【レビュー】Eleaf iStick Pico付属アトマイザー MELO 3 「メロスリー」

スポンサーリンク
べプログショップ
この記事は 約4分で読めます。

【クリアロマイザー】「MELO 3 Atomizer」(Eleaf)  レビュー

Eleaf(イーリーフ) のクリアロマイザー、MELO 3 Atomizer「メロスリー」のレビューです。

MELO3はminiバージョンの方がiStick Picoスターターキットに付属のアトマイザーですよね。

【レビュー】Eleaf iStick Pico「アイスティックピコ」ロングセラー商品 !
Eleaf iStick Pico「アイスティックピコ」のレビューです。 小さいことは正義である。小さいもの好きにはたまらないMODです!! 2016年の大ヒットから早2年、現在も色あせることなく売れ続ける商品です。 ...

売れに売れているiStick Pico、アトマイザーの方も完成度が高いのでは?と期待してしまいます。

それでは詳細をレビューしていきます。

 

 

MELO 3 Atomizerを開封します

【クリアロマイザー】「MELO 3 Atomizer」(Eleaf)  レビュー

パッケージはいつものEleafの化粧箱です。

【クリアロマイザー】「MELO 3 Atomizer」(Eleaf)  レビュー

開けてみます。付属品は

  •  Eleaf MELO3アトマイザー本体
  •  EC HEADコイル 0.3Ω (カンタル)
  •  EC HEADコイル 0.5Ω (カンタル)
  •  カラーOリング :2セット
  • 説明書(英語)

カラーOリングのカラーリングが微妙です… 黒2セットのほうが嬉しい。

あと、コイルはカンタルなので温度管理対応ではないですね。

iStick Picoスターターキットに付属のコイルも同じものなので、折角の温度管理MODなのにもったいない気がします。

 

 

MELO 3 Atomizerの詳細

【クリアロマイザー】「MELO 3 Atomizer」(Eleaf)  レビュー

さて、本体です。

トップパーツはiStick Picoの電池カバーと同デザインで、もはや専用アトマイザー仕様なのでしょう。

仕上げも質感もなかなか良く、マスプロ製品感はありますが、なかなか良い出来です。

MELO 3 Atomizerのスペック

直径22mm
全長65mm
リキッド容量4ml
ネジタイプ510
コイルプリメイド交換式 Eleaf EC head
・0.15Ω(Ni200 温度管理対応)
・0.25Ω(SS316   温度管理対応ノッチコイル)
・0.5Ω(Ti 温度管理対応)
・0.3Ω(カンタル)
・0.5Ω(カンタル)
・ECR head(リブルタブル)も使用可能?
素材304 stainless steel
silver, black
その他特徴・温度管理対応アトマイザー
・ボトムバーティカルコイル(コイルの内部に空気を通す構造)
・コイル交換可能 多数ラインナップ
・エアフロー調整可能
・リキッドチャージはトップフィル
・パイレックスガラス仕様

Eleaf公式ページより

iStick Picoスターターキッド付属のminiは全長が55mm、リキッド容量が2mlで容量が小さいサイズ違いです。

 

分解

【クリアロマイザー】「MELO 3 Atomizer」(Eleaf)  レビュー

分解してみます。

ベースパーツ、コイル、チムニー、パイレックスガラス、トップパーツ、ドリップチップの6ピース構造です。

タンクのメインパーツ、ガラスチューブを上下で挟む構造。

 

 

ドリップチップ

【クリアロマイザー】「MELO 3 Atomizer」(Eleaf)  レビュー

ドリップチップを見てみましょう。ベースが樹脂素材でできている断熱仕様になっています。

【クリアロマイザー】「MELO 3 Atomizer」(Eleaf)  レビュー

アトマイザー側が5.5mm、吸い側が8mm、テーパーになっているワイドボアDT。

これを見てもこのアトマイザーが爆煙寄りの製品であることがわかります。

 

 

リキッドチャージはトップフィル

【クリアロマイザー】「MELO 3 Atomizer」(Eleaf)  レビュー

トップパーツを外すと、リキッドチャージできます。トップフィルは楽々ですね!

 

 

タンク

【クリアロマイザー】「MELO 3 Atomizer」(Eleaf)  レビュー

ガラスも外してみます。

全てのアトマイザーに言えることですが、Oリングには薄くリキッドを塗布してから組み上げることをオススメします。

ゴムが食いつきすぎて、破損することがあります。

eleaf_melo3_08

チムニーパーツ。コイル収容部は太く、コイル以降はコイル径と同程度になっています。

 

【クリアロマイザー】「MELO 3 Atomizer」(Eleaf)  レビュー

チムニーパーツ内部、コイルとの当たり面はシリコンゴムでシーリングされており、結露が下に落ちないように設計されています。

【クリアロマイザー】「MELO 3 Atomizer」(Eleaf)  レビュー

ベースパーツとチムニーパーツを並べると、チムニーパーツの太い箇所が丁度コイル部分で終わるようになっていますね。

コイル上部もネジ切りされており、チムニーパーツと完全に一体化するよう設計されています。

【クリアロマイザー】「MELO 3 Atomizer」(Eleaf)  レビュー

リキッドホールはコイルに開いています。リキッド残量が少なくなってくると、ホール位置からみても供給不足になりそうですが

チムニーパーツとコイルの間にリキッドを多少保持できそうなので問題ないと思います。

リキッドは全て使い切れないと思いますね。

 

