HiLIQ

【アトマイザー】Cleito EXO「クレイト・EXO」(aspire/アスパイア)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 27

【アトマイザー】Cleito EXO「クレイト・EXO」(aspire/アスパイア)

aspire(アスパイア)のクリアロマイザー、Cleito EXO「クレイト・EXO」のレビューです。

前作、無印のCleitoは爆煙ユースでかなり味が出る優れたアトマイザーという印象ですが、より低抵抗コイルを採用し、爆煙に振った設計の本機はどうなのか?

早速レビューしていこうと思います。

Cleito EXOのパッケージ、開封

さてパッケージです。

【アトマイザー】Cleito EXO「クレイト・EXO」(aspire/アスパイア)

プラスチックのパッケージ。

【アトマイザー】Cleito EXO「クレイト・EXO」(aspire/アスパイア) 【アトマイザー】Cleito EXO「クレイト・EXO」(aspire/アスパイア)

背面には偽造防止のスクラッチコード入りステッカー。開封します。

【アトマイザー】Cleito EXO「クレイト・EXO」(aspire/アスパイア) 【アトマイザー】Cleito EXO「クレイト・EXO」(aspire/アスパイア)

付属品は

  • Cleito EXO クリアロマイザー本体
  • 交換用コイル(Extra 0.16ohm Coil)
  • スペアマウスピース(デルリン)
  • スペアOリング
  • マニュアル、ワランティーカード

Cleito EXOの詳細

【アトマイザー】Cleito EXO「クレイト・EXO」(aspire/アスパイア)

本機は、クリアロマイザーと呼ばれるプリメイドコイルというメーカーが用意したアタッチメント式のコイルを交換するタイプで、爆煙タイプのミストを多く発生するアトマイザーです。

Cleito EXOのスペック

直径 23.5mm
全長 57mm
リキッド容量 2ml
ネジタイプ 510
ドリップチップ 510
コイル 交換式
エアフロー トップボトムエアーフロー
リキッドチャージ トップ
素材 ステンレス、PCTG樹脂

aspire公式サイトより

スペックを見ていくと、無印Cleitoは22mm径なのに対し、直径23.5mlと大口径化しています。対してリキッド容量は3.5ml→2mlと少量量化しています。

それでは分解して詳細を見ていきましょう。

【アトマイザー】Cleito EXO「クレイト・EXO」(aspire/アスパイア)

分解すると、左からデッキ/コイル/タンク/トップキャップ/マウスピースの5ピースに分解できます。

さて、上部のパーツから順番に詳細を見ていきます。

【アトマイザー】Cleito EXO「クレイト・EXO」(aspire/アスパイア)

マウスピースの素材はデルリンで、スペアも付属します。トップキャップにOリングを介してはめるタイプです。

そしてトップキャップ。

【アトマイザー】Cleito EXO「クレイト・EXO」(aspire/アスパイア)

指でつまんで回しやすいように、ローレットが刻んであります。デザイン的にも良いディティールです。

【アトマイザー】Cleito EXO「クレイト・EXO」(aspire/アスパイア)

実際に指でつまんで回してみると、非常に回しやすい印象です。

さて、トップキャップを取り外してみます。

【アトマイザー】Cleito EXO「クレイト・EXO」(aspire/アスパイア)

トップフィル構造になっていて、キャップを外すだけで簡単にリキッドチャージ可能です。

【アトマイザー】Cleito EXO「クレイト・EXO」(aspire/アスパイア)

タンクの素材はプラスチック系のPCTGという樹脂になります。

そしてエアフロー構造ですが、【アトマイザー】Cleito EXO「クレイト・EXO」(aspire/アスパイア)

写真のようにスリーブ上部のスリットから取り込まれます。

【アトマイザー】Cleito EXO「クレイト・EXO」(aspire/アスパイア)

取り込まれた空気はタンクとメタルパーツの間を通り、デッキ下まで導かれます。

【アトマイザー】Cleito EXO「クレイト・EXO」(aspire/アスパイア) 何故このような面倒な構造を採用しているかというと、コイル下からのリキッド漏れ防止でしょう。たとえコイルボトムからリキッドが滲んでしまっても、デッキに貯まるだけで、外には漏れにくい仕組みになっています。

