Snowwolf WOCKET レビュー|ゴージャスなルックス!メッシュプリメイドコイルの爆煙 POD!

Snowwolf WOCKET レビュー

Sigelei(シゲレイ)のVAPEスターターキット、Snowwolf WOCKET「スノーウルフ ウォケット」のレビューです。

似たような製品がたくさんありますが、この製品の個性は『コスパに優れながらもゴージャスなルックス!メッシュコイルで爆煙特化型のPOD』です。

詳細をレビューしていきます。

商品提供:VapeSourcing

 

スポンサーリンク
べプログショップ

Snowwolf WOCKETとは?

 

Snowwolf WOCKET レビュー

Sigelei(シゲレイ)のPODデバイス Snowwolf WOCKET「スノーウルフ ウォケット」です。

ご覧の通り、液晶ディスプレイを搭載したPODということは出力調整ができます。
出力調整タイプもはやスタンダードになりつつありますね。

Snowwolf WOCKETの特徴

  • 5-25Wに出力調整可能
  • 大容量1,150mAhバッテリーを搭載
  • コスパの良いプリメイドコイル交換式、0.7Ωメッシュコイル
  • 0.015秒の素早い立ち上がり
  • 豊富な8つのカラーバリエーション

ルックスのも個性のあるWOCKETですが、性能にも特徴があるので簡単に4項目を見ていきまししょう。

5-25Wに出力調整可能

出典:Sigelei

まずは出力調整機能です。5Wから25Wまで1Wごとに変更可能、モノクロディスプレイでわかりやすく表示可能です。
まるでMODのような機能から、POD MODと呼ばれることもあるジャンルの製品です。

大容量1,150mAhバッテリーを搭載

出典:Sigelei

競合機種に比べて、ちょっぴりバッテリー容量の大きい1,150mAhを搭載しているのがWOCKETの強みです。

Snowwolf WOCKET レビュー

その分ちょっぴり大きめのボディーサイズ。特に横幅が40.5mmと幅広です。

コスパの良いプリメイドコイル交換式、0.7Ωメッシュコイル

出典:Sigelei

PODといえばコイル内蔵型がスタンダードだったのは過去の話、今はプリメイドコイル交換型が主流です。
PODカートリッジごとの交換を必要としないので、コスパ良く運用できるのがメリット。
反面、コイル交換の手間がかかるのがデメリットです。

用意されているのは0.7Ωのメッシュコイル、説明書には「MTLからDLまで」と書かれていますが、現在用意されているのはこれ一種類だけ。

基本的にはDL特化型のスターターキットという位置付けです。

0.015秒の素早い立ち上がり

出典:Sigelei

メッシュコイルに特化したバッテリースペックとして、0.015sの素早い立ち上がりが実現されています。

パフした瞬間「シュシュッ」と立ち上がるので、体感的にもかなり立ち上がりが早いです。

豊富なカラーバリエーション

出典:Sigelei

そして、8パターンにも及ぶ豊富なカラーバリエーションも魅力の一つ。

ゴージャスで高級感のあるパネル素材から、シンプルでカジュアルなものまでが網羅されています。

スペック

サイズH 93.6× W40.5× D15.4mm
重量99g(実測)
出力
VW(5-25W)
抵抗値範囲0.35-3.0ohm
リキッド容量3ml
リキッドチャージPODトップフィル
エアフローボトムエアフロー(調整不可)
コイルプリメイド交換式 X-Grid-Coil
充電ポートmicroUSB(5V1A)
バッテリー1,150mAh
保護機能
  • 抵抗値保護(0.35-3.0ohm)
  • ショートサーキット保護

その他不明(未記載)

パッケージ・内容品

スターターキットであっても、バッテリーとPODが別箱になっているため、それぞれの付属品を確認しておきましょう。

Snowwolf WOCKET レビュー

内容品一覧

  • Snowwolf WOCKET バッテリー本体
  • mimcroUSB 充電用ケーブル
  • ユーザーマニュアル(日本語表記あり)・ワランティーカード・QCカード

