スポンサーリンク
ブラックフライデーSALE

Uwell Caliburn G レビュー|大ヒットPODが正統進化!カリバーンの後継機!コイル交換可能!

Uwell Caliburn G(ユーウェル カリバーン・ジー)レビュー

UWELL(ユーウェル)、Caliburn G「カリバーン・ジー」のレビューです。

味わいがより進化した優れた大ヒットPODデバイスの正統後継機種!
プリメイドコイル交換式になって、低抵抗メッシュコイルになりました。

しかも!ドロー調整もできるように!

Uwell Caliburn Gの特徴

  • 着実に進化を遂げたカリバーンの正統後継モデル!
  • コスパに優れたプリメイドコイル・メッシュコイルに進化
  • 2種類のドロー調整でMTL・DLに対応

詳細をレビューしていきます。

商品提供:ベプログshop

スポンサーリンク
べプログショップ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Uwell Caliburn Gとは?

Uwell Caliburn G(ユーウェル カリバーン・ジー)レビュー

UWELLのPODデバイス、Caliburn G「カリバーン・ジー」です。

昨年2019年に爆発的ヒット製品となったカリバーンの正統後継機となるのが本製品です。

UWELLはカリバーン以前にも、チューブタイプテクニカルMODなどで、デザイン・製品クオリティーに定評のあるメーカーでしたが、カリバーンをきっかけに大ブレイク!

以降様々なバリエーションのPODデバイスに力を入れ、美味しいPODと言えばUWELLというぐらい認知されていったブランドです。

そのUWELLが、いよいよカリバーンの後継機をリリースしました。

着実に進化を遂げたカリバーンの正統後継モデル!

出典:UWELL

カリバーンの後継機種である「Caliburn G」は、初代と比べてスペックが大幅に進化。

サイズはほぼそのまま!バッテリ容量アップ!美味しさもアップ!

サイズは若干異なりますがほぼ一緒です。(初代:H 110 × W21.2× D11.6mm)

それなのに、バッテリー容量は1.3倍にアップ!

また、コイルもスペックアップして味わいもアップしています。

コスパに優れたプリメイドコイル・メッシュコイルに進化

出典:UWELL

コイルがプリメイドコイル交換式になって、ランニングコストに優れた仕様になりました。

今では当たり前となったPODだけどコイル交換可能になった、というわけです。

また、中身のコイル自体も低抵抗・メッシュコイルへと進化しました。

0.8Ωメッシュコイルへと進化
より多くのミストを発生する、味わいに優れたコイルです。

2種類のドロー調整でMTL・DLに対応

出典:UWELL

進化したのはバッテリーやコイルだけではありません。使い勝手も着実に進化しました。

カートリッジを入れる方向を変えることで2種類のドローの重さを実現しました。

ドロー調整ができなかった初代カリバーン、Caliburn GではMTL・DLに対応しました。

カラーバリエーション

出典:UWELL

6種類のカラーバリエーションが用意されています。

Uwell Caliburn Gのカラーバリエーション

  • Blue ブルー
  • Grey グレー
  • Gold ゴールド
  • Rosy Brown ロジーブラウン
  • Green グリーン
  • Black ブラック

スペック

出典:UWELL

サイズH 108.3× W22.5× D12.6mm
重量37g(実測)
出力
Bypass
リキッド容量2ml
リキッドチャージPODトップフィル
エアフローボトムエアフロー(調整可・2種類)
コイルプリメイドコイル交換タイプ(メッシュコイル・0.8Ω)
充電ポートUSB-C
バッテリー690mAh
保護機能
  • ショートサーキット保護
  • バッテリー低電圧保護
  • 自動カットオフ(8秒)
  • オープンサーキット保護

パッケージ・内容品

 

Uwell Caliburn G(ユーウェル カリバーン・ジー)レビュー

内容品一覧

  • UWELL Caliburn G バッテリー本体
  • UWELL Caliburn G Podカートリッジ
  • FeCrAl 0.8Ω メッシュコイル ×2
  • USB-C 充電ケーブル
  • ユーザーマニュアル(英語)

