aspire Nautilus Prime X レビュー|18650対応!BP・ノーチラスコイル対応POD!

aspire Nautilus Prime X(アスパイア ノーチラスプライムエックス)レビュー

aspire(アスパイア)のVAPEスターターキット、Nautilus Prime X「ノーチラスプライムエックス」のレビューです。

ノーチラスコイルとBPコイル対応の進化した18650シングルバッテリー高性能・大容量PODデバイス!
さらにRDTAと510アダプターもあって、MODとしても使えるハイスペック仕様です。

詳細をレビューします。

商品提供:ベプログshop

スポンサーリンク
べプログショップ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

aspire Nautilus Prime Xとは?

aspire Nautilus Prime X(アスパイア ノーチラスプライムエックス)レビュー

AspireのPODデバイス、Nautilus Prime X「ノーチラスプライムエックス」です。

世界的な人気デバイスとなったNautilus Primeの進化版です。

優れた点はそのままによりカッコよく高性能に!バッテリー交換式になって汎用性も拡充し、MODとしても使えるようになりました!

進化したポイント

  • デザイン(ルックス・ディティールが大幅進化)
  • 機能(カラー液晶・スマートモード搭載)
  • バッテリー交換式(18650シングル仕様)
  • 汎用性
    • Nautils BVCだけでなくBPコイルにも対応
    • 510アダプターでテクニカルMODとしても
    • RDTAユニットもラインナップ

本作も大ヒット間違いなし!?それでは、Aspire Nautilus Prime Xの特徴です。

 Aspire Nautilus Prime Xの特徴

  • 18650シングルバッテリー交換式のPODデバイス
  • 最大出力60W、4つのモードを搭載した高性能モデル
  • 2種類のプリメイドコイル、RDTAと510アダプターに対応
    • Nautilus BVC Coil / BP Coil

18650シングルバッテリー交換式のPODデバイス

出典:aspire

Nautilus Prime Xは『内蔵バッテリー式 → 交換式』になりました。

内蔵バッテリー式は手間なく使えて簡単な反面、バッテリー寿命と同時に本体も使えなくなるというデメリットがありますが、Xでは交換可能になったことで末長く愛用できるデバイスになりました。

 

最大出力60W、4つのモードを搭載した高性能モデル

出典:aspire

Nautilus Primeの優れた性能をそのまま引き継ぎ、最大出力は60W、0.001Sの高速加熱応答を備えています。
それに加えて、インテリジェントパワーメモリを備えたスマートASPチップセットを搭載しました。

2種類のプリメイドコイル、RDTAと510アダプターに対応

出典:aspire

プリメイドコイル交換式で便利に、そしてコスパに優れた仕様はそのままに、対応コイルが2種類に拡充。それだけではなく、Nautilus Prime X独自オプションも充実しました。

対応コイル

  • BP Coil
  • Nautilus BVC Coil
  • RDTA
  • 510アダプター

RDTAでコイルビルドが楽しめるだけでなく、510アダプターを使えば汎用アトマイザーがマウントできるテクニカルMODとしても使用できるようになりました。

出典:aspire

BPコイルにも対応したことで、使えるプリメイドコイルは多岐にわたります。

対応コイルバリエーション

  • BP Coil
    • 0.17Ωメッシュコイル(45-55W)
    • 0.3Ωメッシュコイル(30-40W)
    • 0.6Ωコイル(15-25W)
    • 1.0Ωコイル(10-16W)
    • BP RBA Deck
  • Nautilus BVC Coil
    • Nautilus 2S Mesh Coil 0.7Ω(20-25W)
    • Nautilus BVC Coil 1.8Ω(10-14W)
    • Nautilus BVC Coil 1.6Ω(7-11W)
    • Nautilus 2 Coil 0.7Ω(18-23W)
    • Nautilus 2S Coil 0.4Ω(23-28W)
    • Triton Mini Claption Coil 1.8Ω(13-16W)
    • Nautilus Prime RBA Deck

もちろん、BP・Nautilus用のRBAコイルも使用可能です。

カラーバリエーション

出典:aspire

バイカラーが目を引く、6種類のバリエーションが用意されています。

Aspire Nautilus Prime Xのカラーバリエーション

  • Retro Brown レトロブラウン
  • Hunter Green ハンターグリーン
  • Charcoal Black チャコールブラック
  • Blue Gradient ブルーグラディエント
  • Maroon Gradient マルーングラディエント
  • Red Gradient レッドグラディエント

スペック

出典:aspire

サイズH 91× W45× D25mm
対応抵抗値0.1Ω – 3.5Ω
出力1 – 60W
リキッドチャージPODサイドフィル
エアフローボトムエアフロー(調整可)
コイルプリメイド交換型・RDTAユニット・510アダプター
充電ポートUSB-C(5V 2A)
バッテリー18650シングルバッテリー
保護機能
  • オーバータイムプロテクション
  • ショートサーキット保護
  • オーバーヒート保護
  • バッテリー低電圧保護
  • バッテリー過充電保護
  • バッテリー過放電保護
  • バッテリー逆挿保護

