Five Pawns CASTLE LONG RESERVE レビュー|最高級リキッドは1年に1度の限定品

Five Pawns CASTLE LONG RESERVE 2019 レビュー

Five Pawns(ファイブポーンズ)のVAPEリキッド、CASTLE LONG RESERVE「キャッスルロングリザーブ」のレビューです。

高級リキッドブランドの代名詞とも言えるメーカーの看板商品。1年に1度のみ販売される限定リキッドです。

このリキッドの特徴

  • バーボンにココナッツ・アーモンド・黒糖・バニラをブレンド

こんにちは、Hiroです。

500本以上のリキッドをレビューしてきた筆者ですが、世界的に有名な高級リキッドメーカーは実は初体験です。

詳細をレビューします。

商品提供:ベプログshop

スポンサーリンク
べプログショップ

Five Pawns CASTLE LONG RESERVEの詳細

Five Pawns CASTLE LONG RESERVE 2019

アメリカのリキッドブランド、Five Pawns(ファイブポーンズ)

このメーカーには、1年に1度だけ販売される特別なリキッドがあります。

それが、このCASTLE LONG RESERVE「キャッスルロングリザーブ」です。

まず、このリキッドの味ですが、複雑な味わいが特徴的です。

  • 複数の厳選したフレーバーをブレンドした複雑な味わい
    ・トーストしたココナッツ
    ・ローストアーモンド
    ・ブラウンシュガー
    ・2種類のバニラ(マダガスカルバニラビーンズとフレンチバニラ)
    ・ケンタッキーバーボン
    ・アメリカンオーク
  • さらにオーク樽で3週間熟成

フレーバーの数が多く、香料の種類を見ただけで複雑な味わいが想像できるリキッドは、さらにオーク材の樽で3週間も熟成されます。

熟成は「スティープ」と呼ばれるだけでなく、オークの香りをリキッドに着香させて、芳醇なウッドの香りを纏わせるのに欠かせません。

Five Pawns CASTLE LONG RESERVE 2019の詳細

このように、厳選された材料と手間暇をかけて作られるのがCASTLE LONG RESERVEです。

そのため、1年に1度しか蔵出しされない貴重なリキッドとなっているのです。

パッケージにはまるでワインのラベルのように、2019年製であることが書かれています。

Five Pawns(ファイブポーンズ)とは?

出典:Five Pawns

世界的に有名な高級リキッドメーカーです。

2012年、アメリカ カリフォルニア州に設立されたブランド。

自社工場でのみ、ハンドメイドで作る「プレミアムリキッド」メーカーです。

名前の由来は「リキッドボトルがチェスノポーンのピース」を連想させたこと、そして成人向けの5つの複雑で洗練されたフレーバー「甘味、苦味、酸味、塩味、うま味」の5つを備えたリキッドを提供することから命名されました。

多くの天然素材を使用したリキッドは、このネーミング通りに単純ではなく複雑な味わいを持っているのが特徴です。

ワインやバーボンのように樽で熟成させ様々な味をブレンドし、芳醇かつリッチなフレーバーを醸し出すUSA産最高級リキッドメーカーです。

ハンドメイド、とはいえ設備は最先端。
Five PawnsウェブサイトにはISO基準に準拠した自社の「最先端のクリーンラボ」の様子が紹介されています。

品質や安全性、そして衛生的にリキッドを製造しているブランドです。

スペック

生産国USA
内容量60ml
VG/PGVG50 : PG50
ニコチン0MG ノンニコチン(本国モデルはニコチン入りもあり)
主成分植物性グリセリン/プロピレングリコール/香料
ボトルチャイルドプルーフ機能付きユニコーンボトル
ブランド公式サイトhttps://www.fivepawns.com/

最近では使い勝手の良いユニコーンボトルパッケージが主流ですが、ボトルにはブランド名の由来にもなったスポイトボトルを頑なに使い続けているのも特徴。

高級リキッドにとってはボトルデザインもブランドを維持する上で重要なもの。

また、以前は30mlサイズで3〜4千円の価格設定だったと記憶していますが、リキッド価格の世界的な相場に合わせて、60mlサイズで4千円ほどの価格設定へとプライスダウンしたようです。

高級リキッドとは言えど、手が届くプライスなのが嬉しいですね。

パッケージにはボトルと外箱の両方に樽詰めの日付と、ボトル詰めされた日の記載入り。
前年度まではロットナンバーなどが記載されていたようですが、2019年版には記載なし。

Five Pawns CASTLE LONG RESERVE 2019の内容品

最高級リキッドにふさわしい高級感を感じるパッケージング。

スポイトボトルパッケージは筒状の外箱に入れられ、中にはメッセージカード入りです。

このボトルの中のものは特別なままです。
各限定生産リリースの後、それは「その年のリキッド」で造られ、そして我々はそれを年に一度だけ作ります。
私たちの努力に感謝し続けてくれてありがとう。
このリキッドが1年に1度の限定品であることが書かれています。

キャッスルロングリザーブを吸った感想

香りがかなり強いですね。

ボトルを開封する前の、パッケージの紙筒を開けただけで相当強く感じる甘い香り。

ココナッツの香りが強く、それに加えてカスタードのようにもったりとした甘味と、ナッツのような香ばしさを同時に感じます。

高級リキッドというととっつきにくそうですが、決してそのようなことはなくて甘くて美味しそうな香りです。

Five Pawns CASTLE LONG RESERVE 2019を吸った感想

今回のレビューはドリッパーを使用して行います。

香りから受ける印象は、甘くておいしそうな香りでしたが、実際に吸ってみるとかなり印象が異なっています。

一言では言い表せない複雑な味わいです。

香りの印象通り、吸った時に感じる香りはココナッツとバニラの甘さあふれる香りなのですが、舌に感じるのは渋みと甘さが混じった複雑な味わいです。

まさにFive Pawnsのブランド名の由来の通り、複雑な味わい。

  • 基本的にはバニカスのように親しみやすくわかりやすい香り。
  • プラスしてココナッツとアーモンドの香ばしさ。
  • さらにブラウンシュガーの風合い。甘さは控えめ。
  • そして時折顔を出すバーボンのようなアルコール感。
  • オークウッドの香りもしっかりと楽しめます。

舌に感じる渋みはアルコールっぽさとオークウッドから受ける印象でしょう。

これで舌に渋み・苦みを感じなければ単純に甘くて美味しいリキッドになってしまいますが、嫌味を感じない程度の複雑な渋みを感じるのがキャッスルロングリザーブの個性だと思います。

レビューでは主にシングルコイルDLドリッパーを使用しましたが、この環境だと渋みをダイレクトに感じてしまいます。

そのため、ミストが上品に感じられるMTL向けRTAで吸うのが最もマッチすると感じました。

まさに大人の味わい、というのがキャッスルロングリザーブというリキッドです。

まとめ:大人のための味わい

Five Pawns CASTLE LONG RESERVE 2019

VAPEリキッドってVAPEを吸う前に想像していたのよりも思ったより子供っぽい味わいが多いですよね。

それは、どうしても甘味を抑えられないからだと思うのですが、このCASTLE LONG RESERVEは甘いには甘いのですが、甘いだけではなく程よい渋みなど、他の舌に感じる味わいも同時に感じることによって、大人のための味に昇華させているのが特徴的です。

高級リキッドにふさわしいおいしさを実感できる完成度でした。

1年に1度の楽しみを味わってください!

コメント