WISMEC

【アトマイザー】Anglo RDA「アングロ」 Hellvape ヘルベイプレビュー

この記事は 約8分で読めます。

【アトマイザー】Anglo RDA 24mm「アングロ」 / Hellvape ヘルベイプ レビュー

Hellvape「ヘルベイプ」のVAPEアトマイザー、Anglo RDA 24mm「アングロ」のレビューです。

個性的なデザイン。特にエアフローリングが個性的で、2サイズのリングをスラントリングのように使用できるのも特徴的なDL用のミスト多め向け24mmサイズドリッパーです。

ポリッシュされたボディーが美しく、メカっぽさを感じるエクステリアデザイン。

それでは詳細を見ていきます。

商品提供:ベプログshop

 

 

スポンサーリンク
べプログショップ

VAPEアトマイザー Hellvape Anglo RDA とは?

24mmサイズのリブルタブル ドリッピング アトマイザー”Anglo RDA”

【アトマイザー】Anglo RDA 24mm「アングロ」 / Hellvape ヘルベイプ レビュー

この製品はHellvapeが、DukunVapeとのコラボレーションによって生まれました。

【アトマイザー】Anglo RDA 24mm「アングロ」 / Hellvape ヘルベイプ レビュー

こだわりのデザインと、デッキデザイン。シングルコイルにもデュアルコイルにも対応する使い勝手の良さが特徴で、ドローが軽く、ミスト量を多く発生するRDAとしての利便性にもこだわっている印象。

 

シンプルながら個性的なデザイン。ポリッシュされたボディーなどデザインにこだわったRDAで、カラーバリエーションも豊富。

http://www.hellvape.com/ より抜粋

シルバーカラーのみではなく、クリアキャップやPEIキャップのバリエーションも用意されていて、カスタム感のあるルックスをセレクトすることもできるので、好みに合わせることができます。

それではより詳細を見ていきましょう。

 

Hellvape Anglo RDAのパッケージと内容品

パッケージはペーパーボックスタイプ。

【アトマイザー】Anglo RDA 24mm「アングロ」 / Hellvape ヘルベイプ レビュー

個性を主張する本体とは異なり、シンプルなイメージのパッケージデザイン。背面には製品偽造防止のスクラッチ式コードの入ったステッカーも貼られています。

【アトマイザー】Anglo RDA 24mm「アングロ」 / Hellvape ヘルベイプ レビュー 【アトマイザー】Anglo RDA 24mm「アングロ」 / Hellvape ヘルベイプ レビュー

内容品一覧

  • Anglo RDA アトマイザー本体
  • 810 PEIドリップチップ SSフレーム付き
  • PEI 510ドリップチップアダプター
  • 25 mm AFCリング
  • 29 mm AFCリング
  • スコンカーピン
  • 予備パーツ

本体と付属品が収納されています。付属品も充実しています。

 

 

Hellvape Anglo RDAの詳細

それでは詳細を見ていきます。まずはスペックから。

【アトマイザー】Anglo RDA 24mm「アングロ」 / Hellvape ヘルベイプ レビュー

Hellvape/Anglo RDAのスペック

直径24mm
高さ25mm(DT・スレッド除く)
重量50g(実測)
ネジタイプ510
ドリップチップハーフインチ 810DT/510DTアダプター
コイルRBA シングルコイル/デュアルコイル
エアフローデュアルサイドエアーフロー
素材ステンレス316SS , PEI
BF対応◎ BFピン付属
Silver

HELLVAPE公式サイトより

ルックスに比べて、高さが低く感じるのは24mmサイズだからでしょう。実際手に取ってみるとボリューム感を感じるボディーサイズで、SSキャップバージョンの提供品はデッキも塊感があり、重量は50gと重め。

エアフローはサイドエアフロ。2か所設けられたエアフローがぶつかり合うデザインの「デュアルサイドエアフロー」は様々なアトマイザーに採用されている、2016年ぐらいから一般的になったエアフロー構造です。