カリバーンGの詳細

Uwell Caliburn G(ユーウェル カリバーン・ジー)レビュー

シンプルかつ上品に進化したデザイン。上品で高級感のあるテイストになりました。

Uwell Caliburn G(ユーウェル カリバーン・ジー)レビュー

アルミニウム合金製のボディー。

質感が良く高級感のあるボタン、ディティールにまで手を抜かない優れたクオリティです。
エッジ部分がゴールドメッキになっている凝った加工が施されています。

Uwell Caliburn G(ユーウェル カリバーン・ジー)レビュー

初代カリバーンと同じぐらいの大きさで、スティック状フォルムが携帯性に優れています。

重量はバッテリー容量アップに伴って、若干重たくなりました(30g → 37g)

Uwell Caliburn G(ユーウェル カリバーン・ジー)レビュー

製品クオリティーに定評のあるUWELLらしい仕上がり。ロゴも上品です。

ちなみに『G』は何の略なのか?は公式な記載はありませんが、公式サイトに”SIMPLY GREAT”とはありますので、GREAT「グレート」の略なのかも?

バッテリー

バッテリースペック
  • 容量: 690mAh
  • 出力モード:Bypass
  • パフ操作:マニュアルパフ・オートパフ
  • 充電ポート:USB-C
  • 保護機能:
    • ショートサーキット保護
    • バッテリー低電圧保護
    • 自動カットオフ(8秒)
    • オープンサーキット保護

Uwell Caliburn G(ユーウェル カリバーン・ジー)レビュー

カリバーンGには、物理ボタンが備わっているのも初代カリバーンと同様です。

  • 正面:パフボタン

このボタンで、電源ON/OFFやマニュアルパフの操作が可能。

マニュアルパフだけでなく、吸い込んだだけで自動でミストが発生するオートパフも搭載。

Uwell Caliburn G(ユーウェル カリバーン・ジー)レビュー

LEDインジケーターは本体下部に移設されています。

バッテリー残量表示

100-60%  60-30%  30%未満

VAPINGしているときにも目につく位置になって、バッテリーやパフ状態がひと目で把握できるようになりました。

欲を言えば、可変出力が備わるとなお良いんですけどね。

他社製品だと、このぐらいのサイズのPODデバイスでも可変出力搭載のものも結構あるので、できれば実装して欲しい機能の一つです。

しかし、そんな物なくても美味しいんだから文句ないでしょ?と言われそうですが。

Uwell Caliburn G(ユーウェル カリバーン・ジー)レビュー

充電端子がUSB-Cになって、使い勝手も改善しました。

充電スペック

  • バッテリー容量:690mAh
  • チャージポート:USB-C

POD

PODスペック
  • リキッド容量:2.0ml
  • 素材:PCTG
  • マウスピース:POD一体型
  • リキッドチャージ:トップフィル(マウスピースキャップ式)
  • エアフロー:ボトムエアフロー(調整可・2段回)
  • コイル:プリメイドコイル交換式

Uwell Caliburn G(ユーウェル カリバーン・ジー)レビュー

PODカートリッジは初代カリバーンとは互換性はありません。

PODにリキッドを入れて、スペアとして持ち歩きたい場合はPODカートリッジは複数個あると非常に便利なので、予備のPODを購入すると良いでしょう。

素材は初代同様、PCTG樹脂製です。リキッド容量も同じく2ml。

Uwell Caliburn G(ユーウェル カリバーン・ジー)レビュー

マウスピースはPODトップキャップ一体型、咥えやすい形状です。

Uwell Caliburn G(ユーウェル カリバーン・ジー)レビュー

リキッド残量は側面窓で確認できます。初代同様ですが、若干見やすくなっています。

Uwell Caliburn G(ユーウェル カリバーン・ジー)レビュー

カリバーンGには、ドロー調整機能が備わっています。

カリバーンGのエアフロー調整:PODを入れる向きによってドロー調整可能
  • エアホールを遠くする:MTL向け(若干軽め・超タイトではない)
  • エアホールを近くする:DL向け(若干重め)

