HiLIQ

【スターターキット】UNIMAX 25 (Joyetech ジョイテック) レビュー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 27

【スターターキット】UNIMAX 22 (Joyetech ジョイテック) レビュー

オールインワンスターターキットeGo AIOで入門用VAPE機材の確固たるポジションを築いているJoyetechから新たなオールインワンスターターキッドがリリースされました。

その名もUNIMAX25。その名の通り直径25mmのチューブ方スターターキットです。

eGoAIOやCUBISなどで一定の評価を得ているBF head、トップフローでありながら、トップから取り込まれたエアーをコイルのボトムから供給するコイルですが、そのプリメイドコイルの進化版、BFL headを引っさげての登場です。

果たして正統進化なのか?それとも?

この商品の提供はUrvapinさんです!ありがとうございます。

今回中国の電子たばこ通販サイトUrvapinさんから、うちのこの商品専用に割引クーポンを発行してもらいました!

割引率はなんと!25%オフです!!割引コードはVC25です。

UNIMAX25のパッケージデザインから開封まで

パッケージデザインはシンプル

【スターターキット】UNIMAX 22 (Joyetech ジョイテック) レビュー

清潔感と若干の高級感を感じる洗練されたパッケージデザイン。

背面デザインは

【スターターキット】UNIMAX 22 (Joyetech ジョイテック) レビュー

銀色で配色のセンスが良いですね、パッケージの内容の記載とともにスクラッチ式コードステッカーの添付があり、偽造防止にも気を使っていることがわかります。

開封します。

【スターターキット】UNIMAX 22 (Joyetech ジョイテック) レビュー 【スターターキット】UNIMAX 22 (Joyetech ジョイテック) レビュー

パッケージ内容は

・UNIMAX 25 バッテリー
・UNIMAX 25 アトマイザー
・BFL Kth-0.5ohm DL. head プリメイドコイル
・スペアガラスチューブ
・スペアOリング、パッキン
・Joyetech VAPEバンド
・レザー調ステッカー(ブラック)
・USBケーブル(充電用)
・マニュアル、ワランティーカード

必要なものが一式揃っています。付属のコイルはBFL Kth-0.5ohm DL. (20-40W)で、本体にも同じものが最初から組み込まれています。面白いのは本体カラーを買えることができるレザー調ステッカーも付属する点。アトマイザーのパッキンもついているのでトータルでカラーを変更することが可能。

【スターターキット】UNIMAX 22 (Joyetech ジョイテック) レビュー

しかもテープには信頼の3M製が用いられていて品質も良さそうなので、最初の色に飽きたり、劣化やはがれなどのリペアとしても使うことが出来ます。

【スターターキット】UNIMAX 22 (Joyetech ジョイテック) レビュー

そしてVAPEバンドも付属するのでガラス割れの保護に使うことも出来ます。

UNIMAX25の詳細

【スターターキット】UNIMAX 22 (Joyetech ジョイテック) レビュー

まずデザインですが個人的にはかなり良いデザインだな、と思います。

メーカーとしても”カラフルなステッカーでプレミアム仕上げを施したUNIMAX 25は、驚異的な傑作です。”と謳っています。

それは言いすぎだとは思いますがw 25mmというかなり太めな径のチューブをうまくデザインでスリムに見せているなと思います。

メーカーの宣伝文句とスペックです。

UNIMAX 25アトマイザーは、リークレジストカップのデザインが際立っており、漏れや洪水を完全に防ぎます。トップキャップを回転させたり取り外したりすることで、気流制御やeリキッド充填が容易に行える専用のTFTAシステムを採用しています。UNIMAX 25バッテリーは、2つのオプションのモードを提供します:直接出力と定電圧出力、そして高度な二重回路保護。広く開いた構造で、新しいBFLシリーズのコイルヘッドは、口から肺への肺胞と直腸肺胞の両方が満足される純粋に素敵な風味を提供します。一方、カラフルなステッカーでプレミアム仕上げを施したUNIMAX 25は、驚異的な傑作です。

UNIMAX25全体のスペック

サイズ 25.0mm*134.5mm
バッテリー容量 3000 mAh
リキッド容量 5ml
重量 156g
出力モード 直接出力と定電圧出力
抵抗値許容範囲 0.15-3.5ohm
コイル BFL と BFLL シリーズのヘッドが使用可能
BFシリーズヘッド(CUBISなどのコイル)を利用するにはアダプターを使用することで可能※付属コイルはBFL Kth-0.5ohm DL. (20-40W)
ドリップチップ UNIMAXマウスピース/510汎用ドリップチップ
カラー Full Black, Silver/Black, Silver/Brown, Silver/Blue, Silver/Red


Joyetech公式サイト
より

バッテリー容量はチューブタイプバッテリーとしてはかなり大容量の3000mAh。但し、プリメイドコイルが0.5Ωと低抵抗、ミスト量も多めと予想されるのでバッテリーの道は気になる所。

