HiLIQ

【スターターキット】Livepor 80 VTC (Yosta/ヨースタ)レビュー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

【スターターキット】Livepor 80 VTC (Yosta/ヨースタ)レビュー

Yosta(ヨースタ)のLivepor 80 VTCスターターキットのレビューです!

先日のLivepor 160W Box Modと同時に提供していただいた製品、操作系などはほぼ共通ですが、本機には搭載されていない機能などもあるのでその辺詳しく見ていこうと思います。

しかし、提供前には是非ともご連絡を頂きたい… アップロード前で執筆中の製品が被ってしまったりすると心苦しいし、送り状にも内容品にもショップの形跡が入っていないと調べるのに一苦労です… こんなことを日本語で言っても意味ないかw

もうレビュー品が多くて押しつぶされそうになっていますが、早速レビューしていきます!

Yosta Livepor 80 VTC Kitのパッケージ、開封

あて、まずはパッケージ。

【スターターキット】Livepor 80 VTC (Yosta/ヨースタ)レビュー

もうパッケージについて語るのは辞めましょう。普通の箱です!

【スターターキット】Livepor 80 VTC (Yosta/ヨースタ)レビュー

背面などにもスクラッチコードの添付はありませんでした。さて、開封します。

【スターターキット】Livepor 80 VTC (Yosta/ヨースタ)レビュー 【スターターキット】Livepor 80 VTC (Yosta/ヨースタ)レビュー

このクッション的なケバケバがついたやつ嫌い!ケーブルにも本体にもケバケバがついて、静電気で取れない!肉眼だとそんなに感じないけど、マクロレンズで撮影するとケバケバだらけで撮り直し!みたいなことが多いんです。高級感も保護性能も変わらないから辞めましょう(自己都合)

【スターターキット】Livepor 80 VTC (Yosta/ヨースタ)レビュー

付属品は

  • Livepor 80 VTC MOD本体
  • IGVI v2 クリアロマイザー本体(カンタル0.5ohm組込済)
  • IGVI v2 交換用コイル(セラミックコイル0.8ohm)
  • VAPEバンド
  • スペアガラスタンク
  • スペアOリング一式
  • microUSBケーブル
  • マニュアル、ワランティーカード

Yosta Livepor 80 VTC Kitの詳細

はい、それでは本体詳細見ていきます。

【スターターキット】Livepor 80 VTC (Yosta/ヨースタ)レビュー

フェ○ーリレッドのスターターです。嘘です。
真っ赤で統一された本体。塗装のクオリティは低いですね。粗悪な車のおもちゃみたいなペイントで、ムラがあったり、キワがマスキングされていなかったりお世辞にもクオリティが高いとはいえません。

【スターターキット】Livepor 80 VTC (Yosta/ヨースタ)レビュー

持ってみると結構小さい!というか細い!どれぐらいかというと、

【スターターキット】Livepor 80 VTC (Yosta/ヨースタ)レビュー

Eleaf ASTERと同じぐらい。えぐれている部分がないので持ち心地はちょっと違いますが、細身で持ちやすい印象を受けます。持ち心地は上々ですね。

さて、アトマイザーとMODを別々に詳細を見ていきます。

Yosta IGVI v2クリアロマイザーの詳細

【スターターキット】Livepor 80 VTC (Yosta/ヨースタ)レビュー

IGVI v2はプリメイド交換式のアトマイザー、クリアロマイザーになります。

MOD本体とカラー統一されているのが特徴ですね。

Yosta IGVI v2のスペック

直径 22mm
全長 55mm
リキッド容量 3ml
ネジタイプ 510
ドリップチップ 510
コイル 交換式
エアフロー ボトムエアーフロー
リキッドチャージ トップ
素材 ステンレス、ガラス

YOSTA公式サイトより

【スターターキット】Livepor 80 VTC (Yosta/ヨースタ)レビュー 【スターターキット】Livepor 80 VTC (Yosta/ヨースタ)レビュー

さて、分解して細部を見ていきましょう。

【スターターキット】Livepor 80 VTC (Yosta/ヨースタ)レビュー

まずはドリップチップから。

【スターターキット】Livepor 80 VTC (Yosta/ヨースタ)レビュー

ドリップチップは金属ベースの土台に、Oリングを介してガラスのスリーブがハマっているタイプです。このガラスはスペアが入っています。

そしてリキッドチャージはトップフィルです。

【スターターキット】Livepor 80 VTC (Yosta/ヨースタ)レビュー

ネジ式のトップキャップをねじって外すとリキッドホールがサイドに。

【スターターキット】Livepor 80 VTC (Yosta/ヨースタ)レビュー

この部分からリキッドチャージします。ホールも大きくリキッドチャージはしやすそうですね。

そしてエアフロー構造も見ていきましょう。

【スターターキット】Livepor 80 VTC (Yosta/ヨースタ)レビュー

ボトムエアフローでAFCにより無段階で調整可能です。

そしてポジティブピンです。

【スターターキット】Livepor 80 VTC (Yosta/ヨースタ)レビュー

これはコイル部についているタイプですね。

さて、ベースを分解してコイルを取り出していきます。

【スターターキット】Livepor 80 VTC (Yosta/ヨースタ)レビュー

取り出したコイル。

【スターターキット】Livepor 80 VTC (Yosta/ヨースタ)レビュー 【スターターキット】Livepor 80 VTC (Yosta/ヨースタ)レビュー 【スターターキット】Livepor 80 VTC (Yosta/ヨースタ)レビュー 【スターターキット】Livepor 80 VTC (Yosta/ヨースタ)レビュー

