Innokin SENSIS レビュー|MODとしても使える先進POD!ガラスタンクと新テクノロジー搭載!

Innokin SENSIS(イノキン センシス)レビュー

Innokin(イノキン)のVAPEスターターキット、SENSIS「センシス」のレビューです。

標準付属の510アダプターでテクニカルMODとしても使えるPODデバイス!
ガラスPODと、新テクノロジー搭載でコイル寿命と風味を改善!

ルックスと素材感にもこだわった、ルックスも重視!

詳細をレビューしていきます。

商品提供:ベプログshop

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Innokin SENSISとは?

Innokin SENSIS(イノキン センシス)レビュー

InnokinのPOD MODデバイス、SENSIS「センシス」です。

VAPEデバイスの古参メーカー、近年地味ながらツボを押さえた製品作りがVAPEユーザーに認められているイノキンから『先進的な機能とガラス製POD』という気になる製品が登場しました。

コイル寿命・風味などを根本から考えた原点回帰的なプロダクツです。

Innokin SENSISの特徴

  • リキッドに制限のない風味に優れた『ガラス製POD』
  • バリエーション豊富なコイル規格「Scepter」
  • 510アダプター付属でMODとしても使えるデバイス
  • 先進的でユニークな3つの機能

それでは、INNOKIN SENSISの概要から見ていきましょう。

リキッドに制限のない風味に優れた『ガラス製POD』

blank

出典:INNOKIN

プラスチック樹脂製が一般的だったPODをガラス化しました。

従来のプラスチックPODと比較して、特定のEリキッドを使用するときに風味を改善し、ポッド内からの腐食を防ぎます。

つまりは、プラスチック攻撃性のあるリキッドでも使用可能で、味覚に敏感なユーザーをも満足させるディティールであるということです。

バリエーション豊富なコイル規格「Sceptere」

blank

出典:INNOKIN

コイル規格には、EQ FLTRでも好評だった「Scepter」を採用。

Innokin SENSISのコイルバリエーション
  • S-Coil 0.25Ω(25-35W) RDL KAL Mesh+
  • Sceptre 1.2Ω(8-9.5W) MTL NI-CR
  • Sceptre 0.5Ω(18-20W) RDL KAL Mesh
  • Sceptre 0.65Ω(9-12W) MTL KAL

さらに、ラインナップを拡充し、より抵抗値&メッシュコイルも追加されました。

510アダプター付属でMODとしても使えるデバイス

blank

出典:INNOKIN

そして!これも目玉の一つ。キットには510アダプターが標準で付属します。

そのため、PODデバイスとしてだけでなく、テクニカルMODとしても使えます。
しかも、オプション購入の必要はありませんから、最初からMODで使うこともできます。

先進的でユニークな3つの機能

そして、SENSISには3つのユニークで先進的な機能が搭載されています。

Coil +

blank

出典:INNOKIN

VAPE各社に先んじてINNOKINが搭載した新機能です。
各パフの終わりに「コイルを自動的に準備する」モード。

具体的には

  • 各アークの終わりに、選択したワット数の40%で0.4秒間実行する

コイルを都度リセットして、より風味豊かで味覚を満足させることを目的としています。

Refresh

blank

出典:INNOKIN

COil+をマニュアル(手動)で実行できる機能です。

リフレッシュは、ヒットの合間にコイルを手動でリフレッシュしてウィッキングを改善し、フレーバーを取り入れてコイルの寿命を延ばすことができる新機能です。

Coil +と同様に、Refreshは、設定されたワット数の40%で実行ます。

FOURIER TECH

blank

出典:INNOKIN

FOURIER TECHの基盤テクノロジーで実装したモード

FØは交流電流(AC)を使用して、Vaping中に連続して流れる波形を生成します。

コイルを介してはるかに正確かつ効率的な方法で電気出力を送信します。
コイルとEリキッドに合わせて周波数出力を調整できます。

アトマイザーに適切に適合させると、FØはコイルの寿命を延ばし、よりスムーズな熱伝達を提供し、eリキッドの特定のフレーバーを強化します。

カラーバリエーション

blank

出典:INNOKIN

素材とカラーリングにこだわり!グリップのパターンが5種類も用意されています。

Innokin SENSISのカラーバリエーション

  • Ultra Pink ウルトラピンク
  • Desert Brown デザートブラウン
  • Jet Black ジェットブラック
  • Gunmetal ガンメタル
  • Navy Blue ネイビーブルー
  • Carbon カーボン