デザインは良いとして、ネックとなってくるのは本体サイズ、主にチューブ径でしょう。

【スターターキット】UNIMAX 22 (Joyetech ジョイテック) レビュー

デザインが良いので写真では太さを感じづらいと思いますが、アメリカンなチューブMODより太い25mm径。

【スターターキット】UNIMAX 22 (Joyetech ジョイテック) レビュー

持ってみると男の大きな手でも太さを感じます。

上品でスタイリッシュな見た目とは裏腹に、サイズはボリューミーです。

オールインワンタイプですが、アトマイザーとバッテリーは完全別体となっていますので、ここからはバッテリーとアトマイザーをそれぞれ詳細に見ていこうと思います。

UNIMAX 25 バッテリーの詳細

【スターターキット】UNIMAX 22 (Joyetech ジョイテック) レビュー

さて、バッテリーです、ヘアラインの仕上げが美しい本体にレザー調のステッカーが張ってあります。レザーの風合いは安っぽくなく、高級感をかなり感じます。

さてスペックです。

UNIMAX 25 batteryのスペック

サイズ  25.0*85.0mm
バッテリー容量  3000 mAh
出力モード 直接出力と定電圧出力
抵抗値許容範囲 0.15-3.5ohm

出力モードが”直接出力と定電圧出力”となっていますが、自分は測定機器を持っていませんので技術的なレビューはできませんので、使ってみての主観歴なレビューとさせせていただきます。

質感。

【スターターキット】UNIMAX 22 (Joyetech ジョイテック) レビュー

思いきりアップで撮影しても中々良い質感。アップになるとフェイクレザーであることは目のこえた人にはわかると思いますが、遠目ではシボ感も自然で良い質感。

金属の質感もかなり良いと個人的には思います。

バッテリー上部はアトマイザー接続部

【スターターキット】UNIMAX 22 (Joyetech ジョイテック) レビュー

普通に510スレッドが設けられています。付属のUNIMAX25アトマイザー以外もマウント可能で、スプリング式コンタクトピン仕様になっています。

【スターターキット】UNIMAX 22 (Joyetech ジョイテック) レビュー

試しにIJOYのEXO RTA(24mm)を搭載してみましたが上々のマッチング。24mmアトマが小さく見えることからサイズ感を掴んでいただければと思います。

底部ですが

【スターターキット】UNIMAX 22 (Joyetech ジョイテック) レビュー

ベントホールが設けられています。

本体裏面です。

【スターターキット】UNIMAX 22 (Joyetech ジョイテック) レビュー

バッテリー充電用のUSBポート。インジケーターランプが見えます。

【スターターキット】UNIMAX 22 (Joyetech ジョイテック) レビュー

充電には付属ケーブルを用いて充電します。端子はmicroUSBですね。

さて、本体正面、パフボタンですが

【スターターキット】UNIMAX 22 (Joyetech ジョイテック) レビュー  クリアブラックになっていて、パフすると光ります。eGoAIOもそうでしたが光らせるの大好きなJoyetechです。

UNIMAX 25アトマイザーの詳細

【スターターキット】UNIMAX 22 (Joyetech ジョイテック) レビュー

さ、続いてはアトマイザーです。付属アトマイザーはUNIMAX 25です。単体販売も行っているので、アトマイザーのみ購入することも出来ます。提供先のUrvapinさんでは取り扱いがないですが…

定評のあるCUBIS Proと比べると見た目を重視したアトマイザーだな、という印象です。

CUBISはガラス露出部を控えることで、ガラス割れ耐性を上げた普段使いに考慮したクリアロマイザーでした。

UNIMAX25ではガラス露出部が増えたので、ガラス割れに注意が必要です。

その代わりに見た目はかなり良くなったと個人的には思います。

トップとボトムのパーツが薄くて、ガラス部が目に飛び込んでくるのでスタイリッシュな印象の見た目です。

さて、スペックです。

UNIMAX 25 atomizerのスペック

サイズ  25.0*54.0mm
リキッド容量 5ml
エアフロー トップエアフロー
リキッドチャージ トップフィル
コイル BFL と BFLL シリーズのヘッドが使用可能
BFシリーズヘッド(CUBISなどのコイル)を利用するにはアダプターを使用することで可能※付属コイルはBFL Kth-0.5ohm DL. (20-40W)


【スターターキット】UNIMAX 22 (Joyetech ジョイテック) レビュー

その他の特徴としては、リキッド容量がかなり多い(5ml)これは25mm径であるのも一因。

そして、新プリメイドコイル BFL headコイル、BFLL headコイル、従来のeGoAIOやCUBISなどのBF headコイルを使用可能と汎用性も高くなっています。

さて、分解していきましょう。

【スターターキット】UNIMAX 22 (Joyetech ジョイテック) レビュー 【スターターキット】UNIMAX 22 (Joyetech ジョイテック) レビュー

