aspire PockeX Box レビュー|漏れないAIOスターターに大容量バッテリー搭載!

aspire PockeX Box(アスパイア ポケックスボックス)レビュー

aspire(アスパイア)のVAPEスターターキット、PockeX Box「ポケックスボックス」のレビューです。

普及の名作が大容量に!2000mAhバッテリー搭載のBOX型に進化!
トップエアフローのリキッド漏れに強い構造はそのまま!

詳細をレビューしていきます。

商品提供:aspire

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

aspire PockeX Boxとは?

aspire PockeX Box(アスパイア ポケックスボックス)レビュー

aspireのBOX AIOデバイス、PockeX Box「ポケックスボックス」です。

古参VAPEユーザーには懐かしい!過去の名作PockeXがリニューアル!

ペンタイプAIO全盛期に大ヒットしたポケックスが5年の時を経て進化しました!
AIO(オール・イン・ワン)タイプはそのままに、大容量なBOXタイプに。

aspire PockeX Boxの特徴

  • 過去の名作「Pockex」が進化!
  • リキッド漏れに強い!リークレスデザインのトップエアフロー構造

まずはPockeX BOXの概要から見ていきます。

過去の名作「Pockex」が進化!

blank

出典:aspire

PockeX(ポケックス)といえば、ペンタイプAIOの大ヒットアイテム!

過去の名作が「リキッド漏れに強い」構造そのままに、大容量のBOXタイプに。
優れた特徴はそのまま、より優れたデバイスになったというわけです。

リキッド漏れに強い!リークレスデザインのトップエアフロー構造

blank

出典:aspire

PockeXの特徴といえば「リークレスデザイン」トップエアフロー構造です。

blank

出典:aspire

この構造の専用設計コイルを実装することで実現しています。

aspire PockeX Boxのコイルバリエーション
  • PockeX U-tech Coil 0.6Ω(18-23W)ステンレススチール
  • PockeX U-tech Coil 1.2Ω (10-12W)カンタルAF

PockeX BOX専用コイルを2種類ラインナップしています。

カラーバリエーション

blank

出典:aspire

シックなイメージのニュートラルカラーを5種類ラインナップしています。

aspire PockeX Boxのカラーバリエーション

  • Black ブラック
  • Gray グレー
  • Navy Blue  ネイビーブルー
  • Turquoise Green  ターコイズグリーン
  • Date Redデートレッド

スペック

blank

出典:aspire

サイズH 86.4 × W50.9× 26.5mm
重量149.8g
出力
Bypass
リキッド容量2.6ml
リキッドチャージトップフィル
エアフロートップtoボトムエアフロー(調整可)
コイルプリメイドコイル交換タイプ
充電ポートUSB-C(5V 2A)
バッテリー2000mAh
保護機能
  • 抵抗値保護(0.5-1.6Ω)
  • 自動カットオフ(10秒)
  • ショートサーキット保護
  • バッテリー低電圧保護
  • バッテリー過充電保護
  • オーバーヒート保護
  • 過電圧保護

パッケージ・内容品

aspire PockeX Box(アスパイア ポケックスボックス)レビュー

内容品一覧

  • aspire PockeX Box 本体
  • PockeX U-tech Coil 0.6Ω
  • PockeX U-tech Coil 1.2Ω
  • スペアパーツ(ガラスチューブ・Oリング)
  • USB-C充電ケーブル
  • ユーザーマニュアル(英語)

aspire PockeX Boxの詳細

aspire PockeX Box(アスパイア ポケックスボックス)レビュー

ちょっぴり大きめのボディサイズ、シンプルなデザインのAIOデバイス。

aspire PockeX Box(アスパイア ポケックスボックス)レビュー

弾力性のある「ゴム」ラバーコーティングで覆われたボディーは質実剛健なイメージ。
飾り気は少なく「実用性重視」の装いで、シンプルに使えるスターターキット。

aspire PockeX Box(アスパイア ポケックスボックス)レビュー

厚み26.5mmと嵩張るものの、本体サイズはコンパクトで片手に収まるサイジング。

バッテリー

バッテリースペック
  • 容量:2000mAh
  • 出力モード:Bypass
  • パフ操作:マニュアルパフ
  • 充電ポート:USB-C
  • 保護機能:
    • 抵抗値保護(0.5-1.6Ω)
    • 自動カットオフ(10秒)
    • ショートサーキット保護
    • バッテリー低電圧保護
    • バッテリー過充電保護
    • オーバーヒート保護
    • 過電圧保護

