なるので使い分けできます。

全長11.5mm、露出部の高さ6.5mm、外径18mm、内径8.5mm(エンド部15mmまで拡大)

 

トップキャップ

【DJV DEJAVU RDTA】「デジャヴュ」アトマイザーレビュー

トップキャップは2ピース構造。スリーブとキャップに分解可能。それぞれにホールが空いています。

【DJV DEJAVU RDTA】「デジャヴュ」アトマイザーレビュー

キャプを回してサイドエアフローの調整が可能。全開から全閉まで無段階調整できます。

【DJV DEJAVU RDTA】「デジャヴュ」アトマイザーレビュー

さらにボトムエアフローホールも備えています。こちらは全開のみで調整はできません。

【DJV DEJAVU RDTA】「デジャヴュ」アトマイザーレビュー

キャップの裏はドーム形状です。定番のやつですね。

 

デッキ

【DJV DEJAVU RDTA】「デジャヴュ」アトマイザーレビュー

2ポスト6スレッドデッキ。2ポストは珍しくありませんが、様々なバリエーションのコイルに対応できるデッキです。ポストには金メッキ加工されています。

【DJV DEJAVU RDTA】「デジャヴュ」アトマイザーレビュー

ポストには上側に2スレッドづつ。

【DJV DEJAVU RDTA】「デジャヴュ」アトマイザーレビュー

そして側面に1スレッドの固定部分があります。合計6箇所コイルを固定するスペースがあり、コイルレッグの高さの違いにも対応できます。

【DJV DEJAVU RDTA】「デジャヴュ」アトマイザーレビュー

中央部分はポストではなくリキッドチャージホールです。

【DJV DEJAVU RDTA】「デジャヴュ」アトマイザーレビュー

タンクにリキッドを注ぐには、ここにユニコーンボトルなどを挿入します。チャージ部分が細いので、スポイトボトルでは不可です。ユニコーンボトルやニードルボトル必須。

30mlサイズの細いボトルであればキャップを外さずにチャージできます。

【DJV DEJAVU RDTA】「デジャヴュ」アトマイザーレビュー

タンクに直接リキッドがチャージされます。

 

ポジティブピン

【DJV DEJAVU RDTA】「デジャヴュ」アトマイザーレビュー

アトマイザーの裏側にはDJVのロゴマーク、DEJAVU RDTA、DESIGN IN MALAYSIA、そしてシリアルナンバーのエングレービング入りです。

【DJV DEJAVU RDTA】「デジャヴュ」アトマイザーレビュー

ポジティブピンの出っ張り具合は実測0.7mmほど。

【DJV DEJAVU RDTA】「デジャヴュ」アトマイザーレビュー

ポジティブピンはポスト固定ネジ兼用。緩めて出っ張り具合を調整できません。

 

タンク

【DJV DEJAVU RDTA】「デジャヴュ」アトマイザーレビュー

タンクはボトムパーツとガラスチューブ、そしてOリングで構成されています。工具などは必要なく、回すだけで脱着できます。逆ネジなので時計回りに回して外します。

ボトムパーツの厚みは薄いですが、ローレットで滑りにくくなっています。デザインとともに実用性も兼ね備えています。

容量が2mlと少ないのでガラスチューブの厚みもあまりありません。容量よりも高さを抑えるデザインを優先させています。

 

DEJAVU RDTAのビルド

まずドローですがスッカスカです。サイドエアフロー全閉でもスカスカ。抵抗感は全くありません。これは単線でビルドするには向かないやつですね、クラプトンコイルに頼りましょう。

【DJV DEJAVU RDTA】「デジャヴュ」アトマイザーレビュー

手持ちで持っていたプリメイドコイルです。AlienClaptonCoil 0.45Ω デュアルで組んで実測0.25Ωです。デュアルバッテリー以上のMOD推奨です。

これでも役不足かもしれませんが試してみます。

【DJV DEJAVU RDTA】「デジャヴュ」アトマイザーレビュー

ドライバーンして同調し、ホットスポットを除去します。

【DJV DEJAVU RDTA】「デジャヴュ」アトマイザーレビュー

最後にウィッキングですね。コットンレッグは短め。ただでさえ少ない2mlタンクをコットンで占拠すると容量が減ってしまうので、タンクに付くか付かないかぐらいに抑えました。

アトマイザーを傾ければタンクからコットンレッグにリキッドが供給されるので問題ないと思います。

 

DEJAVU RDTAをMODに載せてみました

MODへの搭載例です。参考までに。

【DJV DEJAVU RDTA】「デジャヴュ」アトマイザーレビュー

IJOY SABER 100( 20700シングル)

 

【DJV DEJAVU RDTA】「デジャヴュ」アトマイザーレビュー

Sigelei Snowwolf 200W-R Mod (18650デュアル)

 

【DJV DEJAVU RDTA】「デジャヴュ」アトマイザーレビュー

Eleaf Lexicon(18650デュアル)

 

エアフローが絞れないのでハンパなビルドじゃ使い物にならないと感じるので、基本はデュアルバッテリーMOD推奨ですが、一応シングルバッテリーにも載せてみました。

見た目はいかにも爆煙機材で悪くありません。

 

DEJAVU RDTAを使った感想

ドローがスッカスカ!爆煙以外にやりようがありません。

無論爆煙前提のデザインなのですが、ボトムエアフローは調整できた方が幅が広がったなとは思います。スカスカ過ぎです。少なくとも僕には軽すぎるし、100W級の出力がないと釣り合いません。

久々にこの手のRDTA使いましたが、リキッドによってはアリだと思います。

ただ、ミスト量がハンパじゃないので吸えるシチュエーションはもちろん限られます。

一発で部屋が真っ白になりますからね。

運用上気が付いたのは、2mlタンクは小さすぎる。類似製品は多いと5mlなど倍以上のタンクを備えているものあります。2mlではあっという間に空になるので頻繁にリキチャが必要になります。

 

DEJAVU RDTAのまとめ

【DJV DEJAVU RDTA】「デジャヴュ」アトマイザーレビュー

このカテゴリーの商品はどれも大体一緒です。

細かい違いこそあれど、デザインも似通っていて、構造も似たり寄ったりです(中にはボトムエアフローだけのものやサイドエアフローだけのものもあります)

味はミストで押す感じなので、細かい味の機微を感じるというよりは、ミスト量で勝負なのでそれこそ似たり寄ったりです。もちろん爆煙でも味の飛ばないリキッドはおいしく吸うことができます。

その中での選ぶポイントは見た目によるところが大きいのではないでしょうか。

見た目が気に入ったものを選ぶ以上のことはないと思います。このDEJAVU RDTAのルックスが気に入ったのであればポチってみてくださいませ。

通販はこちらから!

→ DJV – DEJAVU RDTA – SILVER  [GearBest]

商品購入サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
RDTAアトマイザー
スポンサーリンク
べプログショップ
VAPE Circuitをフォローする
VAPE Circuit|初心者のための電子タバコ レビューブログ