スポンサーリンク
べプログショップ

aspire Nautilus Prime RBA レビュー|ノーチラスプライム専用!リブルタブルコイル!

aspire Nautilus Prime RBA(アスパイア ノーチラスプライムRBA)レビュー

aspire(アスパイア)、Nautilus Prime RBA「ノーチラスプライム・アールビーエー」のレビューです。

ノーチラスプライム専用RBAユニットです。

自分好みの味わいを実現するリブルタブルアクセサリー、プリメイドコイルに比べてコストパフォーマンスにも優れています。

詳細をレビューしていきます。

商品提供:ベプログshop

スポンサーリンク
べプログショップ
スポンサーリンク

aspire Nautilus Prime RBAとは?

aspire Nautilus Prime RBA(アスパイア ノーチラスプライムRBA)レビュー

Nautilus Prime RBA「ノーチラスプライム・アールビーエー」です。

AspireのNautilus Prime「ノーチラスプライム」専用のRBAユニットです。

aspire Nautilus Prime RBA(アスパイア ノーチラスプライムRBA)レビュー

2ポストのスタンダードなデッキデザイン、シングルコイル専用デッキ。

PODデバイスをRBAアトマイザーのように使うことができるアクセサリーです。

RBAアクセサリーがあるのもPODデバイスをセレクトするのに非常に重要です。

RBAユニットのメリット

  • コストパフォーマンスに優れている
  • 自分好みのビルドによって、味わいを変化させることができる

デメリットとしては、カートリッジ式コイルを変えるだけの「プリメイドコイル交換式」と比べると、手間などが面倒だとも言えます。

しかし、VAPEを趣味で楽しむユーザーにとってはなくてはならないものです。

それでは、付属品や詳細などを見ていきましょう。

パッケージ・内容品

aspire Nautilus Prime RBA(アスパイア ノーチラスプライムRBA)レビュー

内容品一覧

  • Aspire Nautilus Prime専用 RBA デッキ 本体
  • 510アダプター
  • 予備パーツ(デッキネジ・Oリング)
  • ツール
  • ユーザーズガイド(英語)

Nautilus Prime RBAの詳細

aspire Nautilus Prime RBA(アスパイア ノーチラスプライムRBA)レビュー

Aspire Nautilus Prime専用のRBAユニットです。

ノーチラスプライムRBAはNautilus BVC Coilが使用可能なPODデバイスですが、Nautilus Coil互換RBAユニットではありません。

aspire Nautilus Prime RBA(アスパイア ノーチラスプライムRBA)レビュー

『Nautilus Prime専用』なのかといえば、それはサイズが全く異なるからです。

Nautilus Coilを使っていれば分かることですが、コイル径が非常に小さいので、とてもRBAに対応できるサイズではありません。

aspire Nautilus Prime RBA(アスパイア ノーチラスプライムRBA)レビュー

Nautilus Prime(ノーチラスプライム)は、専用のボトムパーツを設計してNautilus BVC Coilに対応するとともに、直径の大きなRBAの設計も可能にしました。

aspire Nautilus Prime RBA(アスパイア ノーチラスプライムRBA)レビュー

後々同じ規格のデバイスが登場する可能性は十分にありますが、現時点ではこのRBAユニットの対応デバイスはNautilus Primeのみとなっています。

aspire Nautilus Prime RBA(アスパイア ノーチラスプライムRBA)レビュー

Nautilus Prime RBAは2ピース構造です。

  • デッキパーツ
  • キャップパーツ

デッキとキャップがスレッドによってドッキングする構造です。

aspire Nautilus Prime RBA(アスパイア ノーチラスプライムRBA)レビュー

ボトム部分にはロングなポジティブピンがあります。

aspire Nautilus Prime RBA(アスパイア ノーチラスプライムRBA)レビュー

Nautilus Prime専用ボトムパーツに接続できるとともに、RBAに付属の510アダプターにも取り付けできるようになっています。

一般的なテクニカルMODに取り付けできるので、抵抗値測定やショート確認・ドライバーンが可能です。

aspire Nautilus Prime RBA(アスパイア ノーチラスプライムRBA)レビュー

エアホールはポジティブピン部分に。プリメイドコイルと同じような作りです。
ノーチラスプライムRBAにはドロー調整機能は備わっていません。

しかし、Nautilus Prime本体にはドロー調整機構が備わっているので調整可能です。

aspire Nautilus Prime RBA(アスパイア ノーチラスプライムRBA)レビュー

2ポストデザイン、シングルコイル専用デッキです。

デッキサイズ:12mm

aspire Nautilus Prime RBA(アスパイア ノーチラスプライムRBA)レビュー

円周上180度の対角線上に、ポストが設置されているスタンダードデザインです。

ポスト間:5mm

矮小なデッキですが、他のデバイスのRBAユニットと比べても、ポスト間にはポスト間には余裕があります。

aspire Nautilus Prime RBA(アスパイア ノーチラスプライムRBA)レビュー

エアホールサイズは、かなり大きめの直径2.5mmです。

Nautilus Coilといえば「MTL向けの高抵抗コイル」のイメージがありますが、他のPODデバイスのRBAユニットのエアホールサイズと比べてもかなり大きめのサイズで、高抵抗に特化しているとは言えないスペックです。