基本的にはこのパーツ構成になります。デッキ、タンク、コイル、トップベース、トップキャップ、マウスピースの6ピース構成です。

さて、上部のパーツから順番に見ていきます。

【スターターキット】UNIMAX 22 (Joyetech ジョイテック) レビュー

ドリップチップ(マウスピース)は被せタイプです。トップキャップにかぶせて使うタイプが付属。

汎用の510ドリップチップを使用するには、

【スターターキット】UNIMAX 22 (Joyetech ジョイテック) レビュー

此のマウスピースを外して使うことが出来ます。

さて、トップキャップを外していきます。

【スターターキット】UNIMAX 22 (Joyetech ジョイテック) レビュー

【スターターキット】UNIMAX 22 (Joyetech ジョイテック) レビュー

トップキャップはエアフローパーツにもなっており、トップエアフロー形式の本アトマイザーではここを調整してドロー(吸いの重さ)を調整することが出来ます。

【スターターキット】UNIMAX 22 (Joyetech ジョイテック) レビュー

このかみ合わせを調整することでドローを調整します。

全開にするとスカスカで。全閉にしても超タイトにはなりません。基本的に爆煙よりな印象のエアフロー周りのデザインです。

【スターターキット】UNIMAX 22 (Joyetech ジョイテック) レビュー

トップキャップ裏、センタのパイプはコイルに直結する部分。ミストが上がってくる部分です。

その周辺からコイルにエアーを供給します。

さて、このキャップを外すと、

【スターターキット】UNIMAX 22 (Joyetech ジョイテック) レビュー

外すとリキッドチャージをすることが出来ます。トップフィル形式です。

【スターターキット】UNIMAX 22 (Joyetech ジョイテック) レビュー

真上から見るとリキッドホールがサイドにあり、センターにはコイルを見ることが出来ます。

さて、今度はトップベースごとしてみます。    【スターターキット】UNIMAX 22 (Joyetech ジョイテック) レビュー

このように外すことができるので、タンクにリキッドがある状態でもコイルを交換することが出来ます。この辺のデザインはCUBIS PROの設計思想を受け継いでいますね。

さて、最後はデッキとタンクです。

【スターターキット】UNIMAX 22 (Joyetech ジョイテック) レビュー

ガラスタンクはパッキンを介してベースパーツに接続されています。

ベースです。

【スターターキット】UNIMAX 22 (Joyetech ジョイテック) レビュー

エアフローはトップですので、ただ単にコイルにポジティブ側を接続するだけのパーツとなっています。

さて、スレッド側

【スターターキット】UNIMAX 22 (Joyetech ジョイテック) レビュー

クリアロマイザーらしくポジティブピンは調整不可。分解も不可です。

さて、最後にコイルです。 【スターターキット】UNIMAX 22 (Joyetech ジョイテック) レビュー

付属のコイルはBFL Kth-0.5ohm DL. (20-40W)です。

【スターターキット】UNIMAX 22 (Joyetech ジョイテック) レビュー

従来のBF型の新作となるコイル。コイル径が大きく、エアーの通り道を確保している設計のように見えます。

BFコイルよりスペースに余裕を持って設計されているので、コイル内にリキッドが過剰供給され、”ジュルる”原因になった時の耐性もアップしているのでは?と予想します。

使用する場合には

【スターターキット】UNIMAX 22 (Joyetech ジョイテック) レビュー

先程説明したトップキャップを外してリキッドチャージします。

もちろん、バッテリーに搭載したままでリキッドチャージできるので楽です。

UNIMAX25のまとめ

結論の前にまずは味から。

味はそれなりに美味しいです。それなり、と入ってもかなり高次元に美味しくて、本当スターターってよく出来てるなーと感心します。

吸い心地に関しては、ドローは軽め。絞れなくもないですが、マウスピースもワイドボアなので、軽めで吸うのが正解な印象。個人的には1/3ほど開いたあたりがバランスが良いと感じました。

eGoAIOやCUBISよりエアフローに自由度はあるのかなと言う印象。特にeGoAIOのエアフローはほぼ調整不可と言っていいぐらいでしたからね。

コイル抵抗値的にも0.5Ωと爆煙とは行かないまでもそこそこミスト量は多めです。

そつなく美味しく、構造上漏れにくい。完成度は高いと感じます。

そして、数日放置しても緩めのリキッドでもジュルることはなかったです。

そつない反面、個性も感じづらいのは確かで、ここが突出して良い!とうポイントはないですが、欠点がないのも確か。

【スターターキット】UNIMAX 22 (Joyetech ジョイテック) レビュー

あとは外見とサイズが問題ですね。

スタイリッシュで高級感を感じるルックスとは言え、25mm径はかなりボリューミー。

特に女性にはかなり太く感じるのではないかと思います。

外見に魅力を感じたのであれば、22mm径UNIMAX 22(リキッド2ml、電池2200mAh)もラインナップされているでそちらを検討しても良いかもしれません。

スペック的には22の方がオススメできる印象。22mmの方も同じコイル(BFL)なので、ほぼ同様の味でコンパクトサイズ、eGo AIOの正統進化はこっちだとは思いますが、機会があれば使ってみたいものです。

通販はこちら!!

Joyetech UNIMAX25 AIO starter kit [ Unvapin ]

クーポンコードVC25でいつでも25%オフ!!UNIMAX25 専用コードです。

その他販売店情報

ブログ村ランキング



↓ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします!!

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
スポンサーリンク


スポンサーリンク