JUULを個人輸入で購入する|日本から通販できる?

JUULを個人輸入で購入する|日本から通販できる?

JUULとは、アメリカで大人気!新しいタイプの喫煙器具。

全米電子タバコ市場で70%以上の圧倒的なシェアを獲得する電子タバコデバイスです。
アメリカで爆発的に普及、社会現象となるほど。

ニコチンを含有する液体を、独自の温度管理テクノロジーで水蒸気として吸うことで、紙タバコと同じような喫煙感が受け入れられ、若年層を中心に多くのユーザーに利用されています。

紙タバコのように燃やすことがないので、タバコの嫌な臭いが少ないのです。

ただし、JUULはニコチン入りPODカートリッジを使用するデバイスなので、薬事法で「販売・譲渡」ができないため、日本国内で購入することはできません。

JUUL本体の購入は可能ですが、ニコチン入りPODやリキッドは購入できません。

ただし、未承認医薬品となるニコチンは個人の使用に限っては個人輸入ができます

JUULは、ガジェットとしても魅力があるので、日本でも興味を持っているユーザーが多いのではないでしょうか。

JUULを日本から通販できるのかをまとめました。

 

スポンサーリンク
べプログショップ

JUULを個人輸入しました

ニコチンが含まれたPODカートリッジがついたJUULはどこで購入できるのか?

実際にJUULデバイスを日本から個人輸入してみました。
今回利用したのはJAPAN VAPORというサイト。

発送も到着も早くて、完全日本語対応しているのが嬉しいです。

JAPAN VAPORとは?

アメリカ カリフォルニア州のECサイト。

“JAPAN” VAPORのネーミング通り、日本人向けに構築された通販サイト。

個人輸入というと「難しい」イメージがありますが、このサイトは全て日本語で書かれているので、日本の通販サイトと全く同じ感覚で利用できます。

日本人の方が店舗運営されているので、日本語に完全対応しています。

個人輸入のデメリット

日本語完全対応の日本の通販サイトと変わらない感覚で買い物できるので、抵抗感なく利用できるのですが、もちろんデメリットもあります。

個人輸入の注意点

  • 送料が高い($23)
  • 海外発送なので到着まで時間がかかる
  • 配送先は自宅とのみ(会社宛はNG、個人利用の個人輸入のため)
  • 購入金額が16,600円を越えると関税、消費税、通関手数料等が発生する可能性
  • 個数制限がある(法制限による)

詳細はご購入前に必ずお読みくださいにを確認しましょう。

到着が早い!今回は中2日で届いた!

個人輸入は海外から発送されるので、当然国内発送のように翌日届くなどという迅速さは望めません。

では、どれぐらいのスピードで届くのか?

今回は数点を手配、JUUL純正POD以外にも、美味しいものがあるらしいのでお試しで、フレーバーの種類が多いマルチパック中心にセレクトしました。

一週間ぐらいはかかるのかな?と思っていましたが、
手配したのは2019年7月15日(月) 、到着したのは18日(木)でした。

なんと!中2日で到着しました!

JAPAN VAPORのサイトには

  • 発送業務は注文から最大2営業日以内に行います。
  • 配送方法にもよりますが、商品お届けまでに約1週間程度かかります。

と書かれているのですが、実際に注文してみると記載されているより早く届いたのです。

送料がかかってしまうのは致し方ないですが、料金が安いUSPSなどではなく、『配送が驚くほど早い!』と定評のDHLをを使っているのも良い点で、思ったよりも早く届くのが嬉しいですね。

 

JUULデバイスだけなら日本でも通販で販売!購入可

ニコチンを含まないJUULデバイス単体であれば日本国内でも購入することができます。

販売しているBeyond VAPE JAPANは、海外ショップの日本支社。

日本でも原宿・中野に店舗を構える有名ショップなので、安心して購入することができます。

また、デバイスだけでなく、ニコチンを含まないカートリッジやスターターキット販売されています。

しかし、ニコチンは当然含まれていないので、ノンニコだと満足できないユーザーには物足りないかもしれませんが、JUULデバイスを気軽に体験してみたいと人にはぴったりです。

 

JUULニコチン入りPODの購入は違法?

JUULを購入するにあたって、ニコチン入りPODカートリッジおよびリキッドを日本で購入することはできるのか?

まず、国内販売店からは購入できません。

ニコチンは「未承認医薬品」「毒物」扱いになるため、毒物及び劇物取締法(旧薬事法)にて規制されているためで、日本国内での販売または譲渡が禁止されています。

しかし、個人の責任のもと輸入、使用することは規制されていません。

「合法」とは言い切れないものの、「違法」と定義されていない。

つまり、事実上個人輸入ができます。

 

JUULの購入可能な量に制限はあるのか?

ニコチン入りリキッドは1ヶ月間の個人使用における範疇内のみ個人輸入が可能です。

厚生労働省が発表する医薬品等輸入手続質疑応答集が指針になっていて、通関時にもこれを元に可否されています。

  • リキッド120ml
  • カートリッジ60個(JUULカートリッジは4個入りなので15箱まで)
  • デバイス2個

ただし、この範囲内であっても税関の判断で1ヶ月間の個人使用量以上とみなされると、「焼却処分」または「送料負担で返送」となる場合もあります。

 

まとめ

結論を言うと、「JUULは日本から通販可能で個人輸入できる」です。

ただし、未成年者への販売は禁止されているのでご注意ください。

ただし、「毒物」であるニコチン入りPODの取り扱いには十分には最新の注意が必要なのはもちろん、購入したPODの譲渡・販売は違法となります。

高濃度のニコチンを含むPODカートリッジは、厳重に管理し、特に乳幼児の手の届かないところに保管し、誤飲事故などが起こらないようにしなければなりません。

もし、個人輸入を利用するのであれば、安全に運用したいですよね。

コメント