Eleaf TANCE レビュー|スリムなボディーに大容量バッテリー!コイル内蔵式PODデバイス!

Eleaf TANCE レビュー

Eleaf(イーリーフ)のVAPEスターターキット、TANCE「タンス」のレビューです。

スリム&コンパクトなボディに大容量バッテリーを搭載するPODデバイス。

オートスイッチ機構・1.2Ω高抵抗コイル・旧型機で好評だった2種類のドロー調整機構を搭載!!

このスターターキットの特徴

  • オートスイッチPODデバイス
  • 2種類のドロー!AFC調整可能!
  • 1.2Ω高抵抗コイル搭載

世界的にVAPEの主流は「PODデバイス」

色んなデバイスが、メジャーブランド、新興勢力問わずにリリースされ続けて「もうお腹いっぱいだよ!」と思う方も多いのでは?

プリメイドコイル時代にも思いましたが「規格を統一してくれ!」

コイルもそうですが、PODは特に機種ごとにカートリッジが全く違う「互換性の無さ」

売れる製品を買わないと、消耗品の入手すら難しくなってしまうのです…

では、超メジャーブランド「Eleaf」の新製品はどうなのか?

詳細をレビューします。

商品提供:VapeSourcing

スポンサーリンク
べプログショップ

Eleaf TANCEとは?

Eleaf TANCEとは?

TANCEは中国の大手VAPEブランド『Eleaf』がリリースするPODデバイスです。

Eleaf TANCEはPODデバイス

スリム&コンパクトなボディーサイズ、見かけによらない580mAhの大容量バッテリーを搭載。軽くはなく「しっかりと詰まってる感」の重さ55g、重くもない。

コイルが1.2Ωだというスペックを考えれば、十分1日フルに使えそうです。

Eleaf TANCE 特殊なプリント技法

どこかでみたようなカラーリング、提供されたカラーはiStick MIXと同じメタリックなテイスト「IMLという特殊技術」で作られたもの。

出典:Eleaf

バリエーションはiStick Rimと同じか?と思ったのですが若干違う。

派手めなカラーリングが全6パターン揃ってます。

それでは、Eleaf TANCEの詳細を見ていきましょう。

スペック

出典:Eleaf

サイズH 95.5 × W24× D14mm
重量55g
出力最大10W
リキッド容量2ml
リキッドチャージPODボトムフィル
エアフローサイド&ボトムエアフロー(2段階調整式)
コイル1.2Ω POD内蔵
充電ポートUSB TYPE-C
バッテリー580mAh
保護機能
  • 短絡(ショート)保護
  • 抵抗値保護(0.3Ω-3.0Ω)
メーカー公式サイトhttps://www.eleafworld.com/tance/

パッケージ・内容品

Eleaf TANCEの付属品

内容品一覧

  • Eleaf TANCE バッテリー本体
  • Eleaf TANCE Podカートリッジ(1.5Ωセラミックコイル内蔵)
  • USB TYPE-Cケーブル
  • ユーザーマニュアル(日本語表記あり)

 

Eleaf TANCE の詳細

Eleaf TANCEのデザイン

名前はトランス(TRANCE)ではなく、TANCE(タンス)

意味を調べると該当なし。

おそらくcapaci”tance”(静電容量)、induc”tance”(誘導係数)、regis”tance”(電気抵抗)など、多くの電気系用語に使われているものから拝借したものだと思われる。

 

バッテリー

Eleaf TANCEのプリント

TANCEはスイッチ類の一切ない「オートスイッチのPODデバイス」です。

Eleaf TANCEの充電端子はUSB TYPE-C

充電端子にはUSB TYPE-Cを採用、裏表がないのでケーブルの差し込みが非常に楽です。

Eleaf TANCEのLEDランプ

バッテリーの状態はTANCEに搭載されたLEDランプに表示されます。

100-20%  20%未満

2段階表示なので細かい残量表示はなし。ランプが赤に変わったら充電の合図です。

 

