スポンサーリンク
べプログショップ

プルームテックプラスの新色を購入|限定カラー4色の詳細レビュー

プルームテックプラスの新色を購入|限定カラー4色の詳細レビュー

先日お伝えしたプルームテックプラスの4つの新色を購入しました!

Ploom公式の宣材写真ではわかりにくい部分も、できるだけ多くのカットの写真を撮影してみました。

早速詳細をレビューしていきます。

スポンサーリンク
べプログショップ

プルームテックプラス 4つの新色

プルームテックプラスはJTの低温加熱式たばこです。

従来型のプルームテックを強化した話題の製品。

今回の新色、4月10日発売の新カラーは2つのコンセプトに分けられています。

  • アーバンシックカラーズ「URBAN CHIC COLORS」ライン
  • リラックスモードカラーズ「RELAX MODE COLORS」ライン

それぞれのラインから、4色づつ合計8色のカラーバリエーションが発表されました。

URBAN CHIC COLORSとRELAX MODE COLORSの全8色

今回はその中から、先行して4色が発売。

プルームテックプラスの新色を購入|限定カラー4色の詳細レビュー

  • アーバン・アイアングリーン
  • アーバン・ディープバイオレット
  • リラックス・スカイブルー
  • リラックス・ライムイエロー

この4色の詳細をレビューしていきます。

パッケージデザインが変更になりました

今回の限定カラー発売に合わせてか、パッケージデザインが変更になりました。

プルームテックプラス新色のパッケージ

発売当時のプルームテックプラスのパッケージは形状にもこだわったものでしたが、今回から普通のボックス形状に。

ちなみに新色だけでなく、ブラックやホワイトの通常カラーのパッケージも同じく、四角い新パッケージに変更されています。

プルームテックプラス新色のパッケージ

左:今回の新色 右:発売時のパッケージ

2つを比べてみると、大きさはあまり変わりありませんが、やはり普通の四角い形状の方がかさばらない印象。

流通などを考えれば、ダンボールに多く詰められるのは新パッケージ。

全国販売を前に、流通コストなどを考えたパッケージ変更を行ったようです。

 

プルームテックプラス新色のパッケージ

パッケージデザインは全カラー共通で、カラーがわかる部分は裏面の表記のみです。

小さい表記なので、店頭で購入する場合は間違えやすいので注意した方が良さそうです。

プルームテックプラス新色のパッケージ

旧パッケージはスタンドのようにも使えたインナーは普通のものに。

プルームテックプラス新色の同梱品

 内容品一覧

  • プルームテックプラス 本体(バッテリー部分とカートリッジカバー部分)
  • USBコンセントアダプター
  • microUSBケーブル(充電用)
  • ユーザーガイド、保証書

内容品は旧パッケージから変更ありません。

ちなみにバッテリー容量や出力などのスペックも共通です。

アーバンアイアングリーン

まずは「アーバンシックカラーズ」の2色からみていきましょう。

プルームテックプラス アーバンアイアングリーン

渋みのある緑色の「アーバン・アイアングリーン」は「心を研ぎ澄ます、凛々しさと重厚感をあわせもった色。」がコンセプト。

出典:Ploom公式サイト

公式写真ではザラ感があるような、メタリックな質感。

プルームテックプラス アーバンアイアングリーン

実際のほうが「質感が良い」です。

公式写真では、ザラザラした感じでしたが、実物はメタリックな質感ではあるものの、粒が大きいような質感はなく、もっと高級感を感じる仕上がりです。

光の角度によって色味が変わります。

光が当たっている部分は濃緑、当たっていない部分は黒くトーンが落ちるので上質な印象を感じるのでしょう。

この質感を一枚の写真で表すのは大変。公式写真は苦肉の策だったのでしょう。

ただし、暗いところではほぼ黒にしか見えないのが難点です。

アーバンディープバイオレット

プルームテックプラス アーバンディープバイオレット

渋みのある紫の「アーバン・ディープバイオレット」は「気分を上げる、エレガントで洗練された色。」がコンセプト。

出典:Ploom公式サイト

公式写真はアーバンラインらしい艶やかでシックかつラグジュアリーな雰囲気。

プルームテックプラス アーバンディープバイオレット

これも『実物の方が高級に感じる』仕上がりです。

アーバンラインのペイントはどちらも見る角度によって色味が変わる仕上がり。

このディープバイオレットも、光が当たる部分は濃紫ですが、それ以外の部分は黒くみえるので上質さを感じます。

イメージですが、ドレスアップするシーンにマッチしそうなイメージです。

このディープバイオレットも、暗いシーンではただの黒にしか見えないのが残念。

リラックススカイブルー

続いて「リラックスモードカラーズ」の2色です。

プルームテックプラス リラックススカイブルー

落ち着いたトーンでスタイリッシュな水色の「リラックス・スカイブルー」は「晴れやかな気分に似合う、爽やかで心地よい色。」がコンセプト。

出典:Ploom公式サイト

公式写真ではかなり淡い水色。トーンの落ち着いたカラー。

プルームテックプラス リラックススカイブルー

実際の色味は「発色が良い水色」です。

公式写真から受けるイメージとは若干違った色味に感じます。

公式写真よりも濃くて、明るい色味です。

ですが、すごく良い色ですね!

リラックスシーン向けの色ですが、遊び心を感じるカラーリングかつ派手すぎないので、スーツシーンでもマッチしそうなカラーリングです。

リラックスライムイエロー

プルームテックプラス リラックスライムイエロー

発色の良い黄色の「リラックス・ライムイエロー」は「軽やかな気分を盛り上げる、はじけるようなポップな色。」がコンセプト。

出典:Ploom公式サイト

公式き写真は若干トーンの落ちたライムイエロー。

プルームテックプラス リラックスライムイエロー

実際の色味はこれが一番イメージと近いものの、もう少し明るいライムイエローです。

今回の新カラー4色の中で一番明るく発色の良いカラーリング。

目立つので、まさにリラックスモード向きのカラーリングです。

アーバンシックカラーズとリラックスモードカラーズの違い

プルームテックプラスの新色を購入|限定カラー4色の詳細レビュー

使うシーンによってコンセプトを分けた2つのライン。

全体の色味が違うのはもちろんなのですが、細かいパーツの仕上がりも異なっています。

  • マウスピースとベゼルリング

この2つのパーツも、ノーマルカラーとは違うカラーリングで統一されていて、ラインによって統一感を感じるディティールに。

ディティールにまでこだわっているのがわかる部分です。

まとめ

プルームテックプラスの新色を購入|限定カラー4色の詳細レビュー

今回の4色、実際購入してみると公式写真よりも質感が良いので、届いて箱を開けてみたときに感動がありました。

公式写真あまり伝わらないじゃん!

とも思ったのですが、色々な方法で閲覧する公式写真は難しいものなのかもしれません。

実際の色味がわからない!という方も、今回の記事で少しでも参考になれば幸いです。

 

また、今までは白と黒のベーシックカラーしかなかったプルームテックプラス。

一挙に4つものカラバリが追加されたのは喜ばしい限りです。

選択肢の幅が増えました。

 

ちなみにこの新色は、店舗限定アイテムです。

Ploomオンラインショップ及び全国のPloom専門店でのみ購入可能ですので、お近くに専門店がない場合はPloomオンラインストアでの購入が便利です。

コメント