MK Lab Koi-Koi 青短 レビュー|アイスレモンティーとミックスジュース!清涼剤入りリキッド!

MK Lab Koi-Koi Blue Label(エムケーラボ こいこい青短)レビュー

MK Lab(エムケーラボ)のKoi-Koi(こいこい)シリーズ、青短「Blue Label」のレビューです。

アイスレモンティーとミックスジュース、2種類の清涼剤入りドリンクフレーバーをラインナップ!
PODから低ワッテージ設定のデバイスに最適化したシリーズです。

MK Lab Koi-Koi 赤短の特徴

  • 2種類の清涼剤入りドリンクフレーバー
    • アイスレモンティー
    • ミックスジュース

 

詳細をレビューしていきます。

商品提供:ベプログshop

スポンサーリンク
スポンサーリンク

MK Lab Koi-Koi 青短の詳細

MK Lab Koi-Koi Blue Label(エムケーラボ こいこい青短)レビュー

日本のVAPEリキッドメーカー、MK Labの『Koi-Koi(こいこい)』シリーズの青短「Blue Label」です。

国産人気リキッドブランドの中でも特に人気の高いシリーズがKoi-Koi(こいこい)です。

また、新たに発表されたこのシリーズでは、今までのKoi-Koiシリーズとは若干違うコンセプトになっているのも見逃せないポイントです。

新製法によりpodでも美味しく味わえるフレーバー

昨今VAPEデバイスの主流となっているPODに最適化されたシリーズです。

MK LABとは?

blank

MK Lab

MK Labとは、古参の国産リキッドメーカーです。

まだ国産リキッドブランドが他にない頃から、VAPEブームの牽引役として活躍。
日本のVAPEリキッドメーカーとしてなくてはならない存在です。

自社ブランドだけにとどまらず、有名アニメーションとのコラボや、他社製品の監修など。
その活躍は多岐にわたり、多くのファンを魅了しています。

当ブログでも多くの製品をレビューしていますので、合わせてお読みください。

Koi-Koi(こいこい)とは?

MK Lab Koi-Koi(こいこい)

MK Lab Koi-Koi(こいこい)

MK Labの中でも特に人気の高いシリーズ。

古くはVG比率が高いハイスペックな爆煙向けシリーズとして有名でしたが、VAPEの進化とともにそのコンセプトは変わり、今では味に定評のあるプレミアムシリーズとしてその地位を確率。

ユーザーに愛され続けているシリーズです。

このシリーズのリキッドも、多数レビューしていますので、よろしければどうぞ。

青短「Blue Label」の味は?

青短には、同じパッケージラベルデザインで2種類のフレーバーが用意されています。
フレーバーの詳細は以下のとおりです。

青短「Blue Label」の詳細
  • みっくすじゅ〜す VG60:PG40 清涼感レベル ★☆☆☆☆
    • 昔懐かしいフルーツミックスジュースをVAPEで再現。
      バナナをベースにりんご、みかん、パイナップルの味をのせたフルーツリキッドで、清涼剤でスッキリとした味わいに仕上げました。
      ※podタイプから30wまでのVAPEに適しています。
  • アイス レモンティー VG60:PG40 清涼感レベル ★★☆☆☆
    • 日本人に馴染みのあるレモンティーに清涼剤を加えることでスッキリとした味わいに仕上げました。 紅茶の風味とレモンの爽やかさをぜひご堪能ください。
      ※podタイプから30wまでのVAPEに適しています。

どちらも清涼剤の入ったドリンク系フレーバーとなっています。

スペック

生産国日本
内容量60ml
VG/PG60/40
ニコチン0MG ノンニコチン
主成分植物性グリセリン/プロピレングリコール/香料
ボトルチャイルドプルーフ機能付きキャップ ユニコーンボトル
MK Lab Koi-Koi Blue Label(エムケーラボ こいこい青短)レビュー

ラベルにはスペック・原材料や原産国などの詳細が記載してあります。

青短 みっくすじゅーすのレビュー

MK Lab Koi-Koi Blue Label(エムケーラボ こいこい青短)レビュー

実はこのフレーバー、少し前にリリースされた3社コラボの限定リキッド『C.M.B. COLLABORATION 2020』に入っていたものと全く同じフレーバーです。

そのため、詳細なレビューはこちらの記事をご覧戴ければ幸いです。

個人的には「FURUTSU BUSUTA」を添加して初めて完成するリキッドだなと感じましたので、同時にフルーツブースターを注文することをオススメします。

PODなど低出力なデバイスであれば、そこまで清涼感が強すぎるようには感じませんでした。

 

青短 アイスレモンティーのレビュー

MK Lab Koi-Koi Blue Label(エムケーラボ こいこい青短)レビュー

本格的な紅茶の茶葉の高級感のある香りと、べっこう飴っぽい甘さ。
そして、キャンディーみたいなわかりやすいレモンの香り。

基本的にはすごくわかりやすい飴玉みたいなレモンティーっぽさなんですが、プラスして茶葉の香りがちゃんと感じられるのがリアルです。

吸います!

わかりやすいけど高級感のあるレモンティー!

すげーうまい…ってこれは個人の趣向だから置いておいて… ていうかうまい!

わかりやすいレモンティー味です。基本は。

でも、紅茶感がすごく高貴というか、高級感あるのがいい塩梅ですね。

飽きずに吸い続けられるバランスが素晴らしい。

甘ったる過ぎないけどちゃんと甘いのも良いです。
また、清涼剤もフレーバーにマッチして、良いアクセントに。

甘い系だけどフレーバーと清涼感でさっぱり。
それでいて、寒い時期にも楽しめる味わい。でありながら暑い時期にも良さそう!

Koi-Koiシリーズのイメージ(濃厚甘々)ではないんですが、これはかなりアリです。

 

まとめ

MK Lab Koi-Koi Blue Label(エムケーラボ こいこい青短)レビュー

今までのKoi-Koiシリーズと比べて「清涼剤入り」ということもあって、若干イメージが異なるフレーバではありましたが、流石MK Labの人気シリーズなだけあって、どちらも美味しいフレーバーであることは間違いありません。

しかも、この「青短シリーズ」は今までのKoi-Koiシリーズよりも、コストパフォーマンスに優れているのもポイントで、60ml 2000円以下で購入できてしまいます。

甘い中にも清涼剤のアクセントが効いたリキッドは、甘いリキッドが恋しくなる寒い時期にもいい感じに楽しめるリキッドですよ。

通販はこちらから!

MK Lab Koi-Koi 青短blank [べプログショップ]

提供ショップの通販サイトはこちら!

コメント