SMOK Trinity Alpha レビュー|爆煙向けPODデバイス!メッシュコイル採用!

SMOK Trinity Alpha レビュー

SMOK(スモック)のVAPEスターターキット、Trinity Alpha「トリニティー アルファ」のレビューです。

話題のデバイスそっくりな見た目ですが、中身は全く違う「プリメイドコイル交換式」のPODデバイスです。

メッシュコイルを採用した爆煙ユースのPODデバイスの詳細をレビューします。

このスターターキットの特徴

  • あのデバイスそっくりなルックス
  • 中身は「プリメイド交換式」
  • メッシュコイルを採用した爆煙PODデバイス

こんにちは、Hiroです。

SMOKやっちゃってますよね。

とは言っても他のメーカーもアレにそっくりなものを作ってしまっているので、クローンじゃないだけまだ良いのかもしれません。

それだけアレがヒットした証拠でもあるのでしょう。

でも、中身は全く違うので、詳細を見ていきましょう。

商品提供:VapeSourcing

スポンサーリンク
べプログショップ

SMOK Trinity Alphaの詳細

SMOK Trinity Alpha レビュー

どこかで見たことがあるようなスターターキット、SMOK Trinity Alpha

SMOK Trinity Alpha レビュー

優れたルックスと、DNA基板を搭載して世界的に有名になったあのデバイスそっくりな見た目でサイズ感までそっくりですが、中身もコンセプトも全く違うデバイスです。

SMOK Trinity Alpha レビュー

このTrinity Alphaは、PODデバイスでありながらもコイル内蔵型ではなくてプリメイドコイル交換式を採用したペンタイプに近いデバイスです。

しかも、このコイルは他のデバイスとも互換性があって、人気デバイスSMOK nordとコイル規格が共通です。

ただ共通というだけでなく、新開発のメッシュコイルを採用しているので、コイルも詳しくレビューしていきます!

出典:SMOK

全6色。カラーバリエーションはパネル部分だけでなく、フレーム部分も異なる展開。

《BrightBlack , PrismChrome , PrismRainbow , PrismBlue , Red , PrismGold》

スペック

出典:SMOK

  • 同じコイルを使用するSMOK nordよりも若干サイズが大きく、重い。
  • それでいて、バッテリー容量は100mAh小さい。
  • 機能は追加(3段階出力切り換え)
サイズH 91 × W38× D16mm
重量90g
出力モード3段階(SOFT . NORM / HARD) 6~30W
リキッド容量2.8ml
リキッドチャージPodトップフィル
エアフロートップ(コイルボトム)エアフロー(調整不可)
コイルNORD COIL
充電ポートmicroUSB
バッテリー1,000mAh
保護機能
  • POD検出
  • ショートサーキット保護
  • 自動カットオフ(8秒)
  • バッテリー低電圧保護
メーカー公式サイトhttps://www.smoktech.com/kit/trinity-alpha

パッケージ・内容品

SMOK Trinity Alphaのパッケージ

SMOKらしいパッケージデザイン、コンパクトなサイズのペーパーボックス。

SMOK Trinity Alphaの付属品

内容品一覧

  • SMOK Trinity Alpha バッテリー本体
  • SMOK Trinity Alpha エントリーPOD
  • Nord Mesh 0.6Ω coil(max25W)
  • Nord Mesh-MTL 0.8Ω coil(max16W)
  • ネックストラップ、ゴムアダプター
  • microUSBケーブル
  • ユーザーマニュアル、ワランディーカード(英語)

SMOK Trinity Alphaのマニュアル

説明書などの付属品は全て英語で書かれています。

バッテリー部

SMOK Trinity Alphaのデザイン

デザインはどう考えてもアレにそっくりとしか言いようがありません。

SMOK Trinity Alphaのディティール

マーブル模様が美しいパネル部分。

レジン樹脂のような柄で、遠目で見るには綺麗ですが、印刷(プリント)です。

プリントステッカーの上に、光沢のあるフィルム乗っているもので、近くで見るとチープに感じてしまいます。

SMOK Trinity Alphaのボタン

光沢仕上げのペイントが施されたフレーム部分は綺麗な仕上がり。

側面には2つのボタン(パフボタン、モードボタン)と、LEDランプ(出力、バッテリー)、そして充電用のmicroUSB端子が配置されています。

パフボタンがあることからも分かる通り、オートスイッチではなくマニュアルパフ操作が必要です。

SMOK Trinity Alphaのパフボタン

ボタンもフレーム部分と同じペイント、統一感を感じるディティールです。

SMOK Trinity Alphaのモードボタン

側面のLEDランプは出力表示とバッテリー表示が分かれています。

Trinity Alphaは3つの出力モードの切り替えが可能です。

  • SOFT , NORM  ,  HARD

モードボタン上部のLEDはバッテリー状態を表示します。

100~71% オレンジ 70~30%  29~0%

ちなみに、パフ時に光るのはバッテリーLEDのみです。

パフ時にも光ってくれれば設定の確認が簡単なのですが、モードLEDが点灯するのはモード切り替え時のみです。

SMOK Trinity Alphaのベントホール

バッテリー底部分はフレーム部分とは違う質感で、樹脂素材が用いられています。

バッテリーベントホールを備えています。

POD

PODカートリッジも見ていきます。

SMOK Trinity Alphaの510ドリップチップ

マウスピースには510ドリップチップが採用されていて脱着可能です。

もちろん、自分の好きな510ドリップチップに交換することもできます。

SMOK Trinity Alphaのリキッドチャージホール

上部に設けられたフィリングキャップはスライド式で、パーツを外すことなくリキッドを装填することができます。

(EU版の2ml PODはスクリュー式キャップを採用)

