WISMEC

【WISMEC LUXOTIC NCレビュー】直列並列切り替え可能なBOX MODスターター!

この記事は 約7分で読めます。

WISMEC LUXOTIC NCレビュー

WISMEC(ウィスメック)のVAPEスターターキット、LUXOTIC NC Kitのレビューです。

メカニカルのようなシンプルな操作系と、レジン樹脂による鮮やかな見た目のLUXOTIC NCを主軸にした爆煙スターターキットです。

このスターターキットの特徴

  • 20700デュアルバッテリー!シリアルorパラレル切り替え可能な可変ボルテージのLUXOTIC NC
  • 爆煙デュアルドリッパー Guillotine V2をセット!

詳細をレビューします!

商品提供:VapeSourcing

 

 

スポンサーリンク
べプログショップ

WISMEC LUXOTIC NC の詳細

WISMEC LUXOTIC NCレビュー

LUXOTIC NCはLUXOTICシリーズの製品。

アレですね。メカみたいなルックスだけど、実はテク。簡単に言えばそんな製品です。

WISMEC LUXOTIC NCレビュー

WISMECド定番のJayBoさんデザイン。JayBoさん、あんまり知らないけど、とりあえずWISMEC製品の多くをデザインしていて、色々な製品にエングレービング入ってます。

サイズはご覧の通りで、デュアルバッテリー(18650/20700に対応)。

こんなルックスで、液晶パネルも排除されているんですが、ダイヤル式可変ワッテージ搭載です。

保護機能(・ショートサーキット保護・低電圧保護・温度保護・アトマイザー保護 )も搭載。

変わっているのが、パラレルモードとシリアルモードの切り替えスイッチ。上部についていて、スイッチ不一つで並列と直列を切り替えられるっていうのが最大の特徴ですね。

あとはルックスですね!言わずもがなですが、レジンと金属を使った見た目が気にいるか?気に入らないかがこの製品をセレクトする最大のポイントでしょう。

WISMEC LUXOTIC NCレビュー

もちろん、アトマとMODはセパレートします。単体でも売っているっぽいですね。

 

パッケージの開封

概要をささっと見たところでパッケージです。

WISMEC LUXOTIC NCレビュー

プラのやつですね。中身丸見えでわかりやすい!背面には簡単なインフォメーション(同梱品内容)

定番のスクラッチ式セキュリティーコードは製品の底部分についてました。

WISMEC LUXOTIC NCレビュー

開封します。こんな感じで、セキュリティーコードステッカーを切るか、剥がすかして開封します。

WISMEC LUXOTIC NCレビュー

内容品一覧

  • WISMEC LUXOTIC NC テクニカルMOD(バッテリーセルなし)
  • WISMEC GUILLOTINE V2 RDA アトマイザー
  • マニュアル(英語)
  • アトマイザー用パーツ(エクストラドリップチップ、ノーマルピン、イモネジ 、Oリング、六角レンチ)

WISMEC LUXOTIC NCレビュー

18650バッテリーアダプターはMOD本体内に収納されていました。

WISMEC LUXOTIC NCレビュー

説明書は英語のみですね、日本語の記載はありませんでした。

 

Guillotine V2 アトマイザーの詳細

それではまずはアトマイザーからです。付属のアトマイザーはGuillotine V2「ギロチン バージョン2」です。

WISMEC LUXOTIC NCレビュー

実はこのアトマイザー、既にレビューが完了しているスターターキット「LUXOTIC MF BOX」に付属のものと模様以外は全く同じものになります。

【WISMEC LUXOTIC MF BOXレビュー】基板付替可能なスコンク対応スターター!
WISMEC(ウィスメック)のVAPEスターターキット、LUXOTIC MF BOXのレビューです。 WISMECの基板付け替え可能スターターキット。ユーザーの好みに応じて様々な使い方ができるBOX MODをメインにしたもので...

