スポンサーリンク
べプログショップ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

FreeMax onnix2 レビュー|光り輝く特殊パネル採用!MTLに特化、味を100%引きだすOXコイル!

FreeMax onnix2(フリーマックス オニックスツー)レビュー

FreeMax(フリーマックス)のVAPEスターターキット、onnix2「オニックスツー」のレビューです。

メタリックカラーと光り輝く特殊パネルを装備したビジュアル系デバイス!
MTLに特化した仕様で、フレーバーの味を100%引きだすOXコイル採用!

詳細をレビューします。

商品提供:ベプログshop

スポンサーリンク
スポンサーリンク

FreeMax onnix2とは?

FreeMax onnix2(フリーマックス オニックスツー)レビュー

FreeMaxの小型PODデバイス、onnix2「オニックスツー」です。

爆煙イメージの強いフリーマックスから「MTL特化」のPODデバイスが登場です!

見た目にこだわったのはもちろん、味わいにも並々ならないこだわりが感じられます。
ぱっと見でめちゃくちゃ綺麗なので、持ち手がこだわって使えるのが良さそうです!

FreeMax onnix2の特徴

  • MTL向けのスリムな小型PODデバイス
  • 外見の美しさにもこだわった製品
  • 味にも自信あり!独自技術の「DM SaltCoilTech 3.0」

さて、それでは特徴から確認していきましょう。

MTL向けのスリムな小型PODデバイス
blank

出典:FreeMax

FreeMaxといえば「爆煙」のイメージが強く、メッシュコイルの味わいに定評のあるメーカーですが、Onnix2はMTLに特化したPODデバイスです。

真剣にMTLを考えて設計されているデバイスですから、最後までぜひお読みください。

外見の美しさにもこだわった製品
blank

出典:FreeMax

スペックだけじゃなく見た目も重要ですよね!

Onnix2のパネルはなんと4層構造、もう見るからに美しすぎるんですが!
使用にもこだわってしっかりとコストがかけられています。

味にも自信あり!独自技術の「DM SaltCoilTech 3.0」
blank

出典:FreeMax

代名詞のメッシュコイルは封印!MTLを真剣に考えたらこうなった??

blank

出典:FreeMax

ただし、もう人との特徴である「Tea Fiber Cotton Formula」は採用されています。
OXコイルには他のバリエーションもあり、汎用性が高いのも特徴です。

カラーバリエーション
blank

出典:FreeMax

見た目に拘ったデバイスなだけに種類は重要、6色はパネルのテクスチャーも異なります。

FreeMax onnix2のカラーバリエーション

  • Black ブラック
  • Gray グレー
  • Greenグリーン
  • Red レッド
  • Blue ブルー
  • Pink ピンク

スペック

サイズH 109× W24.4× D15.3mm
重量47.6 g
出力7 – 15 W
リキッド容量2.3ml
リキッドチャージPODサイドフィル
エアフローボトムエアフロー(調節不可)
コイルプリメイドコイル交換
充電ポートUSB-C(5V 1.5A)
バッテリー900mAh
保護機能
  • バッテリー低電圧保護
  • ショートサーキット保護
  • オーバータイム保護(8秒)
  • オープンサーキット保護
  • 過電圧保護
  • PCB高温保護(70度)

パッケージ・内容品

FreeMax onnix2(フリーマックス オニックスツー)レビュー

内容品一覧

  • FreeMax Onnix2 POD デバイス本体
  • FreeMax Onnix2 PODカートリッジ
  • FreeMax OX DVC コイル 0.8Ω(装着済み)
  • FreeMax OX DVC コイル 1.0Ω
  • Type-Cケーブル × 1
  • 説明書・警告カード・保証書 (英語表記)

コイルが2種類付属、他必要なものが一通り揃っています。

FreeMax onnix2の詳細

FreeMax onnix2(フリーマックス オニックスツー)レビュー

メタリックカラーがめちゃくちゃ綺麗です。カラーリングが絶妙です。

FreeMax onnix2(フリーマックス オニックスツー)レビュー

こだわりのパネルの質感も上々で、所有欲を満たしてくれます。

FreeMax onnix2(フリーマックス オニックスツー)レビュー

小さく持ちやすい!携帯しやすいサイズの小型PODです。

バッテリー

バッテリースペック
  • 容量:900mAh
  • パフ操作:マニュアルパフ・オートパフ
  • 充電ポート:USB-C(1.5A)
  • 保護機能:
    • バッテリー低電圧保護
    • ショートサーキット保護
    • オーバータイム保護(8秒)
    • オープンサーキット保護
    • 過電圧保護
    • PCB高温保護(70度)