欲を言えば、エアホールサイズが変更できるパーツなどが用意されているとよかったです。純正品ではオプションでもそのようなパーツなどは用意されていません。

aspire Nautilus Prime RBA(アスパイア ノーチラスプライムRBA)レビュー

ポスト部分にはワイヤーガイドが付いています。

aspire Nautilus Prime RBA(アスパイア ノーチラスプライムRBA)レビュー

キャップ裏は綺麗なドーム型、矮小サイズのユニットでも構造にこだわっています。

Nautilus Prime RBAのビルド

aspire Nautilus Prime RBA(アスパイア ノーチラスプライムRBA)レビュー

それではビルドです。

ノーチラスプライムRBAをビルドするには、基本的にテクニカルMODが必要です。

Nautilus Primeデバイス本体にRBAユニットをマウントして、抵抗値測定・ドライバーンなどは出来ませんので、今までテクニカルMODを購入したことがないユーザーには不親切かもしれません。

でも、一つは持っていると便利ですから、これを機に購入を検討すると良いかもしれません。

aspire Nautilus Prime RBA(アスパイア ノーチラスプライムRBA)レビュー

RBAデッキの側面部分には、コイルジグをマウントするガイドつきなので、かなり楽にビルドできそうな雰囲気です。

aspire Nautilus Prime RBA(アスパイア ノーチラスプライムRBA)レビュー

デッキサイズはかなり小さいですが、シングルコイル用のスタンダードなデッキデザインなのでビルドは割と簡単です。ただし、デッキネジがかなり小さいので、24ゲージなど太めのワイヤーなどだと固定しにくいです。

デッキサイズ的にも26ゲージ以上のワイヤー用だと割り切りが必要かも?

また、ワイヤーレッグはデッキ中央にリターンさせた方が良いでしょう。
そのままデッキ円周でカットすると、キャップと触れてショートしそうです。

aspire Nautilus Prime RBA(アスパイア ノーチラスプライムRBA)レビュー

コイルジグに通したままコイルを設置すると、コイル位置がかなり上目です。

このままでは、エアホールから離れすぎているので味がでなさそうなので下げたいのですが、RBAユニット側面の出っ張りが邪魔でうまく下げられません。

aspire Nautilus Prime RBA(アスパイア ノーチラスプライムRBA)レビュー

そんな時は、L字型の専用ジグを使うと便利です。

もちろん市販されていますので、1セット持っていると便利です。

aspire Nautilus Prime RBA(アスパイア ノーチラスプライムRBA)レビュー

ドライバーンします。

aspire Nautilus Prime RBA(アスパイア ノーチラスプライムRBA)レビュー

ウィックを適当な長さにカットします。これは好みに応じてどうぞ。

aspire Nautilus Prime RBA(アスパイア ノーチラスプライムRBA)レビュー

ウィッグレッグ両サイドを落としたらビルド完成です。割と楽だと思います。

aspire Nautilus Prime RBA(アスパイア ノーチラスプライムRBA)レビュー

キャップを取り付けて、デバイスにマウントすれば使うことができます。

感想とまとめ

aspire Nautilus Prime RBA(アスパイア ノーチラスプライムRBA)レビュー

Nautilus Prime専用RBAユニット!

デバイスもめちゃくちゃ注目されていますが、RBAの完成度も高いです。
それも含めて注目されているんですよね。

最早このデッキデザインは、POD用RBAユニットの定番ですね!
他社製品でもかなり似ているデッキデザインが採用されています。

惜しい!のは、デッキエアホールが大きすぎるんですよね。
そのため、タイトドロー向け高抵抗セッティングよりも、DL向けちょっと低抵抗気味の方がマッチします。

Nautilus BVC Coilは、高抵抗に定評のあるコイル規格ですから、同じような抵抗値で美味しく吸える工夫が欲しかったです。

ただ、汎用性を求めたスペックだと思いますので、色々なビルドで遊べるユニットであることは間違いありません。

コメント