UWELL Caliburn A2 POD レビュー|大ヒット再び?着実に進化した初心者向けの使い切りPOD!

UWELL Caliburn A2 POD(ユーウェル カリバーンA2)レビュー

UWELL(ユーウェル)のVAPEスターターキット、Caliburn A2「カリバーンA2」のレビューです。

あの世界的な大ヒットデバイスの正当後継機がついに登場!
初代を上回る味わい、そして便利さとコスパを実現した普及機です。

詳細をレビューしていきます。

商品提供:Flavor-Kitchen

スポンサーリンク
スポンサーリンク

UWELL Caliburn A2とは?

UWELL Caliburn A2 POD(ユーウェル カリバーンA2)レビュー

UWELLのシンプルPODデバイス、Caliburn A2「カリバーンA2」です。

コンパクトPODデバイスの革命、カリバーンシリーズの後継機の登場です!

カリバーンが世界的にヒットして以降、UWELLではさまざまなデバイスをリリースしてきましたが、正直どれも「それなり」には売れるものの初代を超えることはできていません。

特に日本では「コイル交換型」があまり受け入れられないという特殊な事情もあります。
PODデバイスは手軽に使えるのが重要だと考えるユーザーが多いためでしょう。

高性能化した「PRO版」がどのメーカーでも日本市場では不発に終わっています。

そのような状況を踏まえてか、原点回帰とも言える正当後継機が登場しました。

UWELL Caliburn A2 PODの特徴

  • 使い方が簡単!携帯性に優れたスティック型ボディーのPODデバイス
  • 味わいに優れたPRO-FOCSテクノロジー
  • リキッド漏れに強い「アンチリーキング」

それでは、UWELL Caliburn A2の概要から見ていきましょう!

使い方が簡単!携帯性に優れたスティック型ボディーのPODデバイス

blank

出典:UWELL

カリバーンが大ヒットした要因、コンパクトPODなのに驚くほどの味わいをもう一度!

ということで、正当後継機であるUWELL Caliburn A2は、スティック形状です。
スペックも初代同様、ラウンドフォルムのエルゴノミック(人間工学)デザイン。

持ちやすさと携帯性にこだわったPODデバイスです。

味わいに優れたPRO-FOCSテクノロジー

blank

出典:UWELL

UWELLといえば美味しさに定評があります。

それは、ユーウェル独自のテクノロジー「PRO-FOCS」に由来するもので、当然カリバーンA2にも実装されています。世界を驚かせた味わいが楽しめます。

リキッド漏れに強い「アンチリーキング」

blank

出典:UWELL

さらに、リキッドを扱うVAPEですから漏れは厄介な問題です。

UWELLのPODデバイスは、エアフローの経路を複雑にすることで、味わいに優れたボトムエアフロー構造でありながら、リキッドリークにも配慮しています。

カラーバリエーション

blank

出典:UWELL

高級感を感じるアルマイト仕上げのボディーは全6色。バイカラーもあります。

UWELL Caliburn A2のカラーバリエーション

  • Black ブラック
  • Gray グレー
  • Green グリーン
  • Blue ブルー
  • Orange オレンジ
  • Iris Purple イリスパープル

スペック

blank

出典:UWELL

サイズH 110.1× W21.3× D11.7mm
重量31g
対応抵抗値0.3Ω – 3.5Ω
出力15W
リキッド容量2ml
リキッドチャージPODトップフィル
エアフローボトムエアフロー(調整不可)
コイルPOD内蔵
充電ポートUSB-C(5V 1A)
バッテリー520mAh
保護機能
  • ショートサーキット保護
  • バッテリー低電圧保護
  • 自動カットオフ(8秒)
  • オープンサーキット保護

パッケージ・内容品

 

UWELL Caliburn A2 POD(ユーウェル カリバーンA2)レビュー

内容品一覧

  • UWELL Caliburn A2 バッテリー本体
  • NUWELL Caliburn A2 PODカートリッジ 2個
  • ユーザーマニュアル(英語)などの書類

価格戦略を考慮して、付属品を簡略化。充電ケーブルが付属しません。

UWELL Caliburn A2の詳細

UWELL Caliburn A2 POD(ユーウェル カリバーンA2)レビュー

使い勝手を優先にデザインされたディティール、正直ルックでは初代の方がスタイリッシュな印象なのですが、さすがはUWELL製品ですから、製品クオリティーに秀でています。

UWELL Caliburn A2 POD(ユーウェル カリバーンA2)レビュー

比較的新しいブランドの中では、特に「製品の品質」に定評のあるブランド。
ディティールにも抜かりがありません。

UWELL Caliburn A2 POD(ユーウェル カリバーンA2)レビュー

アルミニウム合金性のボディーは綺麗にペイントされ、アラはありません。

手にフィットするラウンド形状になったことで、かなり握りやすくなりました。
大きさはほぼ初代と一緒なのですが、一回り小さく感じます。

バッテリー

バッテリースペック
  • 容量:520mAh
  • 出力:15W
  • パフ操作:マニュアルパフ・オートパフ
  • 充電ポート:USB-C(1A)
  • 保護機能:
    • ショートサーキット保護
    • バッテリー低電圧保護
    • 自動カットオフ(8秒)
    • オープンサーキット保護

