aspire Cloudflask S レビュー|手のひらサイズの爆煙デバイス!専用レザーケースがおしゃれ!

aspire Cloudflask S(アスパイア クラウドフラスコ エス)レビュー

aspire(アスパイア)のVAPEスターターキット、Cloudflask S「クラウドフラスコ エス」のレビューです。

手のひらポケットサイズのコンパクトな爆煙デバイス!
小さくてスタイリッシュ!専用レザーケースパッケージが用意されています。

詳細をレビューしていきます。

商品提供:aspire

スポンサーリンク
スポンサーリンク

aspire Cloudflask Sとは?

aspire Cloudflask S(アスパイア クラウドフラスコ エス)レビュー

aspireの爆煙PODデバイス、Cloudflask S「クラウドフラスコ エス」です。

包括的に製品をリリースする業界最古参のメーカーから、名作の小型バージョンが登場!

全く妥協することなく、手のひらに収まるダウンサイジングを実現しました。

aspire Cloudflask Sの特徴

  • 爆煙を手軽に!コンパクトサイズにパッケージングしたPODデバイス
  • 専用レザーケースでスタイリッシュ&ゴージャスなイメージ

デザインコンセプトやレザーケースもそのまま!よりスタイリッシュに進化しています。

爆煙を手軽に!コンパクトサイズにパッケージングしたPODデバイス

出典:aspire

サブオームAIOデバイスの革命児「Cloudflask」が帰ってきました。

過去の名作よりもさらに小さく!大きさは25%ダウン、重さは35%ダウン!!
しかも!スペックは全く同じというんですから驚きです。

出典:aspire

システムは名作のものを継続し、バイパス出力にサブオームの超低抵抗コイルを使用。

aspire Cloudflask Sのコイルバリエーション
  • Cloudflask 0.25Ω メッシュコイル(40-50W)
  • Cloudflask S 0.6Ω メッシュコイル(15-20W)

旧作同様の0.25Ωコイルが使えるだけでなく、新コイルも開発されました。

出典:aspire

デュアルサイドエアフローでより多くの空気を取り込み、大きなミストを発生させます。

専用レザーケースでスタイリッシュ&ゴージャスなイメージ

出典:aspire

旧作同様にレザーケースパッケージも用意されています。2種類のオプション。

カラーバリエーション

出典:aspire

本体のバリエーションは5種類、個性的かつエレガントなテイスト。

aspire Cloudflask Sのカラーバリエーション

  • Green Camo  グリーンカモ
  • Gold Gradient  ゴールドグラディエント
  • Black ブラック
  • Brushed Brass  ブラッシュドブラス
  • Gray Camo グレイカモ

スペック

サイズH 95.8× W41.3× D22.3mm
重量100.2 g
出力
Bypass バッテリー電圧出力
リキッド容量5.5ml
リキッドチャージPODボトムフィル
エアフローボトムエアフロー(調整不可)
コイルプリメイドコイル交換型
充電ポートUSB-C(2A)
バッテリー2000mAh
保護機能
  • 自動カットオフ(10秒)
  • ショートサーキット保護
  • 低電圧保護
  • バッテリー過充電保護(4.2V)
  • バッテリー過放電保護(3.3V)
  • オーバーヒート保護
  • 過電圧保護

パッケージ・内容品

aspire Cloudflask S(アスパイア クラウドフラスコ エス)レビュー

内容品一覧

  • aspire Cloudflask S バッテリー本体
  • aspire Cloudflask S Podカートリッジ
  • Cloudflask 0.25Ω メッシュコイル(40-50W)
  • USB-C 充電用ケーブル
  • 予備パーツ(Oリング)
  • ユーザーマニュアル(英語)

Cloudflask Sの詳細

aspire Cloudflask S(アスパイア クラウドフラスコ エス)レビュー

提供品は『Malay Version』専用のレザーケースが同梱されたパッケージングです。

aspire Cloudflask S(アスパイア クラウドフラスコ エス)レビュー

オマケのようなちゃちな作りではなく、完全にフィットする洗練されたオプション品です。
作りはかなり良く、レザーケースを使う前提でボディーがデザインされています。

シボ感のあるソフトレザーが使われていて、高級感が感じられます。

aspire Cloudflask S(アスパイア クラウドフラスコ エス)レビュー

もちろんケースですから、外して使うこともできます。

バッテリー

バッテリースペック
  • 容量:2000mAh
  • 出力モード:Bypass
  • パフ操作:マニュアルパフ
  • 充電ポート:USB-C(2A)
  • 保護機能:
    • 自動カットオフ(10秒)
    • ショートサーキット保護
    • 低電圧保護
    • バッテリー過充電保護(4.2V)
    • バッテリー過放電保護(3.3V)
    • オーバーヒート保護
    • 過電圧保護

aspire Cloudflask S(アスパイア クラウドフラスコ エス)レビュー

ケースなしでも使えるのは言うまでもなく、洗練されたデザイン。

aspire Cloudflask S(アスパイア クラウドフラスコ エス)レビュー

「スキットル」をイメージしてデザインされていて、スタイリッシュなイメージ。
さすがはaspire、クオリティーも最高峰レベルで製品としての完成度が高い!

