スポンサーリンク
べプログショップ

【XMAX AVANT レビュー】スモールサイズ!濃い味とキック感のヴェポライザー

【XMAX AVANT レビュー】エックスマックス アバント

XMAX(エックスマックス)のヴェポライザー、AVANT「アバント」のレビューです。

コンパクトサイズで持ち運びに便利なタバコヴェポライザーです。4,980円の国内販売価格でコストパフォーマンスに優れ、味にも優れたデバイスです

このヴェポライザーの特徴

  • 軽量コンパクトなボディー
  • コストパフォーマンスに優れている
  • 5段階に温度調整が可能(180℃/190℃/200℃/210℃/220℃)
  • 1200mAhバッテリー搭載

詳細をレビューします!

商品提供:VAPONAVI

スポンサーリンク
べプログショップ

XMAX AVANTの詳細

【XMAX AVANT レビュー】エックスマックス アバント

タバコ葉を使用するヴェポライザー製品。加熱式たばこのような原理で、手巻きたばこ用のたばこ葉を入れて使用するの製品です。

このXMAX AVANTはコンパクトなサイズと、価格の安さ。メンテナンス性に優れ、味も楽しめる機種として注目されています。

ルックスはたばこヴェポライザーというよりもVAPEユーザーに馴染みの深い『PODタイプデバイス』に近いものです。マウスピース部分がキャップ一体型なのがそのフォルムを強調しています。

【XMAX AVANT レビュー】エックスマックス アバント

サイズはかなりコンバクトですね!このボディーサイズなのでバッテリー容量は1200mAhと控えめですが、ポケットに入るサイジングが魅力です。

加熱式タバコ(IQOSやgloなど)の本体と比べてもかなり小さなサイズです。

ヴェポライザー初心者がレビューします

筆者は数多くのVAPE製品をレビューしてきた経験はありますが、タバコ葉を使うヴェポライザーについては初心者です。

ヴェポライザーに強い興味があったため、このレビューに当たって同時に6機種の提供を受けて、機種間での違いも含め、できるだけ詳細をレビューしようとしていますが、初心者なので知識が足りなかったり、解釈が間違っていることがあるかもしれません。何卒ご了承ください。

ただし、初心者ならではの目線で、気になったことや感じたことを率直に書き綴っていこうと思っておりますので、これからヴェポライザーを入手してみたい、と思っている方の参考になれば幸いです。

また、ここが違うよ!など誤りがありましたらコメントやメッセージなどでお教えいただけますと大変助かります。

スペック

サイズH 98 × W33× D18mm
重量70 g
加熱方式コンダクション(タバコ葉を直接加熱)
加熱温度180℃/190℃/200℃ / 210℃ / 220℃(5段階)
一回の吸引可能時間3分30秒
充電ポートmicroUSB(DC5V1A)
バッテリー容量1200mAh
メーカー公式サイトhttp://www.topgreen-tech.com/pid18180045/XVAPE-AVANT-DRY-HERB-VAPORIZER.htm

パッケージ・内容品

【XMAX AVANT レビュー】エックスマックス アバント

しっかりとした厚みのあるペーパーボックス。カジュアルながら上質さを感じさせるカラーリングで、背面には日本語の記載も。さらに製品偽造防止のセキュリティーコード入りステッカーも貼られている安心感。

【XMAX AVANT レビュー】エックスマックス アバント

内容品一覧

  • XMAX AVANT Vaporizer(ヴェポライザー)本体
  • microUSBケーブル
  • パッキングツール
  • クリーニングブラシ
  • 予備チャンバーメッシュ×2
  • 予備マウスピースメッシュ×2
  • microUSBケーブル
  • ユーザーマニュアル(日本語)

同梱品はAVANT本体とマウスピース、ツールに充電ケーブル、そしてユーザーマニュアルが付属します。さらに写真を撮り忘れた予備パーツもちゃんと付属します。

マニュアルに交換用スクリーンと書かれているチャンバー用とマウスピース用のメッシュですね。

【XMAX AVANT レビュー】エックスマックス アバント

マニュアルは安心の日本語表記です。完全日本語対応。

中国製品なので、フォントは若干チャイナっぽさを感じますが、意味不明な文体ではなく、ちゃんと日本人でもわかる文章です。正規取扱店のVAPONAVIさんならではの国内保証30日月の安心感も嬉しいですね。