PODカートリッジの装着方法で、2種類のドロー(MTL/DL)に変更可能です。

個人的な感覚ですが、2種類のドロー調整では倍ぐらい吸い込みの抵抗感が異なります。

個人的にはもっと重くても良いのですが、コイルが低抵抗メッシュコイルになっているので、タイトすぎると焦げてしまったり、寿命が短くなってしまいそうです。

Uwell Caliburn G(ユーウェル カリバーン・ジー)レビュー

接続部の形状によって、空気穴の繋がる大きさが結果的に変わります。

ちなみに、バッテリー端子部分にシーリングが強化されていて、万が一漏れたときにも多少は内部に侵入しないように配慮されているようです。

Uwell Caliburn G(ユーウェル カリバーン・ジー)レビュー

リキッドチャージはトップフィル、これも初代と同じくマウスピース部分を外します。

赤いパッキンがある方がリキッドチャージホールで、何もない方が空気抜き穴です。
パッキンがある方の穴の方が、ユニコーンボトルなどの先端を挿入する分大きめです。

Uwell Caliburn G(ユーウェル カリバーン・ジー)レビュー

マウスピースの裏側にもゴムパッキンがあって、リキッドが漏れないようになっています。

プリメイドコイル

Uwell Caliburn G(ユーウェル カリバーン・ジー)レビュー

小さなサイズのPODカートリッジですが、プリメイドコイル交換式です。
交換は差込式なので、引き抜くだけで簡単に外すことができます。

Uwell Caliburn G(ユーウェル カリバーン・ジー)レビュー

コイルはカリバーンG専用規格です。

プリメイドコイルの種類

  • FeCrAl 0.8Ω CoilUN2 メッシュコイル

かなり小さなサイズですが、肝心の中身の素材には初代カリバーンやUWELLのPODデバイスと同じ『FeCrAl』が使われています。

ワイヤーコイルではなく、メッシュコイルです。

もちろん、消耗品ですので単体で購入可能。

POD使い捨てタイプよりも、ランニングコストに優れています。

Uwell Caliburn G(ユーウェル カリバーン・ジー)レビュー

この専用コイルは、UWELLの技術が詰まっています。

  • トップ逆テーパーデザイン  チムニー部分が逆テーパーデザインに

コイルの素材だけでなく、コイルデザインにも拘った製品です。

Uwell Caliburn G(ユーウェル カリバーン・ジー)レビュー

また、コイル底側面にあるエアホールは、デバイス側面から取り込まれた空気が一旦POD内部を通るようにデザインされています。

これによってコイル部分で漏れが発生しても、PODカートリッジ内部から漏れ出さないように配慮されています。

リキッド漏れに強い構造に改良

初代では漏れの報告も多かったカリバーン。

個人的にもヘビーユーズしていた初代カリバーン、漏れたことがなかったので『漏れに強い』との感想だったのですが、爆発的ヒットしたためなのか、複数の工場で作られていたようで、物によってはダダ漏れしたようです。

そのほかにも、使うリキッドや環境次第という部分もあったかもしれません。

ボトムエアフローである以上、完全に漏れを防ぐことが構造上できませんが、構造的に改良されているようです。

カリバーン・ジーの使い方・操作方法

Uwell Caliburn G(ユーウェル カリバーン・ジー)レビュー

操作は初代カリバーン同様、ボタンによる電源操作とマニュアル・オートパフに対応。

  • 電源ON/OFF… パフボタンを5回連続で押す(5クリック)
  • パフ操作
    • マウスピースを咥えてスイッチを押しながら吸い込む(マニュアル)
    • マウスピースを咥えて吸い込む(オート)

感想とまとめ

Uwell Caliburn G(ユーウェル カリバーン・ジー)レビュー

味わいが着実に進化!ドロー調整も心地よい正統進化バージョン!

カリバーンの登場以降、UWELLはPODデバイスに注力していて、様々なバリエーションが本当に豊富にラインナップを拡充していますが、これが本当の後継機種です。

ユーザーから要望の多かった『味わい・ランニングコスト・ドロー』という3点に照準を絞って、それを製品に反映させた優れた機種です。

低抵抗なのにミスト量が楽しめる初代の優れた味わいはそのままに、よりミスト量が多くなって味わいもさらにアップ!初代と同じく濃い味・はっきりした味が好きなら買い!

プリメイドコイル交換式はメリット(コスト)・デメリット(手間・味変など)がありますが、同じリキッドを続けて運用するならメリットが高いです。

もし、運用が合わなければ、複数PODを購入すれば良いだけです。

さらに、初代ではテープでエアホールを塞いだりと工夫していた部分も改善されました。

今までカリバーンを敬遠していた人、初代がそろそろ寿命という人のリプレイスニーズにもマッチしますし、これからVAPEを始めたいという人にももちろん良いでしょう。

万人に進められる優れたPODデバイスです。

コメント

年齢認証

あなたは20歳以上ですか?