SMOK Trinity Alphaにリキッドを入れる

リキッドチャージホールが小さいので、ユニコーンボトルなど注ぎ口が細い容器が必須です。

スポイトボトルなど先が太い容器ではリキッドチャージすることはできません。

SMOK Trinity AlphaのPOD

PODを取り外すときは、上部にあるリリースボタンをスライドすることでロックを解除できます。

SMOK Trinity AlphaからPODを外す

ロック解除したら、PODをつまんで引っ張るだけです。

SMOK Trinity Alphaのカートリッジ

PODはコイル内蔵式ではなく、プリメイドコイル交換式です。

SMOK Trinity Alphaのプリメイドコイル

このTrinity Alphaに用いられているのは『nord coil』です。

名前の通り、SMOK nordに使われているのと同じコイルで、それぞれに互換性があります。

付属コイルは以下の2つ。どちらもメッシュコイルです。

SMOK Trinity Alphaのメッシュコイル

2種類のコイルが付属しますが、ドロー調整機能は非搭載です。

コイルボトム部分のエアホールサイズが違うので、2つのコイルでドローが異なります。

0.6Ωコイルはかなり軽いドローで、スカスカとまではいかないものの抵抗感のあまりないドロー。

0.8Ωコイルはそれよりは重いものの、MTLというには軽すぎる少し重めのDLぐらいのドローです。

  • Nord Mesh 0.6Ω coil(max25W)
  • Nord Mesh-MTL 0.8Ω coil(max16W)

コイル規格は共通ですが、nordの付属品とは異なります。

バリエーションとして、以下のコイルも別途購入可能です。

  • Nord 1.4Ω Regular Regular Coil(別売)
  • Nord CERAMIC 1.4Ω Coil(別売)

SMOK Trinity Alphaにコイルを取り付ける

プリメイドコイルはPODのボトム部分に挿入します。

Trinity Alphaのコイル交換

POD内にリキッドが残っている状態でもコイル交換可能。

その状態でコイルを交換する場合はPODを横に倒して、リキッドをコイルと反対側に寄せるようにして脱着すればリキッドが漏れることなく作業できます。

ただし、満タン状態ではPODを倒してもコイルがリキッドで満たされているので、ある程度残量を減らす必要があります。

SMOK Trinity Alphaのリキッド残量

半透明の樹脂素材でできているPODはリキッド残量の確認が簡単です。

使い方

SMOK Trinity Alphaの使い方

シンプルな操作方法。

電源ON/OFF、出力切り換えとパフ操作に見で簡単に使えるデバイスです。

  • 電源ON/OFF… 5クリック
  • Vaping…  マウスピースを咥えてスイッチを押しながら吸い込む
  • 出力変更… モードボタンをクリック

感想

見た目はアレだけど、より使いやすくなったnordのバリエーション商品です。

SMOK Trinity Alphaの感想

皮肉なことに、人気デバイスのデザインパクったらnordよりも使いやすくなりましたという製品です。

ただし、大きく重くなった割にはバッテリー容量とリキッド容量はが小さくなっていて、コイル抵抗値は変わらないのでバッテリーとリキッドの持ちは悪くなりました。

大きく変わったのは「出力切り換えの搭載」です。

好みに合わせて3段階の出力変更が可能、なのですが使ってみるとH(High)しか使いませんね。むしろH(High)でも物足りないぐらいです。

その原因はドローが軽すぎる(どちらのコイルも)ことが原因で、もう若干ドローを絞れれば味は改善します。エアホールを塞いでドローを重くして実証済み。

しかし、SMOKでは「2箇所のエアフローチャンネル(側面・上部)」からより多くの空気を取り入れて巨大な蒸気を生成するのを謳い文句にしているため、味よりもミスト量勝負の設計思想なのでしょう。

フレーバー再現度はいまいちですが、甘みはしっかりと乗るので、爆煙でも美味しく吸えるリキッドだったらそれなりに楽しめます。

最初は味のりが悪いです。コイルが馴染むまでしばらくかかります。

SMOK MICOで感じたゴム臭のような匂いもないので、期待しすぎなければこのサイズで爆煙を楽しめるデバイスとしては「アリ」です。

まとめ

SMOK Trinity Alphaのまとめ

あのデバイスそっくりな見た目ですが、中身は全くの別物。

また、用途やコンセプトの異なっていいます。

爆煙をコンパクトなデバイスで楽しみたいニーズに向けた製品です。

デザインとコンセプトがマッチすれば悪くない選択肢でしょう。

コメント