ベースパーツ

【クリアロマイザー】「MELO 3 Atomizer」(Eleaf)  レビュー

エアフロー穴が完全に隠れるシンプルさをデザインした設計です。

【クリアロマイザー】「MELO 3 Atomizer」(Eleaf)  レビュー

コイルを外すと、直接エアフローホールが横に開いていますね。左右2箇所に同径オーバル形状のエアホールが有ります。

【クリアロマイザー】「MELO 3 Atomizer」(Eleaf)  レビュー

外側からエアフロー調整を覗いてみます。

【クリアロマイザー】「MELO 3 Atomizer」(Eleaf)  レビュー

コンタクトピンは調整不可。

 

コイル

【クリアロマイザー】「MELO 3 Atomizer」(Eleaf)  レビュー

こちらがコイル。2種類、0.3Ωと0.5Ωのカンタルコイルが付属します。

サブオームコイルで爆煙向けだということがわかりますね。

推奨ワッテージは0.3Ωが30W~80W、0.5Ωが30W~100Wとなっています。

リキッドホールが4つ開いています。

【クリアロマイザー】「MELO 3 Atomizer」(Eleaf)  レビュー

コイル内部を覗くと、カンタルがパラレルで巻いてあります。

【クリアロマイザー】「MELO 3 Atomizer」(Eleaf)  レビュー

コイル下側。エアフローホールから流入した空気がコイルの中を通るよう設計されていますね。

 

 

 

MELO 3 Atomizerを使ってみました

【クリアロマイザー】「MELO 3 Atomizer」(Eleaf)  レビュー

使いはじめる時、コイル交換時は必ずコイルにリキッドを直接塗布しましょう。

ファーストバーンで供給不足になり、コットンが焦げるとコイル終了です。上からと、各リキッドホールに塗布します。

【クリアロマイザー】「MELO 3 Atomizer」(Eleaf)  レビュー

タンクへのリキッドチャージはトップパーツを外して行うトップフィル方式。

【クリアロマイザー】「MELO 3 Atomizer」(Eleaf)  レビュー

大きなチャージホールが開いているので、リキッドチャージが楽々ですね♪

 

 

MELO 3 Atomizerのまとめ:爆煙、直肺向け。味はしっかり。

カンタルなのでVWで試してみます。0.3Ωコイルなので40W程度で運用。
ミストそこそこ多め!!それなりに味もしっかり乗ってます!!

予想通りで、ドローは結構軽めなので、口吸いには向きません。
DL 直肺吸いでないと厳しいです。これはドリップチップを内径が細いもの着替えても同様です。

味はディティールよりも甘みが勝る感じですが、それなりに再現してくれます。

口吸いするなら、ドリップチップを最低内径4mm程度に落とすと良いですが、それでも
ドローは軽め。完全に直肺専用です。

ドリップチップやチムニー、コイル抵抗値からみて、爆煙向けのアトマイザーですね。

この辺はトレンドを意識しての事でしょう。

あと、リキッド消費は結構なもんで、みるみるリキッドが減っていきます。
この辺、コストを気にされる方は考えどころです。

リキッド漏れに関しては、リキッドの過剰供給で、コイルを伝い、エアフローホールから出るぐらいでしょう。

コイルの個体差、使っているリキッドにもよりますが、今のところ大した漏れは確認できていません。

ただ、構造上逆さまにすれば漏れる箇所はないので、しばらく使わないのであれば逆さまにして保管するのが好ましいですね。

クリアロマイザー
Profile
このブログを書いている人

電子タバコにハマり、散財を続ける当ブログの管理人。

元々カスタマイズすることが好きなため、ガジェットとしても楽しむことができるVAPEに深くのめり込む。まだまだ初心者、日々勉強中です!

Hiroをフォローする
VAPE Circuit|初心者の電子タバコ レビューブログ

コメント

  1. ヌッキー より:

    iStick Power nanoを買ってみました。
    VAPEerデビューです。

    リキッドが漏れて大変。吸った分より、漏れ出す量が大変多いです。

    皆さんは、どうしていますか?

    • Hiro より:

      おはようございます。はじめまして。

      MELO3を使用している限りそのようなことはあありませんでした。
      原因として考えられるのは

      ・コイルの個体差で過剰供給により漏れてしまう
      ・パッキンに異物がかんでいてパッキンから漏れてしまう
      ・そもそもパッキンに不良がある

      いずれかだと思います。
      これは販売店に相談する事象だと思います。
      販売店にご相談されることをオススメいたします。

  2. 大阪の狼 より:

    はじめまして!

    電子たばこにチェンジしようと思いistick+MELO3のスターターキットを購入しましたが、これって吸引口を保護するようなキャップみたいなものはないのでしょうか?

    持ち運びはどのようにされているのでしょうか?
    みなさま巾着みたいなものに入れているのですかね?

    度々口に入れるものをむき出しで持ち運ぶのはちょっと抵抗を感じまして。。。

    皆さまどのように対応されているのか気になります。

    よろしくお願いします。

    • Hiro より:

      はじめまして!

      余りそうのようなものを使っているところを見たことはありません。
      僕自身も気にしたことはないです。

      口にくわえるものとはいえ、VAPEはコイル熱でリキッドを気化させるものなのでそこまで気にすることはないのかな?と個人的に思います。

      そのままカバンに入れて持ち運んじゃってますね。

      細かい方でしたら何か栓のようなものをしているかもしれませんね!ただ専用品は売ってはいないので『工夫』が必要なのではないでしょうか?

    • より:

      メガネやサングラスのケースがぴったりです。
      リキッドと予備コイルを入れてちょうど!!

      かなりオススメです。