デザイン・ディティール

【XMAX AVANT レビュー】エックスマックス アバント

無駄なものを排除したシンプルなルックス。ボディーにはXMAXのロゴプリント以外に装飾はありません。サイズはかなり小さく、大きなものが多いヴェポライザーの中では相当コンパクトかつ軽量です。

仕上がりも綺麗です。半艶のペイントにアラは見えず、細部にまで綺麗にペイントされています。
製品としての完成度は上々です。

【XMAX AVANT レビュー】エックスマックス アバント

AVANTのボディー中央にはメインボタンが配置されています。唯一のボタン、このボタンを操作して電源操作を行います。

【XMAX AVANT レビュー】エックスマックス アバント

ボタンの上、ボディー両側には空気穴(エアホール)が空いています。エアフローコントロール(ドロー調整)は搭載されておらず、吸い込みの抵抗感は固定です。

ドローの強さは、DLもいけるぐらい軽めのドローですが、軽めながらもMTLすることもできます。

 DLとMTLとは?

紙巻きたばこや加熱式タバコ(IQOSやgloなど)では、ニコチンなどのキック感を緩和するために、まず口腔内に煙を溜め込んでから、そのあと肺まで吸引する『MTL』と呼ばれる吸い方が一般的ですが、実は2種類の吸い方があります。
  • MTL(マウス・トゥ・ラング)…口腔内に煙を溜め込んでから、そのあと肺まで吸引する
  • DL(ダイレクト・ラング)…直接肺まで吸引する

AVANTにはドロー調整機能は搭載されていないので、調整することができませんが、どちらでもいける程度のドローにセッティングされています。

【XMAX AVANT レビュー】エックスマックス アバント

ボタンの下には5つのLEDランプを搭載。このLEDがバッテリー状態と加熱状態のインジケーターとしても機能します。

【XMAX AVANT レビュー】エックスマックス アバント

AVANT本体裏面には内蔵バッテリー充電用のmicroUSB端子を装備しています。

【XMAX AVANT レビュー】エックスマックス アバント

DC5V電源に接続したmicroUSBケーブルを挿入して内蔵1200mAhバッテリーの充電が可能。充電中は一部のLEDランプが赤く点滅して内蔵バッテリー状態を表示、充電完了で全て点灯します。

充電電流は1A指定です。2Aアダプターは使用可能ですが、充電自体は1Aになるようです。
また、パススルー非対応なので、充電中の使用も不可です。

【XMAX AVANT レビュー】エックスマックス アバント

マウスピースは1種つい付属します。キャップ一体型のマウスピースで、好みの形状や素材に変更することはできません。

ベースとなっているのは耐熱性に優れたセラミック素材のものです。寒い日には加えた瞬間に冷たさを感じます。

マウスピース部分のメッシュは交換可能(予備が2枚付属します)、交換するときは、ゴム部品を外してメッシュを交換します。

キャップ部分にはマグネットが搭載されていて、本体部に簡単に取り付けできるようになっています。磁石はマウスピース側と本体側の2箇所に埋め込まれていて、本体とキャップが密着することによってタバコ葉を詰めて吸い始めるまでの作業が楽に行えます。

【XMAX AVANT レビュー】エックスマックス アバント

セラミックコーティングされたチャンバー。底にはメッシがセットされ、タバコ葉の細かいカスが内部に入り込んで故障しないようになっています。このメッシュは交換可能(予備パーツが2枚付属)です。

セラミックコーティングされていることによって、使い終わったシャグが簡単に取り出せるようになっています。通称「シャグポン」(※逆さまにして本体を叩くことによって使い終わったシャグがポンと出ること)が可能です。

内壁にタバコ葉がこびり付きづらいのでメンテナンス性に優れています。

使い方

1. タバコ葉を詰める

【XMAX AVANT レビュー】エックスマックス アバント

AVANTの本体からマウスピースを外します(マグネットなので簡単に着脱できます)
そして、チャンバーにタバコ葉を詰めます。タバコ葉は手巻きタバコ『シャグ』用のものを使うのが一般的。詰めたら再びマウスピースを取り付けます。

