kizoku Oaker レビュー|小径18mm MTLアトマイザーとペンタイプバッテリーのスターターキット!

kizoku Oaker(キゾク オーカー)レビュー

kizoku(キゾク)のVAPEスターターキット、Oaker「オーカー」のレビューです。

小径18mmサイズのMTLアトマイザーと、同じく小径ペンタイプバッテリーのセット!
タイトドロー好きのための「味重視」こだわりのスターターキットです。

詳細をレビューしていきます。

商品提供:ベプログshop

スポンサーリンク
スポンサーリンク

kizoku Oakerとは?

kizoku Oaker(キゾク オーカー)レビュー

kizokuのMTL PODデバイス、Oaker「オーカー」です。

スタイリッシュで洗練されたデザインに定評があるキゾクから、同じく同ブランドがこだわっているMTL(マウス・トゥ・ラング)向けのアトマイザーと、それをミニマムに使用できるペンタイプバッテリーをセットにしたスターターキットがリリースされました。

kizoku Oakerの特徴

  • 19mmチューブMOD + RBAアトマイザー =スターターキット
  • Shima MTL Tankは、RBAとプリメイドが使える18mmアトマイザー
  • 極小エアホールサイズのリアルMTLタイトドロー対応

ありそうでなかった、未だかつてないスターターキットです。

19mmチューブMOD + RBAアトマイザー =スターターキット

出典:kizoku

Oakerは、「アトマイザー」と「バッテリーMOD」のセットです。

それぞれが独立した作りで、もちろん個々に単体でも使うことができるのが特徴です。
バッテリーに飽きたら他のMODにアトマイザーをマウントしても良し。逆もまた然りです。

Shima MTL Tankは、RBAとプリメイドが使える18mmアトマイザー

出典:kizoku

特に特徴的なのが、キットのアトマイザー「Shima MTL Tank」です。

日本でも話題となった同ブランドのアトマイザー『KIZOKU Limit MTL RTA』と同じく、RBAデッキだけでなく、プリメイドコイル(しかも世界的に普及しているNautilusコイル互換)が使えるのが特徴です。

こだわり派の人は自分でビルドしても良し!味に定評のあるプリメイドコイルで使っても良しです。18mmという小径サイズなのに、かなり拘った作りです。

極小エアホールサイズのリアルMTLタイトドロー対応

出典:kizoku

そして、KizokuブランドといえばMTLにこだわりのあるブランドなのは、ブランド創始者「電たば貴族まっさー」さんから受け継いだ特徴(?)なのでしょうか。

現在は活動されていないようですが、日本のVAPE黎明期の有名インフルエンサーであり、WEBショップもされていました。今Kizokuブランドはライセンスもしくは売却されて、ほぼ中国のブランドのようになっています。(詳細不明、詳しい方がいれば教えてください。)

0.8mm・1.0mmサイズのエアホールというタイトドロー派も納得のスペックです。

カラーバリエーション

出典:kizoku

シンプルかつデザインにこだわりのあるブランドだから、カラー展開もスタンダードです。

kizoku Oakerのカラーバリエーション

  • Steel  スチール
  • Black  ブラック
  • Gunmetal ガンメタル

スペック

サイズバッテリー:φ19mm × 80 mm
タンク:φ18mm × 51 mm
出力
3段階調整(高・中・低)
リキッド容量2.0ml・3.0ml
リキッドチャージトップフィル
エアフローボトムエアフロー(調整可)
コイルRBAデッキ・プリメイドコイル交換タイプ
充電ポートUSB-C(5V 1A)
バッテリー1100mAh
保護機能
  • オープンサーキット保護
  • ショートサーキット保護
  • オーバーヒート保護
  • 自動カットオフ(10秒)
  • バッテリー低電圧保護