いや、ごめんなさい。最初に付属したのはこちらのキットが先だったんですが、先に後発製品をレビューしてしまったので話が前後してしまいました。

既に詳細レビュー済みですので、本項目では違いなどにフォーカスして要点をお伝えしていきます。

 

デッキデザインは全く同じです。同じ名前のアトマイザーですから当然。

WISMEC LUXOTIC NCレビュー

デュアルコイルビルドに特化した爆煙DL専用アトマイザーです。

WISMEC LUXOTIC NCレビュー

違いは外見のみで、本キットに付属のバージョンは表面に模様がなく、その代わりに『JayBo』のエンブレムが刻印されているバージョンです。

WISMEC LUXOTIC NCレビュー

基本的な付属品はスラントリングなども共通ですが、ドリップチップの素材がレジンになっているなどの部分にのみ相違点があります。

 

スペック

直径24mm
高さ23.6mm(ドリップチップ、スレッド含まず)
重量29.8 g(実測)
ネジタイプ510
ドリップチップ810DT
コイルRBA デュアルコイル
エアフローボトムエアフロー / サイドエアフロー
素材ステンレス
BF対応◎ BFピン付属

 

 

LUXOTIC NC テクニカルMODの詳細

ではメインであるテクニカルMODを見ていきましょう。

WISMEC LUXOTIC NCレビュー

メカニカルMODのようにシンプルなルックスが魅力のレギュレーテッドがこの「LUXOTIC NC」です。

しかしよく見てみると、前面に調整ダイヤルを備えていることからも分かる通り、「可変ボルテージ」機能を搭載するテクニカルMODであることがわかります。当然保護機能(・ショートサーキット保護・低電圧保護・温度保護・アトマイザー保護 )も搭載しています。

WISMEC LUXOTIC NCレビュー

レジン樹脂の透明感と、光沢感。光に当てるとラメのようなキラキラと輝く質感が魅力のボディー素材。そこにマットな質感のブラシ仕上げの金属を合わせたクラシカルな外観が魅力です。

 

スペック

サイズH 96.2× W54.5× D26.6mm
重量175.6g(実測)
ボルテージ範囲1 – 8V(アナログダイヤル調整)
抵抗値非公開
モードVV
スレッド510 (スプリングコンタクト)
充電ポートなし
バッテリー20700/18650シングルバッテリー(別売り)
保護機能・ショートサーキット保護
・低電圧保護
・温度保護
・アトマイザー保護
公式サイトhttp://www.wismec.com/product/luxotic-nc/

 

アトマイザー搭載部

アトマイザー搭載部から見ていきます。

WISMEC LUXOTIC NCレビュー

MOD上部に設けられています。510スレッドですね。

WISMEC LUXOTIC NCレビュー

スプリングコンタクト仕様。コンタクトピンには金メッキ加工済み。

MOの厚みが26.6mmなので、このサイズまでのアトマイザーをオーバーハングせずに搭載可能です。

ただ、スレッドの周り、アトマイザーの底部分が当たるところがレジン樹脂むき出しなので、アトマを取り付けると絶対に傷は避けられません、特に大きなサイズのアトマでついてしまったサークル傷が残る状態で、それより小径アトマをつけた時には傷が丸見えになってしまうので、傷がきになる人はアトマイザーの底にヒートインシュレーター(薄い樹脂のリングパーツ)をつけると良いでしょう。

 

ボタン

アトマイザー取り付け部のすぐそばにはバッテリー接続の「直列と並列」を切り替えるスイッチがついています。

WISMEC LUXOTIC NCレビュー

  • Series Mode(直列) スイッチを右に操作(LEDカラーは赤)1-8V
  • Parallel Mode(並列) スイッチを左に操作(LEDカラーは白)1.3-5.3V

そして前面にはパフボタンとダイヤルを装備。ダイヤル操作で出力ボルテージを変更可能。

WISMEC LUXOTIC NCレビュー

スイッチオン/オフは一般的なテクニカルMODと同様で5クリックです。ダイヤル操作で出力を1~8Vに変更可能です。

 

