UWELL Zumwalt レビュー|カリバーンの味わいはそのままに、重厚な素材感とデザインを一新!

UWELL Zumwalt レビュー

UWELL(ユーウェル)のVAPEスターターキット、Zumwalt「ズムウォルト」のレビューです。

大ヒットデバイスの優れた味わいをそのままに、デザインを一新!
個性的でラグジュアリーなルックスを手に入れました。

UWELL Zumwaltの特徴

  • オートパフ機構でスイッチ操作なしに簡単に使えるデバイス
  • コイル内蔵型POD
  • Pro-FOCS テクノロジーのコイル(1.2Ω)

詳細をレビューします。

商品提供:ベプログshop

スポンサーリンク
べプログショップ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

UWELL Zumwaltとは?

UWELL Zumwalt レビュー

UWELLのPODデバイス、Zumwalt「ズムウォルト」です。

2019年から勢いづいているUWELLから、またまたPODデバイスがリリースされました。

UWELL Zumwalt レビュー

UWELLのPODスターターキットと言えば、爆発的大ヒットを記録したデバイスです。

そのPODと何が違うの?という疑問が浮かびますが、実はほとんど同じような仕様になっているんです。

つまりは「デザイン違いの製品」だということになるんですが、何故バリエーションが発売されることになったのか?

Zumwaltの仕様がカリバーンそっくり?

出典:UWELL

デザインが一新された、UWELLが得意とするPODデバイスです。

Zumwalt(ズムウォルト)の仕様を見てみると、

  • オートパフ機構でスイッチ操作なしに簡単に使えるデバイス
  • コイル内蔵型POD
  • Pro-FOCS テクノロジーのコイル(1.2Ω)

ガイドラインがかなり酷似しています。

Zumwaltをカリバーンとスペック比較

UWELL Zumwalt レビュー

では、リキッドやバッテリー容量などのスペックはどうか?

Zumwalt(ズムウォルト)Caliburn(カリバーン)
サイズH 105.4 × W30× D14.8mmH 110 × W21.2× D11.6mm
重量75g30g
バッテリー容量520mAh520mAH
リキッド容量1.6ml2ml
コイル1.2Ω1.4Ω(KOKOは1.2Ω)
エアフローボトムエアフロー(調整不可)ボトムエアフロー(調整不可)
リキッドチャージPODトップフィルPODトップフィル

ルックスに違いがあってデザインコンセプトも違うために、亜鉛合金を使っているZumwaltはかなり重たいものの、使っているコイルの抵抗値や各種の仕様がかなり酷似しています。

スペックだけを見てしまうと「重いのに容量はむしろダウン」しているので、メリットが全く感じられません。

なぜこのような似たデバイスが発売されたのか?

ZumwaltはFDA対策商品なのでは?

UWELL Zumwalt レビュー

実はUWELL Caliburnなどの人気製品は、アメリカFDA(アメリカ食品医薬品局)から削除要求を受けてしまいました。

大ヒット商品が巨大なVAPE市場で販売できなくなったということです。

つまり、何が言いたいのかというと、大きく仕様が違わない製品をなぜ出したのか?
という疑問に立ち戻ると、『削除要求を受けた製品の代替品なのでは?』という予想です。

実際のところはわかりませんが、この製品にはアメリカ市場向けと思われる注意書きが同梱されています。(カリバーンやクラウンなどにも入っています)

『規制なんて関係ないぜ!それ以上に新製品を次々出してやるぜ!』

なんて考えているのかもしれません。

しかし、事実がどうであれ、人気製品のデザイン違いが発売されるのはVAPEユーザーにとってデメリットは全くありませんので大歓迎です。

Zumwaltの名前の由来は?