Snowwolf WOCKET レビュー

内容品一覧

  • Snowwolf WOCKET PODカートリッジ
  • プリメイドコイル X-Grid Coil 0.7Ω ×2
  • 予備Oリング一式
  • ユーザーマニュアル(日本語表記あり)・ワランティーカード・QCカード

Snowwolf WOCKETの詳細

Snowwolf WOCKET レビュー

形状は今流行りのトランシーバー型ですね。もはや定番的なデザインになりつつあります。

Snowwolf WOCKET レビュー

デコラティブなパネルがWOCKETデザインの最大の特徴ですね。

Snowwolf WOCKET レビュー

交換はできませんが、シールではないようで質感はかなり良いです。

バッテリー部分の金属の質感も良く、ヘアラインと鏡面仕上げが分けられている凝った加工は、安っぽいデバイスには見えません。

 バッテリー

バッテリースペック
  • 容量:,150mAh
  • 出力モード:VW(5-25W)
  • パフ操作:マニュアル(ボタン式)
  • 充電ポート:microUSB(1A)
  • 保護機能:
    •  抵抗値保護(0.35-3.0ohm)
    • ショートサーキット保護

Snowwolf WOCKET レビュー

モノクロディスプレイを搭載した、可変ワッテージのPODデバイス。搭載されているのは2つのボタンです。

  • パフボタン 電源ON/OFF , ロック
  • サブボタン 出力変更

出力変更はサブボタンで行いますが、押すと出力アップして、25Wを超えると最低出力5Wにループします。
5-25Wと調整範囲が狭いので、2ボタンでも操作はストレスを感じません。

Snowwolf WOCKET レビュー

パフボタンにはSnowwolfのロゴマーク入り。その上にはエアホールが。

本体サイズが大きめなので、パフボタンも大きく押しやすいです。クリック感もしっかりしていて実用的です。

Snowwolf WOCKET レビュー

モノクロ液晶、表示項目は4つ(バッテリー残量・出力・パフ回数・最終パフ時間)です。

照度が高く、視認性は良好。直射日光下など明るい環境でも良く見えます。非常に実用的ですね。

Snowwolf WOCKET レビュー

1A充電可能なmicroUSB端子。

Snowwolf WOCKET レビュー

底部分にはバッテリーベントホールを備えています。

ここまで見て、出力調整できること以外は「典型的なPODバッテリー」という印象ですね。特別な部分はありません。

POD

PODスペック
  • リキッド容量:3.0ml
  • 素材:PETG
  • マウスピース:510DT(交換可能)
  • リキッドチャージ:トップフィル(スライドパーツ式)
  • エアフロー:ボトムエアフロー(調整可)・トップエアフロー(調整可能)
  • コイル:プリメイド交換式0.7Ω(メッシュ)

Snowwolf WOCKET レビュー

爪ロック式のカートリッジはちょっぴり固め、少し強めの力で引き抜きます。

Snowwolf WOCKET レビュー

サイズはあまり大きくなくて薄型なのに、3mlと容量に余裕のあるPODカートリッジ。

しかし毎度思うんですが、使い捨てじゃないPODは分解できるようにしてもらいたいですよね。
使い続けるわけだから、当然洗うこともあるわけで、そうなるとかなり中の水滴が拭き取りにくいんです。

Snowwolf WOCKET レビュー

上と下、2ヶ所エアホールを備えています。

基本的にはボトムエアフローがメインでコイルの中を通りますが、サブ的に上のドリップチップからも空気を取り込める「爆煙」仕様です。

Snowwolf WOCKET レビュー

どちらもAFC搭載で、ドローを無段階に調整できます。

ボトム部分の調整はカートリッジをバッテリーから外さなければできませんが、トップは取り付けたままで変更可能です。

Snowwolf WOCKET レビュー

サブ的にエアーを供給するドリップチップ部分のエアホール。見た目のミスト量を増やすには有効ですが、味は薄まります。
AFCの精度が良くなく緩いので、全閉にしてもエアーが入ってきてしまい、勝手がよくありません。