高品質の酸化仕上げによって強化されたプレミアムグレードのアルミニウムが使われています。

aspire Cloudflask S(アスパイア クラウドフラスコ エス)レビュー

前作と全く同じスペックながら、かなりコンパクトになりました。

aspire Cloudflask S(アスパイア クラウドフラスコ エス)レビュー

爆煙デバイスですが、簡単に使えるのも特徴的で、ボタンは一つだけ。

aspire Cloudflask S(アスパイア クラウドフラスコ エス)レビュー

このボタンの周りには、バッテリー状態を表示するLEDインジケーターが備わっています。

バッテリー残量表示

100-60%  60-30%  30-0%

パフ操作時にも点灯する、直感的にわかりやすい仕様です。

aspire Cloudflask S(アスパイア クラウドフラスコ エス)レビュー

バッテリー内蔵モデルですから、当然ですが本体充電に対応しています。

充電スペック

  • バッテリー容量:2000mAh
  • チャージポート:USB-C
  • 充電電流:2A

typeC端子で、急速充電できるのが嬉しい最新スペックです。

aspire Cloudflask S(アスパイア クラウドフラスコ エス)レビュー

安全性ももちろん抜かりなく、底部にベントホールが備わっています。

バッテリーベントホールとは

電池は過電流などによりバッテリーへの負担がかかるとガスを発生させます。

何故この穴が必要かといえば、その際にベントホールからガスが逃げられるようにベントホールが必要です。

このようにベントホールが空いていないと、噴出したガスが内圧が高まり、ある一定の圧力にまで達すると逃げ場がないことによって炸裂(爆発)してしまいますので、そのような事故を防ぐための安全性に配慮した仕様です。

POD

PODスペック
  • リキッド容量:5.5ml
  • マウスピース:810DT
  • リキッドチャージ:ボトムフィル(ゴムプラグ)
  • エアフロー:ボトムエアフロー(調整不可)
  • コイル:プリメイドコイル交換型

aspire Cloudflask S(アスパイア クラウドフラスコ エス)レビュー

リキッド容量は据え置きの大容量5.5MLですが、カートリッジに互換性はありません。
マグネット固定式なので、簡単に取り外しできます。

aspire Cloudflask S(アスパイア クラウドフラスコ エス)レビュー

リキッドチャージはボトムフィル、底部からEリキッドを装填できます。

aspire Cloudflask S(アスパイア クラウドフラスコ エス)レビュー

汎用規格のドリップチップを採用しているのも前作同様で、お気に入りのものに交換することもできるのが玄人好みです。

810DTとは

ハーフインチ互換サイズと言われる、ドリップチップの汎用規格に近いもの。
取り付け部分のサイズが共通なので、さまさまな種類に付け替えが可能です。

プリメイドコイル

aspire Cloudflask S(アスパイア クラウドフラスコ エス)レビュー

コイル規格は前作と共通で、付属コイルも全く同じ。

付属コイル

  • Cloudflask 0.25Ω メッシュコイル(40-50W)

なぜか新開発のコイルではなく、前作と同じ超低抵抗メッシュコイルが付属します。
このコイルがめちゃくちゃうまい!aspireのコイルってハズレがないですよね。

コイル規格がこんなに多いのに、全てがメジャーなのはアスパイアだから。

aspire Cloudflask S(アスパイア クラウドフラスコ エス)レビュー

スタンダードなボトムエアフロー機構のコイルですが、PODボトムがこいるエアフローを若干小さくするような作りで、ドローを調整するとともに、リキッド漏れを防ぐようになっています。

aspire Cloudflask S(アスパイア クラウドフラスコ エス)レビュー

デバイスのエアホールは両サイドにあって、ご覧のように調整機構はありません。

かなり軽めのドローで、抵抗感が少ない「DL」です。

爆煙デバイスらしい仕様と言えますよね!

aspire Cloudflask Sの使い方

aspire Cloudflask S(アスパイア クラウドフラスコ エス)レビュー

  • 電源ON/OFF …パフボタン5クリック
  • パフ操作…マウスピースをくわえてパフボタンをスイッチする(マニュアル)

感想とまとめ

aspire Cloudflask S(アスパイア クラウドフラスコ エス)レビュー

名作再び!コンパクトになって帰ってきました!

小さくなって軽くなった以外はほぼ一緒なんですよね。

2000mAhのバッテリー容量も、5.5MLの大容量タンクも。
爆煙向きのバイパス出力も、簡単操作のワンボタン機構も。

ただ、小さく軽くなっただけ。つまりは変える必要性がない。

前作から完成度が高かったから、小さくするだけで良いって言う考え方。
嫌いじゃないですよね!

味もすごく美味しいし、ポケットサイズでこんなに楽しめるなんて。
今作も「名作」になりそうな予感です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スターターキット
VAPE Circuitをフォローする
VAPE Circuit|初心者のためのVAPEレビューブログサイト

コメント

年齢認証

あなたは20歳以上ですか?