スペック

blank

出典:INNOKIN

サイズH 120.35 × W39.51× D30mm
出力
6-40W
抵抗値範囲
0.2 – 3.5Ω
リキッド容量3.1ml
リキッドチャージPODボトムフィル
エアフローボトムエアフロー(調整可)
コイルプリメイドコイル交換タイプ
充電ポートUSB-C(5V 1.7A)
バッテリー1300mAh
保護機能
  • 自動カットオフ(3-18秒)
  • バッテリー低電圧保護
  • コイル抵抗値保護(0.2 – 3.5Ω)
  • オーバーヒート保護
  • ショートサーキット保護

パッケージ・内容品

Innokin SENSIS(イノキン センシス)レビュー

内容品一覧

  • Innokin Sensis バッテリー本体
  • Innokin Sensis PODカートリッジ
  • Sceptre コイル(0.25ohm)
  • Sceptre コイル (0.65ohm)
  • スペア MTL ドリップチップ
  • スペア O リング
  • スペア コイルベース
  • 510 アダプター
  • Type-C 充電ケーブル
  • ユーザーマニュアル(英語)

Innokin SENSISの詳細

Innokin SENSIS(イノキン センシス)レビュー

近未来感のあるデザインと素材使い、INNOKINらしさあふれるPODデバイス。

Innokin SENSIS(イノキン センシス)レビュー

グリップデザインを採用して、握り心地と持ちやすさを重視。
オンリーワンのルックス、これじゃないと!というぐらい指名買いの人も多いのでは?

Innokin SENSIS(イノキン センシス)レビュー

POD MOD製品としては一般的な大きさ、PODとしては若干大きめ。
それも当然で、最初からMODとしても使える仕様ですから、シングルバッテリーMODと同程度のサイズ感となっています。

バッテリー

バッテリースペック
  • 容量:1300mAh
  • 出力モード:6 – 40W
  • パフ操作:マニュアルパフ
  • 充電ポート:USB-C
  • 保護機能:
    • 自動カットオフ(3-18秒)
    • バッテリー低電圧保護
    • コイル抵抗値保護(0.2 – 3.5Ω)
    • オーバーヒート保護
    • ショートサーキット保護

Innokin SENSIS(イノキン センシス)レビュー

グリップに特徴があるデザイン、ロゴが象られたレザー調のグリップ。
メタルフレームと合わせて、個性的な印象を演出しています。

Innokin SENSIS(イノキン センシス)レビュー

INNOKIお得意のステルスボタンデザイン、昨年ヒットしたMODと同様のディティール。

Innokin SENSIS(イノキン センシス)レビュー

一見パフボタンがないように見えるディティール、パネル上部がボタンになっています。

Innokin SENSIS(イノキン センシス)レビュー

モードがユニークなのは冒頭で述べた通り、4種類のモードがあります。

  • W ユーザーが任意の数字にワッテージを調整
  •  任意の数字にワッテージと周波数(20Hz ~ 500Hz)を調整
  • W+ コイルプラスモード(ワッテージを任意設定可能)
  • V+ コイルプラスモード(ボルテージを任意設定可能)

交流電流の周波数が設定可能な「FOURIER TECH」と、コイルを自動でリフレッシュする「コイルプラスモード」を搭載しているのがSENSISの目玉機能です。

バッテリー残量表示

100-51%  50-20%  20%未満

バッテリー残量は情報表示しない限りは詳細には表示されず、3種類表示となります。

Innokin SENSIS(イノキン センシス)レビュー

内蔵バッテリーモデルですから、当然本体充電に対応。

充電スペック

  • バッテリー容量:1,300mAh
  • チャージポート:USB-C
  • 充電電流:1.7A

端子はtype Cで、急速充電にも対応しています。

Innokin SENSIS(イノキン センシス)レビュー

超優秀なエアフローコントロール機能、レバー式で無段階調整可能です。

何が優秀かというと、レバーで操作しやすいのはもちろんなのですが「調整幅」がかなり広いんです。こういうPODタイプだと、一般的なディティールではあるんですが「超タイトドロ 〜 スカスカ」までちゃんと調整できるのは珍しいんです。

  • タバコドローに近い、超タイトドローを実現していてMTLで気持ちよく吸える。
  • スカスカという抵抗感ないドローでDLでも使える。

この2つをちゃんと実現しているのはポイント高いです!