パッケージ・内容品

kizoku Oaker(キゾク オーカー)レビュー

内容品一覧

  • KIZOKU OAKER 19mm バッテリーMOD本体
  • KIZOKU Shima 18mm MTL tank アトマイザー本体
  • KIZOKU KCL1 0.7ohm Mesh Coil
  • スペアガラスチューブ(3ml)
  • ツールバッグ
  • Type-cケーブル
  • 説明書(日本語表記あり)
  • 保証書

kizoku Oakerの詳細

kizoku Oaker(キゾク オーカー)レビュー

今までにありそうでなかった!そんなスターターキットです。

kizoku Oaker(キゾク オーカー)レビュー

こだわりのデザイン、統一された質感のアトマイザーとバッテリーMODがセットに。

どちらも「洗練された」印象、メタルのソリッドな質感がたまらない!
高級感底ないものの、チープさは微塵もなし!
金属の仕上げも面によって異なるこだわりの仕上がりです。

ロゴの主張がないのに、一目でそれとわかるデザインの妙は見事です。

kizoku Oaker(キゾク オーカー)レビュー

小径サイズを実現するために、多少全長が長いような気もしますが、それでも小さい!
バッテリー側が19mmかつ3段階出力調整もついているので、他のアトマイザー用にも。

KIZOKU OAKER 19mmバッテリー

バッテリースペック
  • 容量:1100mAh
  • 出力モード:3段階に変更可能
  • パフ操作:マニュアルパフ
  • 充電ポート:USB-C
  • 保護機能:
    • オープンサーキット保護
    • ショートサーキット保護
    • オーバーヒート保護
    • 自動カットオフ(10秒)
    • バッテリー低電圧保護

kizoku Oaker(キゾク オーカー)レビュー

510スレッド接続ですから、汎用性があるのも嬉しいです。

kizoku Oaker(キゾク オーカー)レビュー

もちろん、他のアトマイザーをマウントして使うこともできます。
ただし、直径19mmサイズ、載せるアトマイザーを選ぶのはいうまでもありません。

kizoku Oaker(キゾク オーカー)レビュー

ボタン・LEDインジケーターのみのシンプルな作りのバッテリーです。

kizoku Oaker(キゾク オーカー)レビュー

それでも、3段階出力調整がついているので、自分好みに調整できるのは良いですね!

出力モード詳細

高(3.7V)  中(3.3V)  低(3.0V)

しっかりとスペック(出力電圧)が公開されているのも良くて、熟練のVAPEユーザーであればこれに合わせたビルドに調整することもできますから。

kizoku Oaker(キゾク オーカー)レビュー

端子は今時の仕様、type Cを採用しています。ただ、急速充電には非対応です。

充電スペック

  • バッテリー容量:1100mAh
  • チャージポート:USB-C(1A)

kizoku Oaker(キゾク オーカー)レビュー

安全性ももちろん兼ね備えています。底部にバッテリーベントホールが。

バッテリーベントホールとは

電池は過電流などによりバッテリーへの負担がかかるとガスを発生させます。

何故この穴が必要かといえば、その際にベントホールからガスが逃げられるようにベントホールが必要です。

このようにベントホールが空いていないと、噴出したガスが内圧が高まり、ある一定の圧力にまで達すると逃げ場がないことによって炸裂(爆発)してしまいますので、そのような事故を防ぐための安全性に配慮した仕様です。

KIZOKU Shima 18mm MTL tankアトマイザー

アトマイザースペック
  • リキッド容量:2ml・3ml
  • 素材:ステンレス・ガラス
  • マウスピース:510DT
  • リキッドチャージ:トップフィル(スクリューキャップ)
  • エアフロー:ボトムエアフロー(調整可)
  • コイル:プリメイドコイル交換型・RBAデッキ

