スポンサーリンク
べプログショップ

980円から!glo本体が大幅値下げ|新型に向けての在庫一掃処分?

話題の新商品を次々に発表したBAT

「じゃあ今までのgloはどうなるの?」

大幅値下げするんですって!!その値段は980円〜と驚くほど!

新型じゃなくても、グローに興味のある人が試してみるには嬉しい値段ですよね!

値段などの詳細をまとめました。

スポンサーリンク
べプログショップ

お手頃価格の詳細

グロー現ラインナップのほぼ全てが対象です。

  • gloTM 2,980円 → 980円(税込)
  • gloTM series2 2,980円 → 1,980円(税込)
  • gloTM series2 mini 3,980円 → 1,980円(税込)

3月に発売したばかりのglo series2 miniもお手頃価格の対象です。

半年も経たないうちに、半額になっちゃうなんて…

開始は順次!?

お手頃価格での提供は2019年9月17日(火)より順次となっています。

この価格はgloストアやgloオンラインだけでなく、全国のコンビニエンスストアも対象です。

gloオンラインストアでは割引実施済み

既にglo公式オンラインストアでは価格改定が実施されていますので、全国の販売店でも順次価格改定が行われるでしょう。

公式以外の通販も値段が下がりそうですね。

注意点としては、店舗によって新価格の適用開始日が異なるということなので、詳しくは各店舗に問い合わせる必要があります。

大幅値下げされるのは旧モデルの在庫処分?

BATは最近新モデルを次々に発表しました。

特にglo proとglo nanoは、glo series2とminiの”後継機”と言える新型です。

10月3日の発売を控えている今、値下げを発表するのは旧モデルの在庫処分なのでは?と考えるのが自然な流れだと言えます。

オンラインストアの一部商品はもう既に「在庫切れ」になっていることから、値下げして売り切れば、旧モデルの販売は終了されるのではないかと予測できます。

実際、初代glo本体は980円とアナウンスされていながらも、gloオンラインストアでは販売されていないのは「在庫がないから」であって、「在庫を持っている店向けの販促キャンペーン」だとも考えられますよね。

もちろん新デバイスは魅力的ですが、コスパに優れた旧型も捨て難いですね。悩ましい。

在庫処分でも安く買えるのはありがたい!

ライバルの加熱式たばこも同じく、本体安売りをしていますから、加熱式たばこのシェア争いはますます激化するばかりです。

  • iQOSは5周年で新価格へ
  • PloomSはショップ限定でセール開催

どれも出始めの頃は、本体も結構高かったですよね。今となっては懐かしいです。

そのうち本体はタダ同然で、リフィルが収益の全てなんて状況になっていくかもしれませんよ。

いずれにせよ、ユーザーとしては安く本体が入手できるのにはデメリットはありませんから、たばこから移行するのにも試しやすい環境になっていますね。

 

コメント