POD

PODスペック
  • リキッド容量:3.1ml
  • 素材:ガラス
  • マウスピース:510DT
  • リキッドチャージ:ボトムフィル(ゴムプラグ)
  • エアフロー:ボトムエアフロー(調整可)
  • コイル:プリメイドコイル交換型

Innokin SENSIS(イノキン センシス)レビュー

最近増えてきた「ガラス製POD」PODの利便性はそのままに、素材をガラスに。
それによって、プラスチック攻撃性の高いリキッドでも使用可能になりました。
また、プラ素材の匂いが気になる、リキッドによっては匂いうつりや前に入れていたリキッドのフレーバーが混じってしまうなどの嗅覚が敏感な人でも満足できるようになりました。

Innokin SENSIS(イノキン センシス)レビュー

ガラス製PODでも、利便性はプラスチック製と変わりません。

ボトムのパーツは金属でできていて、マグネット固定式です。
本体に近づけるだけでロックされるので、便利さはそのままです。

Innokin SENSIS(イノキン センシス)レビュー

リキッドチャージも典型的なPODと同じく、ゴムプラグのボトムフィルなので便利。

Innokin SENSIS(イノキン センシス)レビュー

さらに、こだわりの高いユーザーにも嬉しい、ドリップチップ交換にも対応しています。

510DTとは

ドリップチップの汎用規格に近いもの。
取り付け部分のサイズが共通なので、さまさまな種類に付け替えが可能です。

しかも510DT規格ですから、汎用のドリップチップも使えます。

Innokin SENSIS(イノキン センシス)レビュー

キットには2種類が付属、好きな方を選べますし、別のものをつけることもできます。

プリメイドコイル

Innokin SENSIS(イノキン センシス)レビュー

コイル交換に便利な差し込み式、Sceptreは元々スクリュー式ですが、ベースプレートを追加することで差し込み式に変換しています。利便性の高い仕様です。

Innokin SENSIS(イノキン センシス)レビュー

付属品は2種類で、どちらもメッシュコイルを採用しています。

付属コイル

  • S-Coil 0.25Ω(25-35W) RDL KAL Mesh+
  • Sceptre 0.65Ω(9-12W) MTL KAL

2種類のドロー(MTL・RDL)対応の付属品で、ニーズを網羅しています。

510アダプター

Innokin SENSIS(イノキン センシス)レビュー

510アダプター標準付属なのも、SENSISの特徴。そのままテクニカルMODになります。

Innokin SENSIS(イノキン センシス)レビュー

サイズに余裕があるSENSISだけにマウントサイズに制約がないのも利便性高いです。

Innokin SENSIS(イノキン センシス)レビュー

一度アダプターを付けると、ジャストフィットして単体では着脱不能です。
取り外す場合は、アトマイザーを取り付けてからそれごと外すと簡単です。

アトマイザーのマッチング・使用例

Innokin SENSISの使い方・操作方法

Innokin SENSIS(イノキン センシス)レビュー

  • 電源ON/OFF… パフボタンを3回連続で押す(3クリック)
  • ボタンロック… 電源ON時にパフボタンとマイナスボタンを同時長押し
  • 情報表示とパフカウンターリセット… 電源ON時にパフボタンとプラスボタンを同時長押し
  • メニュー表示… 電源ON時にサブボタン2つを同時長押し
    • モード変更(FØ・POWER・COIL+)
    • REFRESH コイルリフレッシュをマニュアル実行・設定
    • SETTING セッティングメニュー
      • OP.SCREEN オープニング表示設定
      • TIMEOUT スクリーンオフ設定(5~180秒)
      • CUTOFF 自動カットオフ設定(3~18秒)
      • DEVIDE ID デバイスのID表示
      • RESET 工場出荷状態に戻す

感想とまとめ

Innokin SENSIS(イノキン センシス)レビュー

先進機能とガラス製POD!今後のPODのカタチを先取りしたPOD MODデバイス!

多分これから先はこのディティールが標準になっていくんだろうな、というディディール。

ガラス製PODがちょこちょこ出てきているので、これが一般的になっていくんだと。
リキッド制限がないので、破損に気をつければデメリットはありません。

むしろそうなると、マグネット式のクリアロなんですけど、便利ですよね…w

コイルリフレッシュ・交流モードなどいち早く取り入れた挑戦的な機能も。
ルックスにも個性があるので、気になった人は使ってみると良いと思います!

コメント