パッケージ・内容品

aspire Nautilus Prime X(アスパイア ノーチラスプライムエックス)レビュー

内容品一覧

  • aspire Nautilus Prime X バッテリー本体
  • aspire Nautilus Prime X BP PODカートリッジ
  • aspire Nautilus Prime X Nautilus PODカートリッジ
  • BP 0.3Ω Mesh Coil(30-40W)
  • Nautilus 2S Mesh Coil 0.7Ω(20-25W)
  • USB-C充電用ケーブル
  • ユーザーマニュアル(英語)

Nautilus Prime Xの詳細

aspire Nautilus Prime X(アスパイア ノーチラスプライムエックス)レビュー

Nautilus Prime Xは内蔵バッテリーモデル”Nautilus Prime”のハイスペックモデル。

デザインはシリーズ共通で、2つの角柱をドッキングしたような今までにないオリジナリティーを感じさせるものを踏襲しています。

 

aspire Nautilus Prime X(アスパイア ノーチラスプライムエックス)レビュー

デザインはさらに高級感を感じさせるディティールへと進化しました。

大きく入った『NAUTILUS PRIME X』のロゴを引き続き採用していますが、そこにはレザー調のグリップを用いたことで、エレガントなで洗練された印象になりました。

それだけではなく、手に触れる部分にレザーを用いたことで、握り心地も向上しています。

ボディー部分には亜鉛合金が使われていて、重厚感のある仕上がりです。

aspire Nautilus Prime X(アスパイア ノーチラスプライムエックス)レビュー

バッテリー交換式になったのに、サイズ感はあまり変わりありません。

バッテリー内蔵モデルとの比較
  • Nautilus Prime X : H 91× W45× D25mm
  • Nautilus Prime    : H 89.5× W45× D23mm
厚みが2mm増した程度の、小幅なボリュームアップ。
それも、テクニカルMODとして使えるNautilus Prime Xならではで、このサイズにすることで直径24mmサイズのアトマイザーをオーバーハングなしでマウントできる実用的なディティールです。
ご覧の通り、手に収まるサイズ感で、携帯性にも優れたデバイスです。

バッテリー

バッテリースペック
  • 容量:18650シングル
  • 出力モード:VW(1w – 60W)
  • パフ操作:マニュアルパフ
  • 充電ポート:USB-C(2A)
  • 保護機能:
    • オーバータイムプロテクション
    • ショートサーキット保護
    • オーバーヒート保護
    • バッテリー低電圧保護
    • バッテリー過充電保護
    • バッテリー過放電保護
    • バッテリー逆挿保護

aspire Nautilus Prime X(アスパイア ノーチラスプライムエックス)レビュー

3ボタン式のテクニカルMODを踏襲した操作系統

  • 前面:パフボタン・サブボタン( + , – )
  • 側面:カラーディスプレイ

aspire Nautilus Prime X(アスパイア ノーチラスプライムエックス)レビュー

ボタン配置をNautilus Primeから見直し、より操作しやすく、使いやすいディティールに。
大きさも大きくなっているので、さらに押しやすくなりました。

側面には、カラー化した大型液晶画面を備えています。見栄えも良くなりました。

aspire Nautilus Prime X(アスパイア ノーチラスプライムエックス)レビュー

モードも充実、3モードに加えて、装着したコイルの抵抗値に応じて自動でワッテージを調整してくれるスマートモード(AUTO)を新たに搭載しています。

  • Auto  装着したコイルに応じて自動でワッテージを設定
  • WATT  ユーザーが任意の数字にワッテージを調整
  • VOLTAGE  ユーザーが任意の数字にボルテージを調整
  • BYPASS  擬似メカニカルモード(バッテリー電圧出力)

今のトレンドを抑えたスペック、機能です。

5種類のカラーテーマ

  • Blue ブルー
  • Green グリーン
  • Orange オレンジ
  • Red レッド
  • Purple パープル

そして、見た目を彩るカラーテーマも実装しているのも嬉しいポイントです。

aspire Nautilus Prime X(アスパイア ノーチラスプライムエックス)レビュー

ボタン背面部分には、バッテリー充電用のtype C端子を備えています。

充電スペック

  • バッテリー:18650シングル
  • チャージポート:USB-C
  • 充電電流:2A 急速充電対応

急速充電が可能なので、素早くバッテリーをチャージすることができます。

aspire Nautilus Prime X(アスパイア ノーチラスプライムエックス)レビュー

バッテリードロアーはスライド式、ベントホールも備えています。

バッテリーベントホールとは

電池は過電流などによりバッテリーへの負担がかかるとガスを発生させます。

何故この穴が必要かといえば、その際にベントホールからガスが逃げられるようにベントホールが必要です。

このようにベントホールが空いていないと、噴出したガスが内圧が高まり、ある一定の圧力にまで達すると逃げ場がないことによって炸裂(爆発)してしまいますので、そのような事故を防ぐための安全性に配慮した仕様です。

