Aspire BP80 レビュー|ハイパワー80W!デザイン性も高いMTL・爆煙対応POD MOD!

Aspire BP80(アスパイア・ビーピー80)レビュー

aspire(アスパイア)のVAPEスターターキット、BP80「ビーピー80」のレビューです。

トレンドを抑えたPODデバイス!DL・MTL両方に対応!
幅広いニーズに対応するテクニカルMODタイプとしても使える製品です。

詳細をレビューします。

商品提供:ベプログshop

Aspire BP80とは?

Aspire BP80(アスパイア・ビーピー80)レビュー

AspireのPODデバイス、BP80「ビーピー80」です。

BPシリーズから今のトレンドを抑えたPOD MOD製品が登場です!

BP60の優れた部分を昇華して、共通コイルを使い、より優れたスペック・ルックスの製品へと進化させたのがBP80です。どこかで見たことがあるデザイン!?

Aspire BP80の特徴

  • 最大80W!卓越したパフォーマンスのPOD MOD
  • MTL・DLを網羅したエアフローシステム
  • 多機能でビジュアルにも拘ったチップセット
  • バリエーション豊富なBPコイル

それでは、BP80の特徴を確認していきましょう。

最大80W!卓越したパフォーマンスのPOD MOD

出典:aspire

今や高出力は当たり前!?PODであってもテクニカルMOD顔負けのスペック!

シングルバッテリーMODと同等の最大80W出力を誇るPOD MODです。
PODがMTLだけなんていうのは過去のこと。爆煙も楽しめてしまいます。

MTL・DLを網羅したエアフローシステム

出典:aspire

高出力を誇るBP80ですが、DLだけに特化しているわけではありません。

高精度のエアフロー調整機構を備え、MTLにも対応しています。
使うコイルによって様々な要求に応えることができる仕様です。

多機能でビジュアルにも拘ったチップセット

出典:aspire

当たり前のようにカラー液晶を搭載してビジュアルにも拘った製品でうs。

それだけではなく、抵抗値に合わせて自動で出力を設定するスマートモードが今のトレンド。他メーカーと同じく、トレンドに合わせた使用を網羅しています。

バリエーション豊富なBPコイル

出典:aspire

BPシリーズで好評のプリメイドコイルを採用。バリエーションも豊富です。

BPコイルのバリエーション

  • BP RBA
  • 0.17Ωメッシュコイル(45-55W)
  • 0.3Ωメッシュコイル(30-40W)
  • 0.6Ωコイル(15-25W)
  • 1.0Ωコイル(10-16W)

カラーバリエーション

出典:aspire

プレミアム感のあるボディーに合わせた色展開です。

Aspire BP80のカラーバリエーション

  • Reddish Brown レディッシュブラウン
  • Charcoal Black チャコールブラック
  • Granite Grey グラナイトグレー
  • Navy Blue ネイビーブルー
  • Urban Camo アーバンカモ
  • Retro Brown レトロブラウン

スペック

出典:aspire

サイズH 118× W33× D26mm
対応抵抗値0.1Ω – 3.5Ω
出力1 – 80W
リキッド容量4.6ml
リキッドチャージPODボトムフィル
エアフローボトムエアフロー(調整可)
コイルプリメイド交換型
充電ポートUSB-C(5V 2A)
バッテリー2,500mAh
保護機能
  • 自動カットオフ(10秒)
  • ショートサーキット保護
  • オーバーヒート保護
  • バッテリー低電圧保護
  • バッテリー過充電保護
  • バッテリー過放電保護

パッケージ・内容品

Aspire BP80(アスパイア・ビーピー80)レビュー

内容品一覧

  • Aspire BP80 バッテリー本体
  • Aspire BP80 PODカートリッジ
  • エクストラ510ドリップチップ
  • BP Coil 0.17Ω
  • BP Coil 0.3Ω
  • USB-C充電用ケーブル
  • ユーザーマニュアル(英語)

Aspire BP80の詳細

Aspire BP80(アスパイア・ビーピー80)レビュー

大ヒットの某メーカー製品にインスパイアされていることは間違いなさそうなルックス。

最近のaspireは後追い的なプロダクツが多いですよね?
以前のような独自性の強い製品ばかりではなく、ユーザーの要求に応えるラインナップ。

Aspire BP80(アスパイア・ビーピー80)レビュー

今ルックスに近い製品を各メーカーがリリースしている中、aspireも出しました!
という感じの製品ですね。グリップ部のレザーがそれを物語っています。

このジャンルの製品が、今は世界的に流行していますよね!

Aspire BP80(アスパイア・ビーピー80)レビュー

デザイン的にはオマージュ系なのですが、そこはaspire。クオリティーはオリジナル以上。
端々の作りが良いのは今に始まったことではなく、BP80もハイクオリティーです。

デザインも作りも仕上がりも非常に良好です。

Aspire BP80(アスパイア・ビーピー80)レビュー

スマートなシングルバッテリーMODぐらいの大きさに、高機能を詰め込んだPOD MODです。スリムなボディーシェイプ、グリップ感も良好です。

バッテリー

バッテリースペック
  • 容量:2,500mAh
  • 出力モード:VW(1w – 80W)
  • パフ操作:マニュアルパフ
  • 充電ポート:USB-C(2A)
  • 保護機能:
    • 自動カットオフ(10秒)
    • ショートサーキット保護
    • オーバーヒート保護
    • バッテリー低電圧保護
    • バッテリー過充電保護
    • バッテリー過放電保護

Aspire BP80(アスパイア・ビーピー80)レビュー

テクニカルMODを踏襲した操作系統、3ボタンを備えています。

  • パフボタン
  • サブボタン( + , – )

Aspire BP80(アスパイア・ビーピー80)レビュー

ボタンパーツの質感・素材にも拘ったディティール。作りが良い!