出典:UWELL

UWELL公式サイトのイメージには、何故か戦闘機や戦艦が書かれています。

それが、Zumwalt「ズムウォルト」の名前に関係しているようです。

Zumwalt-class destroyer(ズムウォルト級ミサイル駆逐艦)に由来しているようですね。

カラーバリエーション

出典:UWELL

全4色。フレーム部分はブラックで統一され、パネル部分のみが異なります。

スペック

出典:UWELL

サイズH 105.4 × W30× D14.8mm
重量75g
リキッド容量1.6ml
リキッドチャージPODトップフィル
エアフローボトムエアフロー(調整不可)
コイルPOD内蔵型(1.2Ω)
充電ポートmicroUSB(5V1A)
バッテリー520mAh
保護機能
  • 短絡(ショート)保護
  • 自動カットオフ(10秒)

パッケージ・内容品

UWELL Zumwalt レビュー

内容品一覧

  • UWELL Zumwalt バッテリー本体
  • UWELL Zumwalt 1.2Ω
  • microUSB充電用ケーブル
  • ユーザーマニュアル(英語)・注意書き

UWELL Zumwalt の詳細

UWELL Zumwalt レビュー

ユニークなフォルム、なんの形と言えば良いんでしょうか。

変わった形状で個性的なんですが、縦に自立しないので使い勝手はイマイチかも?

UWELL Zumwalt レビュー

この形、あのデバイスを思い出します。

デザインテイストは違いますが、形状が酷似しています。

UWELL Zumwalt レビュー

パネルデザイン部分は、光沢のある素材感。
ラメっぽいやつは、見る角度によって色合いが変化します。

このカラーは『Purple(紫)』ですが、角度によっては茶色っぽく見えます。

ラグジュアリーなテイストです。

 バッテリー

バッテリースペック
  • 容量:520mAh
  • 出力モード:Bypass
  • パフ操作:オートパフ
  • 充電ポート:microUSB(5V)
  • 保護機能:
    • 短絡(ショート)保護
    • 自動カットオフ(10秒)

UWELL Zumwalt レビュー

オートパフ(自動スイッチ)機構で動作するため、本体にボタン類は一切ありません。

本体下部には、バッテリー状態を表示するLEDインジケーターを備えています。

UWELL Zumwalt レビュー

100-60%  60-30%  30%未満

LEDの色によって、3段階にバッテリー残量を表示します。

出典:UWELL

ちょっぴり小さめのライトですが、視認性は悪くはありません。

デザインを損なわない仕様だと言えます。

UWELL Zumwalt レビュー

内蔵バッテリー充電用端子は、汎用性を重視したmicroUSB仕様です。

これは、UWELL PODデバイス定番の仕様で、今までに発売された製品に習っています。

POD

PODスペック
  • リキッド容量:1.6ml
  • 素材:PETG
  • マウスピース:トップキャップ一体型
  • リキッドチャージ:トップフィル(キャップ)
  • エアフロー:ボトムエアフロー(調整不可)
  • コイル:POD内蔵型(1.2Ω)

UWELL Zumwalt レビュー

ZumwaltのPODカートリッジは1種類のみのバリエーションです。

  • 1.2Ω MTL Pro-FOCKS FeCrAl(バーチカル・ワイヤー)

ちなみに、キットには予備は付属しませんので、同時に購入するのが良いでしょう。

PODの固定はマグネット式、ではなく爪ロック式です。

UWELL Zumwalt レビュー

コイルについては「Pro-FOCKS」テクノロジーが使われています。

コイルの素材がカリバーンなどと同様ですので、同じく優れた味わいを実現しています。

加熱温度を適切に制御し、材料の品質を厳密に管理し、Eジュースの風味を完全に回復させることにより、ベイパーに究極のVAPING体験を提供します。

UWELLより抜粋

要はこのネーミングが使われる以前の「FeCrAl素材ワイヤー」を使ったものを指すようですね、UWELLのPODコイルに使われているものは多くがこのテクノロジーによるものです。