最初から組み込まれているのが、左のカンタル0.5ohmコイルです。スペアとして付属するのがセラミックコイル0.8ohmで内部を見てみてもワイヤーの太さが全く異なりますね。カンタルコイルの周りにはコットンウィック、セラミックコイルには名前の通りセラミックが入っています。

Yosta Livepor 80 VTC MODの詳細

【スターターキット】Livepor 80 VTC (Yosta/ヨースタ)レビュー

MODも見ていきます。冒頭の通り、スリムで長細い形状のMOD本体です。18650シングルバッテリーのBOX MODになります。

Livepor 80 VTC MODのスペック

サイズ H 90×W35×D22mm
ワット数範囲 1 – 80W
許容抵抗値範囲 0.06-3.0ohm
温度範囲 200 – 600F/ 100 – 300℃
最大出力電流 20A
モード VW /温度-Ti系/温度-Ni系/温度-SS/Mecanical mode
スレッド 510
充電ポート USB
バッテリー 18650シングルバッテリー
カラー White/Black/Red/Blue

YOSTA公式サイトより

スペック的には昨今のBOX MODらしく温度管理機能も搭載されています。

【スターターキット】Livepor 80 VTC (Yosta/ヨースタ)レビュー

さて、詳細を見ていきましょう。

【スターターキット】Livepor 80 VTC (Yosta/ヨースタ)レビュー

まず上部にはアトマイザー取付部。

【スターターキット】Livepor 80 VTC (Yosta/ヨースタ)レビュー

スプリングコンタクトです。アップにするとやはり作りが… 特に塗装の粗さが目に入ってしまいますね。

そして底部

【スターターキット】Livepor 80 VTC (Yosta/ヨースタ)レビュー

ベントホールが設けられています。

前面には

【スターターキット】Livepor 80 VTC (Yosta/ヨースタ)レビュー

右から、パフボタン/液晶画面/サブボタン/microUSB端子が設けられています。
液晶画面ですがミラーコートのような半分鏡のような仕上がりになっています。

さて、バッテリーを入れていこうと思います。

【スターターキット】Livepor 80 VTC (Yosta/ヨースタ)レビュー

バッテリーは本体のカバーを外して収納します。マグネット式の蓋を爪などを引っ掛けて開けます。

【スターターキット】Livepor 80 VTC (Yosta/ヨースタ)レビュー

開けるとこのようになっていて、プラス、マイナスの表示があるので間違えないように入れましょう。

【スターターキット】Livepor 80 VTC (Yosta/ヨースタ)レビュー

このように、布のようなベロを舌に敷いて収納します。バッテリーを出すときにはこの布を引っ張れば出せる様になっています。

【スターターキット】Livepor 80 VTC (Yosta/ヨースタ)レビュー

そして本体充電も可能。本体に電源接続したmicroUSBを接続して、内蔵した18650バッテリーを充電できるようになっています。

Yosta Livepor 80 VTC MODの操作方法

電源のon/off

【スターターキット】Livepor 80 VTC (Yosta/ヨースタ)レビュー【スターターキット】Livepor 80 VTC (Yosta/ヨースタ)レビュー

パフボタン5クリックで操作可能です。

モード変更(WATT/TC-Ni/TC-Ti/TC-SS/MECH/ATTY LOCK)

各モードへの変更は、

→MODの電源がonの状態で、パフボタン3クリックでメニューを呼び出せます。
→設定したいモードをサブボタン(+,-)を操作し呼び出します。
→設定したいモードを呼び出したらパフボタンで決定します。

【スターターキット】Livepor 80 VTC (Yosta/ヨースタ)レビュー 【スターターキット】Livepor 80 VTC (Yosta/ヨースタ)レビュー 【スターターキット】Livepor 80 VTC (Yosta/ヨースタ)レビュー 【スターターキット】Livepor 80 VTC (Yosta/ヨースタ)レビュー 【スターターキット】Livepor 80 VTC (Yosta/ヨースタ)レビュー 【スターターキット】Livepor 80 VTC (Yosta/ヨースタ)レビュー

WATTモード(VW)モードについて

【スターターキット】Livepor 80 VTC (Yosta/ヨースタ)レビュー

WATTモードは通常モードで、出力ワッテージを変更可能です。変更方法はサブボタンを操作します。設定範囲は1-80Wまでです。

温度管理モードについて

温度管理モードは
・NI(ニッケル)
・TI(チタン)
・ステンレス(ステンレス)
のモードがプリセットされています。

【スターターキット】Livepor 80 VTC (Yosta/ヨースタ)レビュー 【スターターキット】Livepor 80 VTC (Yosta/ヨースタ)レビュー 【スターターキット】Livepor 80 VTC (Yosta/ヨースタ)レビュー