Aspire BP80(アスパイア・ビーピー80)レビュー

モードはワッテージ(VW)のみですが、オートとマニュアルを選択可能。

  • Auto  装着したコイルに応じて自動でワッテージを設定
  • Manual  ユーザーが任意の数字にワッテージを調整

コイルに合わせて出力を任意に変更するのが面倒!という初心者向けの機能を搭載。

一部メーカーでは数年前から導入している機能ですが、ここ最近になって各社がこの機能を取り入れることが主流になってきました。aspireもそれに習った形です。

内蔵バッテリー式としては、ライバル機を凌駕する80W出力を誇るのもBP80の特徴です。

Aspire BP80(アスパイア・ビーピー80)レビュー

液晶画面はカラーディスプレイ、5種類からカラーテーマを選べます。

5種類のカラーテーマ

  • Blue ブルー
  • Green グリーン
  • Orange オレンジ
  • Red レッド
  • Purple パープル

これも各メーカーが同じように取りいえれいる機能、流行に合わせた仕様です。

Aspire BP80(アスパイア・ビーピー80)レビュー

底部にはバッテリーベントホールを装備して安全性に配慮しています。

バッテリーベントホールとは

電池は過電流などによりバッテリーへの負担がかかるとガスを発生させます。

何故この穴が必要かといえば、その際にベントホールからガスが逃げられるようにベントホールが必要です。

このようにベントホールが空いていないと、噴出したガスが内圧が高まり、ある一定の圧力にまで達すると逃げ場がないことによって炸裂(爆発)してしまいますので、そのような事故を防ぐための安全性に配慮した仕様です。

Aspire BP80(アスパイア・ビーピー80)レビュー

急速充電対応のUSB-C仕様、大容量バッテリーでも短時間で充電できます。

充電スペック

  • バッテリー容量:2500mAh
  • チャージポート:USB-C
  • 充電電流:2A 急速充電対応

POD

PODスペック
  • リキッド容量:4.6ml
  • 素材:不明
  • マウスピース:POD一体型
  • リキッドチャージ:ボトムフィル(ゴムキャップ)
  • エアフロー:ボトムエアフロー(調整可)
  • コイル:プリメイド交換型

Aspire BP80(アスパイア・ビーピー80)レビュー

アトマイザーを模したフォルムのPODカートリッジ。

Aspire BP80(アスパイア・ビーピー80)レビュー

マグネット固定なので着脱も楽々です。

Aspire BP80(アスパイア・ビーピー80)レビュー

POD一体型のマウスピース、交換はできません。爆煙にも対応した内径太めのタイプ。

Aspire BP80(アスパイア・ビーピー80)レビュー

リキッドチャージはボトムフィル、ゴムキャップを外して装填します。

プリメイドコイル

Aspire BP80(アスパイア・ビーピー80)レビュー

今の流行である差込式で簡単に交換できるプリメイドコイル。

Aspire BP80(アスパイア・ビーピー80)レビュー

エアフロー調整機構はバッテリー本体側に備わって、全開から全閉まで無段階調整可能。

Aspire BP80(アスパイア・ビーピー80)レビュー

BPコイル規格を採用、2種類が付属します。

  • BP Coil 0.17Ω(45-55W)
  • BP Coil 0.3Ω(15-25W)

ちなみに、コイル形状が近いので某PnP・某GTXと互換性はあるのかな?と思って付けてみましたが、微妙にサイズが違うんですよね。互換性があったら垣根がなかったのに。

というか、PODの種類をaspireの他のコイル用で出してくれれば、いろんなコイルが使えるんですけどね。そうもいかないのは、デバイスが売れないと商売にならないビジネスモデルなんでしょう。

それもそうですよね、こんな低価格でデバイスが買えるんですから。無理もないです。

RBAユニット

別売で、自分でコイルビルドできるRBAユニットも販売されています。

510アダプターがあればMODとしても使えます!

また、テクニカルMODとして使うことができる「510アダプター」がaspire純正品として販売されているのもBP80の特徴です。

メーカー自らが「MODとしても使ってください」と公式に行っているのと同じですね!
PODとしては飽きてしまっても、MODとしても使えるのは良いですよね!

BP80の使い方

Aspire BP80(アスパイア・ビーピー80)レビュー

  • 電源ON/OFF …パフボタン5クリック
  • サブボタンロック …電源オン時にパフボタン3クリック
  • パフカウンターリセット… パフボタンとマイナスボタン同時押し
  • モード選択 …電源ON時にサブボタン同時押し
    • Auto オートモード
    • Manual マニュアルモード
    • Color カラーテーマ選択
    • Brightness 液晶明るさ設定

感想とまとめ

Aspire BP80(アスパイア・ビーピー80)レビュー

ハイスペック!ハイクオリティ!優れたデザイン!テクニカルMODとしても使えます!

後追い製品ではあるものの、オリジナルを超えるほどの品質とスペックを搭載。
特に出力は完全勝利!高出力必須ならこれがマストでしょう。

デザイン的には独自性は低いものの、aspireが誇る製品クオリティは健在!

コイルバリエーションも豊富ですし、RBAも楽しめるんですよね。

コイルも美味しく、言うことないです。BP60を遥かに超える美味しさ。

しかも、公式に510アダプターがリリースされているので、MODとしても使えちゃう。
懐が深い製品です。否定するところが全くない全方位型デバイスです。

コメント

年齢認証

あなたは20歳以上ですか?