今回はグリーンティーフレーバーの”COLTS GREEN TEA”を用いました。

手巻きタバコ用のタバコ葉『シャグ』には、フレーバー付きのものも数多くあるので、色々なフレーバーを楽しめるのも魅力の一つです。

また、シャグを一緒に持ち歩く必要があるので、シャグポーチなどの喫煙具にもハマってしまいそうです。危険ですね。Amazonなどにも様々なシャグポーチが販売されています。

2.本体を操作して加熱を開始する

【XMAX AVANT レビュー】エックスマックス アバント

AVANT本体のボタンを操作して加熱を開始します。手順は以下の通りです。

  1. ボタンを3回連続で押す(3クリック)と電源ON → 自動で加熱開始(LED点滅)
  2. 設定温度に達するとLEDが点灯に変わる
  3. 電源ON状態でボタン長押しして設定温度を変更する(180℃/190℃/200℃/210℃/220℃)
  4. 約3分半後に自動で電源がOFFになる
    →電源OFF時はLEDが点滅(予告なし)
  5. 緊急停止は5クリックでOFF

ボタンが一つしかないので操作は簡単です。そして、LEDランプで温度がわかりやすく表示されるのでで初心者でも簡単に使うことができます。

実際に使ってみたところ、200度の温度設定で9回吸うことができました。

3.クリーニング

【XMAX AVANT レビュー】エックスマックス アバント

使い終わったらタバコ葉を取り出します。

チャンバースペースが大きく、セラミックコーティングされているので、AVANT本体を逆さまにしてトントンと叩くと、使い終わったタバコ葉がポンとそのまま出てきました。

メンテナンス性にも優れていると感じます。

ただし、全てが出てくるわけではないので、ブラシやパッキンツールなどで書き出してやるのは必須です。外出時には若干面倒な作業ですので、運転中などの使用には向かないかもしれません。

4.バッテリー残量

バッテリーの残量は、電源ON直後と電源OFF直前のLEDランプの点滅で表示されます。

  • LED5つ点灯:100%
  • LED4つ点灯:80%
  • LED3つ点灯:60%
  • LED2つ点灯:40%
  • LED1つ点灯:20%

感想

【XMAX AVANT レビュー】エックスマックス アバント

ヴェポライザーで慣れないのはやはりミストがほぼ出ないことですね。かなり少ないです。IQOSユーザーなどの加熱式タバコユーザーは、最初ミストが出ないので、視覚的に満足できないかもしれません。

IQOSなどはミストが視覚的に楽しめるように、グリセリンなどが添加されているようです。

シャグの保湿も関係していそうなので、カリカリの葉っぱと保湿されている葉っぱではミスト量も味も違ってきそうなので色々試してみるのも面白そうです。

シャグの保湿にはヒュミドールを使うのが一般的です。吸湿性のある素材が中に入っているので、コップの中につけて、シャグポットなどに入れて湿度を調整します。

しかし、味とスロートキックはしっかりと出ますので、慣れれば問題ありません。

味も濃く、キックも強め。吸い続けると徐々にミストが出てきます。

ただし、加熱完了と終了の時のお知らせ機能(バイブレーター)などが一切ないので若干の分かりにくさは感じます。特に終了時は突然終了するので、事前予告があればもうひと吸いしたいのに、と感じるシチュエーションが多々ありました。

【XMAX AVANT レビュー】エックスマックス アバント

価格の味のバランスが非常に良いですね。
サイズもコンパクト、重量も軽量で持ち運ぶにも便利なデバイスです。

キック感が強いので、紙巻きたばこのようにキック感をしっかりと感じたいユーザーにも受け入れられるのではないかと思います。

まとめ

【XMAX AVANT レビュー】エックスマックス アバント

コンパクトなサイズで、携帯性にも優れたデバイス。味もしっかりと楽しむことができ、メンテナンス性も悪くありません。本体も綺麗な仕上がりでスマートなフォルム。

意味不明なデバイスっぽさが良菜ので、外出先で使用していても周囲に警戒されずに済みそうです。

コメント