SLS(エスエルエス)iQOS互換機レビュー|超小型!薄型軽量なアイコスデバイスを2機種一挙レビュー!

SLS(エスエルエス)iQOS互換機レビュー|SLS BENE(ベーネ)SLS ECIGOO(イーシグー)

SLS(エスエルエス) のiQOS(アイコス)互換機、SLS BENE(ベーネ)SLS ECIGOO(イーシグー)のレビューです。

どちらの機種も超小型で薄型なポケットサイズのアイコス互換機です。
そしてコスパも最高レベルのお求め安さも魅力です。

詳細をレビューします。

商品提供:デジモク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SLS アイコス互換機とは?

SLS(エスエルエス)iQOS互換機レビュー|SLS BENE(ベーネ)SLS ECIGOO(イーシグー)

SLSのiQOS(アイコス)互換機です。

iQOS(アイコス)のヒートスティックが使える製品です。

iQOS互換機とは?

文字通り、フィリップモリスが発売するiQOS(アイコス)に「互換性」があるデバイス。
純正本体と同じく、iQOSヒートスティックが使用可能です。

純正品にはないメリット(バッテリー一体型・価格・味わい・バッテリー容量などなど)がある製品が数多く発売され、iQOSブームを後押ししました。

アイコスの互換機は、最近「小型&はいコストパフォーマンス」に進化しています。

ポケットサイズの超小型ボディーに、本格的かつ実用的なスペック!
なおかつ、めちゃくちゃ安い!コストパフォーマンスも最高です。

もちろん、メイン機としても使えるんですが、いざって時の緊急用やバッテリー切れの時のサブ機としても活躍しそうなデバイスです。

今回は、同じメーカーの機種を一挙に2機種、比較しながらレビューしていきます。

スペック

BENEECIGOO
サイズH 97 × W 25.5 × D18.5mmH 88 × W 23 × D15mm
重量54g33g
バッテリー900mAh650mAh
喫煙可能本数約15本~18本約9本~12本
充電時間約45分約90分
予熱時間約25秒約25秒
喫煙時間約4分約4分
最大喫煙可能数12±1パフ12±1パフ
加熱温度設定3段階調整機能なし
連続使用
バイブレーション

パッケージ・内容品

SLS(エスエルエス)iQOS互換機レビュー|SLS BENE(ベーネ)SLS ECIGOO(イーシグー)

内容品一覧

  • 加熱式たばこ本体
  • 充電ケーブル
  • ユーザーマニュアル(日本語表記あり)・ワランティーカードなど

どちらも内容品はシンプルで、充電ケーブルと書類が入っています。
どちらにも日本語マニュアルが付属するのが良いですね。

SLS アイコス互換機の詳細

SLS(エスエルエス)iQOS互換機レビュー|SLS BENE(ベーネ)SLS ECIGOO(イーシグー)

ECIGOOは小型コンパクトに特化したデバイスの一方、BENEも小型ですが温度設定や急速充電などの高機能を両立した機種となります。

価格はどちらも3000円以下とコスパ最強レベルなので、大きさとスペックから選べます。

SLS(エスエルエス)iQOS互換機レビュー|SLS BENE(ベーネ)SLS ECIGOO(イーシグー)

また、デザインも異なるので、見た目(ルックス)も選ぶポイントとなるでしょう。

サイズと重量

  • BENE:H 97 × W 25.5 × D18.5mm
  • ECIGOO:H 88 × W 23 × D15mm

どちらも手のひらに収まるポケットサイズ、高機能なBENEの方が一回り弱大きな印象ですが、それでも十分にコンパクトです。

個人的な主観では『サイズは大差なし』と感じました。
どちらも驚くほど小さく薄いという認識です。

SLS(エスエルエス)iQOS互換機レビュー|SLS BENE(ベーネ)SLS ECIGOO(イーシグー)

バッテリーサイズが異なるため、喫煙可能な本数に差があります。

喫煙可能本数

  • BENE:約15本~18本
  • ECIGOO:約9本~12本

BENEはサイズが大きい分、ECIGOOの最大1.5倍ほど喫煙することができます。

しかし、どちらも小型軽量に特化ているので、喫煙可能本数は少なめです。
iQOSのたばこスティック一箱分は持たないので、ヘビースモーカーは注意。

ただし、どちらも本体充電に対応しているので、モバイルバッテリーなど外出先での充電にも対応していますから、日常使いに支障が出るようなことはないでしょう。

SLS(エスエルエス)iQOS互換機レビュー|SLS BENE(ベーネ)SLS ECIGOO(イーシグー)