UWELL Zumwalt レビュー

リキッド容量は1.6MLと少ないのですが、高抵抗コイルなのでリキッド消費は多くないので実用範囲内と言えるでしょう。残量は両側面の窓から確認できます。

出典:UWELL

リキッドチャージ時はマウスピース一体型キャップを外すだけです。

このキャップは、PODごと着脱する必要はなく、単体で外すことができる優れものです。
マウスピースを倒すようにすると、キャップだけ簡単に外れます。

UWELL Zumwalt レビュー

キャップの裏には、リキッドチャージホールを塞ぐゴムキャップ付き。

ゴム栓をする必要がなく、手間いらずで簡単に使えます。

キャップ裏・POD上部が左右非対称なので、取り付ける向きに決まりがあります。

逆付けすると、最後までカチッとはまりませんし、そのまま使ってしまうとリキッド漏れの原因となります。

UWELL Zumwalt レビュー

マウスピースはトップキャップ一体、咥えやすいスタンダードな形状です。

UWELL Zumwalt レビュー

POD側には3つの穴があります

UWELL Zumwalt レビュー

エアホールはボトムに1つと

UWELL Zumwalt レビュー

側面にもあります。

UWELL Zumwalt レビュー

これは、オートスイッチ用とコイル冷却用で、別経路からエアーを取り込むためです。

エアフロー経路と圧力センサーが分離設計となっていて、これによってセンサーやバッテリーなどを液漏れによる破損から防ぐ機構です。

ボトムに結露が発生しにくい、ということですね。リキッドが漏れた時は、ボトムにもリキッドが回ると思いますが、ボトム直穴式よりも故障しにくい構造です。

この機構はUWELL独自のものではなく、他メーカーのPODにも採用されたこともあります。故障しにくいだけでなく、実際使ってみるとオートスイッチの正確性がよりアガているように感じました。

UWELL Zumwalt レビュー

ちなみに、コイル冷却用のエアホールは、デバイス側面に設けられています。

エアホールは両側に開いているので、PODの取り付け方向に決まりはなく、逆につけることもできます。両側から取り込む、のではなく、基本片側でPODをどちら向きにもつけられる仕様ですね。

ちなみにこのエアホールをテープなどで塞ぐことで、ドローをよりタイトにさせることができます。しかも、圧力センサーの経路は塞ぎませんから、オートスイッチに影響を及ぼしません。

UWELL Zumwalt レビュー

圧力センサー側には、シリコンパッキン付きで、トップからも液体の侵入を防いでいます。

UWELL Zumwaltの使い方・操作方法

UWELL Zumwalt レビュー

  • Vaping マウスピースを咥えて吸い込む(オート)

オートスイッチ機構のデバイスなので、電源操作やパフ操作は一切いりません。

UWELL Zumwaltを吸った感想

味はシリーズ共通の美味しさです。

カリバーンと同じぐらい、というよりも1.2Ω PODと全く同じなのではないでしょうか。
使われているコイルも全く同じっぽいですから、当然です。

ただ、カリバーンよりもドローはタイトになっています。

工夫(テープでエアホールを塞ぐ)しないと、ドローが軽すぎたカリバーンよりも、吊るしの状態でMTLがしっくりくるドローですね。

でも、既にドロー調整ができる上位互換のデバイス CROWN PODが発売済みですので、スペックだけ考えれば積極的にZumwaltを選ぶ意味はないのかな、と思ってしまいます。

個人的には重さが2.5倍なのにバッテリー容量が同じでリキッド容量が減少しているので「むしろスペックダウンでしょう」と感じてしまいましたが、このデザインが気に入れば美味しさは全く同じですので良いのではないでしょうか。

まとめ

UWELL Zumwalt レビュー

大ヒットデバイスのバリエーション!重厚なボディーとデザイン!

味に定評があるPODデバイスのバリエーション商品です。
マテリアルとデザインを一新し、異なる価値観を生み出した製品です。

味に定評があるPOD、今までの無骨なフォルムには惹かれなかったけど、これならアリ!というユーザーにはぴったりな製品です。

コメント

年齢認証

あなたは20歳以上ですか?