aspire PockeX Box(アスパイア ポケックスボックス)レビュー

バッテリー部は実にシンプルで、ワンボタン操作の簡単設計です。
出力調整機能はなく、Bypass(バッテリー電圧出力)のみの潔さ。

操作は「電源オンオフ・パフ」のみで使用できます。
サイドボタンで操作しやすいのが特徴です。

aspire PockeX Box(アスパイア ポケックスボックス)レビュー

PockeX BOXバッテリー本体側面には、バッテリー状態を表示するLEDインジケーター。

バッテリー残量表示

100-60%  60-30%  30-0%

3段階に残量を表示してくれるので、一目でわかりやすいです。

充電スペック

  • バッテリー容量:2000mAh
  • チャージポート:USB-C
  • 充電電流:2A

また、急速充電対応で、大容量バッテリーながら充電時間が早い!

aspire PockeX Box(アスパイア ポケックスボックス)レビュー

安全性にももちろん配慮されていて、底部にバッテリーベントホールを備えています。

バッテリーベントホールとは

電池は過電流などによりバッテリーへの負担がかかるとガスを発生させます。

何故この穴が必要かといえば、その際にベントホールからガスが逃げられるようにベントホールが必要です。

このようにベントホールが空いていないと、噴出したガスが内圧が高まり、ある一定の圧力にまで達すると逃げ場がないことによって炸裂(爆発)してしまいますので、そのような事故を防ぐための安全性に配慮した仕様です。

アトマイザー部分

スペック
  • リキッド容量:2.6ml
  • マウスピース:510DT
  • リキッドチャージ:トップフィル(スライド式)
  • エアフロー:トップtoボトムエアフロー(調整可)
  • コイル:プリメイドコイル交換型

aspire PockeX Box(アスパイア ポケックスボックス)レビュー

アトマイザー部分は『完全分離は不可』、バッテリー部一体になっているAIO構造。
ただし、ボトム部分が取れないだけで、タンク部分(チューブなど)は外せます。

aspire PockeX Box(アスパイア ポケックスボックス)レビュー

リキッドチャージはトップフィルで便利に。スライド式なので外す必要なし。
トップキャップをスライドさせるだけでリキッドが装填できます。

スライド部にロックがないので、不意に開かないように注意したいです。

aspire PockeX Box(アスパイア ポケックスボックス)レビュー

マウスピース(咥える部分)は汎用規格の510D T仕様なので、付属品以外も使えます。
付属するのは樹脂製で、コイルで発生した熱を唇まで伝えないように配慮されています。

aspire PockeX Box(アスパイア ポケックスボックス)レビュー

特徴的な「トップtoボトム」エアフローの専用コイル、コイル内をUターンさせることで、トップエアフロー構造でリキッド漏れを防ぎながら、ボトムエアフローの味わいに優れたメリットを実現しています。

付属コイル

  • PockeX U-tech Coil 0.6Ω(18-23W)ステンレススチール
  • PockeX U-tech Coil 1.2Ω (10-12W)カンタルAF

ちなみにボトム部分から漏れることはない構造ですから、リキッド満タン状態でもコイル着脱可能です。タンクにリキッドが残ったまま外せます。

ちなみに、コイル規格は初代PockeX付属品と全く同じもので、相互利用可能。

aspire PockeX Box(アスパイア ポケックスボックス)レビュー

また、エアホールにはAFC(エアフローコントロールリング)がついているので、ユーザーの好みに応じて無段階に全開から全閉までリニアにドローを調整することができます。

aspire PockeX Boxの使い方・操作方法

aspire PockeX Box(アスパイア ポケックスボックス)レビュー

  • 電源ON/OFF… パフボタンを5回連続で押す(5クリック)
  • パフ操作…マウスピースをくわえてパフボタンをスイッチする(マニュアル)

感想とまとめ

aspire PockeX Box(アスパイア ポケックスボックス)レビュー

根強い人気の「漏れない」AIOスターターキットの進化版!

5年も前の製品なのに、いまだに人気のあるスターターキット。
その「大容量バージョン」が本作PockeX AIOです。

機能アップや改善点はなく、あくまでバッテリー容量が増えただけ。
というのも「コイルが全く一緒」なんですよ。

付属品とオプション品のコイルは、当時から販売され続けているもの。
aspire製品は息の長いもの(Nautilusコイルなど)も多いのですが、これも同様。

むしろ変える必要はないほど優れているから、バリエーションを出すだけで十分。
その判断も納得できる完成度の高さです。

 

コメント