デッキはシングルコイルでも、デュアルコイルでも巻ける2ポストデッキ。

通常ピンの他にスコンクピンも付属するのでボトムフィーダーにも対応しているのは最近リリースされるRDAとしては一般的な仕様だと言えます。

 

 

Hellvape Anglo RDAを分解する

まずAnglo RDAを大まかに分解して見ます。

【アトマイザー】Anglo RDA 24mm「アングロ」 / Hellvape ヘルベイプ レビュー

写真のように左から ドリップチップ / トップキャップ /デッキ に分解可能。デッキはさらに細かいパーツに分解できます。

 

 

Hellvape Anglo RDAのドリップチップ

それでは上部のパーツから順番に見ていきます。まずはドリップチップから。

【アトマイザー】Anglo RDA 24mm「アングロ」 / Hellvape ヘルベイプ レビュー

ドリップチップ取り付け部分は810DT(ハーフインチサイズ)で、取り付け部にOリングがはめ込まれたタイプ。付属品だけでなく、汎用品も使用可能です。

 

810ドリップチップ

付属のドリップチップはハーフインチサイズ。

【アトマイザー】Anglo RDA 24mm「アングロ」 / Hellvape ヘルベイプ レビュー

PEI樹脂とステンレスの2ピースで構成されていますが分解はできません。強度にこだわり金属ベースを採用しながら、口当たりや唇に熱が伝わらないようにPEI樹脂を採用。そして見た目にも変化があるワンポイントに。逆テーパー構造で、口元で拡散する内部構造です。

全長10.5mm、露出部の高さ6mm、外径17mm、内径7→10mm(逆テーパー)。

 

510ドリップチップアダプター

さらに510DTを取り付けるためのアダプターも付属します。

【アトマイザー】Anglo RDA 24mm「アングロ」 / Hellvape ヘルベイプ レビュー

PEI樹脂製のアダプターを使って、510ドリップチップを取り付け可能です。シングルコイルでビルドし、エアフローを絞る場合はこのアダプターで内径が細いドリップチップを使うことができます。

 

トップキャップ

次にトップキャップです。

【アトマイザー】Anglo RDA 24mm「アングロ」 / Hellvape ヘルベイプ レビュー

サイドエアフロー構造ですが、エアフローホールはデッキ側に設けられている構造なので、トップキャップを回してエアフロー調整する必要がなく、単純にキャップとしてのデザインです。

付属のドリップチップは見た目だけでなく、構造にもこだわったものですが、トップキャップも構造にこだわっている印象で、ドーム型のチャンバー部がドリップチップになだらかに向かっているのが印象的です。

 

 

Hellvape Anglo RDAのエアフローデザイン

デッキ部分にエアホールが設けられています。

【アトマイザー】Anglo RDA 24mm「アングロ」 / Hellvape ヘルベイプ レビュー

位置的には「ボトムエアフロー」の位置ですが、デッキ的にはサイドエアフローなので、どっちと言えば良いのか迷いますが、筆者としてはコイルにエアーを当てる構造を持って「サイドエアフロー」とさせていただきます。サイドエアローでありながら、キャップにエアフロー調整機能を「兼用」させない構造で、デッキデザインの自由度などを考慮したものでしょう。

エアホールは対角線上に2か所。エアホールにはドロー調整のエアフローリングを装備しています。ちなみに全閉にもできますが、デッキとエアフローリングのクリアランスの関係か、タイトドローにはなりません。

【アトマイザー】Anglo RDA 24mm「アングロ」 / Hellvape ヘルベイプ レビュー

エアフローホールは斜め上45度に向かって空いています。

【アトマイザー】Anglo RDA 24mm「アングロ」 / Hellvape ヘルベイプ レビュー

このエアフローリングが着脱可能。そしてこれが特徴!2種類のサイズ、異なるデザインのエアフローリングをまるでスラントリングのように使用できます。

エアフローリング部分は樽型で、実際には直径が25mmあるので、MODによっては干渉してしまうので注意が必要です。

リプレイルメント用の29mmサイズのエアフローリングには、通常サイズと同じエアホールが空いていて、ビューティーリング(スラントリング)のような機能を果たします。MODに合わせてどちらか好きな方をチョイスできます。

