E-Lab リキッドレビュー|Perfection・Exotica・Blahmaの3種一挙レビュー!

E-Lab リキッドレビュー|Perfection・Exotica・Blahmaの3種一挙レビュー!

VAPEリキッドブランド E-Lab「イーラボ」 のPerfection(パーフェクション)・Exotica(エキゾチカ)・Blahma(ブラフマ)をレビュー!

話題のハンドブリュー系リキッドブランドの3種類のフレーバーは評判通りの美味しさなのか?

詳細をレビューしていきます。

今回のレビュー内容

  • E-Labリキッド3種類のリキッドレビュー
    • Perfection(パーフェクション)
    • Exotica(エキゾチカ)
    • Blahma(ブラフマ)

商品提供:VAPE STEEZ

スポンサーリンク
べプログショップ

E-Lab リキッドの詳細

E-Lab リキッドレビュー|Perfection・Exotica・Blahmaの3種一挙レビュー!

E-Labリキッドは”made in HAKATA”の国産リキッドブランド。

『博多から全国へ、拘りのリキッドを!』をコンセプトに、「人とは違う拘りがある!吸い続けられるリキッドを探している!」 そんなユーザーに向けてフレーバーを日々追求。

吸えば吸うほどクセになるテイスト!吐き出した際に感じる奥行き! 再現度に拘りつつも一線を画したものを提案する拘りのリキッドをラインナップするブランドですね。

博多発!こだわりのフレーバーを発信する新進気鋭の国産ブランド!

SNSを中心に話題になり、人気を博したブランドですね。

そのブランドの、メインフレーバー3種類をレビューします。

E-Labとは個人製作の『ハンドブリュー』リキッド

この”E-Lab”は、大手リキッドブランドが大規模な製造工場で作っているようなVAPEリキッドではなく、通称「ハンドブリュー」リキッドと呼ばれる個人製作者が調香から製造までを手がける個人ブランド、自作リキッドに近いようなリキッドです。

元々はKEY MOONという名前で、ジェントル麺(愛煙家の朝食)(@vapebeginner)さんが個人製作していたリキッドでしたが、正式販売とともに、E-Labというブランド名に変更されたようです。

クリーンルームで製造

メジャーブランドではありませんが、自作リキッドと言ってもtwitterのつぶやきを確認するとクリーンな環境で製造されています。

E-Lab@中の人(@elabhakata)

自社で製造環境を整え、衛生管理された環境で調香から製造まで行なっています。

出典:E-Lab

また、大きなブランドのように成分分析を外部機関に依頼してしているも信頼性を感じさせます。

スペック

リキッドのスペックはシリーズ共通のVG70:PG30となっています。

生産国日本
内容量60ml
VG/PG70 : 30
ニコチン0MG ノンニコチン
主成分植物性グリセリン/プロピレングリコール/香料
ボトルチャイルドプルーフ機能付きキャップ ユニコーンボトル
ブランド公式サイトhttp://e-lab-hakata.com/
E-Lab リキッドレビュー|Perfection・Exotica・Blahmaの3種一挙レビュー!

サイズは60mlのみ。Made in Hakataの文字。

リキッドボトルは携帯性と使い勝手に優れたユニコーンボトルを採用し、サイズは大容量60mlのみとお買い得感のあるパッケージング。

E-Lab リキッドレビュー|Perfection・Exotica・Blahmaの3種一挙レビュー!

VG70:PG30です。

このリキッドシリーズのスペックは全て《 VG70:PG30 》です。

E-Labのリキッドをレビュー!

E-Lab リキッドレビュー|Perfection・Exotica・Blahmaの3種一挙レビュー!

それではE-Labのリキッド3種類を実際に吸ってレビューしていきます。

まずはじめにドリッパーで味わってから、RTAなど他のデバイスにも入れて吸っていきますが、粘度がVG70:PG30なので、PODデバイス(とくにMTL向けのドローが重くジュースチャンネルの小さなもの)だと供給が厳しいと思います。

Perfection(パーフェクション)の感想

E-Lab Perfection

リキッドの味

香り高いベルガモットに、ほのかに香るキーマン茶葉を使用した最高級のアールグレイを表現しました。
単調な紅茶ではなく、吸えば吸うほど新たな一面を覗かせ、いつまでも吸っていられる今までにない紅茶系フレーバーです。

香り

ペットボトルかティーバックでしか紅茶を飲んだことのない自分にはうまくはいえませんが「わかりやすい紅茶の香り」ではなくて、もっと高級でそれこそ自分が飲んだことないような高級紅茶の香りです。

紅茶に詳しければ「これは〇〇だ」っていうことができるのでしょうけど…

甘いココアとハーブ、そして華やかな香りが混じったような高貴な香りです。

高貴で上品な紅茶フレーバー!

