【アトマイザー】Nautilus2「ノーチラス2」 Aspire アスパイア レビュー

この記事は 約6分で読めます。

【アトマイザー】Nautilus 2「ノーチラス2・クリアロマイザー」 (Aspire/アスパイア) レビュー

Aspire(アスパイア)のクリアロマイザー、Nautilus2「ノーチラス2」のレビューです。

記録的大ヒット商品、ノーチラスの後継機としてリリースされた本機、間にNautilusXなどのリリースはあったものの、歴史的なヒット商品であり、世界的な知名度を誇るノーチラスの正当な後継機は本作です。

デザインこそ変われど、コイル規格(BVC)が同じなど、共通点もあるアトマイザーになっています。

  • MTL(タバコ吸い)に特化
  • 「味重視」濃厚なフレーバーを堪能できる
  • BVCコイル採用で高い汎用性(コイルの入手性が最高レベルに良い)

性能を含めた詳細をレビューしていきます。

商品提供:ベプログshop

 

 

スポンサーリンク
べプログショップ

Nautilus2を開封します

さて、まずはパッケージから見ていきます。

【アトマイザー】Nautilus 2「ノーチラス2・クリアロマイザー」 (Aspire/アスパイア) レビュー

手のひらサイズのコンパクトなパッケージング。デザインはaspireらしいシンプルな黒を基調にしたデザインです。

側面には偽造防止スクラッチコード入りステッカーが貼ってあります。

【アトマイザー】Nautilus 2「ノーチラス2・クリアロマイザー」 (Aspire/アスパイア) レビュー

付属品は以下の通りです。

  • Nautilus2クリアロマイザー 本体(0.7ohmコイル組込済)
  • 予備ガラスタンク
  • 予備Oリング一式
  • プリメイドコイル(1.8ohm)
  • 樹脂製(デルリン)ドリップチップ
  • 説明書類(英語)

 

 

Nautilus2の詳細

【アトマイザー】Nautilus 2「ノーチラス2・クリアロマイザー」 (Aspire/アスパイア) レビュー

Nautilus2アトマイザー本体の詳細です。

このNautilus2の特徴は

  • 汎用性の高いBVCコイルを採用したNautilusの正当後継機
  • タイトなドローと濃厚なフレーバーを楽しめる「味重視」
  • 個性的なルックス

このようにタバコのような吸い方(MTL)に特化したクリアロで、タバコを吸い慣れた喫煙者が移行するのにちょうど良いスペックを持っているのが最大の特徴です。

 

Nautilus2は一般的に”クリアロマイザー”と分類されるアトマイザーで、特徴としてはメーカーが用意しているアタッチメント式の”プリメイドコイル”を交換するタイプになります。

自分でワイヤーとコットンからコイルを作製しなくてはならないRBA(リブルタブルアトマイザー)に比べて初心者でも簡単に扱うことができるのが特徴です。

 

Nautilus2のスペック

直径22mm
全長53mm
リキッド容量2ml
ネジタイプ510
ドリップチップ510
コイル交換式 nautilus BVCコイル
エアフローボトムエアーフロー
リキッドチャージトップ
素材 ステンレス、ガラス

コイルの互換性があるため、流通量が多く、WEB通販などでも入手できる汎用性の高いNautilus用のコイルが使用可能です。

【アトマイザー】Nautilus 2「ノーチラス2・クリアロマイザー」 (Aspire/アスパイア) レビュー

デザインは賛否両論ありそうなデザインで、ヘルメットのようなツルっとした個性的なルックスで、ガラスの露出部が少なく、使用の際にぶつけれ割れることは少なくなるのではないかと思います。

デザインもありますが、ガラスチューブ保護を考えた実用性を重視したデザインです。

 

さて、上部のパーツから順番に細部を見ていきます。

 

ドリップチップ

【アトマイザー】Nautilus 2「ノーチラス2・クリアロマイザー」 (Aspire/アスパイア) レビュー

単体の販売もされるほどユーザー達に愛されるドリップチップです。

デザインは同じで素材が違う2つのドリップチップ(金属製と樹脂製)が付属します。

 

通称:くびれタイプ

咥える部分がくびれていて咥え心地もよいのが特徴です。

 

また、構造にも優れています

アトマイザー取付部から吸口部に向かって内径が絞らていで、凝縮したミストを楽しめる設計です。内径は4mmでMTLには程よい内径です。

 

金属のものと、樹脂のものは好みで好きな方を使うと良いと思います。

【アトマイザー】Nautilus 2「ノーチラス2・クリアロマイザー」 (Aspire/アスパイア) レビュー

そして、取付部の方も緩やかにテーパーしており、かなり良い設計ですね。

 