ドロアーはちょうど良い硬さで、不意に開いてしまうような心配も少なく、開けにくくもない実用的なディティールです。

aspire Nautilus Prime X(アスパイア ノーチラスプライムエックス)レビュー

内部にはバッテリー極性表示あり。

しかも、内部は絶縁素材で覆われているので、バッテリーのシュリンク破れによるショートを防ぐ仕様。また、保護機能に「バッテリー逆挿保護」も備えています。

POD

PODスペック
  • リキッド容量:
    • BP POD : 4.0ml
    • Nautilus POD : 4.5ml
  • 素材:PCTG
  • マウスピース:510DT
  • リキッドチャージ:サイドフィル(ゴムキャップ)
  • エアフロー:ボトムエアフロー(調整可)
  • コイル:プリメイド交換型

aspire Nautilus Prime X(アスパイア ノーチラスプライムエックス)レビュー

PODカートリッジは「爪ロック式」つまんで引っ張るだけで取り外しできます。

aspire Nautilus Prime X(アスパイア ノーチラスプライムエックス)レビュー

リキッドチャージホールは側面に、ゴムプラグを外してリキッドチャージできます。

aspire Nautilus Prime X(アスパイア ノーチラスプライムエックス)レビュー

ドロー調整用のレバーは本体側に備わっています。

aspire Nautilus Prime X(アスパイア ノーチラスプライムエックス)レビュー

レバーをスライドさせて、空気の通り道を調整。全開〜全閉まで無段階調整可能。

aspire Nautilus Prime X(アスパイア ノーチラスプライムエックス)レビュー

カートリッジは半透明なので、リキッド残量の確認が簡単にできます。一目で分かります!

aspire Nautilus Prime X(アスパイア ノーチラスプライムエックス)レビュー

Nautilus Prime Xには2種類のPODカートリッジが付属します。

aspire Nautilus Prime X(アスパイア ノーチラスプライムエックス)レビュー

それぞれ、マウスピースは510DTなので、取り外し・交換可能です。

510DTとは

ドリップチップの汎用規格に近いもの。
取り付け部分のサイズが共通なので、さまさまな種類に付け替えが可能です。

付属品は樹脂製で、もちろん汎用品など好みに応じて付け替え可能です。

aspire Nautilus Prime X(アスパイア ノーチラスプライムエックス)レビュー

それぞれのPODに合わせたスペックのマウスピースが付属。
どちらも、DLユースの内径が大きなタイプがついています。

 

プリメイドコイル

aspire Nautilus Prime X(アスパイア ノーチラスプライムエックス)レビュー

キットには2種類のコイルが付属します。

  • BP 0.3Ω Mesh Coil(30-40W)
  • Nautilus 2S Mesh Coil 0.7Ω(20-25W)

どちらもメッシュコイルですね

aspire Nautilus Prime X(アスパイア ノーチラスプライムエックス)レビュー

BP・Nautilusコイル対応なので数多くのコイル・オプションに対応しています。

RBAユニットにも対応しています。

Nautilus Prime X RDTA

出典:aspire

今までリリースされてきたRBAコイルだけでなく、Nautilus Prime X専用品として、リキッド容量・ビルドしやすや(大きなデッキサイズ)などを備えた専用の『Nautilus Prime X RDTA』もオプション品として別売されています。

510アダプター

出典:aspire

テクニカルMODとしても使えるのがNautilus Prime Xの良い点です。

厚さ25mmサイズで、汎用性の高い24mmアトマイザーをオーバーハングなしで使えるのもメリット、プリメイドコイルだけでなく、数多くのアトマイザーでも使用できます。

Nautilus Prime Xの使い方

aspire Nautilus Prime X(アスパイア ノーチラスプライムエックス)レビュー

  • 電源ON/OFF …パフボタン5クリック
  • サブボタンロック …電源オン時にパフボタン3クリック
  • パフカウンターリセット… パフボタンとマイナスボタン同時押し
  • モード選択 …電源ON時にサブボタン同時押し
    • MODE モード選択
    • Color カラーテーマ選択
    • Brightness 液晶明るさ設定

感想とまとめ

aspire Nautilus Prime X(アスパイア ノーチラスプライムエックス)レビュー

出し惜しみなし!高い汎用性と永年使用できるスペックの18650対応PODデバイス!

デザインがよりラグジュアリーで洗練されただけでなく、スペックも正当進化。

それだけでなく、対応コイル・専用ユニット・510対応など、考えられる汎用性を全て網羅しているのがこのデバイスの凄いところ!

サイズ感も良く、内蔵バッテリーモデルとほぼ同等なのが最高です!

大ヒットデバイスの上位機種は「ハズさない」ですね!これは要チェック!!

コメント

年齢認証

あなたは20歳以上ですか?