 

 

Hellvape Anglo RDAのデッキ

それではデッキです。

【アトマイザー】Anglo RDA 24mm「アングロ」 / Hellvape ヘルベイプ レビュー

デッキは2ポールデッキ。

【アトマイザー】Anglo RDA 24mm「アングロ」 / Hellvape ヘルベイプ レビュー【アトマイザー】Anglo RDA 24mm「アングロ」 / Hellvape ヘルベイプ レビュー

コイルはクランプで固定し、そのクランプはマイナスネジで締め付けるデザイン。

【アトマイザー】Anglo RDA 24mm「アングロ」 / Hellvape ヘルベイプ レビュー

ネジを緩めると、スレッド部分に仕込まれたスプリングによってクランプが勝手に持ち上がるので、ビルドの際にコイルを固定するときに自分で持ち上げる必要がないので、ビルドのしやす際に考慮しています。

【アトマイザー】Anglo RDA 24mm「アングロ」 / Hellvape ヘルベイプ レビュー

デッキボトムから取り込んだ空気は、デッキサイドから供給される構造で、斜め上に向かって吹き抜けています。コイルボトムにエアーを供給できるデザイン。

ジュースウェル底まで余裕があるので、ウェルにもリキッドをそれなりに蓄えておける構造です。

デュアルサイドエアフローは一般的なエアフローデザインですが、エアフローホールの形状や供給方法、デッキの大きさやポール間の距離、またキャップ裏の構造や高さなど細かい違いによって味に特徴が生まれるので面白いですね。

 

 

 

Hellvape Anglo RDAのポジティブピンとBFピン

ポジティブピンも見ておきます。

【アトマイザー】Anglo RDA 24mm「アングロ」 / Hellvape ヘルベイプ レビュー

デッキの裏側にはブランド名や製品名、コラボレーションについての記載に、シリアルナンバーが入っています。

【アトマイザー】Anglo RDA 24mm「アングロ」 / Hellvape ヘルベイプ レビュー

金メッキが施されたポジティブピンの突起具合は1mmほど。筆者が提供してもらった個体はメカニカルMODでのハイブリッド接続も許容する程度は突起していました。

このポジティブピンを外しても、デッキのポジティブ側ポールは取れませんでした。圧入されているのかもしれませんが、保護基板を搭載しないメカニカルMODでの使用時にピンを緩めて使用し、使用中にデッキがずれてショートする方が危険なので緩めて使うのが危険だと思います。

【アトマイザー】Anglo RDA 24mm「アングロ」 / Hellvape ヘルベイプ レビュー【アトマイザー】Anglo RDA 24mm「アングロ」 / Hellvape ヘルベイプ レビュー

ノーマルピンだけではなくスコンクピンも付属します。

【アトマイザー】Anglo RDA 24mm「アングロ」 / Hellvape ヘルベイプ レビュー

デッキのジュースウェルの底から若干上がった場所から供給されるので、ボトムフィーダーで使用する場合も、ジュースウェルにリキッドを貯めておくことができます。

 

Hellvape Anglo RDAをMODに載せる

【アトマイザー】Anglo RDA 24mm「アングロ」 / Hellvape ヘルベイプ レビュー Eleaf / iStick Pico 21700 (21700/18650シングル)

【徹底レビュー】Eleaf iStick Pico 21700 大容量バッテリー&24mmアトマ対応!
Eleaf「イーリーフ」のVAPEスターターキット、 iStick Pico 21700 with ELLOのレビューです。 iStick Picoはかわいいけど今主流の24mmサイズアトマイザーが使いたい!そんなニーズにぴっ...

 

 

【アトマイザー】Anglo RDA 24mm「アングロ」 / Hellvape ヘルベイプ レビュー Eleaf / iStick Pico S (21700シングル)

【 スターターキット】Eleaf iStick Pico S with ELLO VATE レビュー
Eleaf「イーリーフ」のVAPEスターターキット、iStick Pico S with ELLO VATE 「アイスティック ピコ エス ウィズ エッロ ファーター」のレビューです。 全長を抑えたコンパクト設計で大人気を博す...