タンク

さて、そのドリップチップがついているスリーブを外してみます。

【アトマイザー】Nautilus 2「ノーチラス2・クリアロマイザー」 (Aspire/アスパイア) レビュー

このようにタンク/デッキ部分とスリーブ部分を取り外すことが出来ます。

トップキャップ一体化のスリーブです。ガラス露出部を保護して、ガラス割れを防ぐ構造と、デザイン性を兼ね備えています。

このスリーブを外してリキッドをトップフィルでチャージすることが出来ます。

【アトマイザー】Nautilus 2「ノーチラス2・クリアロマイザー」 (Aspire/アスパイア) レビュー

背面はこのような構造で、Oリングが設けられているのでリキッドが滲んでしまうこともありません。

【アトマイザー】Nautilus 2「ノーチラス2・クリアロマイザー」 (Aspire/アスパイア) レビュー

デッキとタンクはOリングを介して装着されていますので、引き抜くとタンクを外すことが出来ます。デッキにはプリメイドコイルがネジスレッドで装着されています。

 

 

ボトムエアフロー

エアフロー構造も見てみます。

【アトマイザー】Nautilus 2「ノーチラス2・クリアロマイザー」 (Aspire/アスパイア) レビュー

エアフローはボトムエアフローです。デッキにエアフローリングが設けられていて、リングを回すことでエアフロー調整が可能になっています。デッキには5つの穴が空いています。

 

 

コイル 汎用性の高いBVCヘッド

【アトマイザー】Nautilus 2「ノーチラス2・クリアロマイザー」 (Aspire/アスパイア) レビュー

コイルはNautilus互換のコイルはBVCコイルヘッドです。

日本でもWEBショッピングサイトなどでも入手可能な流通量の多いコイル規格です。

付属コイルは2種類

  • BVC 0.7ohm(18-23W推奨)抵抗高めのDLまでいけるコイル
  • BVC 1.8ohm (10-14W推奨)  高抵抗タイトドローMTL用

用途によって使い分けができますし、多くのBVC規格の純正品や互換品がリリースされているので色々試すこともできます。

【アトマイザー】Nautilus 2「ノーチラス2・クリアロマイザー」 (Aspire/アスパイア) レビュー

構造はスタンダード。

バーチカルコイルで、ボトムエアフローで取り込んだ空気がコイル内を通ってくる仕組みです。

 

 

ポジティブピンは固定式

【アトマイザー】Nautilus 2「ノーチラス2・クリアロマイザー」 (Aspire/アスパイア) レビュー

最後にデッキのポジティブピンも見てみると、クリアロマイザーらしいフローティング式(デッキにピンが絶縁パーツにはまっている構造)ですがそこそこでています。

テクニカルMODでの使用を前提とした仕様です。

調整はできませんし、スプリングコンタクト以外のハイブリッド接続などでは使えません。

 

 

Nautilus2の使い方

【アトマイザー】Nautilus 2「ノーチラス2・クリアロマイザー」 (Aspire/アスパイア) レビュー

使用の際には上記の様にスリーブを取り外し、リキッドチャージするだけです。

コイルが新品の状態ではコイル内のコットンにリキッドが染み込むまで10分程度放置するのをお忘れなく。

コットンに浸透する前にコイルに熱を入れるとコットンが焦げてそのコイルは使えなくなってしまいます。

 

 

Nautilus2のまとめ

このアトマイザーは、タバコ経験者がVAPEをはじめる際に最適なアトマイザーですと言えます。

その理由は、ドローの重さ濃厚な味

まず、ドローは絞った状態で、タバコを吸うときに近い、程よい抵抗感のあるドローを再現できます。

そして味はかなり美味しいです。下手なRBAで組むよりも味出てるなーと思ってしまうぐらい濃厚な味が出ます。

このためタバコ経験者がVAPEをはじめる時に良い選択肢だな、と感じます。最初からRBAでコイルを巻くのは抵抗感あるし、爆煙と言っても、タバコの吸い方と違うので戸惑うと思いますすのでこれからVAPEを初めて見るのも良いのではないでしょうか!

【アトマイザー】Nautilus 2「ノーチラス2・クリアロマイザー」 (Aspire/アスパイア) レビュー

デザインは好みではなかったのですが、仕上がりが丁寧で、ヘアライン仕上げのMODに搭載すると割と悪くはないな、と思えてきました。

そして、もう既にVAPEを始めている人でも、MTLが好みの人で、RBAは合わなかった。もしくはいつもビルドは出来ないよ!という人には最適な選択肢であると思います。

ただし、Nautilusを持ってるよ!っていう場合、クリアロマイザーはコイルが心臓部なので態々買い足す必要はありません。

個人的にはDL(直接肺に吸い込む)派で、普段はもっと軽いドロー、ミスト量も多めで運用しているのですが、MTLも良いなー、と再認識できたアトマイザーでした。

通販はこちらから!

→ Nautilus2【Aspire(アスパイア)】 [べプログショップ]

商品購入サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
クリアロマイザー
スポンサーリンク
べプログショップ
VAPE Circuitをフォローする
VAPE Circuit|初心者のための電子タバコ レビューブログ