kizoku Oaker(キゾク オーカー)レビュー

POD、ではなく510スレッドのアトマイザーが付属するスターターキットです。

kizoku Oaker(キゾク オーカー)レビュー

小径18mmサイズですが、作りはかなり本格的です。
単体販売されているアトマイザーに引けを取らない設計・デザインです。

kizoku Oaker(キゾク オーカー)レビュー

2ピース(金属ベース&樹脂チップ)のマウスピースは510DT仕様です。

510DTとは

ドリップチップの汎用規格に近いもの。
取り付け部分のサイズが共通なので、さまさまな種類に付け替えが可能です。

kizoku Oaker(キゾク オーカー)レビュー

厚みのあるトップキャップは側面にローレット加工があるので、スクリュー式が操作しやすいディティール。トップフィルで便利にリキッドチャージできます。

kizoku Oaker(キゾク オーカー)レビュー

タンクが独立した作りなので、リキッドがタンクに満タンでもデッキにアクセスできます。
ただし、底部分の作りから、ボトムリフィルには対応していません。

強引にリキッドボトルの先端をジュースチャンネルにねじ込めば、リキッド装填できそうですが、あまり現実的じゃないので…

kizoku Oaker(キゾク オーカー)レビュー

タンクは3ピース、ガラスチューブが不意に外れにくい本格的な作り。バブルチューブに交換すれば、小径アトマイザーですがリキッド容量を増やすことが出来ます。

kizoku Oaker(キゾク オーカー)レビュー

チャンバートップが特徴的。お椀型チャンバーの上に、チムニー部分が突起しています。

kizoku Oaker(キゾク オーカー)レビュー

エアホールは4つ(0.8mm*2・1.0mm*2)です。タイトドロー向けの仕様です。

kizoku Oaker(キゾク オーカー)レビュー

プリメイドコイルとRBAデッキ、どちらか好きな方が使えます。

付属コイル

  • KIZOKU KCL1 0.7Ω Mesh Coil(12-20W)

プリメイドコイルはNautilusコイル互換ですから、aspireやサードメーカーの豊富なコイルが使用可能だったりするのもメリットの一つです。

kizoku Oaker(キゾク オーカー)レビュー

RBAデッキは定番的な作りの2ポストシングルコイル専用デッキです。

kizoku Oaker(キゾク オーカー)レビュー

細部までビルドしやすいように作り込まれた仕様で、小径ですがビルドしやすいです。

コイルビルド

kizoku Oaker(キゾク オーカー)レビュー

それではビルドです。

かなり定番・スタンダートなデッキデザインですから、ビルドで迷うことはありません。
シングルコイルですから、これ以上ないほど簡単にビルドできます。

kizoku Oaker(キゾク オーカー)レビュー

エアホールが突起していないデザインですから、漏れには特に注意したいです。
あまりコイルをエアホールに近づけすぎると、伝漏れしそうですから注意。

kizoku Oaker(キゾク オーカー)レビュー

何もいうことがないほど特徴のない作り。初心者でも簡単にビルドできますよ!

kizoku Oakerの使い方・操作方法

kizoku Oaker(キゾク オーカー)レビュー

  • 電源ON/OFF… パフボタンを5回連続で押す(5クリック)
  • 出力変更… 電源ON時にパフボタンを3クリック
  • パフ操作…マウスピースをくわえてパフボタンをスイッチする(マニュアル)

感想とまとめ

kizoku Oaker(キゾク オーカー)レビュー

安定の「定番感」気を衒った部分は皆無!安心して使えるMTLスターター!

悪く言ってしまうと「特徴がない」今までの定番的な仕様のど真ん中的なキット。

Kizokuらしいのはデザインと作りで、他に特徴はないとも言えます。
ただ、小径RBAチューブセットは「他にない特徴」とも言えるでしょう。

良い作りとデザインのRBAを、こんなにコンパクトに仕上げたのは見事!
持ち運びにも良いサイズですから、携帯用として重宝しそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スターターキット
VAPE Circuitをフォローする
VAPE Circuit|初心者のためのVAPEレビューブログサイト

コメント

年齢認証

あなたは20歳以上ですか?