 

 

【アトマイザー】Anglo RDA 24mm「アングロ」 / Hellvape ヘルベイプ レビュー Joyetech / ESPION Infinite (21700デュアル)

【スターターキット】Joyetech ESPION Infinite with ProCore Conquer レビュー
Joyetech「ジョイテック」のVAPEスターターキット、ESPION Infinite with ProCore Conquer 「エスピオン インフィニット ウィズ プロコア コンカー」のレビューです。 Joyetech...

 

 

 

 

 

Hellvape Anglo RDA のビルド

それではビルドしていきます。

【アトマイザー】Anglo RDA 24mm「アングロ」 / Hellvape ヘルベイプ レビュー

本製品には、ツールやコイル、コットンは付属しないので、必要なものを揃える必要があります。ビルドツールに関しては記事を執筆していますのでそちらをご覧ください。

【初心者向け】初めてのコイルビルド その1 ツールを用意しよう
こんにちは、HIROです!! VAPEを始め、クリアロマイザーなどから入ってこられた方も、情報を集めるうちに自分でコイルを巻いてみようかな?という日が来るかと思います。 私もビルドをはじめたのはつい最近ですが、その魅力の...
【初心者向け】初めてのコイルビルド その2 シングルコイル
こんにちは、Hiroです!! 全開読んでいただいた方、ビルドに必要な物は揃えましたか? 揃ったらビルドしたくてたまらなくなっていると思います。 では、今回は実際にビルドしてみましょう。 今回、シングル...

Anglo RDAの他には

  • テクニカルMOD
  • ワイヤー
  • コットン
  • ツール(マイナスドライバー、ニッパー、コイルジグ)

これぐらいは最低限用意する必要があります。

【アトマイザー】Anglo RDA 24mm「アングロ」 / Hellvape ヘルベイプ レビュー

今回はかなり珍しくパラレルで巻いてみました。ワイヤー2本をコイルにしていく方法です。クラプトンコイルに頼ってもいいのですが、ミストが”うるさく”あまり筆者好みではないのと、単線ではスペース的に役不足だと判断してこのビルドをセレクト。

CoilMonsta Kanthal 24G , 3.0mm , 6raps , parallel

【アトマイザー】Anglo RDA 24mm「アングロ」 / Hellvape ヘルベイプ レビュー

メカニカルで使用する場合は特に抵抗値にも最新の注意を払います。今回のビルドの実抵抗値は0.35Ωで、シングル18650メカニカルでもVTC5A使用で十分耐えられるようにビルドしています。

【アトマイザー】Anglo RDA 24mm「アングロ」 / Hellvape ヘルベイプ レビュー

最後にウィッキングしてリキッドをたらせば使うことができます。リキッドのチャージはこうしてキャップを開けても良いですし、付属のワイドボアドリップチップから垂らしても良いかと思います。

 

 

 

 

VAPEアトマイザー Hellvape Anglo RDA のまとめ

【アトマイザー】Anglo RDA 24mm「アングロ」 / Hellvape ヘルベイプ レビュー

使い勝手・見た目を兼ね備えたDLユースのマスプロRDA!!

まず見た目が良いですよね。デザインも個性的でカラーバリエーション(素材)も豊富。それだけで買う動機になり得るルックスで、ポリッシュされたボディーもいい感じです。

そして、ビルドもしやすく、運用も良い。似た構造のRDAに対して、この機種ならではの個性はあまり感じませんが味もミストが細かい感じで良いのではないでしょうか!

サイドエアフローなのに、ボトム位置のエアフローリングでドロー調整ができる点も個性的で、このリングが変えられるのも良いと思います。

テクニカルでも、メカニカルでも使える使い勝手も嬉しいですね!

 

通販はこちらから!

→ Anglo RDA 24㎜【Hellvape(ヘルベイプ)】 [べプログショップ]

商品購入サイトはこちら

3000円以上購入送料無料です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
RDA
スポンサーリンク
べプログショップ
VAPE Circuitをフォローする
VAPE Circuit|初心者のための電子タバコ レビューブログ