GEEKVAPE Z MAX TANK レビュー|リキッド漏れに強い!ゼウスの爆煙クリアロマイザー!

GEEKVAPE Z MAX TANK(ギークベイプ ゼットマックスタンク)レビュー

GEEKVAPE(ギークベイプ)のVAPEアトマイザー、Z MAX TANK「ゼットマックスタンク」のレビューです。

リキッド漏れに強い!トップエアフローの爆煙クリアロマイザーです。
ZEUS(ゼウス)シリーズから続く、人気のアトマイザー!!

詳細をレビューしていきます。

商品提供:Flavor-Kitchen

GEEKVAPE Z MAX TANKとは?

GEEKVAPE Z MAX TANK(ギークベイプ ゼットマックスタンク)レビュー

GEEKVAPEのクリアロマイザー、Z MAX TANK「ゼットマックスタンク」です。

GEEKVAPE Z Seriesは、「漏れのない究極のタンク」をコンセプトに、シリーズ化以前より人気のある『ZEUS(ゼウス)』がリニューアルしたものです。

そして、「Clouds Favor Max.」がキャッチフレーズなのが本作です。

GEEKVAPE Z MAX TANKの特徴

  • 直径26mm(最大部32mm)の爆煙クリアロマイザー
  • リキッド漏れに強いトップエアフローデザイン
  • 爆煙に特化したビックサイズ「Mシリーズ」プリメイドコイル

巨大なプリメイドコイルを搭載する「爆煙ユース」のクリアロマイザーです

リキッド漏れに強いトップエアフローデザイン

出典:geek vape

Zシリーズといえば、トップエアフローでリキッド漏れに強いのが最大の特徴です。

出典:geek vape

ダイレクトトップエアフローとハイダイナミックトップツーボトムエアフロー。

空気はサイドインレットから流れてコイルに到達しやすくなり、フレーバーとエアフローの制御がより正確です。

爆煙に特化したビックサイズ「Mシリーズ」プリメイドコイル

出典:geek vape

最大級のコイルサイズを採用した『Geekvape M Series Coil』をシリーズ共通採用。

最大コイルサイズにより、空気と液体の接触面が広がり、一口でコクのある味わいに。
複数のコイル構成。より多くのフレーバーの可能性を解放します。

カラーバリエーション

出典:geek vape

6種類のバリエーション豊富な色展開も魅力的です。

GEEKVAPE Z MAX TANKのカラーバリエーション

  • BLACK  ブラック
  • GUNMETAL  ガンメタル
  • SS  ステンレススチール
  • GOLD  ゴールド
  • BLUE  ブルー
  • RAINBOW  レインボー

スペック

リキッド容量2ml / 4ml
直径26mm(バブルチューブ32mm)
全長55.85mm
ネジタイプ510
ドリップチップ810DT
コイルプリメイドコイル
リキッドチャージトップフィル
エアフロートップtoボトムエアフロー

パッケージ・内容品

GEEKVAPE Z MAX TANK(ギークベイプ ゼットマックスタンク)レビュー

内容品一覧

  • GEEKVAPE Z MAX TANK アトマイザー本体
  • Geekvape M Series Coil 0.14Ω(60-80W)
  • Geekvape M Series Coil 0.2Ω(70-85W)
  • 予備パーツ(ストレートガラスチューブ・Oリング)
  • ユーザーマニュアル(英語)

GEEKVAPE Z MAX TANKの詳細

GEEKVAPE Z MAX TANK(ギークベイプ ゼットマックスタンク)レビュー

GEEKVAPE Z シリーズは、ZEUS(ゼウス)シリーズから続く伝統のデザイン。
長年にわたって爆煙志向のVAPEユーザーに愛されてきた迫力あるフォルムです。

GEEKVAPE Z MAX TANK(ギークベイプ ゼットマックスタンク)レビュー

シリーズの象徴でもある、全知全能の神『ZEUS ゼウス』をモチーフにしたロゴマーク。
各種のデザインがシリーズの感じさせるデザインが特徴的です。

手間をかけてポリッシュ(磨き上げられた)フィニッシュが美しい仕上がり。

コイル交換式の”クリアロマイザー”という、以前は「初心者向き」の「簡単で便利、コスパに優れた商品」というジャンルから、ハードユーザーにも認められるようになったという経緯から、より本格的で所有欲をも満たす製品へと昇華しています。