香りの印象から、甘さもそれなりにあるのかな?と感じていたのですが、吸ってみると甘さはかなり控えめで、程よいほのかな甘さ。

フレーバーは濃くはないのですが、奥深い紅茶フレーバーで非常に上品。

上流階級が嗜んでいそうなイメージ(語彙力…)

詳しくなくて恐縮なのですが、これがベルガモットとキーマンなんでしょうねぇ。

「吸えば吸うほど新たな一面を覗かせ、いつまでも吸っていられる」というのがしっくりくる奥深さ、ファンが多いのも納得の味わいですね。

一口吸って「うまい!」というわかりやすさではなく、ジワジワ美味しさを楽しめる。

紅茶に詳しくない自分でももちろん楽しめたのですが、紅茶好きは特に一度吸ってもらいたいリキッドです。

Exotica(エキゾチカ)の感想

E-Lab Exotica

リキッドの味

インドネシア産タバコ特有であるスパイスの香りがクセになる一味違うフレーバーを作りました。

香りが引き立つように、甘さを極力なくしました。

クローブとタバコのハーモニーが織りなすスパイシーな独特のフレーバーをお楽しみ下さい。

香り

クローブタバコフレーバーですね。

キャップを開けると漂う濃いスパイシーな香り。

スパイスっぽいテイストのリキッドは稀にあるけど、ここまでスパイス感を感じたことはリキッドではありませんでした。

再現度の高いガラムタバコフレーバー!

タバコを辞めて数年、ガラムを最後に吸ったのはいつのことだろうか。

それでもあの印象的な味は覚えているもので、Exoticaを吸った瞬間に記憶が蘇りました。

草っぽさ、そしてスパイス感、クローブ、全てがミックスされて「ガラムタバコ」の味わいを再現、再現度は高いです。

甘さはあまりなく、下に絡みつくスパイスの刺激感と辛味。

ノンニコで吸っているのですが、独特の味わいで満足感を感じられます。

「それっぽい」のではなく「そのもの」といった印象で、かなり攻めたフレーバーというか、万人ウケは狙っていないリキッドなので、好きな人にはたまらないでしょうし、逆に苦手な人はとことん受け付けないでしょう。

そしてご想像通り、吸っている周りは「あの香り」に包まれますので、吸えるシチュエーションは限られますし、吸ったらしばらく臭いは取れないでしょう。

それぐらい強烈で、ガラムが好きな人にはたまらないフレーバー。

Blahma(ブラフマ)の感想

E-Lab Blahma

リキッドの味

ストレートティーをベースにアニス、ジャスミン、スパイスの華やかさ
ほのかに香るメンソールで異国情緒あふれる紅茶をイメージしたオリエンタルティーです。

香り

アニス強い!一発嗅いだだけでモロアニス!

自分、アニス苦手なんですよね…

他にハーブのようなミントのような香りも混じっていますが、アニスが強い!

アニスとジャスミンのティーフレーバー!

あ、あれ?アニスなのにうまい!かなりアニスが強いのですが、吸ってみると今までアニスが苦手だった自分が好きになるほどの美味しさ。

複雑な美味しさですね。

アニスが一番強いのですが、華やかなジャスミンとメンソール?ミント?のような微量のキック感と、Exoticaでも感じたようなスパイス感。

甘さは控えめながら、フレーバーとマッチした甘さ。

それら全てが合わさって、ティーブレーバーとしてまとまっているのがすごい。

まとめ

E-Lab リキッドレビュー|Perfection・Exotica・Blahmaの3種一挙レビュー!

E-Labのリキッドは全て個性的です!

「万人ウケ」するような、わかりやすいフレーバーではなく、3種類全てのフレーバーが「尖っている」ので、『ハマる人はとことんハマる美味しさ』のリキッドです。

なるほど!好きになった人がずっと吸い続けるのはそういう理由からだったのですね。

そして3種類全てが、「〇〇味」という模倣的なものではなく、オリジナルフレーバーになっているのもE-Labリキッドがユニークな点です。

値段も安いので常飲できるのも嬉しいですね!

気になったフレーバーがあったら一度吸ってみるのをおすすめします。

コメント