HiLIQ

【アトマイザー】Project 1 Atty “P1” (Mystic Atmos) レビュー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 27

【アトマイザー】Project 1 Atty <P1> (Mystic Atmos) レビュー Mystic Atmosのアトマイザー、Project 1 Attyのレビューです。

twitterのVAPERさん数名に激推しされたものの、公式サイトでは常に在庫切れで、セカンドハンド品も少なく、出てきても高額であったり、海外のため送料が高かったりと、中々入手できずに気になるアトマイザーでしたが、知り合いから譲っていただきましたのでレビューしてみたいと思います。

構造から考察するに僕の好みではなさそうだな、と思っていましたが果たして?

それではレビューしていきます。

Project 1 Attyの詳細

【アトマイザー】Project 1 Atty <P1> (Mystic Atmos) レビュー Project 1 Attyは通称P1と呼ばれるRDA、ドリッパーアトマイザーです。
背が低く、ルックスもそれなりに良いのでMODとのマッチングも良さそうです。

セカンドハンド品のため、パッケージや内容品に関しては割愛します。

譲ってもらったものにはOリングなどのショートパーツが付属していました。

Project 1 Attyのスペック

直径 22mm
ネジタイプ 510
ドリップチップ 専用品
コイル RBA シングル/デュアル
エアフロー トップエアフロー
Silver

【アトマイザー】Project 1 Atty <P1> (Mystic Atmos) レビュー 全長は510スレッドを除き、専用510ドリップチップを含めて30.65mmでした。

【アトマイザー】Project 1 Atty <P1> (Mystic Atmos) レビュー エアフローはトップエアフローです。

トップエアフローに良いイメージがないのですが味の方はどうなのか?

エアホールは全部で4箇所。大小2種類の径のエアホールが2つづつ空いています。

【アトマイザー】Project 1 Atty <P1> (Mystic Atmos) レビュー軽く分解してみるとこのような構造になっています。

左からデッキ/スリーブ/トップキャップです。

デッキとトップキャップは更に分解可能です。

【アトマイザー】Project 1 Atty <P1> (Mystic Atmos) レビュー  トップキャップ裏は写真のような構造になっています。

4つのエアホールがキャップ外側から導かれているのをディスクで開閉を調整できるようになっています。

【アトマイザー】Project 1 Atty <P1> (Mystic Atmos) レビュー【アトマイザー】Project 1 Atty <P1> (Mystic Atmos) レビュー【アトマイザー】Project 1 Atty <P1> (Mystic Atmos) レビュー【アトマイザー】Project 1 Atty <P1> (Mystic Atmos) レビュー【アトマイザー】Project 1 Atty <P1> (Mystic Atmos) レビュートップキャップを分解すると写真のようにります。

一応510ドリップチップも使うことができるサイズになっていますが基本的には専用品です。

何故かと言うと、トップキャップの上から下まで貫通していて、この部分にエアフロー調整パーツが接続されるためで、ドリップチップを回転させることでエアフロー調整を可能にしています。

【アトマイザー】Project 1 Atty <P1> (Mystic Atmos) レビュー 【アトマイザー】Project 1 Atty <P1> (Mystic Atmos) レビュー 【アトマイザー】Project 1 Atty <P1> (Mystic Atmos) レビュー 【アトマイザー】Project 1 Atty <P1> (Mystic Atmos) レビュー デッキ部分です。

ポジティブピンはデッキ固定兼用で調整不可能です。

デッキのポジティブ側が分解、そして位置調整可能になっています。

ポジティブパーツの裏には樹脂が用いられていてネガティブ側との短絡を防いでいます。

ポジティブ側が3パターンに調整可能になっています。

デッキのジュースウェルはかなり浅めですが、トップエアフローで、エアホール位置が高くまであるため、スリーブもジュースウェルとして扱えるので問題はないと思います。

【アトマイザー】Project 1 Atty <P1> (Mystic Atmos) レビュー 【アトマイザー】Project 1 Atty <P1> (Mystic Atmos) レビュー ワイヤー固定はスクリュ式のクランプが用いられています。