デッキ裏も見てみます。

【アトマイザー】Cleito EXO「クレイト・EXO」(aspire/アスパイア)

ポジティブピンは金メッキ仕様で調整、分解は不可です。クリアロマイザーにしてはかなり出っ張っています。

そして、

【アトマイザー】Cleito EXO「クレイト・EXO」(aspire/アスパイア)

デッキからコイルを取り外します。

【アトマイザー】Cleito EXO「クレイト・EXO」(aspire/アスパイア)

コイルはかなり大き目のコイル。

【アトマイザー】Cleito EXO「クレイト・EXO」(aspire/アスパイア)

抵抗値は0.16Ωで推奨ワッテージは60-100Wになっています。

【アトマイザー】Cleito EXO「クレイト・EXO」(aspire/アスパイア) 【アトマイザー】Cleito EXO「クレイト・EXO」(aspire/アスパイア)

蛇足ですがCleitoのコイルと大きさを比較してみます。

【アトマイザー】Cleito EXO「クレイト・EXO」(aspire/アスパイア)

太さは大分違いますね。ただし、長さは一緒なので、ここでCleitoとコイルの互換性があるのではと思い、取り付けてみました。

【アトマイザー】Cleito EXO「クレイト・EXO」(aspire/アスパイア)

互換性あります!
どちらにもコイルを流用可能!ただし、コイル径がだいぶ違うので、リキッド容量は変わってしまいます。

【アトマイザー】Cleito EXO「クレイト・EXO」(aspire/アスパイア)

そして、タンクの素材がPCTGという樹脂の為実験します。メンソールやアルコール、柑橘系に耐性があるかどうか不明なので、実験的にタンク攻撃性の強いリキッドを一週間ほど入れて運用したところ、割れ等はありませんので、そこそこ耐性がありそうです。

Cleito EXOのまとめ

Cleitoから変わった点は
・径が22mm → 23.5mm に大口径化
・リキッド容量が 3.5ml → 2ml に減少
・タンクの素材が ガラス → PCTG樹脂に
・エアフロー調整ができなくなった

以上が大きな違いです。当然デザイン、ルックスが異なるのでこれ以外にも変更点はありますが、コイル互換性もある機種なので機能的に比べるとこれが大きな違いです。

使ってみて思ったのは、味はCleitoの方が乗っているということ。これは好みもありますので一概に正解とはいえませんが、味のりはCleitoの方が勝っていると思います。

そして、ミスト量も期待値ほど多くない、ということ。推奨ワッテージの上限、100Wで運用してみた上に、120Wまでかけてみましたが、近頃ある極端な爆煙機ほどミストはでません。Cleitoでも十分なミスト量が発生するため、クラウドチェイサーではない自分的には大差ないと感じてしまいます。

【アトマイザー】Cleito EXO「クレイト・EXO」(aspire/アスパイア)

細かい比較をすると、ドローはCleitoの全開よりも倍ぐらい軽く、リキッドの漏れ耐性も向上しています。ただし、Cleitoを暫く使っていましたが、漏れたことがないので果たしてよくなたのかは疑問です。

【アトマイザー】Cleito EXO「クレイト・EXO」(aspire/アスパイア)

以上のことを総合すると、Cleitoから進化しているとは到底思えないということです。

抵抗値が低くなり、ワッテージをかけなければ立ち上がらないため、80W以上で運用すると、のせるMODも選ぶし、バッテリーの減りも早く、当然リキッドも消費します。

コスト的にもメリットはないのです。

その為、味を重視しつつ、爆煙を楽しむのであれば無印Cleitoの方がベターという結論に僕は達しました。

僕はタイトドローでも爆煙志向でも味を重視するためこのようなレビューになりましたが、見方を変えたり、用途が違うのであれば評価も変わってくるかもしれませんね。

興味ある人はチェックしてみてください!

こちらから通販できます!!

その他販売店情報

ブログ村ランキング



↓ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします!!

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
スポンサーリンク


スポンサーリンク