GEEKVAPE Z MAX TANK(ギークベイプ ゼットマックスタンク)レビュー

クリアロマイザーでありながら、複雑な構造のためパーツ点数は多めです。

その分、洗浄などメンテナンスには一手間が必要ですが、その代わりに細部に渡るまでクリーニング可能であり、消耗破損パーツの交換にも対応するため、永年にわたって愛用することができる構造となっています。

ドリップチップ

GEEKVAPE Z MAX TANK(ギークベイプ ゼットマックスタンク)レビュー

咥える部分(マウスピースとも呼ぶ)は810DT仕様で、汎用品に交換もできます。

810DTとは

ハーフインチ互換サイズと言われる、ドリップチップの汎用規格に近いもの。
取り付け部分のサイズが共通なので、さまさまな種類に付け替えが可能です。

お気に入りに変えて使っても良いですし、付属品をそのまま使いづつけるのも良いでしょう。プリセットは断熱性に優れた樹脂製で、コイルで発生した熱を唇に伝えにくい実用性が高いものとなっています。

タンク

GEEKVAPE Z MAX TANK(ギークベイプ ゼットマックスタンク)レビュー

トップフィル(上部からリキッドを装填できる仕様)で便利に、楽に使える仕様。

90度ロック式のトップキャップは、側面に装飾と滑り止めの実用性を兼ね備えた溝が掘られていて、厚みもしっかりしたものなので脱着が非常に簡単にできます。

トップエアフロー

GEEKVAPE Z MAX TANK(ギークベイプ ゼットマックスタンク)レビュー

Z MAX TANKの特徴である「リキッド漏れ」に強いトップエアフローデザインです。

アトマイザー上部のエアホールから空気を取り込み、その空気はチャンバー内部を通ってコイルボトムに供給されます。

コイル下にエアホール(漏れる部分)がないので、リキッドリークに強い構造です

エアホールにはAFC(エアフローコントロールリング)が装着されていて、リングを回すことでドローー(吸い込みの抵抗感)を無段階に調整することができます。

AFCリングも分解可能で、メンテナンスが可能です。

ポジティブピン

GEEKVAPE Z MAX TANK(ギークベイプ ゼットマックスタンク)レビュー

コイルに電力を供給するポジティブピンには、耐腐食性・通電性に優れたゴールドピンを採用。クリアロマイアーの典型である「フローティング式」のピン。

完全固定されておらず、ゴムのように弾力のあるインシュレーターで保持されています。
よって、ハイブリッド接続のようなメカニカルMODで使うことは想定されていません。

プリメイドコイル

GEEKVAPE Z MAX TANK(ギークベイプ ゼットマックスタンク)レビューコイル交換が非常に簡単!

アトマイザーのボトムパーツを外して、コイルを引っ張り出す。
Oリングでハマっているだけなので、交換しやすくメンテナンス性に優れています。

GEEKVAPE Z MAX TANK(ギークベイプ ゼットマックスタンク)レビュー

迫力のサイズ! かなり大型のプリメイドコイル規格、爆煙向けです。

付属コイルバリエーション

  • Geekvape M Series Coil 0.14Ω(60-80W)
  • Geekvape M Series Coil 0.2Ω(70-85W)

シリーズ共通で採用しているコイル規格で、今までにも下記の製品に同様のコイル規格が採用されている「汎用性」があるので、コイルの入手性が良いのも特徴です。

シリーズ共通・同コイル規格採用機と「同じ味わい」が楽しめます。

日本では、ヒット作の消耗品しか流通しないのですが、このMシリーズコイルは様々なECサイトでも取り扱いが多く、入手に困らないのも良いですね!

そして、コイル抵抗値が高いので、推奨ワッテージも消費電力も高いです。

そのため、シングルバッテリーMODでももちろん使えますが、デュアルバッテリーMODで使うのがセオリーかと思います。

アトマイザーのマッチング・使用例

感想とまとめ

GEEKVAPE Z MAX TANK(ギークベイプ ゼットマックスタンク)レビュー

人気のデザイン!伝統のシリーズ!爆煙が気軽に楽しめるクリアロマイザー!

ゼウスシリーズはRBA(コイルビルド専用アトマイザー)の頃から、そのデザインとスペックで人気が高く、最終版が出た後も名前を変えて新商品が出るほどです。

シリーズ共通のコイル規格「GEEKVAPE M Series Coil」を採用しているので、汎用性が高く、消耗品の入手性が良いのもユーザーにとってはメリットです。

仕上がりもクオリティーも高いので所有欲を満たす、ユーザがこだわれる製品に仕上がっているのもスターターキットでは味わえないものです。

コメント

年齢認証

あなたは20歳以上ですか?