PODカートリッジ

Eleaf TANCEのマウスピース

唇にフィットする咥えやすいシェイプのマウスピース。

Eleaf TANCEのPOD

MTL向けの高抵抗1.2Ωコイルを内蔵。使い捨て式POD。

Eleaf TANCEのPODはマグネット式

PODはマグネット式で簡単に着脱できます。

Eleaf TANCEのPODのエアフロー

そしてエアフローは2段階調整式で、PODの側面にあるエアースロットをバッテリーのインレットホールで調整できます。

Eleaf TANCEのPODのエアフローは2種類から調整可能

バッテリーの両側面にある2種類のホール(1.6mm・1.0mm)に差し替えることで、2段階にドロー調整が可能です。

同じくPODデバイスのEleaf Elvenでも採用されていた方式ですね。

Eleaf TANCEのPODはボトムフィル

リキッドチャージはボトムフィルですが、新品PODのチャージ部分には穴が空いていませんので、シリンジボトルや針などでリキッドチャージホールを開けて使います。

開ける穴が大きいと漏れてしまうので、先の尖ったもので穴を開けるのが良さそうですよ。

Eleaf TANCEのPODはボトムフィル

はじめユニコーンボトルを刺してみて「全然リキッドが入らない」と焦りました。

ただ、一度穴を開けてしまえば、ユニコーンボトルからでもチャージできます

Eleaf TANCEのPODカートリッジ

リキッド容量は2ml、透明度の高いPODは残量の確認が簡単。

PODカートリッジの素材は明らかになっていませんが、見た感じ強そうですし、3−4日リモネンを含んだリキッドを入れっぱなしにしてみましたが問題は発生していません。

 

Eleaf TANCEの使い方

Eleaf TANCEの使い方

電源ON/OFFはなく、マウスピースを咥えて吸い込むだけで自動的にスイッチが入ってミストを吸い込むことができます。

  • 電源ON/OFF… 操作なし
  • Vaping…  マウスピースを咥えて吸い込む

息を思い切り吹き込んでも「吹き戻し」の誤動作もなく、安心して使えます。

試しに何度も思い切り息を吹き込んでみましたが誤動作は発生しません。

ただし、コイルに向けて激しく息を吹き込むとリキッドが漏れますのでやらない方が良いです。(漏れるのは側面からで、コイルボトムから漏れることはなさそうですが)

 

TANCEを吸った感想

Eleaf TANCE 感想

意外とおいしいが、普通レベルを脱しない味わい。
PODデバイスとしては平均よりちょっと上ぐらいの美味しさ。

Tropwenで、フレーバーはそこそこで、キックはしっかりと楽しめました。

ドロー

スペックの割に軽め。

タイトドローを思わせる1.0mm・1.6mmという数字とは裏腹に、MTLというには軽く、できなくはないが基本はDLで気持ちよく使えるドロー。

漏れ・ジュルりなどの問題点は?

4日間の使用で漏れはなし
ただし、息を思い切り吹き込むと漏れるが、普通に使っていて漏れやすさはない。
また、漏れるとしても横から出るので、PODボトムがベタベタにならない。

ジュルりや供給不足もなく、使い勝手は悪くないです。

 

まとめ

Eleaf TANCE まとめ

「またPODかよ!どんだけ出すんだよ…」と思ったのですが、使ってみると普通に良いんですよ。

「普通に」というのがミソで、すっごく良いわけではないのですが、問題もないので普通に使えるデバイス。

なぜ普通か?と言えば、付加価値・そして特徴がないから。

世界的に流行しているPODデバイスは、そのバリエーションが豊富!
中には「すごくおいしい!かっこいい!ビルドできる!安い!」などのユニークな特徴を持った機種も多数ある。

それがこれらのヒットアイテム。

その中でTANCEは「あくまで普通」という域を脱しない、埋もれてしまいがちな製品。

決して悪くはないんですよ、悪くは。

コメント