というかこれはダメ。味薄い。

しかし、このパーツは510DT仕様なので、交換可能。自分の気に入ったものに変えて使うこともできます。

Snowwolf WOCKET レビュー

SMOK Trinity Alphaと同じスライド式トップキャップ。便利ですが、ロック機構が備わっていないので、不意に開く心配も。
もうちょっと固めだったら良かったのですが、かなり簡単に開いてしまうので…

開けやすいのに特化していて、持ち運びは考えられていないかも。

Snowwolf WOCKET レビュー

チャージホールは大きめで、ユニコーンボトルの先がすっぽり入るのでリキッドチャージしやすいです。
ただ、スポイトボトルではチャージしにくいので、ユニコーンボトル必須です。

Snowwolf WOCKET レビュー

Oリングはめ込み式。簡単に着脱できます。

ボトムがシングル仕様なので漏れが心配でしたが、2−3日放置しても滲みもしないので、ある程度の信頼性は確認できました。

プリメイドコイル

  • X-Grid-Coil(メッシュ)BEST 10-15W

エアフローパーツへの取り付けはねじ式。コイルは消耗品ですが、ボトムパーツはずっと使いますから間違えて捨てないように。

Snowwolf WOCKET レビュー

プリメイドコイルは0.7Ωメッシュコイルのみ。同じコイルが予備交換用として付属します。

PODというか「AIO」なんですよね。ただ、タンク部分がPODというだけで。

Snowwolf WOCKET レビュー

メッシュですね。もはや定番。PODカートリッジもコイルも「定番仕様」ですね。

Snowwolf WOCKETの使い方・操作方法

Snowwolf WOCKET レビュー

さて、PODにリキッドを入れて使っていきます。

スライド式キャップは便利ですね。パーツをなくす心配もないので、利便性には優れています。

Snowwolf WOCKET レビュー

半透明のカートリッジはリキッド残量が見やすいです。

ちなみにコイルの交換は横倒しにして、コイルに触れないぐらい減ればそのまま抜き取ることができます。というのは他メーカーの競合機種と同様です。

操作方法

Snowwolf WOCKET レビュー

操作は簡単、基本的な操作方法は一般的なVAPE MODなどと共通です。

  • 電源ON/OFF… パフボタン5クリック
  • ロック…パフボタン3クリック
  • 出力変更…電源ON時にサブボタンを押す(上昇のみで、25Wを超えると5Wに戻ってループ)
  • カウンターリセット…電源ON時にパフボタンとサブボタンを同時長押し
  • Vaping…マウスピースを咥えてパフボタンを押しながら吸い込む

感想とまとめ

Snowwolf WOCKET レビュー

悪くないですよ。

「メッシュコイル・可変出力」搭載ですから、味は十分出てます。
ただ、普通にうまいけど、他の機種と同じぐらいなんですよね。それなら、他の機種にはない個性が欲しい。

他のメーカーも挙って同ジャンルに製品を投入していますから、性能やデザインに特別な個性がないと、これだけ完成度が高くても他機種を選んでしまう、というのが現状だと思います。

そういう意味では、もう大ヒットしている製品がありますから、それに敵うか?と言われれば正直難しいと答えます。

これで優れたRBAユニットがあればまた違うとは思うんですが、現状は用意されていません。
RBAがあれば、デフォで510DTだし、結構良いんじゃないかな、とは思うんです。

また、厚みが15.4mmだからサイズ的には制約されちゃうので、あまり大きなコイルユニットは入らない。

Snowwolf WOCKET レビュー

美しい仕上がりと、ゴージャスなパネル素材というだけで個性的ではあるんですが、あともう一つウリが欲しかった。

ルックスは良く価格も安いので、DLメインのユーザーにはお手軽に使えるサブ機という意味では魅力的かもしれません。

国内に入ってきていなことからも、日本での期待値は低め。ですが、逆を言えば人と被らなくて良いかも?

コメント