FreeMax onnix2(フリーマックス オニックスツー)レビュー

Onnix2には物理ボタンが備わっていて、2モードで動作します。

マニュアルパフ・オートパフ両方に対応しています。

ボタンを使ってマニュアルパフしても良し!吸い込むだけでも自動で使うこともできます。

FreeMax onnix2(フリーマックス オニックスツー)レビュー

出力は「バッテリー電圧出力」で調整はできません。

  • BYPASS  バッテリー電圧出力

LEDインジケーターで3段階にバッテリー残量を表示します。

バッテリー残量表示

●●● 100-71% ●● 70-36%  35-0%

よくある色で残量を表示する仕様よりも、直感的にわかりやすいです

FreeMax onnix2(フリーマックス オニックスツー)レビュー

type C充電端子、ちょっぴり速い1.5A充電対応です。

充電スペック

  • バッテリー容量:900mAh
  • チャージポート:USB-C
  • 充電電流:1.5A

大きさの割にバッテリー容量が大きいのも良いですよ!

FreeMax onnix2(フリーマックス オニックスツー)レビュー

MTL向け、ではあるんですが、エアホールは両側にあってタイトドローではありません。
RDL~MTLの少々軽めのドローで、汎用性が高い仕様です。

よりタイトドローが好きな方は、片側の穴を完全に塞いで使うと良さそうです。

POD

PODスペック
  • リキッド容量:2.0ml
  • マウスピース:POD一体型(交換不可)
  • リキッドチャージ:ボトムサイドフィル(ゴムプラグ)
  • エアフロー: ボトムエアフロー(調整不可)
  • コイル:プリメイドコイル交換式

FreeMax onnix2(フリーマックス オニックスツー)レビュー

PODカートリッジは「プリメイドコイル交換型」です。

使い捨てではないので、洗浄・コイル交換などのメンテナンスが必要です。
手間がかかる分、消耗品はコイルだけなのでランニングコストに優れています。

マグネット固定式で、簡単に脱着できます。

FreeMax onnix2(フリーマックス オニックスツー)レビュー

リキッドチャージホールは本体に収納された部分にあります。

装填する場合、一度PODカートリッジを取り外す必要があります。
仕様はごくごく一般的なゴムプラグ式です。

FreeMax onnix2(フリーマックス オニックスツー)レビュー

マウスピース(咥える部分)もこれまた標準的な作りで、PODカートリッジ一体型です。

FreeMax onnix2(フリーマックス オニックスツー)レビュー

2種類のコイルが付属、好みに応じて使う方を選ぶことができます。

FreeMax onnix2の付属コイル

  • FreeMax OX DVC コイル 0.8Ω(12-15W)
  • FreeMax OX DVC コイル 1.0Ω(9-13W)

コイルの特徴は以下の通り

  • デュアルバーチカルコイル(2重の縦置きコイル)
  • ティーファイバーコットンフォーミュラ

フリーマックスの代名詞であるメッシュコイルではありませんが、味わいには同様に拘ったコイルで、かなり美味しいです。メーカー的にはニコソルのキックを最大限楽しめるようにチューニングしているとアナウンスしています。

FreeMax onnix2の使い方

FreeMax onnix2(フリーマックス オニックスツー)レビュー

  • 電源ON/OFF …パフボタン5クリック
  • パフ操作
    • マウスピースをくわえて吸い込む(オートスイッチ)
    • マウスピースをくわえてパフボタンをスイッチする(マニュアル)

感想とまとめ

FreeMax onnix2(フリーマックス オニックスツー)レビュー

卒なく使える優等生!MTL ~RDLまで対応する小型PODデバイス!

とんでもない個性を持った機種ではないのですが、全てが及第点以上。

一番の特徴は「メタリックなカラーとこだわりのパネル」という外見部分だと感じました。
機能的には標準的で、味も十分に美味しいと合格点以上であることは付け加えておきます。

普通に良い!

コメント