バッテリーサイズだけでなく、充電周りの使用にも差があります。

充電時間

  • BENE:約45分で満充電 (USB-C)
  • ECIGOO:約90分で満充電 (microUSB)

BENEはさすがハイスペック、急速充電に対応しているので充電時間が短いです。
対してECIGOOは標準的なスペックですから、若干充電時間が長い。

この辺りは使い方にもよりますから、ユーザーが求めるスペックを選びたいです。

SLS(エスエルエス)iQOS互換機レビュー|SLS BENE(ベーネ)SLS ECIGOO(イーシグー)

また、どちらの機種もバッテリー残量の表示機能があります。

バッテリー残量表示

100-30%  30%未満

液晶画面をもちませんが、どちらにもLEDインジケーターが備わっています。

SLS(エスエルエス)iQOS互換機レビュー|SLS BENE(ベーネ)SLS ECIGOO(イーシグー)

また、温度設定ができるのはBENEのみです。

温度設定

  • BENE:3段階(320℃・330℃・ 340℃)
  • ECIGOO:調整機能なし

加熱温度帯は若干高めで『吸いごたえ重視』の仕様です。スライドスイッチで操作可能。

対してECIGOOは調整機能がないだけでなく、加熱温度も公開されていません。

予熱時間:約25秒
喫煙可能時間:約4分
最大喫煙可能数:12±1パフ

どちらの機種も、予熱時間は約25秒と昨今のiQOS互換デバイスとしては若干長めです。

しかし、最大12パフほど吸えるのはユーザーによっては使い勝手が良いでしょう。

SLS(エスエルエス)iQOS互換機レビュー|SLS BENE(ベーネ)SLS ECIGOO(イーシグー)

そして、加熱方式にも差があります。

加熱方式

  • BENE:セラミックニードル 味に定評がある。加熱ムラが起きにくい。
  • ECIGOO:ブレード アイコス純正品と同じ形状。吸いごたえを強く感じる。

BENEは加熱温度設定ができる分だけ、味に定評のあるニードル型を採用しています。

対してECIGOOは温度設定ができませんがら、吸いごたえを強く感じる純正品と同じブレードタイプを採用しているのでしょう。

SLS アイコス互換機の使い方・操作方法

SLS(エスエルエス)iQOS互換機レビュー|SLS BENE(ベーネ)SLS ECIGOO(イーシグー)

どちらも操作は簡単です。

  1. タバコスティックを挿入する
  2. 電源ボタンを5回押して電源を入れる。
  3. 電源ボタンを長押し(2秒)で加熱開始する。(バイブレーター作動)
  4. 予熱完了(バイブレーター作動)
  5. 約4分もしくは約12回ほど吸引することができる
  6. 喫煙終了時にバイブレーター作動
  7. 途中終了は電源ボタンを長押し(2秒)

感想とまとめ

SLS(エスエルエス)iQOS互換機レビュー|SLS BENE(ベーネ)SLS ECIGOO(イーシグー)

ハイコストパフォーマンス!超小型だけど実用十分!

このブログの記事として、2機種を同時にレビューするのは初めてです。
よって、じっくりと比較しながらレビューできましが、どちらもいい機種です。

まず、驚くほど小さい!こんな小さくて本当にちゃんと使えるのか?
と心配になるほどの小ささなんですが、当たり前のようにちゃんと使えます。

スペックによって加熱方式(加熱部分の形状)を変えているのも理にかなっていて、より小さなECIGOOには吸いごたえ重視のブレード型を、ハイスペックな温度調整機能付きのBENEには味わいに優れたニードル型を採用しています。

どちらも吸いごたえは十分で、やはり加熱方式や温度設定機能からBENEの方が美味しく感じましたが、超小さなECIGOOも「ガツン」とした吸いごたえを楽しめました。

めちゃくちゃ小さいですから、ポケットに常備してみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
iQOS アイコス加熱式タバコ
VAPE Circuitをフォローする
VAPE Circuit|初心者のためのVAPEレビューブログサイト

コメント

年齢認証

あなたは20歳以上ですか?