また、温度管理モードでのワッテージ変更も可能です。変更するには
→各温度管理モード時にパフボタン2クリックします。
→Wの表示が点滅します。
→サブボタンを操作してワッテージを調整します。
→パフボタンで決定します。

なお、各モードのTCR値は変更することが出来ます。デフォルトの値は以下の通り。

【スターターキット】Livepor 80 VTC (Yosta/ヨースタ)レビュー 【スターターキット】Livepor 80 VTC (Yosta/ヨースタ)レビュー 【スターターキット】Livepor 80 VTC (Yosta/ヨースタ)レビュー

上記のTCR値を呼び出すには
→各温度管理モード時に、パフボタンとサブボタン(プラス)を同時押しします。
→同時押しすると上記画面が表示されるので、サブボタン(+,-)を操作して、TCR値を変更します。
→設定を反映させるには、パフボタンとサブボタン(プラス)を同時押しします。

MECHモートについて

【スターターキット】Livepor 80 VTC (Yosta/ヨースタ)レビュー

多くのテクニカルMODに採用されているByassモードと同様の疑似メカニカルMODモードです。バッテリーのボルテージをそのまま出力します。

サブボタンのロック

【スターターキット】Livepor 80 VTC (Yosta/ヨースタ)レビュー

サブボタンの操作を無効にするには、電源onの状態で
→サブボタン2つ(+,-)を同時押しで設定可能です。

解除も同様の操作です。

画面設定

【スターターキット】Livepor 80 VTC (Yosta/ヨースタ)レビュー

ステルスモード(画面表示をoff)にするには
→パフボタンとサブボタン(マイナス)を同時押しで設定可能です。

解除も同様の操作をします。

画面の反転

【スターターキット】Livepor 80 VTC (Yosta/ヨースタ)レビュー

表示画面を反転させるには
→パフボタンとサブボタン(マイナス)を同時押しで[SCREEN OFF/ON]メニューを呼び出します。
→次にサブボタンを操作して上記写真の画面を表示させます。
→パフボタンをクリックして画面表示を反転させます。

いつもレビューって評価でしょ?なら使い方とか書く必要ある?と葛藤しながら書いていますが、なんか書かないとダメな感じがして書いてしまうんですよねー。説明書大体英語だし、一応大雑把には読むけれど、全部撮影して書いたところで、別機能発見することも珍しくないんですよね。執筆段階でメーカーホームページとか見て、この機能あんじゃん!!と再撮影する、ミタイナ。

こういうのは是非メーカーさん、ショップさんにお任せしたいところです、とグチをこぼしてみます… いいよね!たまにはこんなブログでも!ブログって日記だし!(自己正当化)

Yosta Livepor 80 VTC Kitのまとめ

正直最初知らないメーカーだし、作りは荒いし、ダメプロダクツだろ!と思いましたが使ってみるとそんなに悪くはないです。

まずアトマイザーですが、ドローはタイトからかなり軽いドローまで対応。僕は1/4ほど開けてカンタルコイルでDL運用してみましたが、結構美味しいです。ただし、コイルの入手性的にあまり優れているとはいえないので、そこは機になる点です。
あと、ベースになっているパーツが非分解なこと。洗浄や乾燥が面倒です。このような構造にするならiSub APEX miniのようにトップボトムエアフローにしてほしかったですね。ただし、5日間ほどの使用で過剰供給などによる漏れは皆無でした。
コイルの作りなどから言ってもiSub APEX mini参考にしてるな、という印象は受けますが、既にGiveawayしてしまっているため、コイル互換性は確認できませんでした。

【スターターキット】Livepor 80 VTC (Yosta/ヨースタ)レビュー

そしてMODですが、機能的にはプレヒート・カーブモードなどは搭載されていないものの、温度管理モードも搭載されており、一通りの機能は問題なく使える印象。ただし、160 BOX MODと同様にTCR値の取り扱いはイマイチわかりません。この辺統一してほしいですね。
重量は若干重めなものの、細く握りやすい本体はそれなりに使いやすい印象です。

【スターターキット】Livepor 80 VTC (Yosta/ヨースタ)レビュー

ただし!文中に何度も書きましたが、塗装のクオリティが低い!今時トミカだってもっとハイクオリティでしょ。どこのメーカーはわからないレベルの車のおもちゃクオリティと思ってもらえれば分かりやすい(?)と思います。

本体の大きさ、クオリティ、機能的にもEleaf ASTERに完敗なので、大きさで選ぶ人はそちらを選択すれば良いと思います。

中々に勧めづらいスターターキッドですが、味はおいしいし、塗装クオリティに目をつぶれば普通に使える製品ですので、これじゃないと!というマイノリティーな方はチェックしてみると良いでしょう。

ごめんね、こんな書き方で… だってすぐ塗装剥げてきそうなんだもん!

ブログ村ランキング



↓ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします!!

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
スポンサーリンク


スポンサーリンク