気になる点として、スクリュの長さが短いために、限界まで緩めてもクランプとデッキのクリアランスがあまりない点。

ビルドしてみると非常にやり辛く、もう少し長さのあるスクリューを採用した方が良かったと思いました。

Project 1 Attyをビルドする

ビルドです。
ビルド前に空吸いしてみると予想よりも軽いドロー。
エアフロー調整次第ですがそこまで絞れないことがわかります。

デッキですが自分が組みやすいように調整できますが、ここでは2パターンのビルドを紹介しておきます。

ビルド次第でデュアルビルドも可能ですがここではシングルビルドを掲載します。

【アトマイザー】Project 1 Atty <P1> (Mystic Atmos) レビュー

まずはネガティブとポジティブを180度の状態でビルドしてみました。

ワイヤーはカンタル26ゲージ 2.5mm 5ラップです。

ワイヤーレッグですがまずクランプのスクリュを片方フリーにして、通してやってから、もう片方を取り付けると簡単にビルド出来ます。

【アトマイザー】Project 1 Atty <P1> (Mystic Atmos) レビュー ワイヤーレッグを通したらもう片方のネジを取り付けます。

取り付けてからコイル位置を調整します。この時、クランプはまだ締め付けていません。

【アトマイザー】Project 1 Atty <P1> (Mystic Atmos) レビュー

コイル位置の調整が終わったら、スクリューを回してクランプをロックしてコイルレッグを固定します。

【アトマイザー】Project 1 Atty <P1> (Mystic Atmos) レビュー ドライバーン、ウィッキングの前にコイル位置の確認。

トップキャップ裏には樹脂パーツが用いられており、耐熱性はあるものの、あまり近づけてしまうと溶けてしまうため、トップキャップを外したスリーブをデッキに取り付けて、トップキャップとコイルのクリアランスを確認します。

【アトマイザー】Project 1 Atty <P1> (Mystic Atmos) レビューコイル位置が問題なければドライバーンの後ウィッキングします。

ウィッキングは両サイドにコットンレッグを落とす場所があるため迷うことはないと思います。

180度状態であれば少し大変ですがコイルを2つ並べてやるデュアルビルドも可能かとおもいます。

次にネガティブとポジティブが90度の状態でのビルドです。

【アトマイザー】Project 1 Atty <P1> (Mystic Atmos) レビュー こちらもワイヤーはカンタル26ゲージ 2.5mmで7ラップ巻いています。

P1を愛用しているユーザーから、パラレルやツイストで巻くと美味しいよ、との情報もありますが、まず単線で巻いてみて、そのアトマイザーのポテンシャルを理解したいので、基本的に単線でビルドしています。

ビルドの難易度ですが、どちらのデッキ位置でもさほど変わらない印象ですが、コイル位置の調整が180度状態のほうが簡単に僕は感じました。

【アトマイザー】Project 1 Atty <P1> (Mystic Atmos) レビュー トップエアフローの為、出来る限りエアフローに近づけてやります。

エアフローから取り込まれた空気は、構造的に直ぐ側にあるドリップチップのエンドから口に入ってくる構造なので、その導線上にコイルを設置してやるのがセオリーだと思います。

空気の流れを意識してコイル位置をセッティングします。

【アトマイザー】Project 1 Atty <P1> (Mystic Atmos) レビュー ウィッキングの際のコットンレッグの設置場所は90度状態であっても迷うことはない印象です。

Project 1 AttyとMODのマッチング

【アトマイザー】Project 1 Atty <P1> (Mystic Atmos) レビュー Eleaf ASTER

【アトマイザー】Project 1 Atty <P1> (Mystic Atmos) レビュー Eleaf iStick Pico

【アトマイザー】Project 1 Atty <P1> (Mystic Atmos) レビューVaporesso NEBULA

マスプロダクツMODに載せてみました。

ショートタイプのドリッパーで、ルックスがシンプルなことから、高価なスタビライズドウッドなどのハイエンドMODなど、大抵のMODとのマッチングは良いと思います。

Project 1 Attyのまとめ

【アトマイザー】Project 1 Atty <P1> (Mystic Atmos) レビューショートトールのドリッパー。ルックスが良く、仕上がりもそれなりのクオリティです。

問題の味ですが、やはりトップフロー構造のため、直接的な味ではなく、どこか間接的な印象です。

抵抗値とワッテージから想像するミスト量の半分ぐらいのミスト量が発生する印象で、吸気内のミストの割合が少ないと感じます。

優しいもののRTAのミストのそれとはまた違い、あえて言うならトップフローRDAの味でありP1独特の味です。

熱烈なファンが居るアトマイザーというのはそのアトマイザーでないと出ない味があるということだと思っています。

優しい味に感じるので、ダイレクトに味わうと刺激が強いリキッドなどに向いてるな、というのが僕の感想です。

入手方法

公式のショッピングサイト、MYSTIC ATOMSでは暫くout of stock(在庫切れ)が続いており、現在入手が困難になっています。

国内のセカンドハンド品の放出も少ないことからfacebookのトレードグループなどを利用するのが近道かもしれません。

ブログ村ランキング



↓ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします!!

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
スポンサーリンク


スポンサーリンク