【クリアロマイザー】「GS-Tank」(Eleaf)  レビュー

スポンサーリンク
べプログショップ
この記事は 約2分で読めます。

初めて買ったアトマイザーですが、優れた点もあり、毎日普段使いに使用しているものです。
今回はこのEleaf GS-Tankのレビューをお届けいたします!!

スペック

・温度管理対応アトマイザー
・ボトムバーティカルコイル(コイルの内部に空気を通す構造)
・コイル交換可能
・エアフロー調整可能

廉価なクリアロマイザーです。

 

外観

コンパクトな躯体が持ち運びに便利なサイズのクリアロマイザーです。

半年間毎日使用しているので、使用感のある写真です…

gstank_02gstank_03gstank_05ポジティブピンの調整はできません。MOD側で、スプリング内蔵のMODを使用する場合は問題ありません。

gstank_04吸口(ドリップチップ)は取り外すことできます。

gstank_06gstank_07gstank_08ドリップチップは内径が細めです。

 

 

分解してみる

gstank_09トップパーツとベースパーツはネジ式で分解可能。リキットチャージの際は、この作業をする必要があります。

gstank_10リキットチャージはここから行います。

gstank_11コイルは交換可能。
コイルにはピュアコットンが使用されているそうです。

 

使用してみる

gstank_12初めて使用する際にはコイルにもリキッドを滴下します。
写真は滴下しすぎです。写真撮りながらの滴下はキビしいです…

gstank_13タンクにリキッドを入れる際には、壁面に垂らすように入れると入れやすいですよ!

gstank_14gstank_15

ドローを調整するエアホールは4つ空いており、無断階で調整可能。
無論、全閉も可能です。
ただし、全開でもドローはキツメです。

 

まとめ

istick_tc40w_16

購入後毎日使用しています。完全に普段使いですね。

私はコイルを温度管理用Niコイル(0.15ohm)から、カンタルワイヤーコイル(0.75ohm)に変更して使用しています。

正直味はあまり良くありません。比較対象がRDAなどだからです。
しかしながら、普段使いのニコチン摂取を目的にするのであれば非常に優れた製品です。

一番の良い点 ラフに扱っても漏れない!!

毎日カバンに放り込んで通勤していますが、一度も漏れたことがありません。
いくら美味しく、かっこ良いアトマイザーでも、日常使いにおいては
普通に問題なく使えることを優先したいものです。

クリアロマイザー
Profile
このブログを書いている人

電子タバコにハマり、散財を続ける当ブログの管理人。

元々カスタマイズすることが好きなため、ガジェットとしても楽しむことができるVAPEに深くのめり込む。まだまだ初心者、日々勉強中です!

Hiroをフォローする
VAPE Circuit|初心者の電子タバコ レビューブログ

コメント