UWELL Caliburn A2 POD(ユーウェル カリバーンA2)レビュー

Caliburn A2にはボタンが備わっていて、電源のオンオフ操作が可能です。

UWELL Caliburn A2 POD(ユーウェル カリバーンA2)レビュー

ボタンパフ(ボタンを押してミストを発生)だけでなく、オートパフでも使えます。

マニュアルパフ・オートパフ両方に対応しています。

ただし、どちらか一方に設定することはできません。

また、本体下部にLEDインジケーターを備えていて、バッテリー・パフ状態を表示します。

バッテリー残量表示

100-60%  60-30%  30%未満

簡易的な機能ではなく、3段階にバッテリー残量を表示してくれるのでわかりやすいです。

UWELL Caliburn A2 POD(ユーウェル カリバーンA2)レビュー

パフボタンの質感にもこだわっていて、大きく操作しやすいのも好印象です。

UWELL Caliburn A2 POD(ユーウェル カリバーンA2)レビュー

本体底部に内蔵バッテリー充電用のtype C端子を備えています。

充電スペック

  • バッテリー容量:520mAh
  • チャージポート:USB-C
  • 充電電流:1A

充電電流は1Aですが、バッテリー容量が少なめなので約35分で満充電となります。

POD

PODスペック
  • リキッド容量:2ml
  • マウスピース:POD一体型(交換不可)
  • リキッドチャージ:トップフィル(マウスピース一体型キャップ)
  • エアフロー: ボトムエアフロー(調整不可)
  • コイル:POD内蔵

UWELL Caliburn A2 POD(ユーウェル カリバーンA2)レビュー

PODカートリッジはマグネット固定式、磁力で引き合うタイプで脱着が簡単にできます。

UWELL Caliburn A2 POD(ユーウェル カリバーンA2)レビュー

マウスピースは専用品で、汎用タイプに交換することはできません。

UWELL Caliburn A2 POD(ユーウェル カリバーンA2)レビュー

マウスピースがPODのキャップ兼用、これを外すことでリキッドチャージできます。

初代と一緒で、バッテリーにPODをつけたまま着脱できますから、楽ですね!
キャップを外して、ユニコーンボトルの先端を差し込むだけでチャージできます。

赤い方がリキッドチャージホール、逆側の穴は空気抜き穴です。

A2では、本体に新たに『E-リキッドチェックウィンドウ』が空いているので、リキッド残量の確認がかなり簡単になりました。正直見た目は微妙ですが、使い勝手は抜群です。

UWELL Caliburn A2 POD(ユーウェル カリバーンA2)レビュー

PODカートリッジはコイル内蔵タイプ、日本人好みの仕様です。

コイル交換タイプと違って、コイル交換やタンク洗浄の手間が要らないのが最大のメリット。タンクが破損したとしても「使い切りタイプ」なので気を使いません。

使い勝手が命のPODでは、多少のコスパよりも内蔵タイプが人気です。

UWELL Caliburn A2 PODのコイルスペック

  • UN2 Meshed-H 0.9Ωメッシュコイル

内蔵コイルは、 UWELLのお家芸である「ProーFOCS」仕様、世界を驚かせた『FeCrAI(鉄クロムアルミニウム合金)』素材を使ったメッシュコイルが使われています。

UWELL Caliburn A2 POD(ユーウェル カリバーンA2)レビュー

そして、ボトムエアフローでありながらリキッド漏れに強いリークプルーフ構造です。

エアホールがコイル直下からオフセットしていることで、コイル内部で漏れが発生しても、下から流れ出しにくい構造になっているのが最大の特徴です。

事実、使用中に漏れが発生することはなかったので、耐性強めです。

初代や後継機よりもさらに漏れに強い構造になりました!

UWELL Caliburn A2 POD(ユーウェル カリバーンA2)レビュー

ドロー固定式で、ドロー調整することができません。

エアホールはバッテリー側の両サイドにあり、ご覧のようにかなり小さめです。
実感的には「初代より若干の重ため」のドローで、MTL ~RDL向け。

超タイトドロー向けではなく、ほどほどの重さで、加熱式タバコぐらい。

よりタイトドローが好みであれば、片側のエアホールを指やテープなどで塞ぐとちょうど良いです。メッシュコイルですが、PODのタンクを使い切るまで吸い続けても焦げることはなかったです。(ただし自己責任で)

UWELL Caliburn A2の使い方

UWELL Caliburn A2 POD(ユーウェル カリバーンA2)レビュー

  • 電源ON/OFF …パフボタン5クリック
  • パフ操作
    • マウスピースをくわえて吸い込む(オートスイッチ)
    • マウスピースをくわえてパフボタンをスイッチする(マニュアル)

感想とまとめ

UWELL Caliburn A2 POD(ユーウェル カリバーンA2)レビュー

正当後継機は伊達じゃない!着実に進化したPODデバイス!

ライバルメーカー機に対してイニシアチブがあった数年前とは異なって、美味しくて便利なPODが溢れている今、再び大ヒット!!するほどでは正直ないのですが…

しかし、着実に進化していることは間違なし。味わいも、使い勝手も、価格もです。

高性能を求めるユーザーばかりではなく、簡単に使えて美味しい機種を探しているなら。
候補の一つに入ることは間違いありません。

特に「初心者」におすすめしたいデバイスです。

コメント