バッテリー収納部

バッテリーの収納部には本体底部分からアクセスします。

WISMEC LUXOTIC NCレビュー

ベントホールが空いたバッテリーカバーは完全に本体から外れるタイプ。スライドして外し、バッテリーを収納します。

WISMEC LUXOTIC NCレビュー

バッテリーカバー内部には収納方向の記載があるので間違えないように収納します。

WISMEC LUXOTIC NCレビュー

本体内部にも収納方向の記載あり。本体のバッテリーが触れる部分は樹脂パーツで覆われていて、バッテリーのシュリンク破れによる短絡が起きないように配慮されています。

このMODには、バッテリー充電機能がついていないので、充電の都度バッテリーの出し入れが必要になります。その際にはシュリンクの状態を都度確認することをお勧めします。事故防止のためです。

 

一応ですがデュアルバッテリーMODの注意点を。

バッテリーは同ロット、同銘柄の新品バッテリーを用いましょう!

バッテリーの銘柄が異なると性能が違います。そして、使用を繰り返したバッテリーは内部抵抗が増大しており、異なる銘柄、使用頻度のバッテリーを使用すると、どちらかに負担がかかってしまうため大変危険です。

バッテリーは必ず揃えましょう。20700と18650混在っていうのはもってのほかです。

 

分解

なんとなく分解してみたくなったので少しだけバラしてみました。

WISMEC LUXOTIC NCレビュー

上部パネルは4本のネジで止まっています。トルクスですね。

WISMEC LUXOTIC NCレビュー

下部パネルも4本ネジで止まっていますが、こちらはプラスネジ。ご覧のように制御基盤が見えます。当然ですがテクニカルMODです。なんのためにバラしたのかわからない感じになってしまいましたが、ある程度までは簡単に分解することができます。

 

WISMEC LUXOTIC NCの使い方

WISMEC LUXOTIC NCレビュー

使い方です。シンプルな操作系統です。

  • 電源ON/OFF : パフボタン5クリック
  • 出力を調整する: パフボタン下のアナログダイヤルで調整可能(シリーズモード1~8v)

VVのみの運用。それ以外には上部スイッチでシリアルとパラレルを切り替え可能です。

  • Series Mode(直列) スイッチを右に操作(LEDカラーは赤)

WISMEC LUXOTIC NCレビュー

  • Parallel Mode(並列) スイッチを左に操作(LEDカラーは白)

WISMEC LUXOTIC NCレビュー

 

WISMEC LUXOTIC NCを使った感想

WISMEC LUXOTIC NCレビュー

僕個人としては割と細かい性格なので、正確に何ボルトかかっているかわからないとキモチ悪いんですよ。ダイヤルだと目安がないので、おいしく吸えてても自信が持てないという不安さを感じてしまうのはこの製品のせいではなく僕の性格の問題です。

そして、シリアルとパラレルを切り替えられるのも個人的には全く必要性を感じないのです。ここに必要性を感じる人ももちろんいると思いますが、僕はパラレルのみで十分だと思っています。

あと、20700デュアルは単純にボディーサイズがでかい!

ただ、ダイヤル操作による出力変更は簡単で直感的なので、この操作が気にいる人も必ずいると思いますね。

見た目は悪くないです。写真に近い質感で、チープに見えません。当然値段が値段なので、端々に雑さは残っているんですが、遠目に見ると本当にたかそうに見える。

特にデスクなどに置いておくと、大理石のライター的な見た目で「悪くないな〜!」と思います。見栄えするんですよ。

デジデジしてないのが好きな人もいるのでそういう趣向の人向きに製品ですね!

 

WISMEC LUXOTIC NCのまとめ

WISMEC LUXOTIC NCレビュー

ルックスありきな商品だと思うので、見た目が気にいるかが最も重要な判断材料だと思います。

爆煙好きな人の趣向に寄り添った製品ではあると思うのですが、シンプルなボタン配置と、インパクトのあるルックスが気に入ればありなのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で